yukoさんの映画レビュー・感想・評価

yuko

yuko

映画(107)
ドラマ(12)
アニメ(0)
  • 107Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

(2017年製作の映画)

3.5

短編。もう少し観たいと思うところが良いのだね。昭和レトロな床屋さんの店内の家具が素晴らしく素敵。高校時代付き合っていた人と会って話すぎこちなーい感じが自然でかわいらしかった。素敵な女優さん。山田孝之さ>>続きを読む

前科者(2022年製作の映画)

4.0

鑑賞中、何度も泣いた。タイトルの前科者工藤と同じような境遇の人が世の中にはたくさんいると思う。犯罪にも必ず背景があることを見逃して放置してはいけない。(銃撃事件を起こしたある人物の境遇や事件の背景とも>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

それぞれの俳優さんが適役だと思った。見事な演技で飽きずに見ることができた。緒方直人さんがあれだけ悪役を演じられることに驚いた。20代の頃は爽やかな好青年の役を演じていたイメージがあったから。演じる役の>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

4.0

回想シーンに戻ったり現在に戻ったりやや分かりにくい点もあるがのちに全てが繋がるので我慢を!名優たちの共演で見応えがある。憎まれ役は憎まれ役でとてもうまい=にくらし〜

優駿 ORACION(1988年製作の映画)

3.4

途中から鑑賞
エンドロールの子馬がオラシオンの子どもかな?名優さんたちがとてもお若い。
馬って可愛いなあ…。
馬の走る姿と犬の走る姿はとても美しい。
 
ありえないと思われるストーリー展開もある。

激流(1994年製作の映画)

3.0

マギー(ラブラドールレトリバー)が無事だったのが何より嬉しかった!最初メリル・ストリープは犯人の男性に色目をつかっているように見えました。それが解せねー。スリルはありましたがところどころにツッコミどこ>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

2.5

他人を痛めつけたり苦しめたり命を奪ったりする暴力シーンは好きではありません。好きではないどころか嫌いです。でもストーリー自体はただの不良やチンピラの抗争ではなくところどころに感動ありでした。これは漫画>>続きを読む

蘇える金狼(1979年製作の映画)

3.5

松田優作ならではのハードボイルド。後にも先にもいない松田優作。

必殺!主水死す(1996年製作の映画)

2.0

子どもの頃夜更かしして必殺仕事人をよく見ていた。山田五十鈴さんが元締めとして出演していた頃が一番よかった。主水死すというタイトルがどうも気になって、まさかと思いながら見たら本当に殺されてしまった。殺さ>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

現実になりそうで怖いストーリー まさにSNSサスペンス ゾゾゾ

(2020年製作の映画)

3.0

主演のお二人は好きな俳優さんです。助演の俳優さんたちも名演技でした。
初恋の二人が糸で結ばれてもいいのですが、榮倉奈々さん演ずる蓮の奥さんの病死の後…というのがストーリーとして好きになれませんでした。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

面白かった!騙されたみたいな感じw
演技上手いですー皆さん

自虐の詩(2007年製作の映画)

3.0

嫌われ松子の一生を彷彿とさせたが救われるところがなかった松子の一生と違ってハッピーエンドでよかった。無責任な親の元で生まれて不幸な人生を歩んでいる子どもは今の時代少なくないと思う。しかし、熊本さんのよ>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.0

愚行をを働く者が続々と出てくる!ありそうな話。いるいるこういう人…。やだやだ。闇を描いているね。満島ひかりさんの名演技がひかる。最後まで救われない話。

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

プリンセス編もおっもしろーい!竹内結子 三浦春馬の遺作となってしまったのが残念すぎる 東出も事務所クビになっちゃってどうなるのだろう このメンバーでもっともっとシリーズ続けてほしい!長澤まさみブラボー>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

2度目の鑑賞 犯罪が残酷で目を覆いたくなるようなシーンが多い あらすじを読まずに干渉する方が良い

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

4.0

面白かった!
 
伝説の名場面をわかりやすく
面白く見せてくれて
三國志に興味を持たせてくれました‼️

アンダルシア 女神の報復(2011年製作の映画)

4.0

豪華俳優陣 ほとんど海外ロケでスケールも大きく見応えがあった 

笑の大学(2004年製作の映画)

4.5

2度目の鑑賞。笑いの中に流れる反戦の思い。いい映画です。椿さん生きて帰って来てください。役所さんと稲垣さんの掛け合いがナイスです。

誘拐報道(1982年製作の映画)

3.5

名優たちによる名演技。タイトルから考えると記者が主人公なのかもしれないが、犯人と家族、被害者家族、記者、警察、それぞれの視点で描かれていると思った。非常に考えさせられる作品だった。

神童(2006年製作の映画)

3.0

残念ながら最後までよくわからなかった。ただ若き日の松山ケンイチさん成海璃子さんの可愛らしさが光っていた。ストーリーは謎が多すぎたが、全編通してピアノの調べが美しい。

キツツキと雨(2011年製作の映画)

4.0

じわるという言葉がぴったりくる。自信のない若き映画監督と林業を営む中年男性の心が徐々に寄り添っていく。淡々としたストーリーだが所々に良いシーンが。役所さんと小栗さんの温泉シーンと役所さんと高良さんの親>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

4.5

グロテスクなシーンも多いけれど、とてもいい映画だった。泣けた!

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

4.0

漫画がそのまま実写になったみたい。非常にナンセンスで非常に面白い。声出して笑いながら見れた。娯楽中の娯楽!かつ勧善懲悪と言ってしまって良いかわからないが、つっぱりにも弱いものいじめするやつ武器に頼る半>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

数々の賞を受賞した話題の映画をやっと観た。裕福なご夫婦も貧しい家族もどちらも決して極悪人ではなく、どちらも家族を大切に思う気持ちは変わらなかった。それだけにこの展開はつらい。半地下や地下に住む人にある>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

アニメ作品をあまり積極的にはみていない私だが、あまりに話題になっていたので、TV版ダイジェストを観た後で鑑賞。いい作品だった。人気の理由がわかる気がした。特にクライマックスの煉獄杏寿郎さんと鬼の対決は>>続きを読む

ダイブ!!(2008年製作の映画)

4.0

これぞ青春!感涙。みんないい子で夢中で応援してしまった!

歓喜の歌(2007年製作の映画)

3.0

新作落語を映画化したものだそうで。前半ありそうな気がしてすごく面白いと思ったけれど、段々ありえない展開になってしまった。あり得る範囲でなんと解決してもらえたらリアル感があってもっと楽しめたのにな…と思>>続きを読む

君よ憤怒の河を渉れ(1976年製作の映画)

3.5

2回目の鑑賞。高倉健さんのかっこよさは超人的。中野良子さん演じるお嬢様が一目惚れしてしまうのもわからないではないw
BGMの台無し感と、どう見ても着ぐるみの熊と、どう見てもおもちゃのセスナ着水が強烈す
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.5

名優高倉健さんの「君よ憤怒の河を渉れ」のリメイクというので観た。主人公が無実の罪を着せられて自ら無実を証明し、悪を暴くという点は同じだが、それ以外は別物。中国映画のアクションはここまできているのか!と>>続きを読む

金メダル男(2016年製作の映画)

3.5

夢と挫折を繰り返す平凡な男の人生。娯楽映画だけど哀愁があってちょっと泣ける。主役秋田泉一氏は私とほぼ同年代。生きてきた時代が同じなのでそれわかる!みたいなシーンが多かった。うっちゃんならではのストーリ>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

2度目。香川照之さんが出るというだけで面白いと期待できる!実際面白かった。いい役者さんだなぁ。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

感動した!命の重さを改めて感じた。機長の判断と責任感が素晴らしくそれが認められたことがよかった。副機長、クルー、救助にあたった船の船長…みんなが力を合わせて155人の命を救ったのだ。実話だと思うと尚更>>続きを読む

キラー・シャーク 殺人鮫(2005年製作の映画)

3.5

よくある人喰いザメの話だと思って見たら、原題通りシャークマンの話だった。気の触れた科学者が人体実験で…。気持ち悪かった。主人公は冴えない中年のおっさんに見えたが実は勇敢で強いすごいヒーローだった!映像>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.5

とてもいい映画でした。お母さんと反抗期の娘さんに観てほしいな。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

やーさん役が大勢出てきて、迫力の演技をするので、慣れるまで怖かった。しかし、さりげなくユーモアもあり、さすが漫画が原作と思った。特に主演岡田准一くんの名演技と福士蒼汰くんの狂気の演技と柳楽優弥くんのチ>>続きを読む

>|