MrNobodyさんの映画レビュー・感想・評価

MrNobody

MrNobody

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.9

「サスペリア」のような、
原色が印象的なジャケットだが、
ジェームズ・ワン監督曰く、
"80~90年代のレンタルビデオ店の奥にあった、
ホラー映画コーナーの得体の知れない、
でも最高にクールなジャケッ
>>続きを読む

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(2021年製作の映画)

3.5

何作観たかわからなくなるこのシリーズだけど、
ウォーレン夫妻が出てくる
不思議な安心感は言うまでもない。
ロレインやっぱりチート能力すぎる!

今作はホラーというよりサスペンススリラー?
怖いシーンは
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

4.2

天才モーツァルトの話だが、
皇帝に仕えていた作曲家サリエリの
回想で話が進むように、
サリエリにしかわからない、
苦悩と嫉妬がものの見事に描かれている。

クラシックだと大抵だれることが多いけど、
3
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.6

2時間ドラマっぽい、
かなり昭和風サスペンス。

岡田准一、小栗旬、柄本佑の三人に、
長澤まさみ、安田顕、吉岡秀隆、
安藤サクラ、木村文乃など、
豪華キャストすぎてもったいない感はあり。

みんな壮絶
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.9

前半はプーさんらしからぬ、
かなり重く冷たい空気で展開していくけど、
終盤に向かうにつれて、
プーさんや家族との関係の変化を、
上手く作り上げたなと感心した。

大人になるという変化で忘れてたことを、
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.0

新感覚なSFスリラー。
まさに「NOPE...」って言いたい。

相変わらずこのシーンいる?っていう疑問も、
後で回収してくれるから素晴らしい。

人種問題や人間の傲慢さが痛烈に表されてる。

チンパ
>>続きを読む

ピノキオ(2022年製作の映画)

3.7

ロバート・ゼメキス監督
×
トム・ハンクス

「ピノキオ」の実写版!
CGでの魅せ方はさすがだなぁと、
割とオリジナルとも設定変更などはそこまでなく、
安定のディズニークオリティだった。

子どもたち
>>続きを読む

ムーンフォール(2021年製作の映画)

3.5

無茶苦茶な設定が好きだな(笑)

いやぁ、この感じが、
ローランド・エメリッヒ監督だわ!

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.8

ワールドシリーズ最終作。

一番良かったのは、
マルタ島のカーチェイス。
ここはアクションを全面に出した胸アツ展開だった。

後半は次々と様々な種類の恐竜が出てきちゃ襲ってくるけど、
みんな主人公だか
>>続きを読む

モルグ 死霊病棟(2019年製作の映画)

3.1

パラグアイ発ホラー。

モルグ=死体安置所

万引き、ひき逃げ、
どうしようもない主人公なだけに、
酷い目にあってもなんとも思わない(笑)

病院で夜勤できる勇気を持っているのはある意味すごい。

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

3.7

祖父倒れる→家が火事になる→彼氏に浮気される→仕事でトラブる

恐ろしいほどに災難続きの中、
偶然出会った娘持ちの白馬の王子様、
いや、外車のお医者様か。
玉の輿で順風満帆、
幸せな人生を手に入れたは
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

"問題作"としてのプロモーション通り、
たしかに時のトランプもキレるよなという社会風刺レベル(笑)

バトロワのような始まりから、
主人公と思わせるような人がどんどん死に、
急に出てきた謎の女が無双す
>>続きを読む

honey(2018年製作の映画)

3.0

平野くん目当てで!
ストーリーは薄い感じが否めず。。。

高橋優っぽいなと思ったら本当に高橋優だった。
しかも出番が多い(笑)

拷問男(2012年製作の映画)

3.0

殺された愛娘ジョージアのために、
犯人を監禁拘束し、復讐していくお話。

まぁ犯人は自業自得というか、
被害者のことを考えると、
逆に良くやった!という見方になるのかも。
犯罪者の罪が軽いという問題は
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

-

第一線を走ってきたマックィーンの
世代交代がテーマという割と大人向けな作品。

アオラレ(2020年製作の映画)

3.7

これが、あおり運転の最終形態(笑)

たしかにその通り!
「シークレット・ウィンドウ」みたいに始まる冒頭から、
太り過ぎラッセル・クロウの異常者ぶりがすごい。
捕まることなんてどうでもいいあたり、
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

そういえば、ディレクターズカット版だけしか
マークしてなかったのでこちらも。

カットされてる部分の大まかなところは、
自分勝手なクリスチャンの
クズ加減が上乗せされてく会話パートが多い。
後は、少年
>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.7

車による車のためのスパイ映画だった。
ワイスピ3のような怪しい日本も登場🇯🇵

カーズ(2006年製作の映画)

3.9

なんだか今まで敬遠してたけど、
普通によくできてて面白い作品だった。

車に感動するとは(笑)
愛がある。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

冒頭から漂う全体的な暗さが◎

ダニエル・クレイグ版ファイナルの余韻はすごい。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.0

「世にも奇妙な物語」「ブラックミラー」的な雰囲気のSF作品!

森に迷い込んで出られない3人という、
低予算ながら、設定と展開で惹きつける面白さがある。
画の冷たさも息苦しい感じが出てる。

キャサリ
>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.9

相性の良いジャウム・コレット=セラ監督作!
いつも安定して面白い。


乗っていたタクシーが事故で川に落ち、
ドライバーのお陰で奇跡的に助かったものの、
昏睡状態から目を覚ますと、
記憶が欠如している
>>続きを読む

パーフェクト ストーム(2000年製作の映画)

3.5

久しぶりのディザスターパニックもの。

1991年に本当にあった巨大ハリケーンでの海難事故が基になっているとのこと。

不漁だったことで、
みんな稼ぎがほしいために、
すぐさま次の漁に出る、
アメリカ
>>続きを読む

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

3.5

これが「ソウ」シリーズかは置いといて、
作品自体はまぁ普通に楽しめたかなと!
主演のクリス・ロックもビンタ騒動で一気に有名人ね(笑)

ジョン・クレイマー(ジグソウ)のポリシーとは異なる、ただのジグソ
>>続きを読む

エルム街の悪夢(2010年製作の映画)

3.5

ブレイク前のルーニー・マーラが
主演のような立ち位置。

みんなの悪夢に登場するフレディ・クルーガー、
顔が変わるとなんかしっくりこない。

「ラストサマー」味のあるラストからの
なんだか気が抜けるエ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

広いインドで迷子になり孤児になるまでが
、現実にあるとはいえ、とても辛かった。

良い里親に恵まれることも稀だし、
Google Earthで故郷を見つけ出せることも奇跡的。

タイトルの意味が最後に
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.7

「ミスターガラス」以来のシャマラン監督作!
映画館で見逃してた観たかった作品がアマプラに!

相変わらずの好きか嫌いか、
観る人の好みが分かれるのが特徴のシャマラン作品。
ちなみに自分はほぼ好きなので
>>続きを読む

ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ(2022年製作の映画)

4.9

いやもう最高の一言。
本当に魔法にかけられたような作品だから、
何度観ても新鮮で色褪せず逆に偉大さを感じる。

J・K・ローリングの生み出したストーリーを、
クリス・コロンバス監督がしっかりと具現化し
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.9

普通にこういう作品は楽しめるよね。

しかも、マイケル・ケイン、モーガンフリーマン、アラン・アーキンというトリオに、
ささやかにクリストファー・ロイドという、
ジーサンズの豪華さ!

強盗なんて悪いこ
>>続きを読む

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

3.0

なんだろう、
映像も俳優も綺麗すぎちゃうのが、
自分の中でひっかかっちゃうかな。
別に嫌いじゃないんだけど、
オリジナルを知ってると、
まぁ邦画リメイクってやっぱりこんな感じだよね、
という予想通りの
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.7

「28日後…」からキリアン・マーフィ好きなんですよ。
あんな走るゾンビに対抗できた彼なら、
きっと父がいなくなったこの家族を守ってくれる。
そんな気持ちで観てみました。

DAY 1を描いてくれたこと
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.9

デヴィッド・フィンチャー監督作。

大金持ちの銀行投資家であるニコラス(マイケル・ダグラス)は誕生日に、人生が一変するような体験ができるプレゼントとして、弟コンラッド(ショーン・ペン)から、ある招待状
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.8

いいよねぇ〜80年代!

宝探しという誰もがワクワクする
わかりやすい冒険劇と、
安定のハッピーエンディング!
スピルバーグだなぁと(笑)

子供のときに観るのと、
大人になってから観るので、
また印
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

大泉洋の速水という役が、
すごいキレ者風に見えて、
実はすごい面倒なやつとしか思えなかった(笑)

あと、國村隼のクセ強。

地下に潜む怪人(2014年製作の映画)

3.5

閉所恐怖症には相当きつい作品だな(笑)
昔観た「カタコンベ」よりは全然よかった。

前半は「インディージョーンズ」や「ナショナルトレジャー」みたいな冒険ロマンがあり、
後半は「ディセント」のようなケイ
>>続きを読む

>|