nonzkさんの映画レビュー・感想・評価

nonzk

nonzk

映画日記✐1人でひたすら噛み締めてます
深夜にひっそりこっそり見がちです

L・DK(2014年製作の映画)

2.7

ひっさしぶりのスイーツ映画
"映画"というものを普段見ない人達の為の映画でもあるから凄く容易く観れてしまう

2時間近くあるのに対してはさすがに甘すぎてカロリー高すぎてもたれちゃうね

このテイストの
>>続きを読む

エキストランド(2017年製作の映画)

3.3

ブラックコメディにしては振り切らない中途半端な気がしまして、コメディが中途半端だと悪徳プロデューサーへの憎悪がどんどん蓄積され続けて結果笑うところも笑えないっていう

しかもこの胸糞プロデューサーが本
>>続きを読む

きみはなにも悪くないよ(2017年製作の映画)

-

フィクションでしか描けない事っていっぱいあると思います。忘れちゃいけない、風化させてはいけない事って沢山あるから
形する、表現にするって決めたのなら毎日苦しんで「嘘」を通して描かなければならない、
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.4

SNSとかこういう題材を扱うのって割と日本の方が得意じゃないですか?

身近で軽率に扱いがちになっていくモラルとか、プライバシーとかそういう細やなで繊細な問題点とかを扱うのって日本人の特有の性質とか傾
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.0

上質な時間でした、
都会の。新宿の。片隅の。
小さな映画館で絶対にこの機会を外したくない、そんな空気を吸いに行きました
おじいちゃんとおばあちゃんが棲んでるあの田舎に想いを馳せる感覚と似てるんです
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.3

登場人物はやっぱり人間が作り出した理想のキャラクター達だなぁって印象

アニメの可能性は人間の可能性より遥かに出来ることが多いと思うけれど、
生身の人間としての可能性ってのはアニメより遥かに魅力的だと
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

2.9

最近知り合った韓国人の男の子が
「씨발(シーバル)」っていう言葉は韓国では使っちゃダメだよって可愛い片言の日本語で教えてくれたんですけど
応用の「씨발」をこんなに早く聞けると思ってなくて、少し感動して
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

怒りは結果的に何も生み出さない
怒りを生み出すのは怒りだけ

たった三枚の広告看板をきっかけに運命を翻弄される田舎町

そんな狭い町の中であるはずなのに
娘を殺害した犯人は見つからない
風化していくか
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.6

とっても恥ずかしい事を言ってしまうと
誰しも心の中にはシャッターがあるんだと思います

人それぞれの色調で画角でフォーカスで鮮明なのか将又、少しピントがズレているのか
でもそれがその人の中で永遠に生き
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

ほんとかっこいいなぁ。まじかよ。
20年の月日を経てもカッコいいって言われる人生を選べてるかってトコですよね。

まぁこの「かっこいい」っていう概念自体が曖昧で言葉にする時に好きじゃないんだけど、この
>>続きを読む

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

4.3

"妊娠"が大事な物語のキーワードになっている映画だけど、きっとこの映画は「大切な人と一緒に居続けられる」可能性を証明する映画だと思う

大事なワードが凄くこの約100分に詰められてて感動した。同時に荒
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.5

自分と相手との恋愛のベクトルが違ったり、サイズが違ったり、そもそもジャンルが違ったり、人と人とが恋に至るまでの行程ってどんだけ複雑なの

恋愛に関して平坦な道をひたすらに歩き続けてる自分にとっては、一
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.4

家族にすんなり何でも言える人って凄いなぁって思うんです、羨ましいかはわからないけど凄いなぁって。

自分自身が「言いたくない」ならそれが全てだし「言いたい」ならそれも全て。

この映画はたかがそんな話
>>続きを読む

ケンとカズ(2015年製作の映画)

3.6

じっくり、じっくり視線を焼き付けて真っ暗な世界に宿す生活

張り詰めたギリギリの環境に2人の顔が生々しく生きてるけど、生きてるっていう心地よさは感じられない世界に住んでるんだな

ケンとカズの距離はき
>>続きを読む

別離(2011年製作の映画)

4.6

守れてる物はあるのだろうか
守ったものはなんなのだろうか

口から言葉をこぼす程に
嘘が言葉を蝕んでいく

真実なんて存在している様でしていないのかもしれない
真実なんか存在できない様にしているのかも
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.3

人が繋がっていく瞬間が音を通して映像に映し出されていく

飾らないカメラワークには2人の等身大の姿があって、
飾れないカメラワークにこそ2人の距離が縮まっていくあどけなさがあった

音楽に出る人間性を
>>続きを読む

四月物語(1998年製作の映画)

3.5

桜吹雪を閉じ込めて、豪雨を諸共せず
降りしきる「始まり」を身体いっぱい感じていく4月の高鳴り

健気に一生懸命、環境を自分の物にしようとする姿は上京したての僕自身を重ねていた

この大都会では変な事、
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

3.8

サクマ式ドロップスに入ってるハッカ味のキャンディあるじゃないですか
あれ、僕凄く苦手なんですよね

甘いキャンディのはずなのに、あの一味だけなんで辛いのが混じってるんだろうって

この映画。サクマ式ド
>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

4.4

イスタンブールの景色にどこまでも希望が溢れていた

監獄同然の住処に閉じ込められた、少女たちと暖かい光
着たくもない処女のウエディングドレスを纏い、自由は光と共に消える

生きている事も死んでいる事も
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.7

くだらない、情けない、頼りない、
しょうもない、碌でもない
そんな男の「ありえない」が描かれていく中でね
コーロキ自身は気付けない、秘めた魅力を掬い取り「この男は侮れない」を感じていた

逆に言うと僕
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.1

デイミアン・チャゼル監督ほんとに根性据わってるなぁ。。

この人めちゃくちゃに罵倒とかされてきて
のし上がってきたのかなぁ
いやぁ、反骨精神の塊。いい

悔しさだけで生きていくっていうかね、
もう肝座
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.4

狂ったように傷付けて、傷付いて

言葉が必要になくて事象が淡々と過ぎ去り
この2人にしかわからない空間ができあがっていた

そっと2人の空間を創り上げる色使いと照明と画角
覗き見してるような危うい感覚
>>続きを読む

ロマンス(2015年製作の映画)

3.3

人生って良い時も悪い時もそんなもの

なんとなくの諦めがロマンスカーと一緒にガタンゴトンユラユラしてて
人生、行方知らずの幽霊列車

でもちゃんと生きてきた、自立してきた人は人生の行き先なんてわからな
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.7

17歳のあの頃のあの人に出逢えます

もうあの人には逢えないと思っていたので自分の心の中で生きていてくれた、
記憶の中で蘇ってきてくれた

ちゃんと初恋をさせてくれてありがとう
これは皆の映画です
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.9

これは人間たる故の狂気、凶器

音楽、映像からしてもそこはかとなく感じる最狂のデンジャラス

踏み入れてはいけないような、でも踏み込んでしまいたいような、人間の眠ってる・眠らせている美しさと醜さが入り
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.1

その手の中にどれほどの死があるのだろう、その胸の中にどれほどの生があるのだろう
そのグッと握られた指が解けた時に何があるのだろう

背負って生きてきた証を見て僕たちは何かを背負うべきなのかもしれない
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.6

大人になるのって悪くないなぁ
そんな事をフッと思っていました

目新しい物なんて何1つないけど
新しい毎日が今日も実はやって来て
曜日は同じようにグルグル回るし
太陽は毎日登ったり降ったりするけど
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

4.5

恋をしていた
いつの間にか恋をしていました

手紙から貴方を想う
モノクロだった過去に色を塗ってみる
雪みたいに水分を含んだ淡い淡い絵の具
から滲み出てくるのは貴方か私か

片想いのズルさも、片想いの
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.3

この映画に評価もどうもこうもないと思うんですけど、人間として理解できなくても演じ手がいる訳でスタッフがいる訳で映画が出来る訳で

バイオレンスで気が狂った最低暴力描写が満載だったとしても映画が出来る訳
>>続きを読む

人狼ゲーム マッドランド(2017年製作の映画)

3.0

狂人いっぱい村だけど皆んな普通な人たちで村人だらけだなぁと(村人なんだけども)

皆んなが皆んな個性を立たせるのってやっぱ難しいね、どうしても主要キャラクター達のストーリーだけが中心になってくるという
>>続きを読む

人狼ゲーム ラヴァーズ(2016年製作の映画)

2.9

第三勢力が出来るとどうしてもどんどん面白く無くなっていく気がする

キューピッドのルールは個人的には面白くありませんでした

人狼経験者しかいない設定は素直に良い、予言者が100発100中当てて負ける
>>続きを読む

脱脱脱脱17(2016年製作の映画)

4.1

僕の脱却、脱皮、脱出、脱走

脱ぎ捨てろって言われてる気がする
脱ぎ出せって応援されている気がする

そんな簡単な事じゃない、だからこそこの行為にとてつもなく意味を感じてしまって
勢い良く今この場所か
>>続きを読む

この世界の直径(2017年製作の映画)

-

世界の半径すらわからない僕、その1センチ1メートル。足元でさえあやふやでわからないのに直径なんて想像するしかなくて。
でも想像も幻想、偶像、理想、捏造。

なんとなくで記憶は保たれていて、
なんとなく
>>続きを読む

人狼ゲーム プリズン・ブレイク(2016年製作の映画)

3.1

心から応援できない村人陣営
やるしかない人狼陣営

心理戦としてはこれまでになく熱い
誰も役職を名乗り出ないので推理小説感もあった
誰が人狼か既にわかってるのも好きだけど、4作目にしてこの展開は取り敢
>>続きを読む

人狼ゲーム クレイジーフォックス(2015年製作の映画)

3.3

人狼ゲームを観ると毎回汗が額を滴っている、あつい…

ゲームを素直に受け入れられない人は最初必ず吊られちゃって死の現実を見るという展開は毎回やるし、(まぁないとリアルさに欠けてしまう)既視感がある。
>>続きを読む

人狼ゲーム ビーストサイド(2014年製作の映画)

3.4

人狼サイドの恐ろしさ

樺山はそれを楽しむという人狼だったけれど、三回もしてれば心が砕けて楽しくなったり頭のネジが飛んでしまったりするのかな、、
よく考えると高校最後の夏、三回目って全部この人狼ゲーム
>>続きを読む