ユキマルさんの映画レビュー・感想・評価

ユキマル

ユキマル

備忘録、語彙は貧困。なるべく内容はわかるように書かない。基準値曖昧な上に点数制が嫌いなのと観るタイミングでも変わるので点はつけません。たまに加筆修正します。ドラマは進捗チェック用。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

シャーリーズ・セロンの美貌がどんどん痣だらけ傷だらけボロヨレになってゆくので興奮しました。

クイーンで1番好きなキラークイーンが予告だけだったのでシュン

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

-

ガチのミュージカルを円盤で観たので改めて観ました。初見エポニーヌに同情しまくって印象の薄い2人にはちゃんと幸せになってもらわんと許さんと思っていたけど、コゼットもマリウスも滅茶苦茶可愛らしいし良い子だ>>続きを読む

Father(2013年製作の映画)

-

脚本や設定など雑なところはあるんですが家族ものが好きなのでなかなか胸にきました。真ん中は雑すぎた。しかし1つめの安田さん割と笑えない…

ガチャガチャを観た後だったので正木さんにヒッてなってしまった笑
>>続きを読む

ガチャガチャ/GACHA GACHA(2016年製作の映画)

-

いや〜〜エグかった。

必死で振り下ろしてる姿と銃口をくわえさせられてる姿が良かった。

西遊記 リローデッド(2005年製作の映画)

-

話ぜんっぜん覚えてなかった……しかもチャイオデの監督とか嘘でしょ…までも動物の毛に触れてるとアレルギー心配するくらいにオタクなので許す(大変だったと言っていた気が)

なんかやたら泣いてて可愛かったで
>>続きを読む

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート(2006年製作の映画)

-

借金取りに嫌がらせを受ける親子を助ける時におくちをムニムニさせるのが可愛かったです。兄貴って慕われてるのに弟っていうのがまた。ニコツェに足技多めにさせたドニーにありがとうと言いたい。

ロボコップ(1987年製作の映画)

-

階段が降りられないED209ちゃん最高に可愛い。

これでもかというゴア描写のエグさ半端なさすぎ

アナと雪の女王/エルサのサプライズ(2015年製作の映画)

-

数年分のお祝いとプレゼントを頑張って考えたのかと思うと無茶苦茶つらくなって泣いた、よかったなぁ…

シンデレラ(2015年製作の映画)

-

ケイト・ブランシェット顔に命令されたらわたしも喜んで屋根裏に住んでしまいそう。

マッデンンンンン

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート(2011年製作の映画)

-

オペラ座の方を見てファントムのラミンさんとラウルのハドリーさんが出演していると見かけたのでこちらも。テナルディエ夫妻がコミカルで可愛くて憎めない、すき!カテコでの拍手もひときわ大きかった…

ハドリー
>>続きを読む

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン(2011年製作の映画)

-

語彙力がなさすぎて歌も音楽も衣装も演出も舞台装置もどこを切り取っても素晴らしいの一言しか言えない…

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

-

ありがちコテコテキャラと展開がフルコンボだどんって感じなのにあっそうなるの?そう来たか!嘘やろ〜〜って予想外展開もあったり疾走感も相まって楽しかったです。ハリウッド脳に慣れてるとゾンビがなかなか堅い。>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

-

クセルクセスのジャラジャラゴージャスな格好が良い。わたしも奴隷階段で降りたい。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

音のハメ方がチョーーー〜〜〜〜気持ち良い。人がボコスカ死ぬ。個人的に制作陣と合わないので不安があったんですが、逆に楽しめたかな。

007 スペクター(2015年製作の映画)

-

なんやかんやあってもボンドさんを助けてくれる機関の方々が愛しい。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

-

滅茶苦茶好きなオチだった、滅茶苦茶ハッピーエンドじゃないですか?????相棒が良い。アマレットも良いビジュアル。ヒロインは影薄い。予想どおり何も気にすることなくテンション高く楽しめるので何も気にしない>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

女性ヒーローだからとか女性監督だからとかやたらジェンダーな方面で褒め称えられているけどもっと広義の人間愛の話だと思いました。

それとは別にダイアナは心身ともにめっちゃ美しくてめっちゃ強くてめっちゃ格
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

-

一番の衝撃はエズラ・ミラー君がほんとにまだ17.8歳というところ、なんだあの美しさ

アスファルト(2015年製作の映画)

-

メインの6人にすごい大きい変化があるわけではないしちょっぴり心が温もるちょっぴりの刺激が良い。

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

-

友達といる時に会ったら挨拶してくれるか?という問いに無視するという応えがリアル。

女の子らしい化粧をして良い感じになるくだりは今の時代にはやれないなというか、もともと可愛かったので余計なことしてくれ
>>続きを読む

キングダム・オブ・ヘブン(2005年製作の映画)

-

妹が無茶苦茶に美。お兄様から昔の姿だけ思い出してくれと言われたのに無下にするなんて正直興奮しました。史実のお支えしたい王様ナンバーワン。王とサラディンが敵ながらも敬いあっているのが伝わり胸が熱くなりま>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

-

8割おじいちゃんがあかん過ぎた。疾走感とどうしようもない感が半端ないのでしょうもないのを許せる人向けな感じ。激怒するひとが可哀想すぎてちょっと引いた。

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング(2017年製作の映画)

-

エグゼイドは何かあるたびに雨が降るので雨が降ると、おっ雨が降り始めたぞって面白くなってきてしまう身体になってしまった。

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

-

ドルーが思ったよりダメでグルーがスマートに見えた、かっこいいぞ!個人的にグルー大好きなミニオンが好きなのでまたもどってきてほしい

銀魂(2017年製作の映画)

-

安田顕とムロツヨシと佐藤二朗が安田顕とムロツヨシと佐藤二朗だった。この人たちはずるい。原作ちゃんと知ってないと悪ノリについていけない人はきつそうです

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

ピーター・パーカーを好きでよかった。

前の作品や原作を知っているとウッとなるとこ多々あります。むしろmarvel studioのロゴが出る所でウッ。

相変わらずの敵のやるせなさやキャップの世間の扱
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

-

なりゆきで居合わせたティーン達が真の意味で1つにまとまったヒーローに目覚めるまでの過程が良いけど描写が丁寧すぎて戦闘シーンが観たい身として焦れもした。

ただ、ゾードン様に良い声で「It's MORP
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

-

チャーリー・ハナム氏は汗と涙と泥と血と誇りとゴロツキのリーダーがよく似合います。エクスカリバーガリガリガリガリ

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

-

淡々と粛々と展開して行っていたところに突入シーンで邪魔になる人間は女も平気で殺すし撤退して任務成功してテンション高めになる兵士たちの気持ちを考えてしまった

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

-

年が年だけにと思ったけど誰も死なない優しい世界で良かった。おじいちゃん達もだけど動物かわいい

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

-

世の中の部下に怒鳴り散らす癇癪おじさんはこれを見てイケオジで天才じゃないと許されないのを知るべきだと思いました。

>|