くろさんの映画レビュー・感想・評価

くろ

くろ

邦画も洋画もどちらも好き。

映画(106)
ドラマ(23)

アンダーテイカー 葬る男と4つの事件(2009年製作の映画)

2.0

邦題とジャケット詐欺。

ジャケットに騙された口なのでエディの出番が目立たなくて話に乗り遅れました。
主人公はストリッパーのローズだったのね。
そして経営に苦しむ葬儀屋のエディ、愛を無くした神父チャー
>>続きを読む

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.0

クリスマスに観たい映画。

パーフェクトじゃないけどそれでパーフェクト。ほのぼのと温かい気持ちになる。


人生は短い、楽しまなくちゃ


しつけがなってなくて欠点だらけ、人間だからね

ラストはちょ
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

1.5

殺し屋に恨みを持つ凄腕の医者が、復讐として殺し屋を性転換してしまう。
女に性転換させられた殺し屋がその医者に復讐をするまでのお話で、あらすじを読んだ感じ面白そうだなと思ったけどそうでもなかった。

>>続きを読む

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

2.5

普通に恋愛してるラドクリフ観たさに借りた作品。


テンポのいいふたりの会話や付き合い方は楽しそうで、なかなかくっつかないからこちらがやきもきしちゃった。
早くくっつけよ〜!ってお節介する友人カップル
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦(2011年製作の映画)

3.0

息抜きに。

オープニングの歌いだしがすばるの声でうるっと来た。やっぱりすばるの声いい。

映画本編はずっとオナラ。
子供ってオナラとか好きだもんね。
前回見たロボとうちゃんよりも野原家の人に対する親
>>続きを読む

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

2.5

ずっと身勝手な大人たちにイライラ。
とくにパパママ。

メイジーの笑い声って最高に可愛いのに、ほとんど聞けない。
大好きなパパやママはメイジーといる時、いっつも忙しなくて、誰かに怒ってて、仕事が1番で
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

ひたすらに美しい北イタリアの風景は、こちらまで開放的な気分になる。


大きな波風は立たないから退屈と思う人もいそうだけど、そのゆっくりとしたテンポが心地よくなってくる。


エリオの見せる子供っぽい
>>続きを読む

17歳(2013年製作の映画)

2.0

17歳って響きがもうなんだか特別な気がしてくる。


夏のバカンスで失った初体験をきっかけに売春に手を染める主人公イザベル。
何かを探していたのか、それは愛情なのか、恋なのか、何かが抜け落ちてしまった
>>続きを読む

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

3.0

最近お気に入りのデイン・デハーン演じるザックが、死んだのに蘇った恋人ベスに浮かれたり、ラブラブしたり、デートしたり、でもだんだん雲行き怪しくなってきて…。

おもしろかった。

ザックと、兄のカインが
>>続きを読む

アンチヴァイラル(2012年製作の映画)

2.0

頭にハテナが浮かんで消えない映画でした。

セレブの病原菌を売る商売?
クセが強い。
現実にはあり得ないと思うけれど恐ろしい。

主人公のシド・マーチンは絵になるのでとても雰囲気のある美しい映像ではあ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.0

ぜひ原作を読んでほしい。


映画化の時点でめちゃくちゃになるのは仕方ないし、それを承知の上で観たけれど、主人公の松坂桃李の役柄がただのキレやすい男みたいで怖い。演技が上手すぎるからか余計に怖い。
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

2.0

息抜きにしんちゃん。

ロボとーちゃんもとーちゃんもどっちも野原ひろし。
なのにロボとーちゃんが好きだったし、ずっとロボとーちゃんが本物なのかと思って見ていた。いつネタバレくるのかな?って思ったら違っ
>>続きを読む

フェリシーと夢のトウシューズ(2016年製作の映画)

2.0

フェリシーがまさかあんな方法でチャンスを掴むとは予想外すぎて、イジワルを先にして来たのはカミーユとはいえカミーユに同情してしまう。

カミーユだってママの為に頑張って頑張って踊ってきたんだよね。
結果
>>続きを読む

昼も夜も(2014年製作の映画)

1.5

つまらなくて、長く感じる69分。


突然現れた態度のでかい女シオリを突き放さずに受け入れてくれる主人公。
優しすぎない?
素性もわからないんだよ?

男たちは下心があるから、シオリはふらふら次から次
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.5

1、2を一気見。
いちばん観たかったのはデイン・デハーン。
可愛い可愛い可愛い♡

ピーターとグウェンの関係も行ったり来たりで良かったけれど、デイン・デハーンがいちばんの見所でした。
だがしかし、ピー
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.0

普段なら観ないけどたまには。

ベンの敵討ちのように似たギャングを襲ったり、スタートはけして良いものではなかったけれど、少しずつ変わってきて、ラストのクレーン車が道を造るシーンには鳥肌。


トカゲ男
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

話題作だからやっぱり映画館で!と思って ひとりで行ったらホラー系苦手なの忘れていて普通に前半怖かったです。

ラストは泣きそうになった。

怖いの耐えたら面白かったです。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

原作読んでたけど、こんなにきゅんとした記憶ない。


4分の3はヨシカのこじらせ具合にめんどくさいな、って思って観てたのに、最後の最後に二がトドメ刺してきた。

渡辺大知ハマり役だし、彼だからこその絶
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.0

散歩する侵略者、そのまんま。

人間に取り憑いた宇宙人が人間のもつ概念を奪い、ある程度人間というものが何かわかった頃に侵略する計画。
首謀者は3人の宇宙人。

宇宙人に取り憑かれた松田龍平演じる加瀬真
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.5

原作未読。

意外とコンパクトにまとめているので、それぞれに深く感情移入し辛い。
少し物足りないなというのが正直なところ。
もう少しいろいろ描いて欲しかったけれど、重たくなってしまいそうなのでこの短さ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

目が離せない。
140分間飽きることなく見入ってしまった。

イメージしていたアクションスパイ映画ではなく心理戦。

何がなんだか、どこまでが狙いなのかワクワクする反面、主人公ドミニカの選択させられて
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

ベイリー可愛いよベイリー。

中盤からずっと泣いていた。


楽しむ事はもちろん。
過去を憂うことなく、今を一緒に生きる。


ベイリーが辿った犬生が愛おしい。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.5

おもしろかった。
あちらこちらでまんまと笑ってしまうの悔しい。
イケメンにあんなことやこんなことさせてるのも悔しい。


しかし映画館で観なくてよかった。

ザ・ハリウッド(2013年製作の映画)

1.0

そこそこ怖い。
想像していたお話とも全然違っていた。

タラの恋人クリスチャンのやる事も笑ってない目も全てが怖い。

そして男を虜にするタラは、元彼ライアンを第二のクリスチャンにしたって事でしょうかね
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.0

レイチェル、アナ、メガン、3人の女性の話を交錯させ展開していくから、前半は観ながら頭の中で必死に整理していた。

後半にかけて徐々に明かされる答え。

暗く沈む音楽。
寝る前に観るには案の定重いけれど
>>続きを読む

僕の恋、彼の秘密(2004年製作の映画)

1.5

彼の秘密とは?と思って見てみたら、そういう事?それが秘密?ってちょっと拍子抜け。

コメディタッチで主人公の友人のキャラの濃さは独特。

シリアスになる事はほとんどないから気軽に観れるし、主人公がピュ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

気軽に観れる映画。

シングルファザーのぽんこつ探偵と腕っぷしの強い示談屋が組んで人探し。
人探しだけかと思いきや実はもっと大きな事に絡んでいて大騒動に巻き込まれていく。


偶然死体を見つけて声が出
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

ケイト・ブランシェットがかっこよすぎたのと、アン・ハサウェイがキュート。

真っ直ぐにコトが運ぶので、ハラハラ感とかは少ないかな?

ただ多種多様な魅力的なメンバーのドレス姿には胸がトキメキました。
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.5

命をかけてプロポーズ大作戦

ただ愛する彼女にプロポーズしたいだけなのになぜか命を狙われるマックス。
訳も分からないのに身体が勝手に動いて相手倒しちゃうし、なんなんだよー!っていう。

スピード感あっ
>>続きを読む

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

2.0

マックスが可愛い。
しかしかいじゅうたちは好みではなかった。

今からしたら些細な出来事。
お姉ちゃんが無視したとか、お母さんが相手してくれない!とか。
そんな事がきっかけで喧嘩して家を飛び出していつ
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.0

悲しいお話かなって思ってなかなか手が出せなかったジブリ作品のひとつ。

夏休みの間、空気の綺麗な土地に療養に来たところから始まる不思議な交流って懐かしくてわくわくするなーと思った。


「私は私が嫌い
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

おもしろいどんでん返し。

ラストの衝撃が強すぎてしばらく茫然としてしまったけれど、面白かった。


美しい絵画を敷き詰めた秘密の部屋は圧巻でした。

横道世之介(2013年製作の映画)

3.0

タイトルでつまらなさそうだなと思ってしまい、ずっと観ていなかった吉田修一原作の映画。
しかも160分?長い!と思って三分割にして観たけどおもしろかった。

横道と加藤の出会いから友達認定までのくだり可
>>続きを読む

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

4.0

オスカーの自分自身の性的嗜好の葛藤、家族のこと、夢、バイト先で出会った魅力的なワイルダーとのこと。

オスカーの幼少期のトラウマと、自分はゲイなのかっていう認められない葛藤が、絡み合って苦しい。
誰に
>>続きを読む

心に吹く風(2017年製作の映画)

2.0

眞島さん主演てことで手にとった作品。


美しい北海道の風景と美しい音。
眞島さん演じる日高リョウスケと23年ぶりに再会した初恋の人・遥。
優しくてもどかしく再燃する感情。
緩やかでした。

眞島さん
>>続きを読む

恋するリベラーチェ(2013年製作の映画)

1.0

予想以上にビジュアルが濃ゆすぎて話が入ってきませんでした。


マット・デイモンが見たかったんだけど、うーん。


ついていけなかった。

>|