甘口カレーさんの映画レビュー・感想・評価

甘口カレー

甘口カレー

映画(544)
ドラマ(0)

ブレア・ウィッチ(2016年製作の映画)

1.7

世界に衝撃を与えたブレア・ウィッチ・プロジェクトの続編

個人的には正直うーん😓
よくある普通のpovホラーになってしまったよーな
不気味さが無いし、次いでに暗くて良く分からないし…

せっかくやるな
>>続きを読む

ハングマン(2015年製作の映画)

3.3

家に住み込むタイプのストーカーの日常。

犯人視点ということもあり、家族にいつ見つかってしまうのか、いや家族がいつ見つけてしまうのか、そんな緊張感が伝わった来た。
そこにいたんかい!みたいなPOVなら
>>続きを読む

オープン・ウォーター2(2006年製作の映画)

2.9

若者達が船に上がれなくなる話

前作から間を空けず観賞。
予算が増えたのか前作より人数や派手なシーンが多めに。
トータル的には前作より好み。 
ただ、サメとか出てきてくれたらもっと嬉しかったかなー。
>>続きを読む

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

2.7

サメ映画の中では割りと有名な方なので、思ったより低予算なつくりだったことに少し驚いた。勝手にもっと迫力ある感じかと思ってた。
でもそれがかえってリアルさを増してたかな。見えないからむしろ怖い。
それに
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.1

オリジナルは観たこと無いです…(..)

個人的には本編よりも吹き替えの声優さんが豪華過ぎる事が印象に残っております。(スプラッター映画なのに!)

肝心の本編は評判の通りエグい描写が凄い。
後でサム
>>続きを読む

クランプス 魔物の儀式(2015年製作の映画)

3.8

やや子供向けクリスマスホラー映画

着ぐるみや人形を使ってたり、降っている雪の感じとかが、一昔前のクリスマス映画らしい。
他の方もおっしゃっている通り、「ホーム・アローン」や「グレムリン」を彷彿とさせ
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.5

youtubeの短編ホラーが原作のホラー映画だそうです。監督も同じ人だそうな。

全体的にTHEホラー映画といった感じ。
暗闇と光を上手く使った演出はお見事。
この手のホラーにしては主人公達に魅力があ
>>続きを読む

蝋人形の館(2005年製作の映画)

3.8

旅行中に立ち寄った蝋人形の館がヤバかった話

何よりもまず、セットの凄さが印象に残ってる。
蝋人形の館の作り込み具合が半端ない。撮影風景が気になるところ。
終盤辺りには割りとど派手な演出もあって良かっ
>>続きを読む

ヒッチャー(1985年製作の映画)

3.4

乗せたヒッチカイカーがヤバい奴だった話

あんまり有名な映画じゃないからなめてたけど爆発や銃撃戦とか派手なシーンが結構あって驚いた。
ヒッチカイカーの男も不気味で良かった。すっごいしつこい(笑)
主人
>>続きを読む

クラウンタウン(2016年製作の映画)

1.6

タイトルやパッケージからして面白そうだったので観賞  

低予算なホラーってどんなの?
と聞かれたら
こんなの
とみせたくなる感じでした😅

旅行先で若者達が襲われるというコンセプトは「ヒルズ・ハブ・
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.9

他の人の感想を観るのを我慢して観賞

「ゲット・アウト」もそうでしたが本当に先が読めない

色んな人が言っていますが、単なる面白ホラーでとどまらず、アメリカ社会を比喩していたり、クスッと笑えるジョーク
>>続きを読む

ANIARA アニアーラ(2018年製作の映画)

2.7

「ウォーリー」に出てくる宇宙船が事故った的な話

どうやら有名な小説が原作らしいですね👀
自分は完全にジャケ借りでしたが…(笑)

結構難解…
というよりカルト的な映画なのかな
自分にはちょっと難しく
>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

3.6

旅行中の際に妻が行方不明になった主人公。3年後妻を探す主人公の元に犯人と思わしき男が現れて…

どうやらあのスタンリー・キューブリックが「最も怖い映画」と言ったらしいですね👀

物語は妻を探すサスペン
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.9

とにかく「ヤバい」と聞いて鑑賞

良い意味で物語性がなくサイコスリラー映画の良いとこ取りみたいで面白かった。
ジャックの芸術性みたいなものは正直理解できないけど、強迫性障害のシーンなんかは正直ちょっと
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.0

予告編の映像が凄かったので鑑賞しました。

映像に関しては映画館で観なかった事を後悔するほど素晴らしい。というか凄すぎ!


しかし他の方もおっしゃってる通りストーリーは
??????????????
>>続きを読む

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

4.3

マーターズ(観てない)でお馴染みのパスカル・ロジェ監督作

色んな感想がありそうですが
個人的には久しく出会っていなかった
グッとくる
ホラー映画でした

勿論
怖いし、グロいし、恐ろしい物語
ではあ
>>続きを読む

地獄少女(2019年製作の映画)

3.3

白石晃土監督と聞いて急いで鑑賞

設定こそ知ってるけどアニメ本編はしっかり観たことはないのですが、思いのほかすんなり世界観に浸れました。ちょっと「世にも奇妙な物語」や「笑うセールスマン」っぽい雰囲気が
>>続きを読む

この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説(2018年製作の映画)

3.8

アニメは一期、二期ともに鑑賞済み
原作の小説は読んでないですがかなり好きなアニメです

映画というよりはアニメの延長線上な雰囲気。作画や雰囲気もしっかり引き継がれて良かった。個人的にこのすばの中でもめ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.0

去年の10月位に前2作を観てすっかりハマり劇場で観に行こうと思っていたんですが早くもDVDに(泣)

前作のラストでもうダメだろ絶対…
って思ってたのですが、以外と何とかなるもんですね

これまでと違
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.8

プロフェッサーとマグニートの過去編

マシュー・ヴォーン監督なだけあって話のテンポの良さ、雰囲気の明るさ、アクションシーンの気持ち良さを強く感じられた。
それにしてもファイナルエディションから5年の間
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.6

ウルヴァリンの誕生秘話
賛否は分かれてるみたいですが個人的には好きでした

ぜんきだん正直、色々突っ込み所というか最初の「X-MEN」との整合性が取れていない部分が多いのですが(セイバートゥースとか)
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.2

正直あんまりいい評判を聞いてなかったのもあるけど個人的には楽しめたかな。

キティ・プライドvsジャガーノートを始めに色々な楽しい超能力バトルが観れたのは個人的には満足
個人的に推しのストームの見た目
>>続きを読む

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018年製作の映画)

2.6

個人的七つの大罪自体結構好きな作品

個人的には良くも悪くも劇場版としては無難な出来きかなと

全体的には楽しくて面白いけどヤッパリ本編と比べると敵キャラクターとか色々見劣りはするかな

でも本編2期
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.5

「ジョーカー」でお馴染みトッド・フィリップス監督作
「ジョーカー」まだ観てなくてせっかくなら観る前にと思い観賞

アメリカ色の強いブラックコメディという感じでしょうか
これ以上やるとヤバいのギリギリの
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.6

映像に定評のあるアン・リー監督作

とにかく映像美が凄いですね👀
思ったよりファンタジーな映像で視覚的にとても楽しめました。特にクジラ。ありゃ凄いですわ(笑)

お話としても非常に良くできていて楽しめ
>>続きを読む

96時間 リベンジ(2012年製作の映画)

3.3

前作の「96時間」は結構思い入れのある映画でして
多分初めて観た
「人がポコポコお亡くなりになるタイプのアクション映画」
なんですよね

でも何だかんだ続編は観たことなかったので観賞しました

今度は
>>続きを読む

グレイヴ・エンカウンターズ2(2012年製作の映画)

2.5

前作は正直そこまで好みな感じでは無かったのですがせっかくNetflixに続編があったので観賞

自分は前作より好きだったかな
前作もそうだけどホラー演出のバリエーションは多いし、前作との繋がりもしっか
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.9

皆大好きノーラン監督作
2人のマジシャンの人間性やある種のマジックに対する狂気を非常に繊細に写しています。サスペンス映画だと思って観ない方が言いかも。でもそこにノーランだからこそ出来るトリッキーな展開
>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.1

一風変わった不思議なサスペンスかと思って観たらリーアム・ニーソンが出ているだけあってやっぱりガッツリサスペンスアクションでした

後半からだいぶ凄い展開を持ってきますが何故か受け入れられるのはジャウム
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.6

「トレインミッション」を先に観ているせいか同じ世界観の様に感じる

リーアム・ニーソンお馴染みの強制暴力捜査は観ていて飽きません

本作に限らず個人的に電車や飛行機といった密閉空間で起きるサスペンスは
>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.0

マフィアと警察から父親のジミー(リーアム・ニーソン)とその息子が狙われる話

何気にリーアム・ニーソンが狙われるのは結構珍しいのでは。いつも狙う側な気がする(笑)
今観ると結構ジョン・ウィック感はある
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

先月土曜プレミアムにて観賞(レビュー遅れました…)

一応サスペンス映画だけど基本的に圧倒的暴力で解決するのはリーアム・ニーソンならではの良さ。
電車という密閉空間ならではのテンポの良さやスピード感が
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

2.6

個人的にはちょっとうーん😕
って感じのホラー映画

というのも、この映画の恐怖演出が基本的に
怪現象とかポルターガイスト
なんですよね…
個人的には
死体が動き出す恐怖
とかがもっと観たかったかな。
>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

3.4

ネタバレ厳禁なやつ。

この手のホラー映画を色々観ちゃってる自分としてはそこまで目新しさを感じなかったけどヤッパリこの手の映画は面白い。
恐怖に立ち向かうのは観ていて気持ち良い
EDへの行き方とかも好
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.7

公開当初から気にはなってたのですが早くも4年たってしまいました…

B級映画好きとしてはサメが出てくるだけでテンション上がりますね
低予算ものが多いサメの中でもかなり予算を注ぎ込んでるのでサメから何か
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.8

公開当初から(サメ映画の中では)非常に評判が良かったので気になって観賞しました。

個人的に前半は正直そこまで…
といった感じでしたが
後半からの内容が非常に面白かった
色々内容に触れると不味いのでや
>>続きを読む

>|