426さんの映画レビュー・感想・評価

426

426

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

-

現在10/2、いや日が変わって10/3 。久しぶりの投稿。
気がつくと9月ってこんなに短いものだったけ?と思うほど走り続けていた。
一言で言えば毎日が忙しい。いや、ほぼフリーで生きている人間なのでいつ
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

-

私の好きなプロレスラーにTAKAみちのくという人がいる。彼は跳躍力がすごく「宇宙人のようだ」と言われてから彼がする技に宇宙人と付くようになった。
そんな彼のHP内にチャットがあり学生のころたまに参加し
>>続きを読む

アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台(2020年製作の映画)

-

先日友人と恋バナをしていた。
今、恋人が必要かと言われ少し考えてみた。もちろん居たら良いのだろうがいなくてもいいと思う瞬間がたまにあり、そう思う時があるのなら別にいなくても良いのかもしれないと思った。
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ(2022年製作の映画)

-

最近SNSでネガティブな発言をしなくなった。
私は人の悪口を肴にお酒を飲むほど性格が大変悪く、とっても根暗であり、元気よく「おはようございます!」と挨拶しただけでムカつくと言われるくらい人に好かれる才
>>続きを読む

なまず(2018年製作の映画)

-

日本一かっこいい男(容姿)は誰だろう?最近では成田凌が一番カッコいいと思うが理由ははっきりしている。GRAPEVINEの田中和将に似ているからだ(パーツは微妙に違うがトータル&雰囲気)じゃ田中和将が一>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

-

実家近所の病院がヤブ医者だらけだったというのもあってか体調を崩しても病院に行く事をあまりしなかったが、一人暮らしを始めてから1週間寝込んだ時に病院のありがたみを知った。
近所の内科、特に評判がいいとか
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

-

「親友ができないんです。426さん親友いますか?」
同級生のヒンちゃんは私の不用意な発言によく怒っていた。怒るとしばらく絶縁状態になるが思い当たる節の件を謝罪すると元通りになる、そんなこんなを繰り返し
>>続きを読む

あなたがここにいてほしい(2021年製作の映画)

-

午前4時。始発待ちの京都で大雨のため雨宿りして時間を潰している。
タバコをふかし雨やまねーかなと思っていたら、友人の誕生日である事に気がついた。その友人はとても大切な人で毎日でも会いたいと思うのだが物
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

-

「マクドナルドの肉は大ミミズの肉」 そんな都市伝説が蔓延していた時、ハラ君は「ケンタッキーフライドチキンの肉は大ネズミの肉」と提唱していた。「チキンと書いてるやん!」と総ツッコミを受けていたが彼は主張>>続きを読む

ボイリング・ポイント/沸騰(2021年製作の映画)

-

友人たちと一日中遊んだのち21時に帰宅。何故か「ときめきたい」と思ったので断捨離しようか悩んだがそんな事はするわけもなくハートストッパーの最終話を見ていたらそのまま眠っていた。
2時間後起きる。シャワ
>>続きを読む

ミニオンズ フィーバー(2022年製作の映画)

-

サムペキンパー好きの杉田さんはサービス残業が当たり前の職場だったが必ず定時であがり、自分の好きな事だけをしていた。そんな杉田さん最年長であったからか上長に不満点をズバズバ言ってくれて謎に人望があったが>>続きを読む

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー(2021年製作の映画)

-

エレベーターに乗った時、目的の階についた瞬間に指パッチンして「私の指パッチンで扉が開いた」と思うのがとても好き。
先日自動ドアだと思って指パッチンしたが、そのドアは手動で押すタイプだったため2秒ぐらい
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

-

剣道6段のおじさんの影響か実家に六三四の剣とおれは鉄平があった。それと関係があるかは知らないが母親はYAWARAが好きでその後HAPPYと流れ浦沢直樹作品を好んでよく読むようになった。当時友人からMO>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

-

「愛してると100回言われたことがあるか?言われたら人は変わる」
愛という言葉を口に出しすことに気恥ずかしさを感じていたが、尊敬している人から言われて以来、大切な人に使うようになりだした。
以前お付き
>>続きを読む

三姉妹(2020年製作の映画)

-

「私は同性からレイプされた事があるので同性の人と話すと恐怖心を覚えて感情が抑えなくなる」
そんな事を急に私に言ってどうするんだと思いつついつも通りの対応をした。
「本当なんです。診断書見せましょか?」
>>続きを読む

海上48hours ―悪夢のバカンス―(2022年製作の映画)

-

中古のママチャリを自分でペイントしたさい、チェーンカバーのところに盲目のギタリスト ホセフェリシアーノの似顔絵を書いて友達とゲラゲラ笑っていた。
そんなチャリンコが盗まれた。盗まれたものは仕方がないと
>>続きを読む

炎のデス・ポリス(2021年製作の映画)

-

初めて買った携帯はJ-PHONEだった。特に理由はなかったが兄貴がJ-PHONEだったから自然とそうなった。
ある日知らない番号から電話がありと出ると知らない異性からだった。
「〇〇さんのお電話ですか
>>続きを読む

モガディシュ 脱出までの14日間(2021年製作の映画)

-

ラジオからマリトッツォというワードが聞こえてきた。マリトッツォ?世間ではもう流行りが終了を迎えてきてるとかなんとかだが私には届かなかった。
今もあると思うがマカロンがとても流行った事があった。「甘い、
>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

-

家族がまだ平和だった頃、長野にスキー旅行に行った事がある。宿を目指してどんどん山奥へ進んでいくと想像以上の古い家が宿だと知り私は驚いた。
老夫婦が営む民宿。
「夜に包丁を研ぐ音が聞こえてきそう」
母親
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

-

今年は梅雨明けが早かった。

「今日は暑いでんなぁ!」
常連のおじさんはよくその日の気候の話をしてくる。そのおじさんが気候の話をしてくると私は必ず逆の返事をするようにしている。
「今日は暑いでんなぁ!
>>続きを読む

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

-

昔好きだった人のお母さんがバリスタをやっているとかで、1番美味しいファーストフードのコーヒーはマクドナルドと教えてもらった事がある。
まぁ私はミスドの飲み放題カフェオレが一番好きなんですが、近所のミス
>>続きを読む

運命のマッチアップ(2019年製作の映画)

-

私はお題がないと基本しゃべれないお喋り大好きのため日常会話についてよく考える。「今日も暑いね」「そうですね」これでは満足できないのだ。会話をはじめた以上数本のラリーがないと納得できないし、できないなら>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

-

友人に手相を見てもらった際「人に頼って生きなさい」と言われた事がある。
だからと言ってではないが人生の岐路に立った時、割と人に流されて決断をしていっている。人からの誘いは基本断らずイエスと言っていく人
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

-

リコリスピザを見に行ったら劇場たまたま同じ回に二人の友人と合った。皆別々に席を取っていたがまぁこういう事はよくある。
全員死刑を異性と見に行ったら隣の席が友人だった。
ソーセージパーティを見に行ったら
>>続きを読む

クラウディ・マウンテン(2021年製作の映画)

-

私が行っていた学校はスポーツに力を入れていたところなので、クライミング施設もあった。当時好きだった子がよくクライミングをしていたので話すためによく訪れていたのだが、私は高いところが苦手なので常に下から>>続きを読む

ALIVEHOON アライブフーン(2022年製作の映画)

-

車といえば、仕事に行ってそのまま帰ってこずに蒸発した父親が乗ってた車が湖の畔で発見されたという思い出しかありません(父親は生きてる事は最近思わぬ形で知りました)
先日地元の友人から「車といえば…お父さ
>>続きを読む

アンビュランス(2022年製作の映画)

-

2022年上半期ベスト映画を考えていたら、あれ、アンビュランス書いてねーじゃんと気がついた。
ムーンフォールが配信オンリーとなり「2022年年間ベスト映画ランキングは全て審議とする」を決めたので下期の
>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

-

先日欲望の翼のレスリーチャンと同じ髪型にしてもらったし劇場で丁度やってんじゃんという事でGO。
ネットで座席見たら結構埋まってて焦りながら席を確保し、ロビーでぼーっとしてたら若者がぞろぞろやってきた。
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

-

傘を電車に忘れる率97%の私は、雨が降ってもなかなか傘をささない。
「なんで傘ささないの?濡れるやん」と言われた時は決って「濡れても乾く」と答えている。
ただ、そんな私でも傘をささねばと思う時がある。
>>続きを読む

HUSTLE ハッスル(2022年製作の映画)

-

明日から肉体労働ハードワークなのに、夜中に見始めたら眠気が飛んでしまうほどとんでもなくテンションがあがってしまった。

何このロッキーシリーズ(5とファイナル除く。いやストリートファイトって点では5も
>>続きを読む

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

-

友人に「この漫画すげーから読んで」と全巻プレゼントするほど原作がちょー好き。年の離れた人と共通の趣味がきっかけで仲良くなり、お互いが引っ張り合う事で、若者は成長し年配者は過去にできなかった事を清算する>>続きを読む

ワン・セカンド 永遠の24フレーム(2020年製作の映画)

-

自転車で1時間弱の場所で朝8:20の回1回とめちゃハードルたけぇじゃねぇかと思いつつ見事鑑賞成功。自分で自分を褒めたくなりましたよバロセロナ五輪。

寝起きMAXでぼーっとした状態で見ていたが、フィル
>>続きを読む

犬王(2021年製作の映画)

-

職場の新規会員獲得キャンペーンで全国一位になった。
どんなお客さんでも「じゃ、お願いします」と言ってしまう裏技的魔法の言葉を発見してしまい、1店舗月に100件取れたらすごいと言われる案件を一人で月に2
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

-

同級生のシンジ君はちょっと変わっていた。苗字が似ていたため席がすぐ後ろで入学初日から仲良くなりよくツルンでいたが喋り方が典型的なオタクで当時の私では半分も何を話していたのか理解できていなかった。
元旦
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

-

私は「腹が立つ顔してる」とよく言われる。ナチュラルボーン腹が立つの特性を活かし、「こいつの事をムカつかさせよう」と思った際はマッハ10を超える腹が立つ顔をしてイラッとさせては爆笑している。数年前、私が>>続きを読む

手紙と線路と小さな奇跡(2021年製作の映画)

-

友人に何かを渡す時、付箋に一言文を書いて渡すのが好きな私なので、インターネット全盛期の現在文通とかしてみたいと思っていた。
ある日友人が「手紙を書きたい」とSNSで投稿していたためやりましょう!とDM
>>続きを読む

>|