悠さんの映画レビュー・感想・評価

悠

【】=宣伝キャッチコピー。日常を大切に撮っているものが好き。花火、子ども、音楽、神木隆之介、に加えて、世界は美しい、的な人間賛歌なメッセージあれば大抵泣いてしまう。文章書く練習としてきちんと続けていきたいと思っている。

映画(507)
ドラマ(1)

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

【俺たちが、すべてを暴く。】


「 すべての人に力を 」


BlackkKlansman

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

【全部が好き。でも、なんでだろう、彼はわたしの恋人じゃない。】


「 愛がなんだってんだよ 」

あん(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

【やり残したことは、ありませんか?】

「自分に非がないと思っていても、世間の無理解に押し潰されそうになります 」

「ねぇ店長さん 私たちは 何かを見るために 何かを聞くために 生まれてきたの
何か
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

【行こうぜ、相棒。あんたにしかできないことがある。】


Green Book

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.7

【これは、記憶の旅の物語】

" 目覚めた時にいつも、扉が閉まる気配がする "

来る(2018年製作の映画)

3.8

【あの中島哲也の最恐エンターテイメントが、来る】

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.8

【僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。】

Tom a la ferme

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

【伝説のバンド〈クイーン〉彼らの音楽を唯一越える〈彼〉の物語】

Bohemian Rhapsody

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.3

【娘が行方不明。唯一の手がかりは24億8千万人のSNSの中にある】

searching

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

【姫の犯した罪と罰。】

「生きている手応えがあればきっと幸せになれた」

「俺お前を背負って走るよ 遠くまで 世界の隅っこまで」

「わたしも走る 自分の足で」

>|