yさんの映画レビュー・感想・評価

y

y

  • 178Marks
  • 86Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

カーライル ニューヨークが恋したホテル(2018年製作の映画)

4.1

出てくる人出てくる人が超豪華。どの話も濃くて興味津々で楽しかった〜私もベーメルマンスの絵にあの壁に吸い込まれたい、、夢と愛しかないホテル、素敵。

ビバリウム(2019年製作の映画)

4.3

無味って一番怖いかも_マグリットの絵みたい、ずっと見てたら不気味でぞわぞわする

ファウスト(1994年製作の映画)

3.8

初めて観たのが高校生とかだった、私の初ヤンシュヴァンクマイエル_それから10年以上経って観たたけど何一つわからない。いや「わからなくていい」この世界を、この人の頭の中を理解しようとする事が間違ってるん>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

4.6

ずっと観たくてマイリストに入れてたやつ_unextで視聴可能になって即鑑賞
めちゃくちゃに面白かった、、!!
予想した次の展開は直ちにかき消され、何一つ想像通り展開しない。徐行が続くと思いきや急発進し
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

4.0

スイッチ押したら人生変わった!みたいなんと思ったら全然違う笑 想像してたスイッチは全然違うしブラックだしやり過ぎだし裏テーマの"復讐"を知ると逆に爽快なのもあるけどエっっグい!私はhappyweddi>>続きを読む

「僕の戦争」を探して(2013年製作の映画)

3.3

ビートルズ好きの教師(ハゲたおじさん)、道中出会う少女、家出少年のジョンレノンに会いに行くロードムービー ハゲたおじさん言う事が絶妙にダサくてそれがいちいちかっこよくてラストにはカッコよさしかないんか>>続きを読む

COMET コメット(2014年製作の映画)

3.1

やっぱり君とはいられない_
苦手な時空行ったり来たりのパラレルワールド 500日のサマーっぽさ、エターナルサンシャインの切なさ、ミシェルゴンドリーの世界観をごちゃ混ぜにした感じ。の割にシンプルで分かり
>>続きを読む

リトル・バード 164マイルの恋(2011年製作の映画)

2.9

このポスター、邦題から想像できない重さ_ブルーバレンタインより重い気がした。正反対、でも同じモヤモヤを抱えた少女ふたり一夏の旅記録。心の傷をえぐられるような経験を助けてくれた親友、助けた彼女もそんな親>>続きを読む

さよなら、人類(2014年製作の映画)

3.5

なんとも言えないこの雰囲気と意味わからなさ_なんか深夜のコント番組みたいな異様な空気感と世界観、私は大好きだ 顔の白さから何から何まで気になる所だらけ、固定カメラで1シーン1カットで撮られた39シーン>>続きを読む

夏をゆく人々(2014年製作の映画)

3.1

嫌ぁな親父と鬱陶しい妹達、喋らない謎の男の子、綺麗な映像と不思議な物語。ドキュメンタリーのようなファンタジー ずっと昔に観たことあるような気になった。多分父が好きだった感じの。ラストはどおいう事…?過>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.9

タイトル通り、弱虫アーロ(恐竜)が主役。
小学生の時に何度もビデオで見たライオンキングぽさ ちらほら。と思ったらオマージュなのか!家族を表す木の枝の場面、蛍の光、パパの幻覚、何度も泣きそうになって必死
>>続きを読む

奇跡の旅2/サンフランシスコの大冒険(1996年製作の映画)

2.7

たまたまディズニーチャンネルで見つけて面白くて最後まで鑑賞。口パクパク動いて喋ったり動いたり演技してて凄かった

クラッシュ(1996年製作の映画)

2.9

うんうん分かるけど…解らない!人のフェチって面白いよね。あくまで他人事だからそう思えるだけで"自分事"だったらそわそわしちゃう、、。若い頃のジェームズスペイダー超かっこいい

デリカテッセン(1991年製作の映画)

4.8

世界観で言ったらピカイチに好きな監督
1人1人にキャラクターがあって、痛快にぶっ飛んでて楽しくて気持ち悪くて美しい 不器用な人間のもどかしさをこんなにカラフルに表現出来るの天才だと思う

ロング・ウィークエンド(2021年製作の映画)

3.1

なんかずっと某社スマホのcm見てるみたいな感じだった おわり方最高〜

サブウェイ(1984年製作の映画)

4.0

”人生は水のよう、愛は流れる河のよう“ファッションも登場人物もシーンひとつひととがお洒落でカッコいい、ただの地下なのに流石フランス映画、終わり方がニヒルで好き 若い頃のジャンレノは、ほぼ田代マーシー>>続きを読む

未来の想い出 Last Christmas(1992年製作の映画)

2.9

今見るには街も人も生き方も超おしゃれな時代_過去の記憶を持ったまま何度もやり直せるなんてずるいなーって思う所ありだけど、そんな事ワムのラストクリスマスが全回収してくれる

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.8

今作はジジイ応援しちゃうかもー!なんて思ってたらちゃんとクソジジイじゃんっ!からの用意されてる展開最高だった 少女がいるだけでこんなエモエモになるんだもん

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

クズ VS クズ
逃げて追いかけて逃げて…後半はジジイのイカれ具合がレベチ過ぎて笑っちゃう 痛い!痛い!ヒィィッッとか言ってたら終わった

プレステージ(2006年製作の映画)

4.5

序盤でしっかりタネあかしされていたなんて_
絶対2回観たくなるノーラン作品、私はこの作品を3回観ました。1度目『確認』、2度目「展開」そして3度目、漸く「偉業」ここまで綿密に作り込む、最高に面白い。ノ
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.6

人生はゲームです_しびれる
上映当時は年齢的に観れなくて勿論観せてもらえず、ずっと"ヤバい作品"として想像は膨らみ頭の片隅に閉じ込めていた そして私が観たのは20年経ってから。もしあの時観てしまってい
>>続きを読む

トラスト・ミー(1990年製作の映画)

4.1

しっかりハルハートリー、不器用で捻くれてた_傷だらけなのに人の事を放って置けない似た物同士の2人、純粋で可愛くて愛おしくてどこか遠くへ逃げて欲しいと願い観てた 

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

3.9

エンドロール終了1分前でやっと息吸った感じ_90分、あれ私ちゃんと息してた?という謎のプチパニック状態 どっと疲れた。しっかり騙されたのか"悪い夢"を見ていただけなのか、とにかく思い出せないけど嫌な夢>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.1

1度観て解説見て2度観る作品だと思ってる。何回観ても、ベティとダイアンが同一人物に見えなくて混乱する(ナオミワッツすご)後半の展開は何度観ても鳥肌、例えるなら前に進むと誰もが思ってるジェットコースター>>続きを読む

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

4.4

まさに観るアート 映画というより舞台を観てるような気分になる。醜悪と綺麗、生と死、食と性、正反対で表されてる欲の場面、場所で切り替わる色彩、全てが素晴らしく美しかった 最初の局部ボカシは何だったのと?>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

観終わった後、フォォーー!とか叫びたくなる爽快感 ホラーだと完全に思い込んで損するのは勿体無い映画

バスルーム 裸の2日間(2011年製作の映画)

2.8

あーこれが俗に言う"吊り橋効果"ってやつですか(違う)

愛・アマチュア(1994年製作の映画)

4.1

ハルハートリーで何故か一番好き(何故かわからない)どの作品も、なんでこんなに不思議でお洒落なのかわからないけど独特な世界観がとても素晴らしい

シンプルメン(1992年製作の映画)

3.8

見たいと思ったきっかけのsonic youthのkool thingで変なダンスをするシーン(まさにここ)やっぱり最高だった

アンビリーバブル・トゥルース(1989年製作の映画)

3.7

噛み合わないからこそ惹かれてしまう、、_ヒロインのエイドリアンシェリー がとにかく可愛すぎて可愛すぎて…服、髪型、メイク真似したい

はなしかわって(2011年製作の映画)

3.4

自分を犠牲にして人の為にNYCをひたすら歩く歩く歩く主人公DJ某の生き方_自由、繋がり、観てる分には充分楽しい

ジェラシー(2013年製作の映画)

3.8

難解奇抜な映画になりそうなのに父を思う娘によってジェラシーが可愛いになる 愛についての77分、音楽も良かった