yunさんの映画レビュー・感想・評価

yun

yun

映画(11)
ドラマ(0)

パンとスープとネコ日和(2013年製作の映画)

4.4

穏やかで、でもすごく考えさせられる深い作品。
日々の暮らしを丁寧に、人とも深く付き合ってみたくなる。

そして、「母親と私は別の人間」の言葉がなぜか心に響いた。

たぶんこれからも何度も観ると思う。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

夢だったものをいつからか無理だと諦めてたり、傷つくのが怖くて逃げたりって誰にでもあると思う。
でも大切な人の夢は邪魔したくない。
わかるわかるって感じる映画。

そして大泉洋が個人的にしっくりきた(^
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.0

母親と3人の兄弟、その他登場人物たちの演技がそれぞれ良かった。
(もっと一人一人にスポットを当てて深く掘り下げてほしかったけど、時間的な問題で仕方ないかな)

佐藤健のあの態度は誰よりも家族を大切に思
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.8

ピアノの演奏が単純に素晴らしくて、耳が喜んでました。難しい役をこなす松岡茉優のファンになった!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.6

目が腫れるほど泣いた。
強くいなきゃと思う気持ち、不安で押しつぶされそうな気持ち、両方が伝わってきて胸が苦しくなった。

また観たい。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.5

漫画を読んでいたので若干の違和感を感じた。
でも、ピアノとドラムのセッションシーンは漫画では感じられないリズムがあって、こっちの方が良い!と思う瞬間だった。

青春時代の思い出が、大人になった今を支え
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.8

映像の綺麗さと流れる音楽が、雨の中出かけたくなる。

出会うべくして出会った感じがロマンチック。
自分を分かってくれる人や自分の居場所がどこかに一つでもあると頑張れるのかなと思った。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.6

付き合いでたまたま観た作品。

出てくる人、物、映像、音楽、セリフ、全部がカッコいいけどまだ自分には早かったような…。もっと良さを感じられるようになってからまた観たい!

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

小説を読んでいたので映画は少しハードルが上がっていたけど、やっぱりキムタク良い!
松たか子の存在感もさすがで、終盤の展開は知っていても目が離せなかった。

映像もとても綺麗で映画館でキラキラ輝いていた
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

子役含めて俳優陣の演技がとにかく上手い。それぞれの感情が伝わってくる。

母親の愛が特に心にグッときた。
もう一度観たい。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.8

映像がとても綺麗。
俳優陣も美しくずっと観ていられる。

妻の夫を支える愛は尊敬できたけど、静子の幸せそうなオーラも羨ましくなる。どんな愛し方、愛され方が幸せなんだろうと考えさせられる。

斜陽と人間
>>続きを読む