前髪くしゃ男さんの映画レビュー・感想・評価

前髪くしゃ男

前髪くしゃ男

映画秘宝的なものが好きです。アメリカコメディ映画、韓国映画をよく観ます。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.5

10年近く脚本をこねくり回していただけあって、無駄が削ぎ落とされていて恐ろしくテンポが良い。
主演の二人の役作りも素晴らしく過去パートの二人はみずみずしい若者にしか見えないし、現在パートの二人は生活に
>>続きを読む

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

4.0

黒人ゲットー版スーパーバッド童貞ウォーズみたいな映画。音楽とファッションがカッコ良い。

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

4.0

おとなのけんかの様なタッチで中身はゴーンガールの様なヨーロッパ映画。

ロック・スクール 〜元祖白熱ロック教室〜(2005年製作の映画)

3.5

スクールオブロックのモデルになったロック塾のドキュメンタリー。ロックを教えるポールは小学生相手にブチ切れまくりで映画よりめちゃくちゃなのがすごい。

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.0

ハードボイルドでシェーンみたいというか、西部劇チックな話。話はオーソドックスだが、映像と雰囲気はめちゃくちゃカッコ良い。

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.5

ゼログラビティ的な宇宙パニック物。映像クオリティもゼログラビティ級。雰囲気はパニック映画なのに明るくてガーディアンズオブギャラクシーの様な感じ。一世風靡した懐メロ音楽が何故か主人公の手元にありそれが唯>>続きを読む

ノット・レイテッド アメリカ映倫のウソを暴け!(2006年製作の映画)

3.5

アメリカの映画審査機関MPAAに立ち向かうマイケルムーアスタイルのドキュメンタリー。段々と秘密主義のMPAAの詳細が明らかになっていくのはミステリーの様な面白さがあるし、この映画が作られた後MPAAの>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

4.3

同じ監督のソウルステーションパンデミックと同じく、話はめちゃくちゃ面白くて、韓流マナーなエグさも満点だが、アニメの作画がショボいのと、アニメで作る意味を感じなくて、実写で作り直して欲しい作品。話の内容>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

4.3

新感染ファイナルエクスプレスの前日譚だと聞いたので鑑賞。前日譚とは言っても、新感染の方の前日の夜から朝にかけての別の人物達の話。アニメはリアル寄りの作画の割に拙くて、日本のアニメの作画には負ける。ただ>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.0

プロメテウスよりいつものエイリアンしていた。エイリアン1、2には及ばないが、それに準ずるくらいの面白さ。2001年宇宙の旅でHALが勝つ様な、ブレードランナーのレプリカントと人間の関係をさらに掘り下げ>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

話の展開も上手いし、ハリウッドのゾンビ映画に負けていないクオリティ。ゾンビは社会のその時々の何かを象徴するというジョージAロメロ以来のゾンビマナーにもきちんと計っている。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

間違いなくエドガーライトの最高傑作。映像と音楽のシンクロっぷりも素晴らしいし、過剰に映画的で計算された画面のルックやキャラクターも素晴らしい。オープニングからエンディングまで音楽に乗ってノリノリで観て>>続きを読む

JOAN RIVERS: A PIECE OF WORK(2010年製作の映画)

3.0

75歳であのパワフルさは凄い。
ただ、ジョンリバーズのネタはアジア人、障害者やらなんでもネタにするのでどきつくて好みじゃなかった。やはり社会的な弱者や何らかの偏見ネタは当事者や経験者がネタにしていない
>>続きを読む

BEST WORST MOVIE(2009年製作の映画)

3.0

ひどすぎて逆に面白いという評価で一部で人気が出たのに、ついに認められた!と大喜びの出演者や監督達の姿は悲しくて面白い。

マネートレーダー/銀行崩壊(1998年製作の映画)

3.0

成り上がり物の変形バージョン。すごい野心で不正に手を染めると言うより、目の前の状況を切り抜ける為に不正を繰り返し取り返しがつかなくなっていく。金融系の他の映画と比べるとエグさが足りなくて、ルックも割と>>続きを読む

マージン・コール(2011年製作の映画)

4.0

金融危機を引き起こす直前24時間の投資銀行を描いた映画。基本的にオフィスの中での出来事だけが描かれる。投資銀行の従業員しか基本的に登場しないが、新人からそのボスそのまたボスといった風に登場してくる。よ>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

4.0

ヤングアダルトの恋愛をメインにした様な話。多分女性向けなのかな。登場人物の誰もが実在感があるし質の高いラブコメ映画。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.0

キャストは豪華だが、内容はテレ東のお昼にやってる様なクライムサスペンスB級映画。他の金融犯罪を扱った映画やリーマンショックを踏まえた映画と比べても平凡な出来。

マッド・ムービーズ 〜オーストラリア映画大暴走〜(2008年製作の映画)

3.5

規制ゆるゆるだった時代のオーストリアB級映画についてのドキュメンタリー。きっと全編通してみたらまあ緩い出来の作品群なんだろうけど、実際にやってるアクションシーンの数々はCGにはない迫力があって本当にす>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

オープニングやエンディングの戦闘シーンとかはカッコよかった。爆撃機とかは重力を考えると疑問符は付くけど新しかったし。7とローグワンは何が良かったってスターウォーズは冒険活劇であって、プリクエルの様な政>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.5

神秘体験は神秘現象の存在を意味しない、みたいな作品なのかなぁ。わざとはっきりさせない部分が多くてよくわからなかった。
リリーフランキーは流石の名演。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.0

歳食ったトレインスポッティングみたいな話から意外な程真っ当なスーパーヒーロー映画に展開していくのに驚いた。変に話を大きく広げずに割とこじんまりしたスケールの話なのも作品の規模的に正解だろうし、悪役のイ>>続きを読む

ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ(2016年製作の映画)

4.0

日本でのベッキーの文春砲の様な、どうでも良いんだけど面白すぎて大スキャンダルになった事を引き起こした政治家が再起を目指すドキュメンタリー。主人公のウィナーはとても人間臭いが、魅力的で、ウィットにとんで>>続きを読む

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー(2015年製作の映画)

2.4

ファンが勢いあまってドキュメンタリー映画を作ってしまったという感じの作品。この作品の監督がやたら出てきて自分語りが多いのが気になった。作品としてはピープル対ジョージルーカスとかの方が良くできているが、>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

青空の下でのドッグファイトは恐ろしいというよりむしろ美しくて新しい映像表現だなと思います。ただ撤退するだけというストイックに切り詰めたストーリーも好印象。

カジノ(1995年製作の映画)

3.5

成り上がり物として面白かったけど、長すぎる。
奥さんのジンジャーのシーン全部省略で2時間に出来たはず。
あと主人公のエースが有能でまともで調子に乗らないので、成り上がり物の醍醐味の破滅シーンが弱い。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.5

都会で暮らす大人になり切れない大人の話。テンポも良いしとってもオシャレな映画。何しろ2012年の作品で白黒だしね。いくらでも悲惨に、重く描けそうなアメリカンニューネマみたいなストーリーをとても軽やかに>>続きを読む

イカとクジラ(2005年製作の映画)

4.0

斜に構えたタイプにはグサグサ来る映画。アメリカコメディ映画ですが、雰囲気としてはおとなのけんかの様なヨーロッパ映画ぽい感じ。
観てる映画とか読んでる本とか聴いてる音楽で相手をマウンティングしがちな人間
>>続きを読む

クライング・フィスト(2005年製作の映画)

5.0

韓国版100円の恋でありロッキーであり明日のジョーでありとにかくそんな映画。

>|