ユキマル

ユキマル

備忘録、語彙は貧困。なるべく内容はわかるように書かない。基準値曖昧なのと点数制が嫌いなのと観た時の気分でも変わるので点数は付けません。ふとした時に加筆します。

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

-

一番の衝撃はエズラ・ミラー君がほんとにまだ17.8歳というところ、なんだあの美しさ

アスファルト(2015年製作の映画)

-

メインの6人にすごい大きい変化があるわけではないしちょっぴり心が温もるちょっぴりの刺激が良い。

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

-

友達といる時に会ったら挨拶してくれるか?という問いに無視するという応えがリアル。

女の子らしい化粧をして良い感じになるくだりは今の時代にはやれないなというか、もともと可愛かったので余計なことしてくれ
>>続きを読む

キングダム・オブ・ヘブン(2005年製作の映画)

-

エヴァ・グリーンがムチャクチャうつくしい。でもお兄様が美しかった頃の姿だけを思い出してくれって言ってたのに無下にするなんて…正直興奮しました。ボードゥアン4世は史実のお支えしたい王様ナンバーワン

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

-

8割おじいちゃんがあかん過ぎた。疾走感とどうしようもない感が半端ないのでしょうもないのを許せる人向けな感じ。激怒するひとが可哀想すぎてちょっと引いた。

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング(2017年製作の映画)

-

エグゼイドは何かあるたびに雨が降るので雨が降ると、おっ雨が降り始めたぞって面白くなってきてしまう身体になってしまった。

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

-

ドルーが思ったよりダメでグルーがスマートに見えた、かっこいいぞ!個人的にグルー大好きなミニオンが好きなのでまたもどってきてほしい

銀魂(2017年製作の映画)

-

安田顕とムロツヨシと佐藤二朗が安田顕とムロツヨシと佐藤二朗だった。この人たちはずるい。原作ちゃんと知ってないと悪ノリについていけない人はきつそうです

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

ピーター・パーカーを好きでよかった。

前の作品や原作を知っているとウッとなるとこ多々あります。むしろmarvel studioのロゴが出る所でウッ。

相変わらずの敵のやるせなさやキャップの世間の扱
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

-

なりゆきで居合わせたティーン達が真の意味で1つにまとまったヒーローに目覚めるまでの過程が良いけど描写が丁寧すぎて戦闘シーンが観たい身として焦れもした。

ただ、ゾードン様に良い声で「It's MORP
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

-

チャーリー・ハナム氏は汗と涙と泥と血と誇りとゴロツキのリーダーがよく似合います。エクスカリバーガリガリガリガリ

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

-

淡々と粛々と展開して行っていたところに突入シーンで邪魔になる人間は女も平気で殺すし撤退して任務成功してテンション高めになる兵士たちの気持ちを考えてしまった

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

-

年が年だけにと思ったけど誰も死なない優しい世界で良かった。おじいちゃん達もだけど動物かわいい

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

-

世の中の部下に怒鳴り散らす癇癪おじさんはこれを見てイケオジで天才じゃないと許されないのを知るべきだと思いました。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

全ての言動が正しかったわけでも成功したわけでもなかったし他にやりようがあっただろと言いたいようなことはたくさんあったけれどもそれでもたくさんの子供達を身も心も救い能力の使い方や社会のことなどたくさんの>>続きを読む

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

-

断片的にしか観ていなかったので今更ながら改めて鑑賞。可愛い女の子が足手まといなのも(でも割と活躍してたかも)軽くエゲツない描写があるのもアメリカ古き良きアメリカ映画って感じ。楽しい!ハリソン若い!

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

-

アンハサウェイとクリスプラットのダンス練習シーンが見もの。特典にある、メインめなはずな男3人が居場所が無さそうにグダグダくだらない会話をしている姿が女の物語なんだとまざまざと見せつけられてて面白かった>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

1はファッキンソーベリーマッチクレイジーウルトラスーパーハッピームービーだったけど2はファッキンソーベリーマッチクレイジーウルトラスーパーラブムービーでした

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ(2010年製作の映画)

-

脚本こんなもんかって感じだしお父さんは一体どうしたんだ????てなったけど海東くん楽しそうだったから何でも良いや!

チャッピー(2015年製作の映画)

-

学習シーンとか可愛いのにBGMが常に不穏だし哀しい展開しか予測できなくて常に辛かったけど、予測と裏切られたラストではあった。チャッピーの激怒シーンは人工知能の矛盾に気付かない人工知能らしさにとても興奮>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

-

登場人物みんなからっとしていて良い。題材の虫がしぬほど無理なのでほとんど画面観れてません😂MCUノルマ😂

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

-

ジュークボックス。白い服。シャンパンで乾杯。なんだこれ…???

そういえばdtv版も観ましたがハンジメイン回とサシャメイン回は映画に比べたらそれなりでした。3話目はしょうもなさ過ぎたけど。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

-

B級スプラッタな演出にところどころプスプスと笑っちゃった。巨人に乳首あるかないかの談義が意味わからん過ぎでした。

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦(2017年製作の映画)

-

「つまらない」から「消したい」っていうのはどちらも感情豊かじゃない????ニチアサクロスオーバーが雑脚本なのは毎度のことです。

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE(2009年製作の映画)

-

ゼロ!ウルトラマンゼロ!セブンの息子だ!!父子もの好きなのでハグに泣いてしまった…ゼロお目見えシーンはアツくてアクションもサイコーです。増長部分があまり反省されてる様に見えなかったけどこれから成長して>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

-

バッツとジョーカーが好きなら観るべき。ダーレクちゃん天国。レゴすげー感はレゴムービーが凄すぎたな!って思ったけどレゴであることが気にならなくなってたってことはレゴすげーなのかな???

SING/シング(2016年製作の映画)

-

1度ドン底になったらあとは上がるだけ!聞くだけで涙が出そうなほど好きなハレルヤが効果的なシーンで唄われてボロボロ泣いてしまいました。字幕も吹替もオススメです、ソーハッピー

パッセンジャー(2016年製作の映画)

-

映像がとにかく美しいのにトチ狂っているのが良い。どちらの言い分もわかるしジムに感情移入しがちだったので格差や葛藤を考えると容易に責められない、というか一年よくもったよ…無重力プール観るべき

帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズvsボーイズFINAL WARS(2015年製作の映画)

-

兄妹が愛しい。ニンニンは夏とVシネよりもVS(これじゃなくて)とかクロスオーバーの方が光る気がする。

>|