ykkさんの映画レビュー・感想・評価

ykk

ykk

映画館で観たもののみ記録。
感想メモ。レビューとはほど遠いもの。

映画(103)
ドラマ(0)

SHADOW/影武者(2018年製作の映画)

3.8

登場人物の誰もが様々な思惑を隠し仮面を被っている。この話の世界では影武者である主人公だけが演じている訳ではない。様々な思いが交錯する中モノクロの世界にふり続く雨は不穏ではあるが憂鬱ではない。琴の音色が>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

4.0

試写会にて。

予告を観てかなり楽しみにしていたけど、先日、人に勧められたなんちゃらの子を観たらアレだったので、他所様の青春を楽しめない体質なのかも…と思ったりもしたけど、そんなことはなかった…!全く
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

ファッションとか音楽を目当てにしてたので、前フリ長っ!!ってやつは、のんびり楽しみ、最後の方は爆笑した。

そういえば、ブラピもディカプリオもすっかりおっさんだけど、ブラピの指はきれいで、ディカプリオ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.8

仕事柄ビジネスのためなら人を人と思わぬ所業をしているサイコパスを多く見てきたので、そりゃ繊細で世間知らずの金の成る木を操作するなんぞ、チョロいもんだよなあと、辛い気持ちで観た。

誰にも愛されない(と
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.8

普通だと思ってることと違うことをする時、人は考えすぎるし、手に入れたと思ったら、次はもっと、と感じちゃうし、自分のこと何でわかってくんないの?と思うと相手の気持ちや思いやりが見えなくなるし、言わなくて>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.0

寝不足だし早く帰れる日は早く帰って寝たいんだよ!と自分で自分にぶちギレながら映画館にIN!

最初から最後まで緊迫感がすごくて緊張しっぱなしで、蔓延る理不尽に憤りまくり、最終的に涙が出てた。あと犬めち
>>続きを読む

松永天馬殺人事件(2018年製作の映画)

3.5

松永天馬氏のこと特に気にしたことなかったんだけど、いろいろやってみたいというのを、あそこまであからさまにやってくると、何だか愛らしさを感じる。のかもしれない。浜崎さんの回行けなかったのはちょっぴり残念>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.0

はー楽しかった。

こういうのって定期的に観たくなるし観ると映画を観たなという充足感がすごい。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.5

オンライン試写会にて。

主人公は、17歳。嘘や窃盗を重ね、転校先で相棒と出会ったことがきっかけで、連続強盗や連続殺人を行うまでになってゆく。モデルになったのは、実在の人物で、その美しいビジュアルから
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.8

東大卒でフリーターの主人公かずひこが、気になる女の子に目がくらんで銭湯で働くことにしたらとんでもない事に巻き込まれちゃうという話。

猟奇っぽいのを想像してたけど、全くそんなことはなく、主人公の表情の
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

強くオススメされたので好みに合わないだろうなあと思いつつ観賞。

なんていうか特に聞きたくない話を両肩つかまれて聞かされた気分。傲慢だ。主人公の行動とか結果の話ではなく。敢えて書かないけどちょいちょい
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

5.0

最高だった。良かった。

天才変人の話が好きで戦争の話が苦手なためどうなることやらと緊張しながら映画館に。

戦争って現実なので、現実かどうかわかんないホラーよりずっと怖い。だからあんまり観ないように
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.5

暴力が生々しくて映画を観てちょっと怖かったの久しぶり。監督が話してた通り、暴力がとんがってた。

はじめは、非現実的だと思いながら観てたけど、次第に、こんなことになってる人、知らないだけで、案外身近に
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

ハッピーデスデイを観て、誰がこの展開を想像しただろう。

ホラーなのにどちらもホロリときてしまったし、役者がみんな、魅力的なんだけどこれなに。

家族に感謝したくなったし、いい恋愛したくなったし、友達
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

ジャンルがホラーとなってなかったらもっとたくさんの人が見たのでは。

懐かしのXファイルとか見るぐらいのドキドキ感で、ガチホラーかなとびびってなかなか観る勇気が出なかった自分が恥ずかしい。

あらすじ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

3.2

月山が期待したほどの変態ではなかったのは期待値上げすぎてたからだろうか。そして金木くんはあんまり美味しそうには見えなかった。

なぜ、変態の表現は、クラシックやオペラを聴いて恍惚としたり、神経質だっ
>>続きを読む

五億円のじんせい(2019年製作の映画)

3.7

試写会にて。

幼い頃、善意の募金で集められた5億円で心臓手術を受け、その命を救われた主人公ミライくん(17)は、世間や家族に対して、5億円にふさわしい自分であろうとして、息苦しい毎日を過ごしていた。
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.7

ギャンブル依存性は、病気なので、治療を受けないと、良くならないし、だいたい本人も、本当に止めたいと思っているのに、止められないから、とてもつらいと思う。周りの人に迷惑をかけている自覚もあるし、親切にさ>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

2.8

悪い意味で期待通り。

映画より舞台でやればいいのにとか思ったり。いや、みんなかっこいい。でもなあ…なんかなあ…って感じだった。原作どんなんか逆に読んでみたくなったけど。設定が面白いからもっとはじめか
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.9

新聞記者が国家権力と闘います的な話なんだけど、ほどよく臨場感もあって、これはドキュメンタリーかなと思わせるような映像もよかった。

杉原の奥さんを観てて、自分が男性だとして結婚するならうわべだけ仕事に
>>続きを読む

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

4.0

何気にハマってる気がする…。もし仮に第3章あったら観るんじゃないかという予感さえする…。まさかそんな…。

1章より今回の方が好みだった。あっという間に終わった。最初に1章のダイジェストあったの何か知
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.0

楽しみにしてたやつ。

単身赴任していた仕事一筋のカタブツお父さんが突然会社を退職して家に帰って来た。中小広告代理店勤務の主人公イワモトくんは、そんなお父さんとうまくコミュニケーションが取れず、本当は
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

2.8

やりたいことはなんとなく伝わってくるんだけど、10年ぐらい前だか少し前だかのサブカルMV観てる感じというか、先輩に頼まれてチケット買ってその先輩のバンドのライブを観に行った後って気持ちになってる。>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.7

音楽期待でDolbyAtmosに。乗り物、黒のスーツ、そして職業エージェント。有無を言わせずかっこいい。序盤で諸々の結末読めたけど、ポーニィがめちゃくちゃかわいいかったからまあいいか。

MIBがめち
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

4.0

序盤はストーリーとかどうでもいいからはよやりあってくれ…!ぐらいの気持ちだったのが、後半にかけて、ドライブかかっていって、笑いこらえるのが必死。

ポップなノリではあるけど、極度にグロ耐性ない人は避け
>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

3.3

試写会にて。

コウタは、七夕の日、中学生の頃、親友シンジと二人で憧れたマドンナ、あーちゃんと偶然の再会をする。かつて天の川の女神と呼んでいた因果か、また来年の七夕に会おうという約束をする。何やら秘密
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.6

あまり重いとしんどいかなと観るのを迷っていたのだけれど、意外にあっさりしてて、観やすかったので安堵した。この話が事実に基づいているという点を除けばだけど。

ソ連軍の暴力に憤りを感じつつも、黙祷をする
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.6

目障りだ消えろ!が、ピークだった。悲しみを背負った天才ってやっぱアニメじゃ魅力的なんだよなあ。

そこから先はずっとハイテンションな状態だったのでこれは午前中に見る映画だな。ちょっと疲れた。しかし本物
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.9

都会から田舎のキリスト教系の小学校へ転校してきた男の子ユラくんの日常を描いたお話。

私は、祈りは何かを叶えるためでなく自分自身の癒しのためにささげるものだと思ってる。大人であれば、きっと私のような考
>>続きを読む

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

3.5

意気地なしの男を好きになったら女が強くなるしかないんだなあ。1人で勝手に悲劇の男気取ってんじゃないよ。とか思っちゃった。

ラスト急に雑になって置いてきぼりになった感はあったけどちょっとした笑いや名言
>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

3.8

このダイナミックなB級感といい雑なストーリー展開といい最高。小学生の頃、夕方にテレビで観てた再放送の昔の雑な特撮を観てるようでじわりと楽しかった。懐かしいというか。

不慮の事故で死んじゃった消防士の
>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

3.5

出てくる子たちの服装とか何とかみんなかわいかったんだけど、だから何?って感じではあった。しかしそれが青春なのかもしれない。

追記
そういえば、映画館にはスケートボードを持った女の子達が見に来ていて、
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.4

ポスターから、勝手にコミカルなギャング映画的なものを想像してたんだけど、実際は、実話の関係者のインタビューを交えた、再現映像だった。

悪いことへの好奇心て、誰でも少しは持ってるような気がするけど、本
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

洒落てるし、わかりやすい内容。とても観やすい映画だった。

確かに、自分と違う見た目や習慣の人に対して、驚いたり、ちょっと怖いな、と思うことはあるけど、なぜ、わざわざ排除しようとか、攻撃しようとか、そ
>>続きを読む

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー(2018年製作の映画)

3.4

映画館でバレエ音楽聴きたいぐらいの気持ちで観に行ったけど、やっぱり、自分にとって美しいものを求める気持ち、何かを表現したい気持ちって、観てて熱くなる。

回想シーンがかなり入ってきて、今現在が、どのシ
>>続きを読む

>|