なかよし

なかよし

信頼できるの数字だけ

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

-

ごく一部だが印象に残ったので
「愛する(⁈)人を己の性器ドリルで抹殺する映画」
って書き方が良くないが、強い印象でこびりついて離れない

凄い美術でトンデモ映画だけど、単純に好みの裏側。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

-

とある映画製作に噛んだせいで最近は全く手が回らず、久しぶりに映画観れた
ストレスフルだったから流し見映画

赤色彗星倶楽部(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

遂に!!
去年暮れに受けた衝撃が、世間に出ていく時を今か今かと待ちわびている。あたかも赤色彗星の到来かのようなワクワク感がある。

雨の日の匂いが好き。
コインランドリーの匂いが好き。
幼馴染2人だけ
>>続きを読む

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

-

とんでもないものを見た、と思う。
ドキュメンタリーとはなんだろうとも思う。
奥崎謙三は、カメラの前で演技をしていた。演じてしまえば虚構。ドキュメンタリーは映画。映画は虚構。。なら良いのか。

神軍平等
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

-

セリフにうんざり。
橋口亮輔監督作『恋人たち』のキャストが多くて期待するが、残念。
全体通して長回し手持ちが多く、意味のないものも多い。低予算感はエンドロールの短さにも。低予算が悪いのではなく、作品に
>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

-

今泉力哉作品初鑑賞。独特のテンポ感、雰囲気が好物で、平坦ながらも惹きつけられた…

このキャパで1週間くらいなら毎日満席に出来るだろ!ってマジでその通りだから、界隈の人は知り合いとかに声掛けて劇場ロビ
>>続きを読む

サッドティー(2013年製作の映画)

-

すごい面白かったんだけど、数日前に別れた人と見に行ったのはただの暴挙だった。なんかほんまどーでも良いね、好きとか嫌いとか
私も一回も人を好きになったことがない

美しい星(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

いや〜最高だ
今の俺のための映画だね
つまりそう、金星人と偽った人間のクズではありますが、今日も元気に金星を呼んでいます、橋本愛と一緒に、、
性行為まがいのことを経て覚醒するのなんとも言えない

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

-

題名とビジュアルと、SFファンタジーという触れ込みから想像していたものとは、かけ離れた生温さのない映画。
苦しかった。良い映画だなぁ

たそがれ酒場(1955年製作の映画)

-

やって来る人と人の間にあらゆる感情や思惑が渦巻いて、酒場は人生の縮図だという言葉がこれほど体現された映画は今まで観たことがない、、

六月の蛇(2002年製作の映画)

-

生と死を突き詰めた先に増村を見た。
官能的で退廃的、生と死と性を70分ほどで描いた作品。映像が青に統一され、雨が降りしきる高湿度な映画で最高。

木靴の樹(1978年製作の映画)

-

オールナイトじゃないと見ない3本立て。
オールナイト上映で寝るのもまた一興。

もう一度見ることを前提として、アヒルと豚のおかげで、前二作品とは一線を画すと強烈に印象付けられのめり込んだ。

定職/就職(1961年製作の映画)

-

今朝は妻にキスされたんだ
毎月一回、給料日の日だけね

鮮烈なヒロインに、主人公同様に心を奪われていた

社会に出ていくことを直前に控え(一応希望を抱いている)、絶望があまりにも残酷に描かれている、、

空(カラ)の味(2016年製作の映画)

-

ラスト30分、確実にスイッチが入る瞬間があって、それまでの90分はさすがに少し長いけど、それでもあの30分のためなら。
選んだ選択肢がたとえ間違っていても、その道を正しくしてやる!くらいの気概で俺は生
>>続きを読む

孤高の遠吠(2015年製作の映画)

-

狂い咲けてない
初っ端から下手な新歓合宿みたいなセリフ回しとカメラワークと演技で見てるの辛い、120分か、、と気が遠くなった

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.8

素晴らしすぎた。豊作と言われた2016年、ベストは『淵に立つ』だったか…
どの言葉でも足りない映画。

独裁者(1940年製作の映画)

4.5

普遍的なことしか言ってないけれど、これだけ刺さるし、80年近く経った今でも通用してしまうのは、コメディの偉大さと最高の演説であることを示しているのだと思う。。

スプリット(2017年製作の映画)

-

思ったより情報量があって基本考えてたから疲れた(それか、朝の鑑賞で思考が明瞭じゃなかった⁈笑
とりあえず怖くないけど
とりあえず過去作見たい

野のなななのか(2014年製作の映画)

-

良いとか悪いとかではないけど、観客のことを考えていないと受け取ってしまった…この空の花より置いてけぼりをくらった
冒頭、病室のシーンは、こんなの見たことない!と興奮したものの、170分そのテンションだ
>>続きを読む

>|