YasuhitoAraiさんの映画レビュー・感想・評価

YasuhitoArai

YasuhitoArai

シュザンヌの生き方(1963年製作の映画)

3.5

エリック・ロメール監督作品。
学生であるベルトランの悪友ギヨームは、シュザンヌという女性と付き合い始め・・・という話。

これもひどい男の話。主観は主人公である男。今回も男女関係が交錯する。
外よりも
>>続きを読む

モンソーのパン屋の女の子(1963年製作の映画)

3.7

エリック・ロメール監督作品。
学生の男は道でよくすれ違うシルヴィーという女性に恋して、彼女とすれ違うために街をうろつくが・・・という話。

ロケ撮影でパリの街並みを観れる。
ロメールらしい男女のすれ違
>>続きを読む

ベレニス(1954年製作の映画)

3.7

エリック・ロメール監督作品。
撮影、編集:ジャック・リヴェット。
エリック・ロメール演じる偏執狂の男は、従姉妹のベレニスの歯に魅せられ・・・という話。

エリック・ロメール自身が演じる。長身、かっこい
>>続きを読む

3人のエンジェル(1995年製作の映画)

3.1

ニューヨークのドラッグクイーンコンテストで優勝したパトリック・スウェイジ演じるヴィーダらは、中古のキャデラックを買ってハリウッドの大会に出ようとするが・・・という話。

『プリシラ』のヒットを受けて製
>>続きを読む

諜報員(1947年製作の映画)

3.8

ボリス・バルネット監督作品。
第二次世界大戦。ソ連軍少佐のアレクセイは、ナチスドイツに赴き諜報活動をするが・・・という話。

主人公側ソ連のスパイだけでなく、ナチスドイツ側もスパイ活動をしてくる。お互
>>続きを読む

怪談呪いの霊魂(1963年製作の映画)

4.1

ロジャー・コーマン監督作品。
1765年ニューイングランドのアーカム村で、黒魔術をしていたヴィンセント・プライス演じるカーウェンが村人達に焼き殺された。110年後、ひ孫のウォードがカーウェンの屋敷を相
>>続きを読む

ダムランド(2002年製作の映画)

4.3

デヴィッド・リンチ監督作品。
リンチの作ったアニメ。

シュールさとユルさと下品とカオスとサイコを混ぜた感じ。基本ぶっ飛びすぎてて笑いながら圧倒される。
アニメだけど、サイコ感が強くてけっこうハラハラ
>>続きを読む

ザ・ショートフィルム・オブ・デイヴィッド・リンチ(2002年製作の映画)

3.6

デヴィッド・リンチ監督作品。
デヴィッド・リンチの短編集。

『six men getting sick』が一番尖っていて好き。尖っている作品が多い中『the cowboy&Frenchman』がゆる
>>続きを読む

コルドラへの道(1959年製作の映画)

3.5

ロバート・ロッセン監督作品。
1916年、パンチョ・ビラがニューメキシコまで攻めこんで来た時に活躍した兵士を連れて、ゲイリー・クーパー演じるソーン少佐はコルドラを目指すが・・・という話。

戦闘が少な
>>続きを読む

春の驟雨(1932年製作の映画)

3.5

パウル・フェヨシュ監督作品。
住込み家政婦として働くマリーは、舞踏会の日に男に誘惑され、子どもを身籠るが・・・という話。

初期のトーキー作品らしく、ほとんど台詞無くサイレント状態で続く。
内容は、一
>>続きを読む

脱走者(1933年製作の映画)

3.6

フセヴォロド・プドフキン監督作品。
1932年ドイツのハンブルクの港町で、造船所の労働者達はストライキをするか集会していたが・・・という話。

初期のソヴィエト映画らしく、カットの連続、モンタージュで
>>続きを読む

地の塩(1953年製作の映画)

3.3

1950年ニューメキシコの亜鉛鉱山では、白人とヒスパニックの炭鉱夫が働いていたが、会社の危険度外視した決まりに反逆し、ストライキを決行するが・・・という話。

ストライキの過程を延々と描く。地味目に耐
>>続きを読む

(1990年製作の映画)

3.5

黒澤明監督作品。
監督自身が見た夢を基にしたオムニバス映画。

黒澤明らしい、人としてあるべき姿、あるべき世界みたいなものが今作品でも提示されている。夢が題材なので、寓話的要素が強く、合成も使っている
>>続きを読む

それは外宇宙からやってきた(1953年製作の映画)

3.3

ジャック・アーノルド監督作品。
原作:レイ・ブラッドベリ。
アマチュア天文学者のジョンは隕石が落下するのを目撃し、落下した場所で宇宙船を発見するが・・・という話。

宇宙船が空を飛ぶ時に巨大な火の玉の
>>続きを読む

燃えつきた地図(1968年製作の映画)

3.4

勅使河原宏監督作品。
勝新太郎演じる探偵は、市原悦子演じる依頼人の行方不明の夫の捜索を依頼されるが・・・という話。

探偵ものだけど、終着点にまで辿り着かない。少しずつ情報が入ってくるけど、終着点は見
>>続きを読む

戦火の大地(1943年製作の映画)

4.1

ドイツ軍に占領されたウクライナの村に出産のため帰ってきたオレーナは、パルチザン部隊の所在を突き止めようとするドイツ軍に迫害されるが・・・という話。

国家万歳、団結万歳、清貧万歳みたいなプロパガンダご
>>続きを読む

インディレース 爆走(1967年製作の映画)

3.8

勅使河原宏監督作品。
1966年に富士スピードウェイで行われたインディレースを映したドキュメンタリー。

F1のレースを観てるような感じ。ロングショットでレースカーがうじゃうじゃ動いている画が面白い。
>>続きを読む

動く彫刻 ジャン・ティンゲリー(1981年製作の映画)

3.5

勅使河原宏監督作品。
スイスの彫刻家ジャン・ティンゲリーが来日して個展を開いたのを映したドキュメンタリー。

廃材となった機械のガラクタを利用して彫刻を作る。彫刻が連動して動くので観てて面白い。

いのち―蒼風の彫刻(1962年製作の映画)

3.2

勅使河原宏監督作品。
父である勅使河原蒼風の彫刻についてのドキュメンタリー。

ほとんどナレーション無しで作品を芸術映画的に映していく。作品を観賞するような映画。

現代音楽が使われていて勅使河原っぽ
>>続きを読む

蒼風とオブジェ いけばな(1956年製作の映画)

3.6

勅使河原宏監督作品。
父である勅使河原蒼風の生け花と彫刻についてのドキュメンタリー。

生け花が画的に面白い。カラー作品だったので普通に堪能できた。生け花と彫刻は何か似ている。

歴史によって生け花の
>>続きを読む

北斎(1955年製作の映画)

3.7

勅使河原宏監督作品。
葛飾北斎についてのドキュメンタリー。

北斎の画を映していく。クローズアップで撮ったり、パラパラ漫画みたいに撮ったり面白い。

絵が漫画みたいで、人々の生活に根差した場面を絵にし
>>続きを読む

ホゼー・トレス(1959年製作の映画)

3.5

勅使河原宏監督作品。
プエルトリコ系アメリカ人ボクサーのホゼー・トレスについてのドキュメンタリー。

竹満徹の音楽が流れる中でボクシングの練習をしているのが新鮮。
ほとんどナレーションが無い中、ホゼー
>>続きを読む

ゴッド・アーミー/悪の天使(1994年製作の映画)

3.6

聖職を辞めて刑事になったトーマスは、ある事件現場で半陰陽の死体を見つけ、彼が持っていた聖書を読むが・・・という話。

基本設定が壮大だけど、映画の規模がそれに追いつけていない。『ミディアン』とか『ザ・
>>続きを読む

十二人の写真家(1955年製作の映画)

3.8

勅使河原宏監督作品。
写真雑誌『フォトアート』6周年を記念して作られた12人の写真家が自身について語るドキュメンタリー。

人々の営み、そしてそれを撮る写真家をナレーション以外サイレントで撮影していて
>>続きを読む

他人の顔(1966年製作の映画)

4.3

勅使河原宏監督作品。
仲代達矢演じる奥山は事故で顔がケロイド状になり、顔面を包帯で巻いた状態であったが、ある精神科に人工の顔を作ってもらい・・・という話。

豪華役者陣の語りが心地よく、内容も興味深く
>>続きを読む

1日240時間(1970年製作の映画)

3.5

勅使河原宏監督作品。
生き物の動きを10倍にするアクセルチンが発明されたことによる悲喜劇を描いたSFミュージカル。

4画面で上映された作品。その分画面一つ一つが小さい。
サイレント気味で、早送りによ
>>続きを読む

白い朝(1965年製作の映画)

3.5

勅使河原宏監督作品。
山崎製パンで工場勤務する16歳の少女アコの休日を描いた作品。

男友達と遊んだりする休日が主体だけど、パン工場での製造の過程が時折挿入される。パンが作られていく過程がドライに描か
>>続きを読む

東京1958(1958年製作の映画)

3.6

勅使河原宏監督作品。
1958年の東京を江戸時代と対比させたり、外国人目線から映したドキュメンタリー。

1958年当時の東京が面白い。満員電車の混み具合がはんぱない。そして若者の自殺率が30%という
>>続きを読む

The Amputee(原題)(1974年製作の映画)

3.0

デヴィッド・リンチ監督作品。
リンチが『イレイザー・ヘッド』の制作資金切れをしていた時にアメリカ映画協会からビデオテープのテストをしてほしいと頼まれて撮った作品。

両足の無い女性が手紙を書きながら読
>>続きを読む

ザ・グランドマザー(原題)(1970年製作の映画)

3.6

デヴィッド・リンチ監督作品。
ある少年は両親から厳しい仕打ちを受ける。ある種をベッドに蒔いて育てると、木からおばあちゃんが生まれ・・・という話。

基本台詞無し。画面は黒が基調で、登場人物は顔や皮膚が
>>続きを読む

アルファベット(1968年製作の映画)

3.6

デヴィッド・リンチ監督作品。
リンチの当時の妻ペギーの姪が見た悪夢を基にした作品。

基本アニメーション。黒が中心。妻のペギーが少女役で出演。少女の夢なのに少女が血をはく。

初期のリンチはアニメーシ
>>続きを読む

6・メン・ゲッティング・シック(1966年製作の映画)

3.6

デヴィッド・リンチ監督作品。
リンチがペンシルベニアの美術学校にいた時の作品。

男6人の頭部を基本にしたアニメーション作品なんだけど、前情報無しで観ると呪いのビデオ感がすごい。同じような変化が繰り返
>>続きを読む

バンパイア・ラヴァーズ(1971年製作の映画)

3.2

ロイ・ウォード・ベイカー監督作品。
オーストリアのスティリア地方。ピーター・カッシング演じるスピルスドルフ将軍の屋敷で、ある婦人の娘マルシーラを一時預かることになるが・・・という話。
アメリカン・イン
>>続きを読む

私は好奇心の強い女 イエロー篇(1967年製作の映画)

3.6

監督のヴィルゴット・シェーマンは、交際相手で政治に疎いレナを主役に政治的な映画を作ろうとするが・・・という話。

世界的なポルノ解禁のきっかけになった作品だけれども、ポルノ的なところよりも、アヴァンギ
>>続きを読む

狂気のクロニクル(1964年製作の映画)

3.7

カレル・ゼマン監督作品。
1618年~1648年にかけてのドイツ30年戦争の折、農夫ピーターは徴兵係によって無理矢理徴兵されるが・・・という話。

城の内装の絵の作り込み具合が良い。チャンバラも普通に
>>続きを読む

ディレンジド(1974年製作の映画)

2.9

特殊メイク:トム・サヴィーニ。
エズラ・コブは母親を亡くすが、墓から母の遺体を家に戻し、また別の女性の遺体も墓から持って来るが・・・という話。
アメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ配給

エド
>>続きを読む

>|