yasochiさんの映画レビュー・感想・評価

yasochi

yasochi

美女と野獣(2014年製作の映画)

3.3

赤🌹

薔薇の赤を目立たせる色使いをしているのかもしれない
フランス的な色使いなのかもしれない
濃い色のドレス、毎日お色直しと
ビジュアルはアートな雰囲気で期待の上

美女ふたりだし


お話しの方は
>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.5

俳優陣は子役も含めて凄くいい

凄くいいんだけれど

ドラマの仕舞いかたが弱いというか変に複雑で幸せそうな映画なのに幸せじゃないという妙に現実路線が下敷きであり、
うーんもったいない感強し

娘役のカ
>>続きを読む

ルルドの泉で(2009年製作の映画)

3.2

レアセドゥの映画

じゃなかった…

“奇蹟が現実となったとき、人は思いもよらない行動に出る。
奇蹟の泉が映し出す、人間の光と闇。

◆ヴェネチア国際映画祭5部門受賞! 世界が絶賛した俊英女流監督
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

もう一度始める
🎍正月だし

うまくいった事も行かなかった事も色々あるけど運命的な出会いだろうがなかろうがきっかけを能動的に捕まえて又始めてみようよ

本質を追求すること
そこを共感できる仲間と一緒の
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

3.5

あっ
やっぱりいいとこで終わるのね

セイラさんの怒気、カイの不良さ、ドズルのドタバタ、シャアの3倍速の理由、ギレンの演説、ハモンさんの熱唱
フラウとララアは出番なし

次回予告が欲しかった
前回まで
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.5

暗い・陰湿・残忍
画は映画らしくて良いのだけれど
話は希望のきの字もないので
そういう時に見るべしっていつだ嵐の夜とか?
アサドの明るさ?流石に今回は最後まで持たないがと秘書の暗さに負けない明るそうな
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

IMAXで観てから2ヶ月たったが、一発目の銃声で死ぬかと思った感じが強く残ってる

いやほんと

ビラが鬼のように撒かれて、仕事帰りでもあって、あーなんか投降しろとか書いてあんのかなーとのほほんと見て
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

2.0

赤くねーし

ま、その後しあわせに暮らしましたとさ
という想像の少し下を行くお話しでシリーズが完了しました。
めでたしめでたし。

んな割にエンドロール8分超でたまげた

神様メール(2015年製作の映画)

3.8

さすがフランス映画
お話も映像もぶっ飛んでて文化の違いを楽しめますよ

原題だと新・新約聖書という事で、ランダムに選ばれた6人の生き方、それぞれに普通じゃない者の… というか最後にはもう空の色も重力も
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(2014年製作の映画)

1.0

病室で始まり病室で終わる
話し進まない
トーン暗い
J.L.ずっと渋い顔

この回は全く要らないという仮説が当たるかどうか次回作今度は本当にLASTなんだろうなを見てみる機会があれば

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

正統派?
エイリアンらしい怖い映画

主人公のアンドロイド以外みんなキャラが弱かったのが残念

エンディングのシナリオはいくつも考えつきそうだけど、一番簡単なものだった

こうなったら次のエイリアンは
>>続きを読む

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

4.0

面白い
90分時間が空いてたらおすすめ

タイトルとパッケージ写真が見る気を起こさないけれども見たら面白い映画だったのひとつだな

スペインの広場、めっちゃ集まった群衆の前でアメリカの大統領が演説する
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.5

エイリアンコヴェナントを見る準備として意外に評価が低かったプロメテウスを今頃鑑賞
Amazonでレンタル100円だった事が大きいけど

エイリアンの前日譚3部作の一本目というお話しそのものだった
普通
>>続きを読む

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)

2.5

TV版は面白く見てたのだが、これは全然面白くない

脚本がとことんつまらない

東がいたので最後まで見たが、演じた長谷川博己ってシンゴジラの谷口官房副長官だったとエンドロールで気づいてビックリ

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

2.9

現実感のあるおとなしい展開

親戚の無さを除けば息子二人の4人家族で母親が倒れるとこんなものかもしれないなと前半の感じ

それだとドラマにならないからって後半息子たちが母親を助けようとあがく訳だが
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

ありそうでなかった終わり方 その2。

セッションの監督はそういうのが好きみたいなので次回作がそれなりに楽しみ

今回の終わり方を実際に見た感想→うーんちょっとムズカシイ🙄
王道的に君の名は。の階段の
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.3

幸いにしてネタバレに触れずに封切から一年ほどの今、鑑賞

ふうむこうゆう話だったのかと、知らずに見れて良かった

彗星の絵
階段のシーン
君の名は が使われる状況

海外でも人気だったと聞いていたが、
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.0

3作目にして普通のSFものに落ち着いたか

ドラマが弱かった分、ソフィアブテラという女優さんが気になる
歌舞伎面で素顔不明なのでなおのこと

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

2.9

昭和の根性ものと比べたら全然練習してないのに
真っ当に練習している相手に勝てちゃう

根性ものにしたら弱い

本木くんはカッコよくて竹中はお下品、その他大勢はよくわからないという映画

後年の作品シャ
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

4.2

のっけからボーンのパンチ力の凄さを見せつけるという伏線を張っておいた後、逃げる逃げるで緊張させて最後は追う追う

4作目のシナリオとしてはかなり優秀だ
出だしの回想シーンを見たところで1-3を見直そう
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

2.7

最後に悩む少年以外は何も記憶に残らない映画
決め台詞もなし

恋愛適齢期(2003年製作の映画)

3.8

恋に破れてなのか裏切られてなのかひたすら泣き続けるシーンがすごい50代のダイアンキートンと、63歳にして初めて恋に落ち、心を痛め涙するジャックニコルソン

ユーガットメールのようなチャットも含め、会話
>>続きを読む

ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年製作の映画)

4.0

海堂尊原作の医療現場もの
少し泣ける

けれども竹内結子と阿部寛のコメディでもあり、先月亡くなられた野際陽子さんも良い味出して絡んでます

職業について、真面目にその役割の本質を追求している人も、ちょ
>>続きを読む

ストロベリーナイト(2013年製作の映画)

4.2

ハードボイルドな刑事物でした
いやちょっとセミハードくらいな…

絵作りはハードなんだけど竹内結子、遠藤憲一、渡辺いっけい、武田鉄矢、生瀬勝久なので奥底にはコミカル感アリなタッチ

捜査現場のシーンか
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

4.2

将棋に続き、ついに囲碁も人工知能に抜かれ、将来なくなる仕事がリストされて脅かされるようになった今年2017年、

メカのDavidは願い通り本物の人間になれるのか
(彼の究極の願いは母親に愛される事だ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.6

休日午後のひととき
ゆったりと
優しい時間を感じたい時に

女優陣もさることながら、菅野よう子の曲も優しいです

テッド(2012年製作の映画)

3.2

深く考えずアホなジョークでくすくす笑いたい時にどうぞ

可愛いクマさんだけどやることしゃべることはエロオヤジなんで決して子供と見てはいけない

ビショップネタに笑っちまった

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

3.4

トンデモナイものを見てしまった
出だしからもう子供映画じゃないし
ゴジラ脇役だな😏

公開は1971年だそうでカップヌードルが発売された事は良く覚えているが、公害がこんな社会問題として怪獣映画に反映さ
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.3

愛の映画なんだろう

回想シーンは言い合いばかりだったけど

The sea of trees -- 木の海
じゅかいという単語で覚えてはいたけれど
木の海だったんだと、この映画を見ながら思う

何か
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.5

作り手が遊んでる感のある映画を見たいなら悪くない

80分だし
ゾンビだし
コメディだし

アビゲイルブレスリン可愛いくてジェニファーローレンスの子役時代かと思ったらリトルミスサンシャインのお腹ポッコ
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

1.0

つまらんものを見てしまった

これ怪獣映画じゃないです
コメディじゃないしホラーでもない
カルト系?

クローバーフィールド/HAKAISHA の怪獣を、キモい自己中の太っちょおっさんに置き換え、若い
>>続きを読む

長靴をはいた猫(1969年製作の映画)

5.0

びっくりしたにゃ♪
びっくりしたにゃ♪
びっくりしたびっくりしたびっくりしたにゃー

昔子供だった人も、まだこれ見ていない今の子供も、楽しいよ名作だよオススメだよー

井上ひさしさんの脚本、水森亜土さ
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

4.4

可愛らしい女優で選ぶなら、オードリーヘップバーンのこの作品を見逃す手はないんだな

身分が違う叶わぬ恋
住み込み運転手の娘が小さい頃から主家の次男坊に憧れて育ち、年頃になっても変わらないものだから父親
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.6

1958年フランスはノルマンディー地方。女性の憧れの職業は秘書、秘書といえばタイプライター、タイプライター早打ち選手権の優勝者は宝塚スターのように女性の憧れの的。

ドジで間抜けで何の取り柄もない、田
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.0

ミステリー見たけりゃお勧めだ

殺人事件抜きだけど
Hシーンは少しある
邦題は例によって分かりやすく改変されて子供と一緒に見てもOKな感じに成り下がっているが本来ならば
原題のベストオファーって何?
>>続きを読む

ダブル・ジョパディー(1999年製作の映画)

3.5

夫殺しの罪は二度目は罪に問われないと聞いて復讐の鬼と化した妻の復讐劇

105分と短いのはいいけど、保護観察官と共感を得る件りが省略され過ぎなのとヒロイン強過ぎなのが映画として残念な部分だけれど、綺麗
>>続きを読む

>|