悠さんの映画レビュー・感想・評価

悠

【】=宣伝キャッチコピー。日常を大切に撮っているものが好き。花火、子ども、音楽、神木隆之介、に加えて、世界は美しい、的な人間賛歌なメッセージあれば大抵泣いてしまう。文章書く練習としてきちんと続けていきたいと思っている。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.6

【絶望がやってきた。愛する人の姿で。】

鑑賞後ずっと残っている。ズンときた。

散歩をしながら地球人の"概念"を奪って、地球侵略を進める宇宙人。「みなさん、頭の中でもしかしてって思ったことあるでしょ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

【何があっても、守り抜け!】

邦題とキャッチコピーこれ、B級アクション映画だと思っちゃうよ。危ない、観てよかった。いやあハラハラドキドキ盛り上がりつつ、人間の汚さ、階層社会、家族の存在意義とか、愛と
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.4

【魔女、ふたたび。】

スタジオポノック第一弾作品。NEWSZEROで特集が組まれていて、高畑勲、鈴木敏夫2人のための上映会がやっていた。(宮崎駿は「俺は観ない」と言ったらしい(笑))「よくやりました
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.9

【ラスト、きっと このタイトルに涙する。】

「全部自分で選択してここにきたの。偶然じゃない。運命なんかでもない。」

久しぶりの映画館、シンプルにいい映画が観たかった。良かった。思春期の頃、引き合わ
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

-



「やはりヨノイも一種の日本の“神”であるし、ハラもまた“神”なんですが、西洋合理性だけでは抵抗できないわけで、そこで神というか、異神というか、異国の神が登場することによってドラマが起きる、そのぶつ
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.8

【その怪物が喰らうのは、少年の真実。】

絵本のような映画。水彩絵の具が伸びていくのをスクリーンで観るのは不思議な感覚だった。子どもの頃の不安定さとか止められない衝動とか、心がぎゅっとなる。邦題、好き
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.5

【名前しか知らない、あなたを好きになってもいいですか ?】

なんとなく、ただたださらっとハッピーエンドのが観たくて借りた。高畑充希ちゃんは本当に可愛い。なんであんなに瞳がキラキラしているの! 食べ物
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

【ある日突然、巨大飛行隊が地球に。その目的は不明。】

Arrival

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

4.3

【恋に臆病になってるあなたに贈る。
Facebookから生まれた、台湾全力女子と日本緩慢男子の仰天サクセスラブストーリー!】

あー、もうなんだこれ、すごくいい!真っ直ぐと不器用を繰り返す可愛い2人が
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.1

【あなたと見つめる今日が、こんなにも、いとおしい】

目を閉じて、音と光に寄り添いたくなる映画。言葉をもってしまったからには、想像をしなくちゃいけない。それは、見えていても見えなくても変わらない。言葉
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.7

【そこから、何がみえた?】

美しい。アンバランスで、ちぐはぐで、どこにも辿り着けないような、でも、ひかりをみたいような、この映画こそ、とにかく美しいと思った。与えられて来たようで、開拓してきたようで
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

3.3

【5分に1度、恋の事件が巻き起こる⁉︎】

絶対に普段スクリーンじゃ観ないタイプの映画だけど、ハチャメチャすぎて一周回って割と楽しかった。(笑) カイリとももが付き合い始めて、カップルらしいことを思い
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

【癒えない傷も、忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。】

淡々と、スタートもゴールもどこにもない、生きる人の姿をうつして、人生の一部を切り取った映画。私は好きな作風だろうと思って観たのだけれど
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

【銀河の運命は彼らのノリに託された】

marvelは本当よくわからないんだけど、4DXはめっちゃ楽しかった!
アイアムグルート!
ウィーアーグルート!

Guardians of the Galax
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

【透明にならなくては息もできないこの街で、きみを見つけた。】

" 都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。"

何か、出来ると思うんだと思って、でも、何も出来ないことに、それに気づいたことに
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

3.3

【不死身って、死ぬほどめんどくせえ。】

ぶった斬りエンタテイメント。

人生タクシー(2015年製作の映画)

-

【喜びと悲しみを乗せて】

「 このバラをすべての映画人に 」

Taxi

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

【僕は、靴を舐めて 勝つ。】

めちゃくちゃ面白かった! 声出して笑った!同じ監督の「ジャッジ!」も好きだったけど、テンポのよさがさらに加速していて、一度も飽きずにラストのあの痛快なセリフまで突き抜け
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.8

【君と、歌いたい曲がある。】

吉祥寺、100年前からある公園。オープンリールで繋がる過去と未来。橋本愛ちゃんの透明感のある声、永野芽郁ちゃんの可愛さ、綺麗な景色と、耳に残る音楽。吉祥寺オデヲンで観て
>>続きを読む

ハルチカ(2017年製作の映画)

3.6

【恋じゃない、けど、友達よりトクベツ。】

これは恋愛映画じゃない!痛くて苦しい青春の話。理想論だけじゃやっていけない、強気とやる気だけじゃ現実に追いつけない、誰もが一度は経験するであろう挫折を味わう
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.9

【それは、100年語り継がれるエンターテイメント。】

国際フォーラムのライブオーケストラにて。生演奏の迫力、ずっと昔の曲でも何ひとつ色褪せてなくて本当すごいなぁと思う。魔法が解ける瞬間は、ディズニー
>>続きを読む

ReLIFE(2017年製作の映画)

3.7

【2度目の17歳。想定外のキミとの出会いが、俺の運命を変えていく。】

青春は最高!キャストのフレッシュさも相まって、とてもキラキラした映画になってた。恋愛メインなわけでもないし、別段すごい事件が起こ
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.8

【人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで。】

「 名前を持った人間だ 」

I, Daniel Blake

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.5

【闘い続けるあなたが 輝く一手は必ずある。】

零が変わっていた。少しずつ、情けなく、かっこ悪くなりながら、もがいて、ぶつかって、周りの温かさに気づいて、優しくなっていた。守り方は一様じゃなくて、それ
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

4.3

【待っとれ 死んでも守ったる】

今年のコナンは当たりですよ皆さん。いつものクライマックスっぽいトンデモ展開がいきなりくる。最高。(最後、平次に花もたせるためかな?)コナンファンには嬉しい登場人物多い
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.1

【普通ってなんですか?】

よかった!"知ること"はそれがどんなことであろうと必ず成長材料になるのだと思う。何が正解か誰にも規定は出来ないけれど、そこに愛があるかだ。カラフルな喪服を着て踊る、歌う。"
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

【こうして出逢ったのも、何かのご縁。】

「 あの 一年のような一夜を 彼女はどのように過ごしたのだろう。」

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.6

【僕は5歳で迷子になった
それから25年間、ずっと探している
僕の人生の失われたカケラを】

なんとなく展開は読めるし、ああ、いい話だなぁ、と観ていたけれど、不意にぽろぽろ泣けていて、終盤はエンドロー
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

【あの夜のことを、今でもずっと、覚えている。】

語られなかった、幻の受賞スピーチ。

「この映画の元になった戯曲を書いたタレル・アルバン・マクレイニーと僕は“シャロン”である。僕たちはあの少年なんだ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

【それは、人生を変えるステージ。】

面白かった!なんとも爽快感のあるラスト。途中までは、字幕でもよかったかな、なんて思ってたけど、ミーシャ。なにはともかくミーシャ。凄すぎた。でも字幕でももう一度観た
>>続きを読む

>|