きっと安田さんの映画レビュー・感想・評価

きっと安田

きっと安田

  • List view
  • Grid view

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

-

原作、ドラマ版は観ていない上で感想を書きます。角川春樹氏の最後の監督作品と銘打って作られた本作。キャスト、音楽、とにかく豪華な印象。澪と野江を中心に物語は展開されていき、すごくよくまとまっているなと感>>続きを読む

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

-

画面からエネルギーが満ち溢れている。音楽で沢山の想いがつながり錯綜する。貧困にあえぐ市民たち。そんな中でも月に到着するロケット。そんなお金があるならと嘆く市民たち。この映像が今修復され放映される意味は>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

-

観終わってまず思ったのは不条理なホラーだなと思いました。プラス社会風刺と皮肉の入り混じった作品だなと感じました。街のデザインがマグリットみたいだなと思ったら、監督のインタビューで参考にしている旨を語っ>>続きを読む

ブラック・クローラー(2020年製作の映画)

-

ワニでたくさんのポイントを引っ張っていこうという意図は感じられたんですが、そのワニの魅力が少し弱かったかなあという印象。キャラクターたちのカミングアウトもツッコミどころが多くてあまり機能していなかった>>続きを読む

インビジブル・ウィットネス 見えない目撃者(2018年製作の映画)

-

リメイク版とはつゆ知らず鑑賞。最後までハラハラできました。編集や構成の巧みさが光った作品だなと思います。リッカルドスカマルチョの演技がすごく良かったです。元の方も観たいなと思います。

彼女は夢で踊る(2019年製作の映画)

-

憧憬、青春、ノスタルジー。
そんな要素が詰まった作品。
ストリッパーというニッチな職業が現実と虚構入り混じる主人公の記憶と共に美しく描かれています。
そしてRadioheadのcreepが耳に残ります
>>続きを読む

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

-

一応原作の0巻を読んでから観てきました。結論から言うと戦闘シーンと乙骨憂太君役の緒方恵美さんを堪能してください。
乙骨君の台詞だったりをこちらがニヤニヤするように作ってるなあと思いました。原作を読んだ
>>続きを読む

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

-

実際にあった事件が元になったドラマ映画であり、ある種ホラー映画のようにも感じました。宗教というとてつもなく大きなものの持つ矛盾に問い掛ける作品でもあるなと思います。枠組みに何を求め何を与えるのか。善と>>続きを読む

#フォロー・ミー(2020年製作の映画)

-

他の方も仰っていますが、展開は読めるのに面白い、結末胸糞映画でした。
途中にすごく丁寧にフリを入れています。
上映時間も短く、何の気なしに観てとても楽しめました。
自分がこれをされたら勘弁被る!

ブレイクスルー 奇跡の生還(2019年製作の映画)

-

wowowで鑑賞

ノンフィクションの原作もの。
宗教色の強い作品でした。
適した感想ではないかもしれませんが、
進研ゼミの漫画みたいな映画でした。
歌がとても良かったです。

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

-

前3部作があったからこそ生まれたのは言うまでもなく、また約20年という月日が、監督の周りを含めた状況の変化が、作品を製作へと誘っていったのかと感じました。
作品の随所にこの作品を作るまでの葛藤や苦悩が
>>続きを読む