鏡餅

鏡餅

神様メール(2015年製作の映画)

4.1

終わりがあるから前向きに。前向いてたら人生変わる。

ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行(2016年製作の映画)

4.3

人間について。ハメを外す機会があったからハメを外すのではない、人間だからハメを外すのだ。
(『堕落論』風)

ROCK YOU! [ロック・ユー!](2001年製作の映画)

4.4

騎士ってえのは、身分証明が要るもんなんかじゃねぇ、心意気なんだよ。
ってこと

あと、チョーサーがファンキー

忠臣蔵外伝 四谷怪談(1994年製作の映画)

3.6

・時代劇に自然と入ってくる巨人
・岩ちゃん最強説
・悪役は白塗り
・白塗りしてたら笑っていいとも
・玩物喪志はあかん
・服薬と外傷の関係性

若草物語(1994年製作の映画)

3.8

成長して変わっていくものと、変わらずあり続けるもの

ワイルドシングス4(2010年製作の映画)

3.7

4作目となるとこちらから予想をしていくものの、ジャケ写のとこまでしか読めず。

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.8

慣れていたら別の視点からはなかなか見られないよね

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.2

終盤の乱闘シーンは面白い、コメディ全開。
前半では恋愛の指南。

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

4.5

『カッコーの巣の上で』と『トレインスポッティング』を混ぜた感じ。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.3

イオンシネマ徳島のMX4Dで鑑賞。これはもうアトラクション。

まず第一に、アニメ版を忠実に実写化していたという感想。その上で、アニメ版で描かれなかった細かいところも自然に描き足している。

次に、主
>>続きを読む

森山中教習所(2015年製作の映画)

4.3

ゆるゆるで面白い。もう会えないと分かってるけど、またどこかで会えるような気がしてる。そんなほのぼの映画。

ルーム(2015年製作の映画)

4.2

脱出で終わりじゃない。その後の、世界への順応まで描いている点が、過去の事件からも目を逸らしていない感じがする。

ラストで"部屋"に戻ってきてからの言葉に、子の成長が窺える。

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

4.0

孤独な天才が、仲間を仲間と認識するまでの軌跡。

フランス組曲(2015年製作の映画)

3.9

使命v.s.純愛の葛藤。

スーナールツ、シリング、フェルヒなどの垂れ目俳優さん出てます。

>|