やぎちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

やぎちゃん

やぎちゃん

映画(1308)
ドラマ(41)

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.3

愛妻家のキアヌが留守番の夜、美女2人を親切で家に入れてしまったことから悲劇が始まる。誘惑に乗ってしまい家に入り浸られ崩壊するあれこれ。でももしかしてこれはコメディなのかと思ったり。

凶悪(2013年製作の映画)

3.0

もうちょい期待してたけどハードル高すぎたかな。死刑判決が出てる殺人犯が雑誌記者に秘密の暴露をしのうのうと生きてる共犯者に復讐しようとする。仕事は優秀な記者だけど夫としてクズすぎた。

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH(2009年製作の映画)

1.5

10年前にお化け屋敷で行方不明になった女の子が突然現れる。そこから10年前に起こったことが明らかになっていく。よくある過去と現在の追っかけっこみたいなネタ。よいキャストなのにつまらない勿体ない。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.8

生きてる意味とか命の儚さとか、観るというより聞かされてる感じ。なんとなくの描写の中に辛さや苦しさが伝わってくる。脚本が良い。こんな風に生きてるとしんどいね。

やっぱり契約破棄していいですか!?(2018年製作の映画)

3.0

自殺を図るが失敗続き、プロの暗殺者と契約するけどその直後から人生が好転する。ノルマ達成のために暗殺者はキャンセルを認めてくれず、ドタバタ。オチがわかりやす過ぎた。

アウトサイダーズ(2016年製作の映画)

2.5

トレイラーハウス生活してる泥棒一家。泥棒が悪いというよりいい年して親に逆らえない男が悪い。呆れた。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.2

実際にあった連続殺人事件の犯人の話。美少年サイコパス。キレイだけどあの締まりのないお腹にドン引きしてしまった。

遠すぎた橋(1977年製作の映画)

3.0

戦争もの。連合軍はノルマンディー上陸に続きオランダに入ろうとパラシュート隊を送り橋を目指すがドイツも橋を死守しようとする。戦争って愚か。長くてつまらない。

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

2.5

銀行強盗でダイヤを盗んだらUSBを取り返そうとする議員の手下から命を狙われるアレックス。強いし綺麗。で?解決しないまま終わったけど?

パピヨン(1973年製作の映画)

3.5

無実の罪で終身刑になった男が何度も何度も諦めず脱出不可能と言われた島から逃げる話。とにかくワイルドで前向きでサクサクと話は進む。見終わったときは非現実的でつまらない!と思ったけど実話と知って評価が上が>>続きを読む

家族ゲーム(1983年製作の映画)

3.7

リメイクしたドラマを先に観てるから内容が普通に日常的で驚いた。松田優作が松田龍平に見えてくる。ラストが印象的。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

タイトルがミスリードだ〜フェラーリ話にほぼ関与してないし。そして3台揃ってという発想に呆れるさすがアメリカ。だからフェラーリにバカにされるんだ。ただただケンのレーサー魂に感動する映画ですね。

ミッション:60ミニッツ(2017年製作の映画)

1.5

60分殺されずにいれば100万ドルというゲームになぜか出演することになってしまってる主人公がどんどん攻めて来る刺客と戦う。100万ドルじゃ割りに合わないね一桁違う。

ボーダー(1981年製作の映画)

1.5

メキシコとの国境の警備をする男がメキシコ女を助けるために仲間を殺していく。浪費家の妻もあくどい仲間も悪いは悪いが、白けた。

影踏み(2019年製作の映画)

2.5

キャスト設定に無理がある〜。友達(警察官)の死に疑問もった山﨑まさよしが真相を探る。幼馴染の女はずっと山﨑まさよしを待っててお見合い相手を怒らせる。兄ィ兄ィと慕う北村匠海の存在が、、。

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

2.0

麻薬取引がらみの誤解で夫と娘を殺された妻が復讐する話。麻薬組織リークがいる腐った警察官という定石通りのパターンもありとってもわかりやすい話。ただただ強い!!

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

演技派が映画やるとさすがにリアリティある。ちょっと頭が緩いなぁと思う演技が神ってる満島ひかり。闇がありそうで目が死んでる妻夫木くん。ちゃらさが犯罪級の小出くん。

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

2.8

殺し屋同士がお互いの素性を知らずに結婚する。ラブコメのようなノリ。美男美女だから良いけどストーリーはつまらない。

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.6

引きこもりの長男が首吊り自殺。母親は発見して倒れてその時の記憶を無くす。鈴木家はみんなで長男の自殺のことを母親に隠すことにする。うーんキツイ話でした。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.9

想定してた展開じゃなかった〜これはホラーだ!意外過ぎて面白い。テンポ良し笑える皮肉も効いててなるほどアカデミー賞です。

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

3.0

お父さんは立派な牧師だったのでアイルランドの同胞のために戦って死んだんですね〜その復讐のために息子また戦うんです。ニューヨークで。昔のギャングの世界に戦争、国家権力がからむので不愉快な話だねー。

ポイズン・ローズ(2019年製作の映画)

1.0

トラボルタが元カノの娘の殺人容疑をはらすために頑張る話。トラボルタと元カノが老人とニューハーフみたい。つまらない。

ベル・カント とらわれのアリア(2018年製作の映画)

2.9

ペルーの日本大使館の立て籠りあったねえ、あれをヒントにした話。だから日本人俳優活躍してます。でもロマンスは必要ないよねー。

あなたはまだ帰ってこない(2017年製作の映画)

3.0

政治犯としてドイツに捕まった夫。作家である妻は帰ってくるはずの夫を待ち続けながらそれを日記にしたためる。実話。人は辛いことを忘れて生きていくように出来てるんだよね。わかる。

ウルフ(1994年製作の映画)

3.2

ジャックニコルソンが狼に噛まれて狼になっていく。噛まれたら狼になる、とても読みやすいストーリー。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

2.8

続編。殺し屋の社会のルールをうまく使えない主人公ってもしかして頭悪いのか?映画だから負けないんだろうけどつまらない。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

2.0

殺し屋?を引退してたキアヌ。車を盗み犬を殺した相手に復讐する話。たかが車と犬なのに。もしかしてコメディなのかな?はて?

シェルタリング・スカイ(1990年製作の映画)

2.5

贅沢できる夫婦なのにわざわざアフリカいって2人の関係を変えようとする意味不明な話。文明とは程遠いところへいって病で死ぬのも自業自得。だからなに?さっぱりわからないわ。

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.0

テロで1人娘アマンダを残して亡くなった姉。仲が良かった弟が面倒を見ることに。普通は父親がいるし祖父母もいるもんだけど、親は離婚、祖父母も離婚。呆れる。感動的に話を作ってるけど気の毒にしか思えない。

ガーディアン24(2019年製作の映画)

1.5

一見スーパーの温厚な警備員が実は最強の兵士だったという話。強盗一味がこてんこてんにされるコメディ。私こういう漫才みたいなドタバタは駄目だ。

リアル 完全なる首長竜の日(2013年製作の映画)

2.5

意識の戻らない彼女の意識の中に入って会いに行き、会話して心の悩みを紐解いて行く。物語が反転するところは面白いと思ったのにその後の展開がしつこい。なんというかキレが悪い。

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.9

DワシントンがCIAの裏切り者として追われる。隠れ家の管理役の男が一緒に殺し屋から逃げるが行動が筒抜け!よくある話だけどDワシントンがとにかくカッコいい!

インサイド・マン(2006年製作の映画)

4.0

完全犯罪の銀行強盗。本当の狙いは何だったのか、というのがオチ。細かいところ分からないんだけど面白かった。頭を整理してからもう一度観たい。

キラー・インサイド・ミー(2010年製作の映画)

3.0

田舎で昔からみんな知り合いの狭い社会で、保安官がサイコパスでなぜかモテモテで、人をバレないように殺すんだけど、今の時代なら証拠だらけなのに!というストレス感じる話。

インファナル・シティ/女捜査官サンドラ(2007年製作の映画)

2.8

気の強い税関の女が主人公。こっちには相手の内通者、あっちにはおとり調査員が愛人として潜り込んでる。少人数なのに誰か分からないとかたるんどるなあ。

ラスト・パニッシャー(2019年製作の映画)

2.8

ボスの代わりに服役した男。数年ですむと言われたのに19年が経ってた。しかも不治の病。そこからの復讐劇。息子よ!という感じのドラマだけどぬるいわ〜中途半端な復讐だ!

>|