ぢん子さんの映画レビュー・感想・評価

ぢん子

ぢん子

僕が跳びはねる理由(2020年製作の映画)

-

自閉症、なに一つ知らなかったです。観て良かった。今、二周目です。

いっぱい書きたいけど、言葉が多ければ多いほど、作品の濃度が薄くなってしまう気がする作品。

ナレーション二つ目の言葉が、
「言いたい
>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

-

よだれが…。
のだめカンタービレで言うところの、呪文料理の数々。

大統領の料理人なのに、なぜ?なオープニングから、紐解くオルタンスさんが在籍していた55番地。

ミッテラン大統領と食事の話しで盛り上
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

-

ガミさん…いや役所さん…。
アカデミー賞の常連で、安定してる演技だよね、と今まで思ってたけど、役所さんの演技で泣いたのは、これが初めて。
そして、キムラ緑子さん。

今の社会、生きにくい。
コロナから
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

-

わざわざスピルバーグ監督が出てくれるんですが、分からない。
字幕付きなのに、字幕のない英語の映画を観ているような感じでした。

でも、ダニエル・デイ・ルイスの演技は凄かった。静かに熱かったです。

>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

-

フォロワーさんのレビュー読んで、あまりの絶妙な懐かしさに借りました。

ディスク入れたら、セットアップメニューから流れてくるアノ曲を覚えてる自分に驚き。
テープ時代に一回しか観てないのに…。

ネタバ
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

-

テープ時代に寝落ちして返却した作品で、観たくて観たくて、やっと見つけました。

寝落ちの意味も分かるなぁと観ていたら、荷物の間違い辺りからグスタフが乙女過ぎて、私は何を見せられてるんだ?と思いました。
>>続きを読む

最後まで行く(2014年製作の映画)

-

私のマンシクさんを!!!!

刑事なのに爪が甘くて泣
何してんの…と思いつつ観てたら、
マンシクさん、という怒り。

「最後まで行って」
良かったね(棒読み)

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

-

1年、5年、10年後にも、また観たい。

私の勝手な、田中裕子は、童顔でアンニュイ雰囲気で、すごくモテて、ジュリーの奥さん、というイメージ。
「共喰い」で、老いた田中裕子を観てビックリしたけど、こちら
>>続きを読む

北のカナリアたち(2012年製作の映画)

-

東映?60周年記念?作品らしく、勝手に、
これは小百合さんを愛でたい上役の人たちの圧で創ったんだ…
と思わないと、やってられない作品でした。

「あなた(旦那さん)」
って言う相手がちがーう!

小百
>>続きを読む

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

5.0

吉高ちゃんと、イケメン横浜流星くん。
最近、好きだわーと流星くんのこと思い始めて、たまたまあったので鑑賞したらば…

なーんそれ!(良い意味で)

横道世之介みたいな無邪気な可愛さと繊細さを持つあかり
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

-

まだコロナじゃない頃YouTube配信してたFUJI ROCKで知った中村果穂ちゃん。大々的に報道されてたから、いつものアニメに俳優さんの顔がチラつく現象。

仮想の世界の設定や世界観、おおと思ったけ
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.7

大人のラブストーリー。
私もいい大人なので観てたら、耐性がない方向からストーリーが進んで、
「きざー」「クサイぃぃ」
と悶えながら鑑賞に耐えられるか我慢ゲームでした。
「〜だわ」とか言います?

んが
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

-

村上春樹が原作だと覚えていたので、私に村上春樹の耐性がついたのか鑑賞。上から目線。

ドライブ・マイ・カー観て1週間経ったので、鑑賞しました。

ノルウェーの森含めて、またか?と思いました。男女のこと
>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

-

ファンタジーの間につまみ食いを。

久しぶりに見たクリス・クーパーが、最高に良かった。渋い。

不思議なテンポの映画でした。
多く語るけど、演出でも見せる。監督を知って納得。

心が弱ってる時に観ると
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

-

映画館で観たことがあるのに、なぜ2以降観なかったのか、なんとなく分かった。
ロード・オブ・ザ・リングを先に観た、ような気がする。

駅の9 4/3かな?とか魔法の銀行がある街とかワクワクしないわけない
>>続きを読む

ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ(2009年製作の映画)

4.4

松たか子劇場。

太宰…クズ〜。

広末ちゃんや妻夫木くんも出てるけど、素人目から見て、松さんの演技力が段違い。

この当時の松さんは松さんで、今は今の松さんは松さん。
重力に逆らわず生きる女性、松た
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

5.0

キアヌはんの実生活を知り、勝手にダブらせたので、よかったね泣
という。

My name is TRINITY.
かっこええ…。

20年経ってアップロードされたマトリックスは、ラブストーリーでした。
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

-

観てたら、え?このセリフの感じ…どっかで…
ああーーーー!!!!村上春樹!
(ノルウェーの森を観てから、大の苦手)
すんごい良かったです。手のひら返し。
「ナンかしたい!!あれやろう!」
と、青臭い熱
>>続きを読む

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

5.0

映画ってナニ?と、考えさせられるというか突きつけられました。映画というものをおじいちゃんにひっくり返され、呆然。

予告見たけど、ほとんどのセリフが出てて、本編ほぼセリフなし。寝落ちする方もいるかもし
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

きゃーーーー!!!(黄色い声)エディー❤️っても、前作よりも愛でるシーンが内容的に少なかったのは、悲しい。
でも、スケールがとんでもないことになって、そうきますか?という展開。

魔法省…変な歩き方省
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

-

え、ハリーポッター?
1時間して気がつきました。

数年後、このCGも古く思えるのかな?と思うと、未来のCGはどんなんだろう?とワクワクしました。

2回寝落ちして挑んだのは、エディレッドメインがカッ
>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

-

笑えるファンタジーだった。
TVでCM観たりしてたのでザックリとした内容は分かってたけど、
よくまとめるなぁ、としみじみ。

ちょっと生瀬さん!
TRICK観たくなったじゃないですか!

普通に話して
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

5.0

監督もワンス・アポン・ア・タイムしちゃったのね。

この監督に関しては私はお手上げなので、150点です。

それにこの作品、青い。
主役が、また走ってる。歓喜
キャスティング。歓喜

ファントム・スレ
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.6

木村監督…渋すぎる。

キャストの名前、どうもこれ俳優さんやスタッフさんが自分で書かれたのでは?

陽炎切りの変な動きが…って新井クーン!ビックリしたよ😭 まさか出てたなんて。
また、蓮司さんが、もう
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

-

うーん。
ヨシピコのときのノリや笑い、勢いのままで、キャストが無駄死にな感じ。
笑いもアプデしていただきたいな。笑ったのはNaomi Watanabeだった。

銀魂の間辺りに、この作品があったら変わ
>>続きを読む

わが母の記(2011年製作の映画)

-

昔、公民館で観たのに、観たことすら覚えてなくて。
再鑑賞しても、初鑑賞。

シーンの間に入ってくる風景とか写真みたいな映像出てきて、ん?と思ったら、監督!!!!

でも多分ストーリー忘れそう。
もう前
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

-

今、あちこちの図書館に行くことが多くて、DVD全部制覇しようーと思って借りましたが…三浦くん、忘れてたよ君が出てたの。

命がけのワガママ、とか、パワーワードが多くて。
鹿野さんのユーモアとか口悪いけ
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

-

圧倒された。
描かれていない行間がすごく好きでした。
あの人やあの子たちは、本に描かれているのか、気になってしょうがなかったです。

遠雷…。
のだめカンタービレ以来のクラシック映画でした。

松坂桃
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

-

長い…体感が三時間くらい。

みちこ(臼田あさみちゃん)が、一番リアルだった、かな?

舘ひろしはタカ(あぶない刑事)で、終わった人には見えないんです。これはあぶない刑事をリアルタイムで観た年代の悲し
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

-

初三谷監督映画が、これでよかった気がする。他を知らないので。

ブハッ!と吹き出すこと数回。
箸休めの時間なんてなくて、大波の笑いのなか、さざなみな笑いがそこかしこに散りばめられてました。

NHKの
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.3

なんだろ(高橋一生の声で)

旦那さんの職が「職人」でフツーの夫婦。
始めの方、覚えてないんですけど、後半になってから邪魔をするナレーション。
人それぞれ、その雰囲気、シーンから色いろ汲みとって想像し
>>続きを読む

BREAK THE SILENCE: THE MOVIE(2020年製作の映画)

5.0

個人に焦点を当ててるドキュメンタリー。
3年間で、核になる部分は変わらずとも、考え方が変化し行動する今。活動休止になってソロになり、益々チョアになっていくメンバーを観るのは嬉しい。
メンバーのポンコツ
>>続きを読む

BRING THE SOUL: THE MOVIE(2019年製作の映画)

5.0

BTSにはいつも驚かされる。

世界ツアーでパリやロンドンに行ってアリーナを埋めているのに、
キャッキャっ言いながら、
「普通のニュースで僕たちのコンサートのこと言ってたよー。やー有名になったんだね」
>>続きを読む

プレタポルテ(1994年製作の映画)

-

セレブリティかな?を探していたけどなく、ジャケを見て速攻借りた。スーパーモデル、ヘレナがジャケになってる!嬉しかった。

しかし豪華キャスト…デザイナーのティエリーミュグレー本人がのっけから登場。
>>続きを読む

グッド・バッド・ウィアード(2008年製作の映画)

-

韓国俳優お三人さん。

ガンホさん!!!!
贔屓してるのもあるけど、猫背でひょこひょこ玉を避け、ひゃーはっはっは!と逃げるさま。
コミカル役。

ビョンホンさん。アイライン濃いぃ…。と、演技力というか
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

-

積読みたいな感じで、マークしたまま観なかった作品。

ああ、そうか、と感じて、進んでいくストーリーに、うますぎないか?と思っていたら…

そっち側だったのか?!
(見たときまでのシーンにあったかもです
>>続きを読む

>|