タニー

タニー

ジャンル・監督・キャスト問わず、その時の気分や興味で適当に選んで観ています。2015/11/5〜2016/末→108▪️〜2017/末→

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

5.0

チャップリン、存在はもちろん知ってたけど映画は初!
面白かったー♪

次どうなるのかワクワクしながら観てた。
始めの方は、どんくさい所に笑って観てたけど、だんだん「人生なんとかなるさ」みたいな励ましみ
>>続きを読む

アデルの恋の物語(1975年製作の映画)

3.0

これ実話だったんですね。
自分自身が精神病んでしまうまで、人の事好きになるなんて、昔の人は凄いなぁ。
ストーカー具合も現代とは比べ物にならないくらい上だな。

相手を殺してしまうまでには至らないで、自
>>続きを読む

ジンジャーとフレッド(1985年製作の映画)

3.0

マストロヤンニ、おじいちゃんになってもカッコいいな〜。

フェリーニ独特の何もかもが盛り沢山さ(私が勝手に思ってるイメージ)は、あいかわらずだったけど、私が観たフェリーニ映画では1番すんなりストーリー
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.0

2人のファッションが好みで好きだったかな。特にアニーの服の着方(着崩し方だったりシンプルな感じ)が。

恋愛映画らしいんだけど、なんでだろう??恋愛映画っぽくなくて私は好きでした。
2人の心の声が観客
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

2.0

これからどうなるんだろう??
と思いながら最後まで観たけど、よくわかんない映画だった。
もし「どんな映画?」って聞かれても、「よくわかんない」としか答えられない。
でも最後まで観てしまったってのは、何
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

2.0

おしゃれな映画だなーとは思った。
けどー、こんな女の人めんどくさーいと思いました。

ヌーヴェルヴァーグと言われてる映画は苦手かなと大人になって思いました。
若い頃は、オシャレ映画!と思って観てたんだ
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.0

皆んなで力あわせて頑張ったのに・・。
テロが憎たらしい。
まさか巻き込まれるなんて思わず(そんな事頭によぎらなかったと思うけど)、普通に飛行機に乗って、いつもの日常を送ってただけなのに。
あ〜、恐ろし
>>続きを読む

クイルズ(2000年製作の映画)

3.0

マルキドサドの晩年を描いた映画っていうのは知ってて観たけど、ちょっと勘違いしてた。
肉体的な快楽みたいな想像してたけど、そういうのじゃない真面目?な映画だった。

結構、胸に響いたかも。
「物語を書き
>>続きを読む

エスケイプ・フロム・トゥモロー(2013年製作の映画)

3.0

夢の国ディズニーランドのキラキラした夢とは真逆の不気味〜な悪夢の映画。
見た目もモノクロでキラキラ感ナシ!
ディズニーランド好きじゃないし、イッツ ア スモールワールドは歌と人形が何故か怖くて苦手だっ
>>続きを読む

ブリキの太鼓(1979年製作の映画)

5.0

3歳の子が自分の意思で、階段から落ちて成長を止めてしまうなんて! そんな事考える3歳、不気味。
そして、主人公の子がまた!顔とかあの目とか。子供なのに大人みたいな。観てるとだんだん本物の小人に見えて
>>続きを読む

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.0

なんとなくわかる。旦那さんを拒絶してしまう気持ちが。
旦那さんは、修復しようと頑張ってるんだけど・・。
あそこまできちゃうと、また仲良くなるのは難しい。

ブルーバレンタインの方がリアルだったかな?

SWEET SIXTEEN(2002年製作の映画)

3.0

雰囲気とかストーリーは好み。
でも、話の進め方が全て中途半端に思えたから残念。
リアムの家族愛みたいなのは、すごーく伝わったんだけど。

それにしても、嫌な母親。女の部分が多い母親は嫌い。
そして、男
>>続きを読む

ヒトラーの贋札(2007年製作の映画)

4.0

偽札や偽造パスポート作って逮捕されて、ユダヤ人強制収容所に入れられた主人公サリー。
悪い事した人なのに、収容所では偽札造りの才能の他に、リーダーとしての人をまとめる才能もあって良い人に思えてきた。
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.0

お父さん何故そこまでして、子供達を外に出したくないのか。
謎!!
でも、子供達面白い!!
いやお父さんも同じ位に!
お兄ちゃんの飛行機が門から少し外に出ちゃっただけなのに、お父さんわざわざ車に乗って、
>>続きを読む

エデン(2012年製作の映画)

2.0

最後どうなったんだろう・・。

こういう闇の世界、日本にはない事願います。

テナント/恐怖を借りた男(1976年製作の映画)

3.0

なんか意味不明な映画。
そして薄気味悪い感じ。
主人公の被害妄想なのか、まわりの住民がおとし入れてたのか・・。

この監督のは〝反撥″も観たけど、両方共だんだんと主人公が狂っていくけど、今思えばストー
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

4.0

絵を売る夫の営業力(口の上手さ)がなかったら、妻の描いた絵が有名にならなかったかも知れないけど、嘘はダメだよね〜。
夫婦だからって、だいぶ行き過ぎてしまったのね・・。

経営者はお金儲けを考えるからア
>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.0

ずーと行方不明の子の実物が映画の中に出てこなくて、実際にいるのかいないのか・・。
妹が狂ってるの?兄が狂ってるの?それとも両方??

あんまり書いてしまうとバレてしまうから辞めときます。
あっ、そうか
>>続きを読む

プリティ・ベビー(1978年製作の映画)

3.0

この映画の時、ブルックシールズ13歳。今だったら撮れない映画っぽい気が・・。
どうもあの太くて濃い眉毛は好きになれない。

映画のストーリーの時代の背景や家具や娼婦達の着ている物とかは、結構好きだった
>>続きを読む

白い馬(1952年製作の映画)

3.0

『赤い風船』の次に観たんだけど、赤い風船が良すぎてこっちがくすんでしまった・・。

赤い風船のラストもそうなんだけど、こっちも白い馬と一緒に天国に行っちゃったのかなぁって。
天国っていっても死とかの悲
>>続きを読む

赤い風船(1956年製作の映画)

5.0

初めは可愛い映画だなと思ったけど、観てるうちにだんだん赤い風船が生き物に見えてきた。
少年に忠実な犬みたいな。
そのせいか、赤い風船が弱って息絶えた時は、南極物語思い出してしまって悲し〜。
いじめっ子
>>続きを読む

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

3.0

マッシュルームヘアの学生、見たことある顔だなぁって思ってたら工藤官九郎だった!
一瞬だけだけど。
古い映画観てて、こういうの見つけると何だか得した気分。

青春映画。
今まで食わず嫌いな感じで観なかっ
>>続きを読む

ジョンとメリー(1969年製作の映画)

4.0

ミアファロー可愛い。
夜ナンパで知り合って、その後24時間の物語。
探り探りでお互いの事を知っていくんだけど、ずいぶんと濃い1日!
軽〜い感じのラブストーリーだったから結構好きな映画だった。
ジョンの
>>続きを読む

サンセット・ストリップ ロックンロールの生誕地(2013年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリー。
ロックは聞かないから音楽の面では興味がないけど、昔とか60年代は興味があるから見応えあった。

ジョニーデップやキアヌリーブスが出てたり!リバーフェニックスの事もちょろっと。
シャ
>>続きを読む

M(1931年製作の映画)

3.0

Mの付け方が大胆!!
少女誘拐殺人。
犯人は自分の中に悪魔がいて声が聞こえるとか、今の時代と変わらず精神鑑定が必要な犯罪者。
でも住民達は死刑に賛成。
昔からこういう犯罪ってあったんだぁ。っていっても
>>続きを読む

ザ・コケッツ(2002年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリー。

人の目気にせず毎日ハイで夜な夜なパーティ。楽しそー!
ジョンウォーターズとディヴァインの初期の事も少しだけ知れたし、見れたし。

ほとんどゲイでドラァグクィーンの共同生活なんだけ
>>続きを読む

小さな泥棒(1988年製作の映画)

3.0

16歳だったら安定よりも刺激的で楽しいほうにいってしまうのは、しょうがないよねぇ。
なんて現実的な事思ってた。

この映画、若い時に観たらもっと共感できて好きな映画になったかも。

ハード キャンディ(2005年製作の映画)

4.0

ほとんど2人だけのやり取りだけど、全然飽きなかった。
逆に時間が短く感じた。
そして!!
そのやり取りが恐怖すぎる〜。
男性は観ない方が良いのでは・・・。まぁ、最後は良かったというか・・・。
良くない
>>続きを読む

乾いた花(1964年製作の映画)

4.0

やっぱり若い時の加賀まりこ可愛いな〜
まわりの人達が韓国風な感じだったから、際立ってた。

映画の雰囲気とか内容が、題名とピッタリ。
この時代だったらオシャレヤクザ映画だったのかな?

大地震(1974年製作の映画)

3.0

地震でのビル崩壊とかダム決裂してからの水害とか、いきすぎ感があった気がしたけど、地震の破壊力、恐ろし〜。
ハラハラドキドキした。

でも他人事じゃないから考えると更に恐ろしくなった。

顔のない眼(1959年製作の映画)

2.0

皮膚の移植。
音楽が不気味。
ホラー映画らしいけどホラー感なくて、逆に切ない映画だった。

エロティックな関係(1992年製作の映画)

2.0

宮沢りえもたけしも内田裕也もみんな若〜い!

内田裕也の演技が・・・⤵︎。
最後、たけしの手からネックレスが出てきた所はちょっとだけウルッときたけど、全体的に別に〜って感じ。

ターネーション(2004年製作の映画)

3.0

11歳から31歳までの生い立ちを写真やビデオカメラで撮り続けたドキュメンタリー。
里親に出され〜、ゲイになり〜、病気の母親に再会して〜っていう、複雑な環境でのお話。
何しろ母親の浮き沈みの激しいテンシ
>>続きを読む

回転(1961年製作の映画)

2.0

広大なお屋敷・何かを隠しているおばあちゃんメイド・無邪気すぎる兄妹・新しい家庭教師、いかにもホラーな事が起こるだろうと予想する映画。
モノクロってのがまたさらに!
悪霊に取り憑かれてしまって、ポルター
>>続きを読む

昼顔(1967年製作の映画)

3.0

最後、謎。
麻痺になってしまった旦那さんの涙までは現実で、立ち上がったとこからは妄想だよね・・。
その時、ドヌーヴの目は生き生きしてたけど、旦那さんは何だかグレーな雰囲気で不気味だったけど。

関係な
>>続きを読む

ガス燈(1944年製作の映画)

4.0

複雑な推理とか全くないけど、なぜかゾクゾクした映画。
だから名作として残ってるのかな?
クライマックスで、耳の遠いおばあちゃんメイドが「男の人なんか来ていません!」って、スッとぼける所に、さすがメイド
>>続きを読む

>|