やたさんの映画レビュー・感想・評価

やた

やた

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.8

世界観がすごい。
あの作品やこの作品が、きっとこれから影響を受けて作られたんだろうなと思うと、もっと前に観てもっと驚きたかった。

ただ「元」とはいえ腕利きの殺し屋なのに殺し方がどんくさいし動きがもた
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

斬新すぎる…
先が予想できないコントがずっと続いてるような作品。
笑うことも考えることも泣くこともできる。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

カタルシスがすごい!
色んなことが知れて、感動して、スカッとする。
学校教育に取り入れるべき作品。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.6

いわゆるLGBT映画として存在を知って観に行ったけど、全然違ったというか、そこだけに絞って語れない作品。
少し複雑な家庭環境の中で、夢を持ってそれを叶えることにひたむきに進みながら、思春期ならではの悩
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

好き要素てんこもり、宝の山みたいな作品だった!
「ワンダーウーマン」の不満を全部美しく吹っ飛ばしておつりが来る面白さ、爽快さ。
正義感も野心もあるけどちょっとトボけてて、賢いのにおバカで、ティーンエイ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.8

Tequila!!!!

楽しすぎて笑ってしまう。シナリオが粗いとか、細かいことがどうでも良くなってテンションがどんどん上げられていく。

音楽とカーチェイスは言わずもがな、キャラクターが良かった。
>>続きを読む

サカサマのパテマ(2012年製作の映画)

3.0

世界観がとても魅力的で「空に落ちる」というのがすごくキャッチーだと思った。
「今どっちが上?どっちが下?」と考えながら観るのも新しい感覚で楽しい。

でも、あまりにキャラの魅力的がなさすぎて、続きが観
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.8

これを観てなかった今までの人生、何をやってたんだろう?と思うくらい衝撃を受けた。
天才のセンスと職人の仕事。
映像と音楽が頭にこびりついて、語りたいことがたくさんあるのに語彙が追いつかない。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.2

ワンダーウーマンは強くて美しくて可愛くて最高だけど、それ以外が…。
「スーサイド・スクワッド」よりマシかなという感じ。

とにかくテンポが悪くて、スティーヴと出会うまでのくだりが長すぎるし、時系列通り
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

目新しくもなく予想がつくストーリー展開。でも余計なセリフが一切なくて、過剰な演出がなくて、何より安藤サクラがすご過ぎて夢中になって観てしまう。

周囲の人間がどいつもこいつも生々しいダメさを持ってて人
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.5

美しい者は美しいというだけで圧倒する。セリフが棒読みとか、間が微妙とかそんなことはどうでもよくなるくらい奥菜恵が魅力的。
こんな子に駆け落ち迫られたら人生狂うし、狂わされたいし、狂わされた人が羨ましい
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.5

全編通して一番盛り上がったのは、エンドロールで主題歌のサビが流れるのと曲名が表示されるタイミングがぴったり合ったところだった。
間延びがすごくて観てるのがしんどい作品。
キメのアップが多すぎてメリハリ
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

すごい。素晴らしく隙のない完璧な作品だと思った。
ストーリー、メッセージ、テンポ、演技、作画、どれを取ってもケチをつけるところが見当たらない。

たくさんの伏線が細かく回収されていき、たくさんの偶然が
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.0

よくある少女漫画原作の映画みたいな作品。邦画だったら絶対観なかっただろうしめちゃめちゃ陳腐になってただろうな。

それでもそこそこ良かったような気がするのは、映像がひたすらきれいだったこと、マデリンが
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.8

映画音楽がどんな風に作られているか、歴史とともにどんな変化が起きているのか、音楽の力がどれだけ作品に影響を及ぼしているのか、沢山の実例を挙げられながら色んな人の話を聞ける、まさにすばらしいドキュメンタ>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.5

天才が天才であるがゆえに苦悩する、漫画ではよくある話だけど実際にあるんだな…と思った。
とにかくセルゲイの肉体とその躍動が美しすぎて、彼の苦悩を知りつつも、大画面で堪能できていることに感謝しかない。
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

「シング・ストリート」が好きなので、ずっと気になっていた作品。
とにかく「気持ち良いもの」を見せるのが上手い!!
音楽を扱った作品でよくある挫折とか、やりたいこととビジネスとの兼ね合いとか、あるにはあ
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

4.7

美しすぎるし、息苦しすぎる。

話が大きく動き出すまでは、とにかく少年たちの美しさと思春期っぷりに悶えて、睫毛が鳥の羽みたい…とか、ブラシについてた髪の毛を陰毛に見立てる行動がいじらし過ぎて死にそうと
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.0

とにかく、トリシャがずっと美しかった。
片想いの相手にからかわれても堂々と喜びを表現して、親に否定されても女として生きると主張して、恋人として妻として母として親友として周りの人たちに愛を与えて、繊細な
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

3.5

アニメ版が好きなので、その上での感想。

芳根京子が完璧に成瀬順だった。挙動が少し不審なところ、声がきれいなところ、あと脚のライン!アニメ版で成瀬順のタイツ脚にぐっときていたので、まさか実写版でも見ら
>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

4.5

急にどうしても観たくなって、久々に観たので記録。
テレビアニメのほうは2話で挫折してしまったけど、これは京アニ作品の中でTOP3に入るくらいめちゃめちゃ好き。

モノローグやわかりやすいアクションに頼
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

「カーズ」の続編を作る、ということで制作されたのかマックィーンの物語の続きを作る、ということで制作されたのか、発端が気になる。それによっては自分の評価は変わるかも。

ストーリーとしてはすごく良く出来
>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.6

公開当時、評判が良くなかったと聞いてたのでそのつもりで観たらめちゃめちゃ面白かった!
もちろん1ありきの作品ではあるけど、個人的には2の方が好き。スパイものあるあるな演出を車でやってるっていうだけで画
>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

3.4

「クロスロード」の予告編の映像がすごくて気になったのでレンタルしてみた。
清々しいほどの鉄板ぶり!

傲慢で派手なものを好む若者が、泥臭く生きる者たちと出会って学びを得る。
愚直で快活なキャラと友情を
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

かなり没入した。一連の報道を、現実の世界で見ている気になれた。
ただ、没入感が強いほど共感もしてしまうので途中で何度も怒りと悲しみで頭がくらくらした。

1995年って異様な年だったな、と改めて思わさ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.5

ジブリ作品で何度も感動した背景の美しさ、木々の迫力ある生い茂り方、空を飛んでいる時の浮遊感などがそのままそこにあって、そこはやっぱりさすがだなと思った。
誰もが持つ「変わりたい気持ち」と予想出来ないよ
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

4.0

誰もが振り向く金髪美女が恋に落ちたのは、仕事が出来て優しくてたくさんの人に愛されていて一緒にいるととても楽しい、136cmの美男。

シンプルな設定でシンプルなストーリーだけど、ここに描かれているシン
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

4.2

公開当時、劇場で観たので二回め。なぜかあんまり覚えてなかったのでとても新鮮に観れた。

序盤、「みんなが好きなかわいい魔法少女見せたるで!」みたいなくだりが逆にめちゃめちゃ怖い。決めゼリフとかくどすぎ
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

想い合ってるのに素直に伝えられなくて、踏み込めばいいのに遠慮して踏み込まずにいて、すれ違いが重なっていく。
相手のことを心配して、とやかく言う権利があると思い上がって、でも相手に言われるのは気に食わな
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語(2012年製作の映画)

4.2

TV放送は観てたけど改めて鑑賞。
細かいところは結構忘れてたけど、当時すごく杏子が好きだったことを覚えてて、改めてやっぱり杏子が好きだな〜と思えた。言動ひとつひとつに信念があって、誤解を招くような態度
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.9

「かわいい」という言葉しか発せない生き物になってしまう、恐ろしい作品。
上映中、叫びたくて仕方なかった。リンちゃんかわいい!!モギさんかわいい!!ママもかわいい!!!
この気持ちを一刻も早く発散したい
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.5

何が面白かったか説明しづらいし、人にも勧めにくいけど面白かった!
火星人、水星人、金星人にそれぞれ覚醒していって、ボヤッとした使命に燃え始めるけど大して何かしらの行動に出るわけでもないっていうのがニヤ
>>続きを読む

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(2015年製作の映画)

4.5

素晴らしいものを観た!!

絵コンテ作家、リサーチャーという二人の仕事を紹介しながら、出会いから愛を育んでいく過程、様々な困難にどう立ち向かったかなどなどを描くドキュメンタリー。
このお二人のことも知
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

2.8

湯浅監督らしい絵の動きやデフォルメ、世界観は面白かった。ただ、脚本が…。
海の、いつも退屈そうで夢を持てない理由と、ルーに出会って笑うようになったきっかけがイマイチ繋がってないように思えてずっと違和感
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

ここ最近観た中で一番感想を書くのに悩んだ作品。
インパクトのあるシーンはなかったけど印象に残るシーンや、耳に残る音が多い。
物語が進むにつれて色んなことが明らかになっていく構成も好みだし、そもそもの「
>>続きを読む