yasochiさんの映画レビュー・感想・評価

yasochi

yasochi

映画(112)
ドラマ(2)

インセプション(2010年製作の映画)

3.5

かつて井上陽水は歌った
ー 夢の中へ行ってみたいと思いませんか ー と

ノーランは作った
夢の中の夢の中の夢の中の夢の中に行った映画を

つまり
ややこしい映画だ

大勢で一つのリアルな夢を共有でき
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.0

引き継がれること

そういう話を見たい気分なら意外と良いですぞ

ダークナイト見たからいいやと思ってたけど見始めてアンハサウェイが出てきたところからやめられなくなった 2時間と44分
この映画のいいと
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

5.0

何度見ても面白いっす

パーティー会場にテロリストが乗り込んでからは最後の最後まで休む間も無し

展開はしっかり覚えていたけど
ジョンの髪の毛、忘れてました😁

amazonで100円だったので借りて
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

わははは な映画でした〜

全編BGMというかテーマ曲途切れなし、内、半分以上は歌付き〜

一人より二人、二人より三人でわいわい見ると楽しさ倍増です
きっと

セリフで説明される映画って好きじゃないけ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

雨の日曜日、午前

痛快娯楽ものを避けてシリアスな一本を選んでみた

面白い

主人公の演技で見せる一本
脇を固める敵味方の俳優陣も良い
心ではなく頭が面白がる方の映画だな

何故に国会の証人喚問に呼
>>続きを読む

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

3.7

告り方の勉強にどうぞ

原題の動物園を買いました
に対して邦題の幸せへのキセキ
はそんなに悪くはないけれど
20秒の勇気
だったらちょっと良かったんじゃないかしら

ケリー → ベンジャミン
ディラン
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

2.9

R15

面白かったけど、
大量殺戮シーンが長過ぎて
気持ち悪くなった

2度は見ないな

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.8

なんでトムクルーズ?

まったく期待もせずにどちらかといえばばかにしながら見始めたのだけど

おバカなまでは行かないちょいコミカルなゾンビ映画として話が進んで

ラストはもうトムクルーズでなきゃ成り立
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.0

原作がおススメな映画

某朗読サービスで聴くと23時間かかる原作を2時間に詰め込むんだからしょうがないねと言わせる程度の出来

ヒロインと教授が惹かれ合うという原作の根幹は説明しきれないやと最初から諦
>>続きを読む

パピヨン(1973年製作の映画)

4.0

不屈

最近忘れかけてた精神を思い出そうと

無慈悲な独房は脱走犯が2年喰らい、再犯で5年と所長が挨拶で語る
映画で語られた事は再現されるもの

差し入れをするドガの義理、それをまた義理で返すパピヨン
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

5.0

キャメロンの想像力に脱帽

主人公は車椅子、頭脳系の兄に代わって体力系の弟がアバターの身体、特に脚を得て走り出す様子でちょっと良い話の予感を出し、その後のストーリーは王道を外さず、スケール感と映像の見
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.5

カメラワークが良く没入できた

若い頃のはずだが見た目はあんまり変わらないケヴィンスペーシーの演技が登場時から地味に光る

黒幕が最後まで分からないということを楽しむ映画なのでネタバレ注意

後で知っ
>>続きを読む

ブラインドネス(2008年製作の映画)

2.0

アメリカのどこかの都会で運転中に突然視力を失って青信号でも発車出来なくなった男

日本人であり、後から登場する妻との会話は普通の日本語で交わされるってところに新鮮さがあったが、その後は暗い話がだらだら
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

1.0

安直すぎる話し

マットデイモンとジョディフォスターというキャストで選んだのに

二人揃って知性のかけらもないという役…

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.5

何度目だろうか久し振りに見た

今回はレクター博士登場! の立ち姿にびっくりした
ただ立っているだけなんだろうけど

名作だわ
あっという間の118分

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.7

アニメ版を超えるとは思ってもなかったのでいやはや人類はどこまでも行けるんだなあと感心しきり

出だしはアニメをきっちりとなぞり、唄もそのまま
フランス版と違いポットさんもチップも出てくるし、そうそうル
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.6

クライムサスペンス
話の流れ方が特徴的


ポラロイド写真が振られる

振って乾かすポラロイド

あれれ、だんだん色褪せていく…
マジックか? プレステージとか、そういう映画なのか?

⁇ と思い
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.6

タクシーに一人残ったヘプバーンの佇まい

ムーンリバーをギターを奏でるヘプバーン

良かった

単純陽気なストーリーじゃなかったのがちょっと残念

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

2.9

おバカが過ぎるっ

自分がついて行けるのは前作までだった

前作あってのぶっ飛び度と思うので前作見ずに今作見るとついていけないんじゃないかと心配するが、おバカ映画にそんな情報はお節介が過ぎるわナ

美女と野獣(2014年製作の映画)

3.3

赤🌹

薔薇の赤を目立たせる色使いをしているのかもしれない
フランス的な色使いなのかもしれない
濃い色のドレス、毎日お色直しと
ビジュアルはアートな雰囲気で期待の上

美女ふたりだし


お話しの方は
>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.5

俳優陣は子役も含めて凄くいい

凄くいいんだけれど

ドラマの仕舞いかたが弱いというか変に複雑で幸せそうな映画なのに幸せじゃないという妙に現実路線が下敷きであり、
うーんもったいない感強し

娘役のカ
>>続きを読む

ルルドの泉で(2009年製作の映画)

3.2

レアセドゥの映画

じゃなかった…

“奇蹟が現実となったとき、人は思いもよらない行動に出る。
奇蹟の泉が映し出す、人間の光と闇。

◆ヴェネチア国際映画祭5部門受賞! 世界が絶賛した俊英女流監督
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

もう一度始める
🎍正月だし

うまくいった事も行かなかった事も色々あるけど運命的な出会いだろうがなかろうがきっかけを能動的に捕まえて又始めてみようよ

本質を追求すること
そこを共感できる仲間と一緒の
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

3.5

あっ
やっぱりいいとこで終わるのね

セイラさんの怒気、カイの不良さ、ドズルのドタバタ、シャアの3倍速の理由、ギレンの演説、ハモンさんの熱唱
フラウとララアは出番なし

次回予告が欲しかった
前回まで
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.5

暗い・陰湿・残忍
画は映画らしくて良いのだけれど
話は希望のきの字もないので
そういう時に見るべしっていつだ嵐の夜とか?
アサドの明るさ?流石に今回は最後まで持たないがと秘書の暗さに負けない明るそうな
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

IMAXで観てから2ヶ月たったが、一発目の銃声で死ぬかと思った感じが強く残ってる

いやほんと

ビラが鬼のように撒かれて、仕事帰りでもあって、あーなんか投降しろとか書いてあんのかなーとのほほんと見て
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

2.0

赤くねーし

ま、その後しあわせに暮らしましたとさ
という想像の少し下を行くお話しでシリーズが完了しました。
めでたしめでたし。

んな割にエンドロール8分超でたまげた

神様メール(2015年製作の映画)

3.8

さすがフランス映画
お話も映像もぶっ飛んでて文化の違いを楽しめますよ

原題だと新・新約聖書という事で、ランダムに選ばれた6人の生き方、それぞれに普通じゃない者の… というか最後にはもう空の色も重力も
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(2014年製作の映画)

1.0

病室で始まり病室で終わる
話し進まない
トーン暗い
J.L.ずっと渋い顔

この回は全く要らないという仮説が当たるかどうか次回作今度は本当にLASTなんだろうなを見てみる機会があれば

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

正統派?
エイリアンらしい怖い映画

主人公のアンドロイド以外みんなキャラが弱かったのが残念

エンディングのシナリオはいくつも考えつきそうだけど、一番簡単なものだった

こうなったら次のエイリアンは
>>続きを読む

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

4.0

面白い
90分時間が空いてたらおすすめ

タイトルとパッケージ写真が見る気を起こさないけれども見たら面白い映画だったのひとつだな

スペインの広場、めっちゃ集まった群衆の前でアメリカの大統領が演説する
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.5

エイリアンコヴェナントを見る準備として意外に評価が低かったプロメテウスを今頃鑑賞
Amazonでレンタル100円だった事が大きいけど

エイリアンの前日譚3部作の一本目というお話しそのものだった
普通
>>続きを読む

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)

2.5

TV版は面白く見てたのだが、これは全然面白くない

脚本がとことんつまらない

東がいたので最後まで見たが、演じた長谷川博己ってシンゴジラの谷口官房副長官だったとエンドロールで気づいてビックリ

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

2.9

現実感のあるおとなしい展開

親戚の無さを除けば息子二人の4人家族で母親が倒れるとこんなものかもしれないなと前半の感じ

それだとドラマにならないからって後半息子たちが母親を助けようとあがく訳だが
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

ありそうでなかった終わり方 その2。

セッションの監督はそういうのが好きみたいなので次回作がそれなりに楽しみ

今回の終わり方を実際に見た感想→うーんちょっとムズカシイ🙄
王道的に君の名は。の階段の
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.3

幸いにしてネタバレに触れずに封切から一年ほどの今、鑑賞

ふうむこうゆう話だったのかと、知らずに見れて良かった

彗星の絵
階段のシーン
君の名は が使われる状況

海外でも人気だったと聞いていたが、
>>続きを読む

>|