タニーさんの映画レビュー・感想・評価

タニー

タニー

トルーマン・カポーティ 真実のテープ(2019年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリー。
何か、色々とちぐはぐな感じがする人だけどキュートな人だったんだろうな。
そして、オシャレな人。

ジオラマボーイ・パノラマガール(2020年製作の映画)

2.0

観る前から感じてたけど、岡崎京子のマンガの雰囲気がでてなくて残念だった。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

3.0

マイケル、喋り方がとてもソフトで優しい人っていうのが伝わってきた。

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

3.0

【エゴンシーレ愛欲と陶酔の日々】より観やすかった。
こちらの方が、エゴンシーレの性格とかがわかりやすかったような気がする。
それにしても、この時代の画家やモデルって性に対して貪欲。
日本人もそうだった
>>続きを読む

エゴン・シーレ/愛欲と陶酔の日々(1980年製作の映画)

2.0

なんとなく知ってたから、なんとなく観てみたからか、眠くなってしまった。
ジェーンバーキンに似てるなぁって思ったら、そうだった。
もう一個の【エゴンシーレ死と乙女】も借りてしまったので、そちらはどんな感
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.0

SFアニメ。
なんか全てが凄ーい。
想像力が凄すぎる!
色合いもグロテスクで不気味。
人間退治の場面が、煙撒いたり液体注入したり、今でいうゴキブリ退治みたい。
色々、想像をかきたてられて、観て良かった
>>続きを読む

セクシー地帯(ライン)(1961年製作の映画)

3.0

サスペンスかな?
出演者が全く知らない人達だったけど、面白かった!
昔の都内の街並みやファッション。
見応え有。

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.0

古典的なバレエのお話かと思ったら、コンテンポラリーを目指すお話だったのね。

ティーンエイジ・パパラッチ(2010年製作の映画)

3.0

面白い題材のドキュメンタリーだった。
ドキュメンタリーって、なんか退屈だったりするんだけど、全く退屈じゃない。

そりゃあ、憎たらしい大人のパパラッチに混ざって、夜中に子供がパパラッチしてれば、セレブ
>>続きを読む

六つの心(2006年製作の映画)

3.0

不動産屋さんの事務の女の人が妖しげ。
あのビデオ、わざとなのか?
それとも、相当な天然なのか?

人それぞれの人生が詰まってるけど、どしても事務の女の人が気になる。

グラディーヴァ マラケシュの裸婦(2006年製作の映画)

2.0

私には合わなかったようで、あんまり記憶なし。
観たという記録のみ。

ソークト・イン・ブリーチ カート・コバーン 死の疑惑(2015年製作の映画)

3.0

何だか皆んな、誤魔化してる感がある!
警察の捜査も雑だし。

自殺でも他殺でも、カートコバーンって孤独な人だったんだなぁって。
このドキュメンタリー見た限りでは、周りの人誰1人いい人がいなそう。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

良い映画〜。
だんだんと仲良くなってくる2人を見てるとジーンとくる。

実話とはいえ、こんな事よくある事じゃないから差別って難しい・・。
一概に、白人が差別するから悪いとも言えないし。
ずる賢い黒人も
>>続きを読む

ソング・トゥ・ソング(2017年製作の映画)

3.0

出演者が豪華!
映像もオシャレで、ファッションもオシャレ。
ルーニーマーラ、相変わらず可愛い♪
夢見心地な感じの役がピッタリ。

でも〜、話の時系列がゴチャゴチャ入り混じってるからトリッキー!
「んっ
>>続きを読む

容疑者、ホアキン・フェニックス(2010年製作の映画)

1.0

フェイクドキュメンタリーって事だけど、ずーと悪態ついてて、頭痛くなった。

ヒップホップは観てるこっちが恥ずかしかった。

こういう人が近くにいたら恐い。

美しさと哀しみと(1965年製作の映画)

3.0

加賀まりこの小悪魔っぷりがタップリ!
可愛い♪
八千草薫も可愛いキレイ♪
内容そっちのけで映像メインで観てました。

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード(2016年製作の映画)

3.0

実話じゃないから何とも言えないが、モーツァルトっていい人なのね⁈
権力とかお金じゃなくて、心で動くみたいな。
ほんとはどうだかしらないけど。

音楽は暗くなくて好き。
絶対どこかで聞いた事あるのばかり
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.0

動いてる三島由紀夫が見れるので貴重なドキュメンタリー。

ナルシストっぽいけど、討論を聞いてる限り、相手を打ち負かそうとか全くないし、真顔で冗談言ったり面白い人。笑った顔がかわいい。ゴリラ♥️
話の中
>>続きを読む

真っ赤な星(2017年製作の映画)

2.0

桜井ユキ目当てで観てみた。
けど、内容は私には響かなかったかな。
最後まで観たけど、長かったぁ〜。
このぐらいの歳って、こういう衝動的になっちゃう子がいたかも知れないけど、私は全く違ったので。
でも近
>>続きを読む

フォービドゥン 禁断の少女(2013年製作の映画)

2.0

主人公の女の子(女性)が可愛かったり、衣装やお城の内装も良かったし、設定も良かったんだけど、その表し方がイマイチ。
色々話とか時代が飛び散ってて。

禁断の”少女”じゃないよね⁈
女性に見えるけど!

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.0

助けてくれる人もいれば、理不尽な事する人もいる。
この映画ほど残酷じゃないけど、現実社会もこんな感じよね〜。
そして、人を見る(観察や感覚)が養って初心よりも冷めた感じになっていくみたいな。
に、して
>>続きを読む

二重性活 女子大生の秘密レポート(2016年製作の映画)

3.0

なんか邦題が変だけど(性活って!)、主人公が綺麗で、男の人もカッコいいし、映像もオシャレな感じでグザヴィエ・ドランの映画風でした。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.0

90年代は、ある程度大人だったからちょっと幼稚に感じたけど、なんとなくわかるかな?
年上のカッコいい人に憧れたりとか。

主人公が入院中に、お兄ちゃんが飲み物あげた場面はウルっときた。

呪いの館(1966年製作の映画)

3.0

今観ても全然怖くないけど、小学生だったら「怖い!」って思ったんだろうな〜。

でも、こういう昔のホラー、好きかも。
風の音とかドアの音とか、色々わざとらしいんだけど、これこそ純粋なホラーって感じで。

ユダ(2012年製作の映画)

3.0

あら?
思ったより良かった。
キャバ嬢の成り上がりストーリーだから、特に期待せず何となく観てみたけど、人間関係とか悩みとか現実とかけ離れてなかったから、「そうそう!」みたいな感じで観れた。
主演の女優
>>続きを読む

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)

2.0

ん〜。
村上龍だから、もっと過激な当時の女子高生かと思いきや別にだった〜。
浅野忠信の役はヤバかったけど。
仲間由紀恵が若い!
けど、声のトーンは今と同じで落ち着いてて女子高生ぽくない。

幸せの行方...(2010年製作の映画)

3.0

ライアン・ゴズリングが七変化!
この人、変わった役とかみじめな役が似合う。そういう顔なんだろうか?

実話だったんだ。
嫌な事件だな。ストーカー的な。
自分の思い通りにならないと、だだこねる子供みたい
>>続きを読む

南へ行けば(2009年製作の映画)

3.0

レア・セドゥ可愛い〜
中性的な感じだけど色気もあって、憧れる雰囲気。正統派の美人じゃないけど、惹かれる〜。
ストーリーはロードムービーだから特になし。

火口のふたり(2019年製作の映画)

2.0

ほんとに裸ばっかだった!
そういう映画は観た事ないけど、そういう映画かと思った。

ばるぼら(2019年製作の映画)

3.0

手塚治虫のダークな部分が見れるアニメの実写版。
二階堂ふみ、良かったなー。
70年代の雰囲気が出てて。
怪しい雰囲気の映像も良かった。

でも稲垣吾郎は何をやっても稲垣吾郎が強すぎて、ちょっと・・。

カニバ/パリ人肉事件 38 年目の真実(2017年製作の映画)

1.0

よくぞ、こんな不快な映画を撮ったもんだ。

顔のアップの長回しが気持ち悪い。
弟も気持ち悪い。兄弟揃って変態。
その性癖について、兄弟の話も何だか普通じゃない。
兄が描いたらしい漫画も気持ち悪い。あん
>>続きを読む

PORNOSTAR ポルノスター(1998年製作の映画)

3.0

千原ジュニア、サイコパスな役がピッタリ。
今はだいぶ穏やかな顔になったから、もうこういう役は出来なさそう。

新宿タイガー(2019年製作の映画)

3.0

新宿タイガーの素顔初めて見た!
30年位前、新宿で働いてた頃にたまーに見かけたけど、すっかり忘れてた。
その当時は、こんなに派手じゃなくて、もう少しアッサリだったような・・。って言っても、だいぶ存在感
>>続きを読む

NIGHT☆KING ナイトキング(2008年製作の映画)

3.0

面白い‼︎
昔昔のホストクラブのお話。
石田一成、もったいないなぁ。このままいってれば良い俳優になってたかもしれないのに。
なぜ今、あんななっちゃったんだろうか・・。

禁じられた抱擁(1963年製作の映画)

3.0

カトリーヌスパーク見たさでレンタル。
相変わらず可愛い〜。
ストーリーは別にって感じ。

>|