くろさんの映画レビュー・感想・評価

くろ

くろ

邦画8割、洋画2割 ですがどちらも好き。

映画(72)
ドラマ(10)

悪童日記(2013年製作の映画)

2.5

もう観ないけれど、ずっと観たくてやっと観れた。

想像していたけど重くて暗い。痛い。
美しい双子。


僕ら、の一番つらいことは離れること。

彼らの下した最後の試練。

おばあちゃんとの過ごした日々
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.0

ラリー競技も車についても知識は皆無だけれど映像に迫力があって格好いいしすっごい楽しかった。疾走感ハンパない。

メカニックチームの連携は何もできない身としてはほんと惚れ惚れ。
大きなスクリーンで観てよ
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.5

原作は50ページかそこらで断念。
強盗した少年たちって言う出だしがどうも好きではなくて。
しかし、林遣都くん目的で鑑賞。

遣都くん演じる松岡の唄声は残念ながらこりゃ売れないなって感じがバッチリ出てい
>>続きを読む

TAJOMARU(2009年製作の映画)

1.0

時代劇苦手ですが田中圭が気になり観ました。

ふわっとした雰囲気の役者がやる悪役なので豹変っぷりが楽しみでしたが、もう一息どす黒いモノを感じたかった。なんか悪に落ちきれていないように感じました。(特典
>>続きを読む

東京大学物語(2006年製作の映画)

2.8

息抜きに若かりしころの田中圭を鑑賞。

遥のぽーっとしてる感じや、一途さはだんだん観ていくうちに愛しくなったので、最後は悲しかったな。
ラスト5分の演出は好きじゃなかったけれど、言いたい事は伝わったの
>>続きを読む

ST赤と白の捜査ファイル(2015年製作の映画)

2.8

ドラマの続きで観ました。

百合根も赤城もお互い大好きすぎるの可愛すぎませんか。
事件よりもこのふたりの関係がほのぼのすぎて癒されました。
岡田将生の百合根のへたれっぷり最高。
百合根と池田の同期コン
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

ぼうは、ええ子

自分で大事にしたいと思うもんには、嘘はいけんよ

この言葉に私が泣いた。

市川悦子さんことばあちゃんの声が心地良い。

シゲ爺と山へ行くときに、はじめは全然起きれなかった朝が、その
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.0

原作を読んできます。


全然頭に入ってこなかったんです。
見るタイミングを間違えた。

図書館戦争 THE LAST MISSION(2015年製作の映画)

4.0

やっと観れた。
こちらもまたしんどかった。
誰の血も流して欲しくないのだよー。

でもとってもかっこよかった。
みんなみんなかっこよかった。

堂上教官と笠原のもどかしい二人のやり取りには毎度きゅんき
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

2.5

新井さんのビジュアルが!!
ぽい!!いる!!!ってね、なるよね。

希子ちゃんのお尻が可愛かったけど、役柄的には希子ちゃんだったのだろうか?
そうなような、もっと違う人でも良かったような。

コーロキ
>>続きを読む

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

2.0

昔、原作を読んでいたのですが、まさかこの作品を実写化とは!

淵上さんのミツオがビジュアル違うな、と思っていたけれど、興味本位で鑑賞。

淵上さんと、こちらも演技力のある須賀くんのそれぞれのミツオの演
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

2.5

思っていたよりガチバトル!
もっとほのぼのかと思っていたらそうでもなかった。

マグレガー贔屓なので、ピーターに対してこらー!とかやりすぎー!って思いつつ観ていました。
まぁどっちもどっち。
笑えるシ
>>続きを読む

図書館戦争(2013年製作の映画)

3.8

しんどかった。
図書館を、自由を守る為に命すら時に投げ出して戦う。しんどい、つらい。

後半のアクションとか、小牧とか、仲間とか、かっこよかった。
銃撃戦で掛け合うフォロー!のやり取りとかにドキドキ。
>>続きを読む

風が強く吹いている(2009年製作の映画)

2.5

林遣都シリーズ10

走る姿がやばい。すごい。
凛として美しい。速い。ほんとに速い。
ずっとずっとかっこいい。
出演者の中でピカイチ走るフォルムが綺麗、軽やか、わたしもこんな風に走れたらなって考えた。
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

2.7

達磨一家!!!
アクションシーンなくて残念だけど、日向の車の乗り方笑っちゃうけど、でもあの態度、表情、巻き舌な喋り方、かっこいい。
しかし、あの車の乗り方はやっぱ笑わせにきてるよね?危ないよ?目が大き
>>続きを読む

花芯(2016年製作の映画)

2.0

宮近かと思ったら林遣都でした。


胸がざわざわというか、寂しくなりました。
園子は、なんなのでしょう。
あんなに焦がれた越知すら愛せずに、園子はどこへ向かっているのでしょうか。
園子のしあわせは何な
>>続きを読む

ガール(2011年製作の映画)

2.0

林遣都目的で2回目。

昔見たときはスカッとした気がしたのに見返してみたら微妙。
林遣都は麗しいのですが。

こんなに痛かったっけ?
えーー?
それだけ、わたしも変わったんだなと思わされた映画でした。

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.3

キセル吸っちゃう日向さん、もう満点♡
やばいやばいやばい♡

村山君も好きです。いい奴。
だから日向さんも真っ向から受け止めたんだろうなぁ。

中村蒼君も応援してる役者さんのひとりですが、今回の役は個
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.3

林遣都見たさに♡

溜息出るくらい日向がかっこよすぎてなんなのあの表情♡
達磨一家、たまらん。
ドラマではなかった髭と前髪あげてるのもこれまた良き。
そしてそしてやっぱり赤が似合う。

あと窪田くんも
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.0

3度目の鑑賞。
原作も読んでいるのである程度流れもわかる。
色々と端折られたり窮屈に掻い摘んでいるので勿体無いけど映画は映画で好きです。

恐ろしいサイコパスハスミンこと伊藤英明の演技はほんっとにハス
>>続きを読む

ダイブ!!(2008年製作の映画)

2.5

林遣都を拝みたい第三弾♡
眼福♡

弟に彼女とられる林遣都が可愛すぎる。

オリンピック代表目指すってのはさすがに無さすぎて萎えたけど、なんやかんやメイン3人が仲良く頑張る姿は好きでした。
あまりイザ
>>続きを読む

ちーちゃんは悠久の向こう(2007年製作の映画)

2.5

林遣都の美しさを拝むための映画♡

黒髪と白い肌とあの眼。


部長健気だけど棒演技だし。
若かりし波留ちゃん美人でよかったけど呆気なく死んじゃったし。
最後怖いけど久野くんが幸せならいっかなぁ。
>>続きを読む

パレード(2010年製作の映画)

3.3

昔から林遣都がなぜか好きで二度目。

結末だけしか覚えていなくて、出演者も藤原竜也と林遣都しか覚えていなかったので、ある種新鮮な気持ちで観れた。

改めてみて音楽の入り方がたまらなく好きでした。あのな
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.0

1度目は途中寝てしまったので、2度観。

1度目は気になったさくらの話し方も、きみを振り回す感じも、2回目にはそんな気にならず。だから2度観でよかったかも。

いろいろ突っ込みたいとこあったけど!
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0


ピーナッツバターは端までしっかり塗る。

施設の前でボイレコに吹き込んでるシーン泣いた。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

1.5

あまり面白くなかったな。
ゴリラが敵だと思っていたので全然違いました。
だからかな?想像とかけ離れてるいたので評価低めになってしまいましたが、うるっと来るような、仲間を思うカッコいいシーンもありました
>>続きを読む

美しいひと(2008年製作の映画)

3.0

人の名前と顔が一致するまで時間がかかり、入り組んだ恋愛模様を把握するのが難しかったけれど、レアセドゥは美しかった。
また観たいな。
部屋のBGMのように流しておきたいと思うような映画でした。
言葉の響
>>続きを読む

グランド・セントラル(2013年製作の映画)

1.5

レアセドゥは可愛い。
短髪で男の子のようなのに豊満な胸、無防備な薄着、透明感。
危うい。とっても危うい。

ストーリーは原発が絡んでいて暗く重い背景ですし、サイレンの音は不気味で救いもないようで物悲し
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

2.3

それでも生きる。恋をする。



早く会いたくて走る。
恋っていいな。



女子寮だからダメって言われた後の池松と、朝、おいでおいでされた時のおれ?な池松が可愛かったです。

無伴奏(2016年製作の映画)

3.0

ゆっくりゆっくり観た。
おもしろかった。
もっとつまらないと思いなかなか観ずにいたけれど。

パッヘルベルカノン。

響子は逞しい。
女は強い。

最後、渉さんが呼ぶ祐之介の響き、よかった。縋るよう。
>>続きを読む

ハモンハモン(1992年製作の映画)

2.5

ペネロペのあどけなさ美しさで満足しちゃう。
なんて可愛いのだろうか。
そしてなんて美しい身体なんでしょう。
裸に見入ってしまいました。
だいぶ若いのに曝け出していたとは知らずにびっくり。

脱ぎっぷり
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

1.0

ごめんなさい。

寝てしまいました。

期待していたぶん入り込めず。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.4

そーきたかー!ってラスト。


ふたりでピアノ弾いて歌うシーンが1番よかった。

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.0

ニック繋がりで。若っ。


映画館で観た方が迫力あってよかったんだろうな。
海外物ってメインの女優と俳優が一連の出来事の中で反発したりするけど、最終的にくっつきがちだよね。


ラプレス?小さい恐竜が
>>続きを読む

>|