丹王さんの映画レビュー・感想・評価

丹王

丹王

イルカと少年(2011年製作の映画)

3.4

皆様のレビューを拝見していて、えええこれ実話を元にしてたの!?とビックリ。
内容綺麗すぎるでしょ🐬
水族館行きたくなる。

これもモーガンフリーマン目当てで観た🎦

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.7

誰も傷つけないハッピーになれる作品🎦

モーガンフリーマン×ジャックニコルソン良いね
良い感じに擦れてる感があるというかアク?みたいなのがある。
渋い。

素敵な人生のはじめ方(2006年製作の映画)

3.2

中学生の頃モーガンフリーマン好きで見漁ってた頃に🎦
地味な映画だけどそこそこ面白かった記憶

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.4

ロバートデニーロが良い!紳士!大人!
ひたすらそう思う作品🎦

シニアインターンって良いね
私も上手に歳を重ねたいな、

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.3

アンハサウェイの裸が見たいという超不純な動機で観た🎦
そしたら思ってた話と全然違ってビックリ。
ストーリーは海外だから成立してる感じ。
日本人でこういう直接的な表現を使って気持ちを伝えてくれる人、なか
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

とにかくプラダを観るゴージャス映画🎦

これ見たらファッションの世界に興味湧いちゃうんじゃない?と思う感じのサクセスストーリー。
アンハサウェイの着てる服がかんわいーの何の♡
お洒落女子の夢が詰まって
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.8

ハッピーで前向きになれるアメリカ映画らしい作品🎦
美味しそう&子役かっわい〜✨てなった記憶

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.8

何も考えずにボーっと観れて、安定した面白さを供給してくれる作品。
クリスマスをテーマにした作品て珍しい気がする🎄

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.5

ヘタなホラームービーなんかよりよっぽど怖い、
こんなとんでもない設定よく考えたなと感心してしまう。
しっかり面白かった

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.8

レビュー見てたら結構評価マチマチなんだなあ、と
劇場まで観に行ったけど音楽と映像のマッチがとても良かったよ✨

猫の最高に可愛らしい部分、ヒタヒタとした怖さ、どんな風にも捉えられる謎めいた表情、空気感
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.5

めちゃ泣ける!と聞き、やっとこさ視聴🎦
何度か泣けるぞというシーンがあり、度々涙ぐんだ。
異種族間親子物語。

日本人はこういう雰囲気のアニメーションを作るのが上手いなぁ。
繊細なタッチや色使い、キャ
>>続きを読む

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2013年製作の映画)

3.1

えっ、もうこんなに前なの!?てなるね、時流れるのはや〜😭
中学生の頃に見たなぁ、懐かしい。

矛盾したこと言うけど、このアニメ好きだけどあんまり好きじゃない。
ストーリー重くて泣いてしんどかった〜て気
>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

4.0

これは、、観終わってからしばらく経った方が直後よりも評価上がっちゃう系のやつだ!と気付いた。

押井守ワールドが全開も全開!
フルスロットで飛ばしすぎ笑
後半が怒涛のようにシーンが移り変わってワクワク
>>続きを読む

うる星やつら オンリー・ユー(1983年製作の映画)

3.6

少し変わり種のビューティフルドリーマーから観ちゃったから、「あーこれこれ!うる星やつらだ〜懐かしい〜」てなった。笑

ドタバタ感や、ラムちゃんの若干ストーカーじみてるのに可愛さで全力カバーされてるとこ
>>続きを読む

らんま1/2 決戦桃幻郷!花嫁を奪りもどせ!!(1992年製作の映画)

3.6

何回か観たなぁ
女の子みんなお姫様扱いのストーリー👸

シャンプーが安定で可愛すぎます💓

高橋留美子先生の作品てキャラクターが全員可愛いのは勿論、アニメ化でキャラクターと声優さんがどハマりしていると
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

3.3

泣くよ泣くよと言われて期待しすぎて泣けなかった。
前情報無しで観るべき。
そして睡眠不足のせいで途中10分くらい眠ってしまい、起きて横見たら友達が号泣してた。笑
にしても絵が可愛い!
65分間ずっと可
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

学校は道徳の授業でこころのノートとか書かせる暇あったらこういうの見せるべき

イジメ×障がい×思春期×恋愛×家族
学校という閉鎖空間、学生という縛りや特別感、思春期の当てどころのない苦しみや理由のない
>>続きを読む

どうにかなる日々(2020年製作の映画)

4.3

上質な百合から、少年少女の甘くてチクッとする恋心を詰めた志村貴子原作のオムニバスショートストーリー集

やっぱり志村先生の描く青春大好きだぁあ。
甘酸っぱさは控えめだけど、淡くて繊細で、むず痒さや不器
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

期待しすぎた感は若干あったけど良かった♪
ストーリーはぼちぼちって感じだけど音楽とアクション?が良い。

シド・アンド・ナンシー(1986年製作の映画)

3.6

ヴィヴィアンウエストウッドをはじめ、英国ファッションが大好きなので、ヴィヴィアンといえばパンク!パンクといえばピストルズ!ピストルズといえばヴィヴィアン!の流れで鑑賞。
やっぱりパンクファッションはガ
>>続きを読む

シカゴ(2002年製作の映画)

3.8

セクシー系ミュージカル映画
シンプルに音楽やダンスがかなり良い
ドラマGLEEでもオマージュされてたな

日本人としてどこかピンクレディ味を感じる

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

4.5

超クールな映画🎦

ダニエルマクドナルド、ラップうまっ!
お世辞抜きでうまい。
ここまでちゃんと歌詞を気にしてラップを聞いたことが無かったからか、泣いてしまった。笑
ナナ超イケてるし、ママめちゃくちゃ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.9

母と映画館にて鑑賞

これは映画館で観るべき作品🎦
想像を遥かに上回る感動と興奮を与えてくれて、何度も映画館に観に行きたいと思える。
期待しても裏切らない完成度の高さ。

物心ついた頃から70〜80年
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

5.0

アニメ→舞台→映画の流れできた
この作品をレビューするのは個人的に体力がいるなと思い、勝手に渋ってた笑

もう、、これは本当に、名作。!
ミュージカル映画の中で1番好きかも。
今見てもめちゃくちゃ豪華
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

4.5

観るまでに準備が必要だった作品の一つ。
母と娘の共依存的でどこか不気味な感じが上手く表現されていて、久しぶりに観入った

当初は喜んで写真を撮られていたヴィオレッタが成長と共に写真を撮られることを酷く
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.6

邦題がダメね〜、、ハートフルストーリー想像しちゃうじゃん。
でも結構面白くて気付いたら観入ってた。

お金持ちの趣味ってスレスレだったりドップリだったり、気味が悪いわ。
凡人じゃないからなんだろうけど
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

3.8

全てが狭い
そして苦しい
"狭っ苦しい"という言葉がピッタリの内容

集団になると善悪の判断がつき辛くなったり、我を見失い流されることがよくある。
それが集団心理。
閉鎖的だからこそ、他人への視線は鋭
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.8

期待して劇場まで観に行ったのがダメだった。
ストーリーも演技も俳優陣も悪くないのに何故かぞわぞわして気持ちが悪かった。
どうやら相性が悪かったみたい。

感染列島(2008年製作の映画)

3.0

リアルな話なのにリアルさが足りなかった
中学生くらいの時に見てビビってたけど本当に世界的にウイルスが流行る時代がくるとは…

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

2.9

アニメすごく面白くてハマったな〜

公開当時劇場まで観に行ったけど特に何の感想も出なかった記憶。
良くも悪くもなく、至って普通。
記憶に薄い作品という印象。

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.5

いや本当に良くないことだよ?そうなんだけど、、なんか、言葉にならない苦しみが沢山ある。そんな作品

もれなく皆んな演技が上手い

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.6

公開当時、学校サボってる時に暇でやってて観たやつ。
結構面白かった記憶。
サスペンス苦手な怖がりなのでしばらく引きずったな、
吉高由里子って淡白な喋り方するところが良い。
てかこれ原作あるのか、
読み
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.4

小説入りの作品だったけど映画もちゃんと面白かった。
この頃の吉高由里子とあびる優が可愛すぎてめちゃくちゃ好き。
やっぱりギャルは良い✨
高良健吾とARATAも結構ハマってて良かった。

ストーリーはギ
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.4

これは面白い!
私好き!!
社会的な視点で見ると確かに愚行。
だけど個人的な視点で見ると人間味溢れる素敵な人たち。
偽りの中にはリアルがあり、心がザワザワと煩い。

ただ観たのが午前中だったのは失敗、
>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

4.3

これは本当に映画なの?って、
そのくらいリアル。
かなり作り込まれている。
つい感情移入してしまい、
登場人物に腹を立てたり悔しがったり…暴走しかける。
正直めちゃめちゃ疲れる映画。
もし自分の親が、
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.8

加瀬亮って何であんなオドオド系演じるの上手いんだ?もしかして地で行ってる?

なーんかストーリー展開というか雰囲気見たことあるな〜と思ってたら原作伊坂幸太郎か。なるほどなるほど、
伊坂幸太郎好きかも。
>>続きを読む

>|