YusukeYaginumaさんの映画レビュー・感想・評価

YusukeYaginuma

YusukeYaginuma

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.6

控えめに言って最高。鳥肌たつシーンが多すぎる。常にクライマックスな感じw 謎が徐々に明かされてきてスッキリする部分もあれば、まだ謎めいてる部分も多かったり。。ここからまた2年待つのは辛すぎるよおおお

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.7

こんなにもAIを自然に描いた映画は他に無いだろうなあ。近い未来に本当に起こりそうな出来事のリアルな描写が最高だった。傑作。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

2.9

期待値が高すぎたのもあるけど、お世辞にも面白いとは言えない。未来感ある世界観は良かったけど、不要なシーンが多くて無駄に上映時間が長いのと、誰が誰と戦ってるのか勢力図がイマイチ伝わってこなくて微妙だった

マネーボール(2011年製作の映画)

3.0

野球界の裏側が垣間見れたようで興味深い映画だった。勝ちにこだわって時には非情な選択も厭わない主人公の姿勢は男前だった。でも物語が淡々と進みすぎちゃって抑揚がないので見ててちょっと退屈な感じがあった。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.6

ひたすらに素晴らしい作品だった。黒人差別が激しい時代にNASAの職員として活躍した天才たちの物語。これが実話と考えると本当に凄いこと。主役の3人も最高だったけど、個人的には上司のハリソンがMVP。「N>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.2

いやー傑作だった。AIものとして物語も描写も秀逸だった。終盤はずっと緊張しちゃうくらいリアルで残酷。AIが人形である必要性は無いと思ってる派だけど、こういう進化の仕方もあり得ると思うと怖くなる。色んな>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

音楽の素晴らしさを再認識させてくれる映画。街で録音してくシーンもいいけど、個人的には2人がイヤホンつけてNYの街歩いてくシーンが至高だった。「音楽は無意味なものも真珠にしてくれる」っていうダンの言葉が>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

4.0

Eminemかっこよすぎる。最後のバトルとエンディングのLose Yourselfに鳥肌たったw

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.7

久々にこういう”いい映画”みたいなの見た。休日まったり見るのにぴったり。コメディぽさが最高。ズーイー・デシャネルはサマーぶりに見たけどかわいすぎ。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

凄い良かったけど前評判が良すぎてハードル高まりすぎた感が否めない

ダイヤルM(1998年製作の映画)

3.3

『ダイヤルMを廻せ』の鑑賞後に観たので、リメイク版としての変更点と踏襲した点を観察しながら楽しめた。ストーリーが色々と変わってて面白かったのと、終盤の狂気が見応えある。でも『ダイヤルMを廻せ』と比べる>>続きを読む

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

3.4

大学の課題のために自宅で鑑賞。昔の映画は初めて見るのでとても新鮮だったが、ストーリーが巧妙で面白かった。ずっと同じ部屋を舞台にしてるのにこれだけ楽しめるのは飽きないストーリーの組み立てがあってこそ。た>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.3

久々にMavelのヒーローものを鑑賞。期待してたよりも面白かった。アベンジャーズとはまたちょっと違った能力とかストーリーで新鮮だった。コミカルなシーンも多くて全体的にリラックスして観れる。一方でCGが>>続きを読む

シチズンフォー スノーデンの暴露(2014年製作の映画)

4.0

ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の「スノーデン」を観てから鑑賞。こちらはドキュメンタリーなのでまた別の面白みとリアリティがあった。スノーデン本人から紡ぎ出される言葉から、SF映画のような常軌を逸する>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.7

もの凄く衝撃的な作品だった。スノーデンが明かした事実の重大さや世界の非合理さが重くのしかかってくるとともに、恋人や安定した暮らしを捨ててまで使命を全うしようとするそのメンタルというか、思想というか、静>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.5

面白かった。たまにはこういうタイプの映画も良いかも。完全に予想外れてた。次回作も見たい。あと、フランス人警官役のメラニー・ローランがヤヴァイ。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.6

女向けの映画かなと思って敬遠してたけど、名作だと聞いて見てみたら割と楽しめた。コメディ要素の強いホッコリ系人間ドラマって感じ。たまには良い。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.9

今まで語られることのなかったもう1つのスターウォーズ。ストーリーも映像も申し分なく面白かった。個性的なキャラが短時間で次々と出てくるあの疾走感はスターウォーズならでは。ダースベーダーが登場するシーンは>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.4

ひたすら狂気。こういうタイプの映画は初めてかもしれない。感じたことの無い感覚だ。好きな事で上を目指す為に狂うように完璧を追求する。そんな主人公の姿が生々しくも綺麗に見えた。とても良い映画でした。

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.9

クリスマス前に観るべきホッコリ系ラブコメディ。落ち着いて観れる映画。キャメロンディアスとジャックブラックが良い味出してる。BGMもいちいち素敵。シナリオも雰囲気も独自性があってとても良い映画だった。

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.2

当時の状況やラップ文化が浸透する様子がかなりリアルに描写されてて凄い面白かった。知ってる曲が出て来た時は興奮もの。そして何より男同士が集まって好きな事を思う存分やりまくる、っていうのはやっぱり良いなぁ>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.3

リリーコリンズの破壊力がヤバかった。冷静に人生が波乱万丈すぎてツッコミどころ満載だけどそれが洋画っぽさ出ててよかった

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.4

J.K.ローリングの世界観に再度浸れる幸福感。ハリポタとはかなりテイストが違うけど総じて面白かった。ちょいちょいハリポタの登場人物を匂わせる発言とかあって興奮した。一方でどうしてもハリポタと比べてしま>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.0

リアルさを追求したのだろうけど映画としてはとても微妙だったなあ。アシュトンカッチャー主演作の方が面白かった。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.4

メディアの使命とは何か、真のジャーナリズムとは何なのか、と深く考えさせられる作品だった。また、小さなチームが偉大な仕事を成し遂げるまでの過程が凄いリアルに描かれていてとても良かった。派手な演出などは一>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.9

新海誠は超絶天才だった。アニメ映画だと「時をかける少女」以来の凄まじい衝撃。人と人が入れ替わるっていうよくありがちな設定は好きになれないだろうなと思いながら鑑賞したら、期待を遥かに超えてきた。神秘的な>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.2

素敵な映画。急展開やサプライズがあるわけではなく、本当に現実でありそうな物語をとてもリアルに描いてる。心温まるホッコリ系映画です。夏に見ると無性に鎌倉行きたくなるね。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.6

素晴らしい映画だった。こういうホッコリするタイプの映画は久しぶりだなあ。自分も今後はもっと人生経験豊富な先輩に耳を傾けてみたいと思った。

紙の月(2014年製作の映画)

3.7

凄いドロドロしてて恐ろしい内容の物語なんだけど、主人公が理性を失って欲にまみれて堕落していく様は疾走感があってどこか爽快。

>|