やたさんの映画レビュー・感想・評価

やた

やた

映画 中二病でも恋がしたい Take On Me(2017年製作の映画)

4.2

ファンが見たいものをこれでもかと山盛り詰め込んでくれた、サービス精神に溢れる素晴らしい作品だった…!
凸守を推しつつ、どのキャラもみんな可愛くて好きだけどもっと好きになれたな〜
特に勇太とくみん先輩!
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

美しすぎる景色と、美しすぎるセルゲイ・ポルーニン。このふたつだけで劇場で観る価値があった。

原作を読んだことがなく、ミステリーも詳しくないのでオチは新鮮に驚くことが出来た。悲しみと憎しみの連鎖という
>>続きを読む

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

3.5

「黒崎くん」があまりにひどかったので、またあんな思いをさせられるのか?と勝手な先入観を持ってなかなか観に行けなかった…けど観て良かった!!

平祐奈ちゃんというか、果琳がめっちゃめちゃ可愛くて、二次元
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

や、やっと観れた…日本公開遅すぎ。
前作が売れたおかげか、予告で見せすぎ。

でもめちゃめちゃ楽しかった!!!
しょっぱなからノリノリで作ってます!っていうのがビシビシ伝わってくるめちゃめちゃなアクシ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.7

「鈴木先生」「桐島、部活やめるってよ」でもう松岡茉優がすごいっていうのはわかってたけど、それでもやっぱりすごかった!!痛々しいけど憎めなくて可愛らしい。
めっちゃ低い声で「オリキャラ」って言うところが
>>続きを読む

新世紀、パリ・オペラ座(2017年製作の映画)

3.5

世界中の誰もが知ってる超名門でも、アーティストはもちろん経営陣も悩んで苦しんで全力でやり抜いている、そんな当たり前のことをわからせてくれる作品。
と同時に世界中の誰もが知ってる超名門でも、公演二日前で
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.5

感想に困る作品。
題材はけっこう好みだったけども……

ところどころ面白いシーンはあったけど、そんないきなり泣かせの展開に来られてもついていけんわって感じだったな。

あと主役の男の子がもう少し可愛か
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

愛情のかけ方は人それぞれで、正解はわからないし、時と場合によって変わるし、難しいなと思った。
特にイブリンとダイアンの関係性について。
「こうあるべき」と決めつけず押しつけず結論を急がず、色んな愛し方
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.9

まず、3DCGでここまでキャラクターデザインの描き分け、多彩な表情の表現ができるのか…!というところに感動。
「BLAME!」観た時よりもそこに衝撃を受けた。もちろんバトルシーンも素晴らしい!
ゴジラ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.3

「瞬きするなら今のうち」まさにその通りで、瞬きする間も惜しいほど圧倒的な映像とテンポ良い展開。すごい!!
いちいち画面がかっこよすぎて、ただならぬこだわりを感じる。
場面転換が本当に憎い。めっちゃめち
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.8

油絵が動いてる…!!!
この衝撃がすごい。映画館で観る価値がある。
ストーリーとしては、まぁ性質上仕方ないけどたまに眠くなるところがあった。
でもゴッホのことをもっと知りたくなる作品だったし、逆にもっ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

3時間弱ということで覚悟して行ったけど、結構あっという間に終わった!
前作より画面が派手で、ディストピアはもちろん砂埃、放射能、大洪水、雪景色ととにかく慌ただしくてIMAXで観て良かったなと思えた。
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

予告でどうしても気になって観たけど、映画館で観て大正解だった!予想以上にめちゃめちゃ当たり、めちゃめちゃ面白い!!!
音がずっと不穏で怖い。家だったらここまでビクビク出来なかったと思う。終わった後手に
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.7

構成がとても良くて、最後まで面白く観れた!冒頭の、彼女との食い違いまくりの会話と最後の友達申請のシーンが上手いな〜と思った。
ショーンの登場がアニメの無敵キャラみたいでちょっと笑った。

ひとつのサー
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

3.8

今観ると「前置きが長すぎ!」とか「ジョージキレやす過ぎ!」とかツッコミたくなるところが多いけど、しみじみ良い映画。
ジョージとメアリーのロマンチックなシーンで画面がぼやけるのがなんか良い。

千年女優(2001年製作の映画)

3.9

構成、シーンのつながり、リンク、どれを取っても才能が爆発してる。
ああ〜なるほど!憎いな〜と声出してしまうところが何度もあった。

ずっと「これは純愛っていうのとは違うよなぁ」と思ってたので、最後のセ
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.2

もうずっと怖い。
正直、かなり序盤で真相はわかってしまったけど、それでも画面から目が離せなくて次に何が起こるのか、それは現実なのか、ハラハラしたまま終わった。

「アニメといえば美少女やロボットが出て
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

「勝つ為には手段を選ばない」というキャラは今まで何人も見てきたけど、スローンという人間には最大の衝撃を受けた。
そもそもロビイストという職業をよく知らなかったので、スローンのやり方を見ながら「これって
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.8

世界観がすごい。
あの作品やこの作品が、きっとこれから影響を受けて作られたんだろうなと思うと、もっと前に観てもっと驚きたかった。

ただ「元」とはいえ腕利きの殺し屋なのに殺し方がどんくさいし動きがもた
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

斬新すぎる…
先が予想できないコントがずっと続いてるような作品。
笑うことも考えることも泣くこともできる。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

カタルシスがすごい!
色んなことが知れて、感動して、スカッとする。
学校教育に取り入れるべき作品。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.6

いわゆるLGBT映画として存在を知って観に行ったけど、全然違ったというか、そこだけに絞って語れない作品。
少し複雑な家庭環境の中で、夢を持ってそれを叶えることにひたむきに進みながら、思春期ならではの悩
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

好き要素てんこもり、宝の山みたいな作品だった!
「ワンダーウーマン」の不満を全部美しく吹っ飛ばしておつりが来る面白さ、爽快さ。
正義感も野心もあるけどちょっとトボけてて、賢いのにおバカで、ティーンエイ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.8

Tequila!!!!

楽しすぎて笑ってしまう。シナリオが粗いとか、細かいことがどうでも良くなってテンションがどんどん上げられていく。

音楽とカーチェイスは言わずもがな、キャラクターが良かった。
>>続きを読む

サカサマのパテマ(2012年製作の映画)

3.0

世界観がとても魅力的で「空に落ちる」というのがすごくキャッチーだと思った。
「今どっちが上?どっちが下?」と考えながら観るのも新しい感覚で楽しい。

でも、あまりにキャラの魅力的がなさすぎて、続きが観
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.8

これを観てなかった今までの人生、何をやってたんだろう?と思うくらい衝撃を受けた。
天才のセンスと職人の仕事。
映像と音楽が頭にこびりついて、語りたいことがたくさんあるのに語彙が追いつかない。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.2

ワンダーウーマンは強くて美しくて可愛くて最高だけど、それ以外が…。
「スーサイド・スクワッド」よりマシかなという感じ。

とにかくテンポが悪くて、スティーヴと出会うまでのくだりが長すぎるし、時系列通り
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

目新しくもなく予想がつくストーリー展開。でも余計なセリフが一切なくて、過剰な演出がなくて、何より安藤サクラがすご過ぎて夢中になって観てしまう。

周囲の人間がどいつもこいつも生々しいダメさを持ってて人
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.5

美しい者は美しいというだけで圧倒する。セリフが棒読みとか、間が微妙とかそんなことはどうでもよくなるくらい奥菜恵が魅力的。
こんな子に駆け落ち迫られたら人生狂うし、狂わされたいし、狂わされた人が羨ましい
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.5

全編通して一番盛り上がったのは、エンドロールで主題歌のサビが流れるのと曲名が表示されるタイミングがぴったり合ったところだった。
間延びがすごくて観てるのがしんどい作品。
キメのアップが多すぎてメリハリ
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

すごい。素晴らしく隙のない完璧な作品だと思った。
ストーリー、メッセージ、テンポ、演技、作画、どれを取ってもケチをつけるところが見当たらない。

たくさんの伏線が細かく回収されていき、たくさんの偶然が
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.0

よくある少女漫画原作の映画みたいな作品。邦画だったら絶対観なかっただろうしめちゃめちゃ陳腐になってただろうな。

それでもそこそこ良かったような気がするのは、映像がひたすらきれいだったこと、マデリンが
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.8

映画音楽がどんな風に作られているか、歴史とともにどんな変化が起きているのか、音楽の力がどれだけ作品に影響を及ぼしているのか、沢山の実例を挙げられながら色んな人の話を聞ける、まさにすばらしいドキュメンタ>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.5

天才が天才であるがゆえに苦悩する、漫画ではよくある話だけど実際にあるんだな…と思った。
とにかくセルゲイの肉体とその躍動が美しすぎて、彼の苦悩を知りつつも、大画面で堪能できていることに感謝しかない。
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

「シング・ストリート」が好きなので、ずっと気になっていた作品。
とにかく「気持ち良いもの」を見せるのが上手い!!
音楽を扱った作品でよくある挫折とか、やりたいこととビジネスとの兼ね合いとか、あるにはあ
>>続きを読む

>|