やまりーさんの映画レビュー・感想・評価

やまりー

やまりー

映画(66)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.1

ゴジラってやっぱり格好良いなーって思うところもある。

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.0

映像も綺麗でストーリーもよく分かる。
でもゴジラが出てくるまでは眠くなってしまったー。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

2.8

良い食材が揃っているのに、どうして美味しくならないんだろう、、レシピの問題…?って感じ。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

他人事じゃなく、誰しもにあるかもしれない、あったかもしれない話なんだろうな。
スカッとする気持ちにもなったし、すごく惨めな気持ちにもなった。
主役の演技というか、JOKERになったそのときが、すごく魅
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.0

キャラクター大集合、時々説明つきって感じだったかなー。
懐かしいなって楽しむ分にはいいかも。

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.2

時系列とか、よく分かってないけど、ハッピーエンドでよかったなって思います。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

2.0

アニメを観て内容が分かっていたからか?眠くなってしまった…
主役の2人を見るための映画かな、、

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

漫画の実写化映画にしては良だった!
原作読んでいたからストーリーの細部が気になったけど、原作を読んでいない人でも分かりやすいように上手く構成してあると思いました。
再現度が高い。

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.3

俳優さん達がすごく豪華。
日本が戦うとしたらこういう在り方になるのかな、、、
戦争系の映画観るとありきたりだけどいつも思うのが、戦争はやっちゃダメだなっていう気持ち。

フード・インク(2008年製作の映画)

3.3

アメリカの台所事情がよくわかる。
食への安心感が脅かされている。
明日は我が身かも。

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.6

俳優さん達が映画映えするなぁと、見応えを感じている。
敵の敵は味方、ちょっとテンション上がった!

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.6

今回も面白かったけど、前回に比べると曖昧にされていてよく分からない部分が多かったかも。
スペシャルゲストに驚き(笑)

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.7

ハラハラドキドキ、絶対失敗すると思ったー!
個性的な面々で、良い感じ。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.2

数式で理解できるのかっこいい…
最後の、あぁそういうことか…と。ジーンときた。

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.1

俳優さんの加点が大きい。
かっこいいしかわいいなーって所は良い感じだけど、なんだろう、演出が私にはハマらなかったのかな!?

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

3.4

最後の演技シーン、良い。
最初のぐちゃぐちゃなシーンも面白いけど。

マダガスカル(2005年製作の映画)

3.0

まぁ、ふつうかな!
短めでサクッと観れるのは良い

インシテミル 7日間のデス・ゲーム(2010年製作の映画)

3.1

駆け足で不完全燃焼。
キャストが豪華だったからまぁまぁ観れたかなー
もっと一人一人の背景が細かく分ればなぁ。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.4

ずっとみていたくなるような映画。
歳をとってパートナーと別れたら、何をして生きていこうか。。
ベンの周りに人の輪ができていくのが嬉しい。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

3.5

死の秘宝、おもしろかった
でも詳細がよく分からなかったから、そこら辺は原作読んだほうがいいんだろうなー
スネイプとかドラコとか、敵役だったキャラが立ってた

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

3.2

後半になるにつれて誰が誰だか分からなくなってきたー
原作読んでいれば分かるのかも。

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.8

お菓子工場、夢がある!
ときどき観たくなる感じ。
ゴールデンチケット当たるところが私的山場。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.3

話は進んでいるから、要素の一つ一つが薄くなるのは仕方ないかなぁ。
映像は変わらず綺麗。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.4

このへんから殺伐としてくる印象。
魔法のウキウキワクワクは薄れるよなぁ…

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.5

魔法へのワクワク感がやや薄れるけど、地図とかバスとかは夢がある。
一番最初に読んだハリーポッターの本はアズカバンの囚人だったから思い入れある。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.6

クオリティーは落ちず、凄い!
子ども達の成長が著しい。
世界観も変わらず面白い。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.7

魔法使いの国、魔法学校、夢がある!
まだそれほど殺伐としてなくてウキウキした気持ちで観れる。
ダニエル・ラドクリフくん、かわいい!

スウィングガールズ(2004年製作の映画)

3.2

ツッコミどころはたくさんあったけど、最後の演奏はジ〜ンときた。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.4

内容よりも映像に評価。本物みたいなクオリティ。
前作も映像のクオリティは高かったけど、前作よりも数倍面白い。

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.2

相変わらず良いことは良いけど、慣れなのか、トラブルに見舞われ過ぎる家族に疲れたのか…

96時間 リベンジ(2012年製作の映画)

3.6

お父さん、ネタかな!?と思うような場面があってちょっと笑えた…
アクションシーンは相変わらずハラハラドキドキ。

>|