ヤマモトさんの映画レビュー・感想・評価

ヤマモト

ヤマモト

映画(114)
ドラマ(0)

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

話が超面白い。そしてジョディフォスター可愛すぎる。

NO SMOKING(2019年製作の映画)

5.0

とにかくかっこいい。

音楽も煙草も燻らせるもの。
その言葉が本当に合っている。
細野さんの茶目っ気や若さ、渋さが切り取られた表情から伝わってきた。
そして映画館で見ているのを忘れそうになる程のライブ
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

4.0

「俺に言わせりゃロマンに欠けるな」
「ガンマンとしての奴は死んだ」
「俺はただ美味いタバコが吸いてえだけだ」
かっこよすぎる!!!!

BOYS/ボーイズ(2014年製作の映画)

3.5

アップリンク吉祥寺にて。

瑞々しい!!青春を見事に切り取ったような描写、心の動き方、最後のにイェシカを選ぶかマークを選ぶかの対比、綺麗にできていると感心した。
ストーリーがあっさりしすぎててそこまで
>>続きを読む

コードギアス 復活のルルーシュ(2019年製作の映画)

4.0

好みは別れそうだし、あの悲しい結末も良かったけどこういう救われた終わり方も良かったかなと思う。
そして最後のC.C.が可愛くて堪らなかった。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.5

ようやく見た。創作意欲かき立てられるね。小松菜奈〜!!!!!

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

戦争においてどちらが加害者で被害者であるかなど分からないなと考えさせられた。
ドイツ人を恨むデンマークの人々の気持ち、ドイツ軍がデンマークに仕掛けた地雷処理をドイツ兵にさせること、どちらも理解できるが
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.0

失われていく文化や生活。これが東京のリアルだと思った。
言葉も画も全てが美しい。大切なものがたくさん詰まった映画。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.5

何回見たかな。
この胸糞悪い感じ1番嫌だな。
見るたびに民族学勉強してぇ〜と思う。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

素晴らしい。
誰もがアーサーに、ジョーカーになりうる。
アーサーを狂人にした人々もアーサー(ゴッサムシティでの弱者側)も被害者であり加害者であるという救いようのない結末。

終盤、ジョーカーがパトカー
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.5

渋い雰囲気を視聴前はイメージしていたけど、画は渋くてもストーリーはポップなのが多かった。
ボーッと見られる感じとか凄い好き。
そして喫煙シーンが印象的。

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

4.5

演出の全てに見入ってしまった。
思春期の心の脆さ、暴力的な感情、無力感、色々なあの時感じてたことが蘇ってかなりしんどかったけどこれはまた見たい映画。

>|