ykymmtさんの映画レビュー・感想・評価

ykymmt

ykymmt

映画(64)
ドラマ(0)

バンクシーを盗んだ男(2017年製作の映画)

3.0

バンクシー展の予習で観た。
グラフィティが抱える難しさの扱いは他の映画と同じ。それよりもパレスチナの壁に焦点を当てていた。
どうしてこんなことになってしまったんだと単純に悲しく思う。メキシコとアメリカ
>>続きを読む

バンクシー・ダズ・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.0

これもバンクシー展の予習で観た。
作品を路上で60ドルで売っていたのが痛快だった。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

3.5

バンクシー展の予習で観たら、後半意外な展開で面白かった。アートとは何かを考えさせられる。それで良いのかマドンナ!

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0

半年振りに映画を観た。
タイトルは聞いていたが、魔夜峰央が原作とは知らなかった。
何も考えずに観て楽しめる映画だと思うが、関東に住んだことがあればもっと楽しめたんだと思う。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

予備知識なしで観れたことが良かった。素直に面白いと思った。

男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974年製作の映画)

3.0

先ず以って十朱幸代がそんなに綺麗ではなかった。そして赤ちゃんの出番は前半のみだった。若かりし頃の月亭八方が出ていた。呼子港や唐津くんちが懐かしかった。

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974年製作の映画)

3.0

吉永小百合2回目の登場。ガリガリだった。倍賞千恵子より細かった。
今作は寅のクズっぷりが強かった気がする。
終わり方は良かった。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

2.5

ディズニーらしくない話で、何を伝えたかったのかよく解らなかった。
「何でペネロペ・クルスなんだろう?違う人でも良かったのでは…?」とずっと妙に気になった。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

このシリーズは初めて観たが話は分かった。
サラザールはそんなに悪いことをした訳ではなかったので気の毒だった。

トップガン(1986年製作の映画)

3.0

20年以上振りに観た。
空母の甲板の描写がとても格好良い。
ミグのパイロットは人間性を全く与えられていなかった。
トム・クルーズもヴァル・キルマーも子供のような顔をしていて、時の流れを感じた。

男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971年製作の映画)

3.0

今までと趣が違った。
志村喬が良かった。
森川信のおいちゃんはこれが最後だと思うとかなり寂しい。

男はつらいよ 奮闘篇(1971年製作の映画)

3.0

今回のマドンナは趣が違って良かった。
「男はつらいよ」というか「さくらはつらいよ」だな。ずっと。
ミヤコ蝶々がまた出て来るとは思わなんだ。

男はつらいよ 純情篇(1971年製作の映画)

3.0

宮本信子は分かったが、森繁久彌は全く分からなかった。
さくらが吹っ切れてきたような気がした。
純情篇だが特に純情ではなかったような…。

新・男はつらいよ(1970年製作の映画)

3.0

森川信の「馬鹿だねぇ、あいつは。本当に馬鹿だ」とか「俺は知らないよ」がとても良い。

続・男はつらいよ(1969年製作の映画)

3.0

ミヤコ蝶々の若さに慄いた。
ミヤコ蝶々が寅さんの母親とは知らなかった。
最後の場面の三条大橋が昔過ぎて凄かった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

デミアン・チャゼルの映画は見せたい場面がはっきりしていると思う。
『理由なき反抗』を観ていて良かった。
思った程ミュージカルではなかった。
J・K・シモンズが出て来ると緊張感が走る。
演出が良かった。
>>続きを読む

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

3.0

ピチカート・ファイブの『陽の当たる大通り』に「アステアみたいにステップ踏んで」という歌詞があった。

少林寺2(1983年製作の映画)

3.0

83年の映画。俺2歳。当然リー・リンチェイが超若かった。

宇宙戦争(2005年製作の映画)

2.0

うーん、な内容。ティム・ロビンスに気づかなかった。ダコタ・ファニングがうるさかった。

>|