やた

やた

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

すごい。素晴らしく隙のない完璧な作品だと思った。
ストーリー、メッセージ、テンポ、演技、作画、どれを取ってもケチをつけるところが見当たらない。

たくさんの伏線が細かく回収されていき、たくさんの偶然が
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.0

よくある少女漫画原作の映画みたいな作品。邦画だったら絶対観なかっただろうしめちゃめちゃ陳腐になってただろうな。

それでもそこそこ良かったような気がするのは、映像がひたすらきれいだったこと、マデリンが
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.8

映画音楽がどんな風に作られているか、歴史とともにどんな変化が起きているのか、音楽の力がどれだけ作品に影響を及ぼしているのか、沢山の実例を挙げられながら色んな人の話を聞ける、まさにすばらしいドキュメンタ>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.5

天才が天才であるがゆえに苦悩する、漫画ではよくある話だけど実際にあるんだな…と思った。
とにかくセルゲイの肉体とその躍動が美しすぎて、彼の苦悩を知りつつも、大画面で堪能できていることに感謝しかない。
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

「シング・ストリート」が好きなので、ずっと気になっていた作品。
とにかく「気持ち良いもの」を見せるのが上手い!!
音楽を扱った作品でよくある挫折とか、やりたいこととビジネスとの兼ね合いとか、あるにはあ
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

4.7

美しすぎるし、息苦しすぎる。

話が大きく動き出すまでは、とにかく少年たちの美しさと思春期っぷりに悶えて、睫毛が鳥の羽みたい…とか、ブラシについてた髪の毛を陰毛に見立てる行動がいじらし過ぎて死にそうと
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.0

とにかく、トリシャがずっと美しかった。
片想いの相手にからかわれても堂々と喜びを表現して、親に否定されても女として生きると主張して、恋人として妻として母として親友として周りの人たちに愛を与えて、繊細な
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

3.5

アニメ版が好きなので、その上での感想。

芳根京子が完璧に成瀬順だった。挙動が少し不審なところ、声がきれいなところ、あと脚のライン!アニメ版で成瀬順のタイツ脚にぐっときていたので、まさか実写版でも見ら
>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

4.5

急にどうしても観たくなって、久々に観たので記録。
テレビアニメのほうは2話で挫折しまったけど、これは京アニ作品の中でTOP3に入るくらいめちゃめちゃ好き。

モノローグやわかりやすいアクションに頼らず
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

「カーズ」の続編を作る、ということで制作されたのかマックィーンの物語の続きを作る、ということで制作されたのか、発端が気になる。それによっては自分の評価は変わるかも。

ストーリーとしてはすごく良く出来
>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.6

公開当時、評判が良くなかったと聞いてたのでそのつもりで観たらめちゃめちゃ面白かった!
もちろん1ありきの作品ではあるけど、個人的には2の方が好き。スパイものあるあるな演出を車でやってるっていうだけで画
>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

3.4

「クロスロード」の予告編の映像がすごくて気になったのでレンタルしてみた。
清々しいほどの鉄板ぶり!

傲慢で派手なものを好む若者が、泥臭く生きる者たちと出会って学びを得る。
愚直で快活なキャラと友情を
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

かなり没入した。一連の報道を、現実の世界で見ている気になれた。
ただ、没入感が強いほど共感もしてしまうので途中で何度も怒りと悲しみで頭がくらくらした。

1995年って異様な年だったな、と改めて思わさ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.5

ジブリ作品で何度も感動した背景の美しさ、木々の迫力ある生い茂り方、空を飛んでいる時の浮遊感などがそのままそこにあって、そこはやっぱりさすがだなと思った。
誰もが持つ「変わりたい気持ち」と予想出来ないよ
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

4.0

誰もが振り向く金髪美女が恋に落ちたのは、仕事が出来て優しくてたくさんの人に愛されていて一緒にいるととても楽しい、136cmの美男。

シンプルな設定でシンプルなストーリーだけど、ここに描かれているシン
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

4.2

公開当時、劇場で観たので二回め。なぜかあんまり覚えてなかったのでとても新鮮に観れた。

序盤、「みんなが好きなかわいい魔法少女見せたるで!」みたいなくだりが逆にめちゃめちゃ怖い。決めゼリフとかくどすぎ
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

想い合ってるのに素直に伝えられなくて、踏み込めばいいのに遠慮して踏み込まずにいて、すれ違いが重なっていく。
相手のことを心配して、とやかく言う権利があると思い上がって、でも相手に言われるのは気に食わな
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語(2012年製作の映画)

4.2

TV放送は観てたけど改めて鑑賞。
細かいところは結構忘れてたけど、当時すごく杏子が好きだったことを覚えてて、改めてやっぱり杏子が好きだな〜と思えた。言動ひとつひとつに信念があって、誤解を招くような態度
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.9

「かわいい」という言葉しか発せない生き物になってしまう、恐ろしい作品。
上映中、叫びたくて仕方なかった。リンちゃんかわいい!!モギさんかわいい!!ママもかわいい!!!
この気持ちを一刻も早く発散したい
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.5

何が面白かったか説明しづらいし、人にも勧めにくいけど面白かった!
火星人、水星人、金星人にそれぞれ覚醒していって、ボヤッとした使命に燃え始めるけど大して何かしらの行動に出るわけでもないっていうのがニヤ
>>続きを読む

ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー(2015年製作の映画)

4.5

素晴らしいものを観た!!

絵コンテ作家、リサーチャーという二人の仕事を紹介しながら、出会いから愛を育んでいく過程、様々な困難にどう立ち向かったかなどなどを描くドキュメンタリー。
このお二人のことも知
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

2.8

湯浅監督らしい絵の動きやデフォルメ、世界観は面白かった。ただ、脚本が…。
海の、いつも退屈そうで夢を持てない理由と、ルーに出会って笑うようになったきっかけがイマイチ繋がってないように思えてずっと違和感
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

ここ最近観た中で一番感想を書くのに悩んだ作品。
インパクトのあるシーンはなかったけど印象に残るシーンや、耳に残る音が多い。
物語が進むにつれて色んなことが明らかになっていく構成も好みだし、そもそもの「
>>続きを読む

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

3.7

原作未読、予備知識ゼロで鑑賞。
設定が練りに練られてて面白いし、こういう世界観はすごく好み!
短い尺でコミュニティの人間関係がちゃんと描かれてるし、キャラもきっちり描き分けられているのが良かった。
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語(2012年製作の映画)

3.9

TVシリーズと、劇場版は全て観たけどNHKアニメ100きっかけで改めて観た。
やっぱり斬新で挑戦的な作品。
子供の頃は、魔法少女アニメのヒロインたちが命と引き換えに戦ってるなんて、全く想像せずに観てた
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.4

「同じ名前を持つ二人の女性を愛してしまって…」という予告だったけど、全くそんな映画ではなかった。
舞台も映像も音楽も華美でおしゃれだけど、物語はとても淡々としていて現実的。そのギャップが良かった。
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

以下、最高な点を順不同で。

・ロケットの戦い方が最高
・ピーターとガモーラの仲がじれったくて最高
・ガモーラの目とスタイルが美しくて最高
・グルートが可愛すぎて最高
・グルートがあざといけど最高
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

いわゆる「喪失と再生の物語」だと思って観る人は肩透かしを食らうかも。
「物語」を見せる作品ではなく、ある男とその周りにいる人々の人生の数日間を見せる作品だと理解した。
劇的な展開はないし大きなカタルシ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.9

最近SFアクションものに対する苦手意識がなくなってきたので、リミックスを観たくて視聴。
121分、ずっと退屈させないのがすごい!
ストーリーはわかりやすいし、展開はベタといえばベタだけど最後までわくわ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.7

「魔法は現実にあった!」と思わせるような映像美。
晩餐のシーンと、ベルのドレスに刺繍がほどこされていくシーンがとにかく素晴らしかった。晩餐のほうはヤバいのをキメたような感覚になれる。
野獣の造形とか、
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.9

誰にでも秘密はあって、「友達だから」「夫婦だから」「家族だから」といえそれを共有することが必ず良い結果を招くとは限らない。
良好な関係を築く為に、踏み込むべきではないことはある…という、当たり前のよう
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

1.5

好きな人は好きだろうし合う人は合うんだろうな、映像と音楽オシャレですね、という感想。
自分には全く合わなかった。

この年齢ならでは、女子ならではの閉塞感はとても理解できるけど、いつも一緒にいる友達が
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.5

映画館にいながら、森林浴をしている気分になれる作品。
「人生は短いから、不幸になっている暇はない」は名言だと思った。

植物に対して興味がないし文明が大好きなので、ターシャのように自然に寄り添って静か
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.7

うまくいかないのは自業自得やろ!と突っ込むところもありながら、うまくやれない自分が嫌い…と悩むネイディーンは可愛いし、共感できるところもある。
これ自分がネイディーンと同じ年代の時に観てたら、共感し過
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

笑えるし感動もするけど、とにかく色々考えさせられる。
理想の教育とは、生活とは、人生とは?何が変で、何が普通か。
同じ暮らしをしている家族でも、同じ人を大事に想っていても同じ人生を望んでいるとは限らな
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.8

メトロポリタン美術館でこんな展示が催されてることすら知らなかった。なんで今まで知らなかったのか、もっと早く知ってたら!という悔しさと、素敵なものを教えてくれてありがとう!という喜びを同時に味わえる作品>>続きを読む