やっぴーさんの映画レビュー・感想・評価

やっぴー

やっぴー

邦画ファン。たまに洋画も。松重豊さんが大好き。「ボヘミアン・ラプソディ」にハマってしまい他の映画を観に行けていません笑。

映画(53)
ドラマ(25)

メアリーの総て(2017年製作の映画)

4.0

ボヘミアン・ラプソディにハマりすぎて、
ロジャー・テイラー役をやっている、ベン・ハーディの違う一面を観たいと思い鑑賞。
思った以上に良かった。
フランケンシュタインといえば、藤子不二雄の怪物くんに出て
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

皆さん書いてるけど、
オープニングの21世紀FOXのおなじみのファンファーレ?
からして、もうQUEENの曲のイントロみたいでニヤリ。
メンバー役を演じた役者さんたちの再現度の高さに驚かされる。
フレ
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.5

日本の四季、侘と寂、やっぱりいいな。
淡々としすぎる描写だったけど、
四季の移り変わりなど丁寧に作っている印象。
やっぱり樹木希林さんステキ。
今思えば、少し苦しそう?なところもあったけど、
それでも
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.0

ぴあで完成披露試写会のチケットが取れたので、ありがたく鑑賞。
趣里が演じる鬱気味で過眠症のヒロイン、寧子のセリフに
「生きてるだけで、どうしてこんなに辛いんだろう?」
というのがあって、自分にも多少な
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.5

高橋一生演じる九十九が披露する落語「芝浜」と、物語の内容がリンクしてるのが面白いとは思ったけど、
とにかく九十九の行動が意味不明すぎて...。
なんでそんな人を試すようなマネするかなぁ?という...。
>>続きを読む

教誨師(2018年製作の映画)

4.5

死刑囚6人と教誨師の、とても濃密な会話劇。
死刑囚たちの姿が、全くの極悪人というわけではなく、
ひょっとしたら、自分もこうなってしまうかも?というリアルな姿で、
教誨師とのやり取りで、少しづつ自分をさ
>>続きを読む

ディア・ドクター(2009年製作の映画)

4.0

ニセ医者にうっすらと気づきつつも、見て見ぬふり...。
心の支えというか、ニセでも構わないから、医者という存在が必要だったのかな?
鶴瓶師匠の佇まいがいいし、八千草薫さんもステキ。
豪華キャスト堪能。
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

4.2

美味しいご飯と、美味しい男たち?が好きな女たち、
それぞれの恋模様や人間模様が、
ちょっと切なかったり、笑えたり、身につまされたり(笑)
見応えあった。
なんだかんだキョンキョンが素敵。
彼女の周りに
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.0

さすがに「4回泣けます」というわけにはいかなかったけど、
松重豊&薬師丸ひろ子の夫婦のパート、
吉田羊&松本若菜の姉妹のパート、
そして有村架純と母親のパートは、
それぞれとても良かった。泣けた。
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

Part1は見てなかったけれども(笑)ちゃんとついていけた。
パロディ(パクリ?)満載、下ネタ満載、
イケメン俳優たちの変顔とシャクレ顔に爆笑。
でもアクションシーンは素晴らしいし、
男たちの友情に少
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.2

10年ぶりの続編。
ABBAの曲はどれも、永遠のスタンダードだなと改めて思う。
「ダンシング・クイーン」がかかれば、文句なしに踊りたくなる。
シェールが「悲しきフェルナンド」で全て持っていくかと思わせ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

楽しみすぎて公開初日に鑑賞。
正直、主演ジャニーズかよ...って感じだったけど、
木村拓哉も二宮和也も、それぞれとても良かった。
キムタクは人間の弱い部分をしっかり見せてたし、
ニノも迫力ある演技。
>>続きを読む

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す(2018年製作の映画)

3.8

終戦記念日だからってわけじゃないけど、
沖縄のこと、基地のこと、
そういったことを見つめ直すきっかけになってほしいなと思った。

雨の首ふり坂(2018年製作の映画)

4.0

古き良き時代劇の魅力がたっぷり詰まってる。
中村梅雀さん、大杉漣さんが本当にかっこいい。
首ふり坂での決闘シーンはしびれた。
中村梅雀さん演じる源七と、
三浦貴大さん、中尾明慶さんの関係性もとてもよか
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.9

高杉真宙くんと松居大悟監督のトークショー付きの回にて鑑賞。
登場人物たちに全く共感はないけど、かといって嫌悪感もわかず。
これは無償の愛なのか、狂気ゆえの暴走なのか、
「愛」と「狂気」はまさに紙一重と
>>続きを読む

オケ老人!(2016年製作の映画)

4.0

王道のヒューマンコメディ。
主演の杏さんを支える、脇の老人達がみんないい。
笹野高史さんは本当に上手い!
石倉三郎さんや小松政夫さん、藤田弓子さんたち、
みんな良かった。
悪役?っぽく出てくる光石研さ
>>続きを読む

ロスト★マイウェイ(2004年製作の映画)

3.5

シュール!の一言(笑)
途中までSF?
おっさんの青春映画?
いや、やっぱりラストシーン観るとSF?
途中ちょっとダレちゃったけど、
全編シュールで不思議な感覚の映画。
松重豊さんの、うだつのあがらな
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.3

ドラマのバイプレイヤーズが好きだったので、
そのメイン監督の松居大悟さん作品ということで鑑賞。
74分ワンカット。
すごい集中力とエネルギー。
メインの森田想さんは出ずっぱりの熱演。
テンションの上が
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

池井戸潤作品は、良くも悪くもパターンが決まっているので(笑)
まぁラストはこうなるだろうと思いつつ、
やっぱりハラハラドキドキ手に汗握って観てしまった。
長瀬智也はコメディ演技も好きだけど、
こういう
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

4.0

GyaOで無料配信していたものを観る。
オダギリジョー演じる借金ありの大学生フミヤと、
三浦友和さん演じる元借金取り福原との、
ロードムービーならぬお散歩?ムービー。
誰一人、まともな人が出てこない(
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

家族ってなんだろう?
絆ってなんだろう?
血が繋がっていれば家族なのか?
一緒にいて、それで幸せならばいいんじゃないか?
いろいろ考えがめぐってきて、涙が止まらなかった。
取り調べ中に涙を流す安藤サク
>>続きを読む

マエストロ!(2015年製作の映画)

3.3

オーケストラの再結成を巡るヒューマンコメディ映画。
松坂桃李くん主演。なかなか良かったけど、
やっぱり西田敏行が全てかっさらっていっちゃう感じ。
miwaって人の演技&関西弁がイマイチ...。
全体的
>>続きを読む

愛の流刑地(2007年製作の映画)

3.8

先日、鶴橋康夫監督の「のみとり侍」を観てきたので、
同監督の“アイルケ”こと、「愛の流刑地」をビデオパスで鑑賞。
情事の果てに愛人を殺し、殺人罪に問われる作家の姿を
回想シーンや裁判シーンとともに描い
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

4.2

舞台挨拶付きの上映会のチケットが取れたので、
新しくなったミッドタウン日比谷内のTOHOシネマズへ。
映画は、やっぱり阿部寛の持ってるまじめさが、とにかくおかしくて笑いの絶えない展開。
山村紅葉がイン
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

3.0

東京国際フォーラムでの試写会にて。
舞台挨拶には、舘ひろし、黒木瞳、広末涼子、田口トモロヲ、ベンガル、
原作者の内館牧子と中田秀夫監督が登壇。
やっぱりダンディな舘ひろしと、ガッツリ肩出しドレスの黒木
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

とにかくVFXが凄い!
日本の技術も進化したもんだ...。
ノリさん演じる犬屋敷と、佐藤健演じる獅子神の激突シーンは、
思わず手に汗握ってしまった。
二人ともキャラクターを上手く掴んでて好演。
佐藤健
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

4.0

いつだったか忘れてしまったけど映画館にて。
若くして亡くなったプロ棋士の実話。
松山ケンイチ、東出昌大とも、実際の人物にとても良く似せて演じている。
とくに、東出昌大の羽生善治名人役が良かった。
ちょ
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

伝説のエロ雑誌編集者、末井昭氏の青春グラフィティ。
母親は隣の家の若い男とダイナマイト心中、
父親はそのトラウマからなのか、女と見れば見境なく口説くように。
ある意味激しすぎる両親のDNAを見事に受け
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.8

大杉漣追悼上映
北野武監督作品2本立てのうちの1本。
過去のアウトレイジシリーズは全く観ていなかったので不安だったが、
こちらも何とか観れた(笑)
最終章にふさわしい、打ち上げ花火のような印象。
画面
>>続きを読む

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

大杉漣追悼上映
北野武監督作品2本立てのうちの1本。
バイオレンス映画が苦手なため敬遠していたけど、
大杉漣見たさに鑑賞。
1983年のものだから、35年前。
ビートたけしも大杉漣も
勝村政信も寺島進
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.0

松たか子がとにかく美しい。
着物姿が素敵。
黒木華の昭和感はさすが。
松たか子の旦那役が片岡孝太郎で、
不倫相手が吉岡秀隆。
ちょっと微妙(笑)
あまりイケメンすぎてもアレだからか?(笑)

大鹿村騒動記(2011年製作の映画)

4.0

原田芳雄さんの遺作。
確か、原田さんご自身が大鹿村の地歌舞伎に惚れ込んで企画した映画じゃなかったかな?
大鹿村へ行ってみたくなる、ほのぼのとした良い作品。

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

4.0

見終わったあとの感想は、正直言ってなんじゃこりや?って感じだったけど、
やっぱり、稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛、
3人ともそれぞれ素晴らしい役者だなと思ったし、
新しいことをやってやろう、
誰も見たこと
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

「アナと雪の女王 家族の思い出」との2本立て上映。
松たか子、神田沙也加の美しい歌声も聴けたうえ、
ピエール瀧が声をあててる雪だるまのオラフが、可愛くて健気でよかった。
そして「リメンバー・ミー」。
>>続きを読む

シネマ歌舞伎 スーパー歌舞伎II ワンピース(2016年製作の映画)

3.5

秋葉原映画祭で鑑賞。
2015年、新橋演舞場での初演バージョンのシネマ歌舞伎化。
演者によっては出番がバッサリとカットされているので気の毒に感じる部分もあるけど、
約4時間の歌舞伎をほぼ半分の時間にす
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

主人公のサクセスストーリーと挫折、再生がとてもテンポよく描かれていて、あっという間に時間が過ぎていく楽しさ。
ヒュー・ジャックマンがやはり圧巻。
彼が演じるバーナムが作ったサーカスに集まる人達は、
>>続きを読む

>|