はろぅさんの映画レビュー・感想・評価

はろぅ

はろぅ

映画(145)
ドラマ(0)

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

2.0

見るまでは全然題名覚えられなくていたのだけど、
鑑賞後は忘れられない。

元の題名のほうがカッコイい気がするけど・・・

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.4

前から見たかったけど、元気な時にみたいと躊躇してた映画。

まず、音楽は自主映画でよくかかってる私の苦手な音多様で気持ち入らなかったところ。

ホアキンさん、この間見たジョーカーの時と感じが全然違って
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.0

ずいぶん前に見たことがあるはずなのに、全く覚えてないので鑑賞。
なぜ覚えてないのか、納得した。

今見てもトトの感情や行動には心が揺り動かされず、子供の頃の描写では辛うじて可愛さを感じるが、青年期以降
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

2.0

因果応報とかいろいろ考えてたらしんどいので、割り切ってみました。

お犬さんの復讐に向かうキアヌという前情報は知ってたのでそんな設定あるかいな?と重い腰あげて見ましたが、殺せるスキルあったら誰でもヤル
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

見ようか見まいか迷いながら。

ジョーカーの話はもちろん、バットマンシリーズ見たことなく認識薄かったけれどストーリーは理解でき大丈夫だった。

ただ、物語を知らなかったために映画が終わる寸前、ジョーカ
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

2.9

最初から広告になるようなおしゃれでポップな見た目なのに、お話は割と問題を訴えかけるような不思議な感じ。
見たことあるような、ないような世界観。

ずっとカラーでおとぎの国色だったのに最後あたりにでてき
>>続きを読む

トイ・ソルジャー(1991年製作の映画)

3.0

友情などの爽やかな雰囲気と、割と容赦ないテロリストの不穏な感じがバランスよく思った以上に楽しめた。

子供達を信じてる大人。
パンツ姿で作戦会議する男の子達。
マフィアの復讐(これをテロリストの息子が
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.0

法や正義が機能しない世界。

自尊心を持って生きていくことが難しい。過去には日本ももちろんどの国でもそうだったとは思うが、今現在も無法地帯の中、たくさんの人が苦しく悲しい思いをしていることを知る。
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

1.3

マーベル作品の中でも見るのがつらかった映画。
まず日本じゃなくてよかったのにと思う。日本を舞台にするならもっと寄せてほしいな。外国の方が話す日本語に日本人も引っ張られてるように感じるので言語って大事。
>>続きを読む

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

3.0

恵まれてるとはいえない環境から、どこかなりふり構わずな野心と行動力でファッション界を上り詰めた彼。
その先に何が見えて何が見えなくなったのか。。

流行に携わる職業は一見すると華やかで人々の目を引き憧
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

ブラピとレオ様が共演ということと、タランティーノが監督という事だけ頭にはいった状態での鑑賞。
冒頭穏やかに男達のヒューマンドラマが始まるが、タランティーノなのでこのまま終わらない事は予測する。
ポラン
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

2.5

シリーズ続いていくにつれだんだん面白くなるところがマーベルすごい。
ダークフェニックス見た後での鑑賞なので、かぶる所とかぶらない所をみるたびに、創作世界の面白さ感じる。

X-メン(2000年製作の映画)

2.0

ダークフェニックス後、X-MENに手を着けようと見た一本目。
フォルムにときめかなかったので見なかったのもあるけど、シリーズ見始めるのすごく思いきりがいる。

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.3

他の映画を見る予定で行ったのだけど、時間に間に合わず・・・今まで見たことなかったXメンシリーズなので、内容わからない事が不安だったけど、せっかくだからと鑑賞。

シリーズ化されてるものの、この映画単体
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

2.2

アニメに偏見はないし、このスパイダーマンのアニメ映画も内容盛り沢山で良かったのだけど、個人的にアニメーションをみることが難しい。
この作品に限らずほとんどが寝てしまう。何でだろう。。。今回は3回も目を
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.0

嫌いじゃないけど見るのに2週間かかった、そんな感じ。
なんとなく『カメラを止めるな』とにてるような・・・全然テイスト違うけどなんとなく・・・思い浮かべた。こちらの方が先だけど。

有名役者さんたちが恐
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.2

鑑賞後珍しく、家族の皆におすすめした映画。
これは好きな映画。
2時間位の短い間に、何を伝えたいのか感じ取ってほしいのかが明確で、また非常にセンスある伝え方でみていて心地良い。
また、実話に基づいてい
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

前情報なしで鑑賞。
途中から風邪引いたのかと思うくらいぞくぞくし始めてとっても楽しめた。
脚本もなんだこれ!って大声出せるなら出したいくらい驚いたし、設定も、全作品との繋がりも、今作の結末もすべてニコ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

萬斎さんの表情や笑い方がいやに芝居かかってて気になった。悪いという思いではないけれどそれを見つけるたびに演技だということを思い出し映画に少し冷めてしまう感じ。

内容は面白かった。好みだったし組織で働
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.5

へんくつお爺さんと少年が徐々に心通わせあう物語、という印象からの鑑賞。
見ていくと、少年のお姉さんがとても人懐っこくコミュニケーション能力が高いしお爺さんもお気に入りなので姉弟とお爺さんの物語だと思う
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

2.5

見終わるのに数ヶ月かかってしまった作品の一つ。でも時間たってても忘れることないくらい印象深いストーリーと登場人物で面白かったと思う。
ランダ・ハンス大佐の設定が本当に良かったし、銃撃戦などのバイオレン
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.6

内容については何も語らないのがベストだと思ってます。
出てくる俳優さんたちの豪華さ。

木村さんはどの映画にでてもかっこいいので、凄い汚れ役とか嫌われ役とかしてるのを見てみたい。それでもかっこいいのか
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.2

爽やかな気持ちになる映画。
でも、大人の悪い所てんこ盛りでもありなかなかバランスがよい。
娘ちゃんはずっと可愛いし、一緒に育ててるゲイの彼もよかったからその楽しい感じがたくさんあると嬉しかったかなぁ。
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.8

ホラー苦手人間なので、すでに先に見てる娘が帰省したタイミング逃さずもう一度見ることを付き合ってもらう。

幸せな中に不穏な雰囲気が混ざった居心地悪い展開、微スプラッタ、大掛かりなエクソシストと飽きる暇
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

2.0

ハリーポッターが、最初柔らかな印象だったのがだんだん恐ろしげな感じになっていったように、この作品も2作目で片鱗見えてます。
原作しらないのでコレがこの世界感だと言われるとそうなんだーというしかない。
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

ずいぶん前に別れた後亡くなった元夫が、熱量込めておしえてくれたバンド、クイーン。
その後、しばらく辛くて聞けなかったのだけど日々悲しみが薄れていくとともに、感謝の気持ちでアルバム聞けるようになってた。
>>続きを読む

パーク(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自分では見つけられないジャンルを美術館主催で上映だったので鑑賞。全部で6本中の2本、不思議な感じのこれと『ジャングルの掟』を選択。

両作品とも見る人に戦い挑み系だと勝手な感想なのですが、なかでもこの
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

1.8

アカペラとか好きな若者からオススメしてもらいました。
日本の学生と感じ違うハッチャケぶりが楽しい。あのゲロンチョの勢いはあまり見たことない。。
でももう私のおばちゃん感性はこの映画に共感することがで
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

2.4

今レビュー見て始めて知ったのですが、原田監督ですね!

情報知らずに見たので大泉さんと、その奥さんのドタバタコメディだと本気で思ってましたが、史実にもあった縁切り寺の真面目なお話でした。

女性のたく
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.0

それぞれ人物の存在感がありよかった。ディカプリオさんのナチュラル悪な感じがゾッとした。
血肉が舞い上がる場面多いけどそこはタランティーノなので面白さも混ざっている。ジャンゴ救ったじいさんいい人。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.7

マーベルの中でも安心して子どもと一緒に笑い楽しく見られる作品だと思う。
奥底、マイケルダグラスと娘ホープの母親を助けだすストーリーに周りを盛大に巻き込む話。

インターステラーがふっと思い浮かぶような
>>続きを読む

バッド・ウェイヴ(2017年製作の映画)

2.0

パッケージの「あの男完全復活」という文字に(えっ!まさかあのあの男??マクレーンか?)と期待高まりつつ鑑賞。

ブルースウィリスが裸で夜の町スケボー疾走するのでもうお腹いっぱい。ここから話は展開してい
>>続きを読む