タニーさんの映画レビュー・感想・評価

タニー

タニー

ジャンル・監督・キャスト問わず、その時の気分や興味で適当に選んで観ています。2015/11/5〜2016/末→108▪️〜2017/末→

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

3.0

静かに淡々と、1人の男性の半生を描いているお話。
長い長い小説を読んでいるような錯覚におちいる映画でした。
(退屈という意味じゃないです)
18世紀半ばのヨーロッパ貴族の生活。
美術面や衣裳がとても素
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.0

絶対に香りなんて漂ってこないのに、気がついたら観ながら鼻がクンクン動いてた(笑)
映像だけでも、悪臭とかいい香りとか感じられた映画かも。

けど後半、主人公が処刑されるかされないかの所から何だか安っぽ
>>続きを読む

シークレット・パーティー(2012年製作の映画)

2.0

サスペンス要素とかあるのかと思いきや、全く。
意味不明だった。
部屋の中のシーンが多くて印象的。
キアヌリーブスじゃなかったら、手に取らなかったし、最後まで観なかったかも。
キアヌリーブスは、来るもの
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.0

久しぶりにリバーフェニックスが見たくて観てみた。
やっぱりかっこいいなぁ。
昔、京都行った時にバッタリ会って、写真撮らせてもらったのが思い出です。(ジミーの頃らへん)

話の内容は、どうなんだろう?
>>続きを読む

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

3.0

最初の、おデブが卵貰いに来る場面で思い出した‼︎
「これ前に観たやつだ!」って。
でも最後まで観てしまった。
全てが淡々と進んでいって、呆気ない感じだから忘れてたのかも⁇

かなりイライラはしますが。
>>続きを読む

PERFUME パフューム(2001年製作の映画)

2.0

ニューヨークのファッション業界の裏側のお話。
期待してたのと違った。
もっとドロドロとしてる映画かと思ったけど、意外にあっさり。
中途半端だった気が・・。
もっと掘り下げて欲しかった。

ピアニスト(2001年製作の映画)

3.0

冒頭から、親子の関係に違和感を感じてはいました。
そしたら、だんだん主人公の性格が見えてきてビックリ!
感情が『子供か‼︎』ってくらい一方通行。(仕事以外で)
仕事でも、感情が子供のままなので凄い事を
>>続きを読む

NOEL ノエル(2004年製作の映画)

3.0

『たまには、こういう映画も!』と思い観てみた。

クリスマスと病院。
病院には奇跡が起こる⁉︎

みんな幸せになって、ほっこ〜りしたお話でした。
今年のクリスマス、私も病院に行ってみよーかなー⁈

チャイナタウン(1974年製作の映画)

3.0

時間が短く感じられた。
って事は、いい映画だったって事ですねー。
小説読んでて、ひき込まれながらスラスラ読めちゃうみたいな。

とても観やすい映画だった。
万人受けする映画だと思います。

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.0

カミングアウトするのも勇気がいって大変だと思うけど、カミングアウトされる方がキツイかなぁと思った。突然だからね。

それでも、お互い好き同士だからうまく行くと思いきや、フレッドは何だかモヤモヤ・・。
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

久々に泣いた。
しかも、ジワジワ〜とくる感じではなく、「えっ‼︎‼︎」って感じで唐突的に。どの場面でというのは、ここでは書けませんが。
上司と母親が憎たらしー。

この映画みたいに、実の母親には裁判で
>>続きを読む

コールガール(1971年製作の映画)

3.0

暗闇とかが多かったから、「これからどーなるのー」って興味津々だったけど、特に何にもなく・・。暗闇じゃなくても、特に何にもなく。
犯人が現れた時も、何だか普通。
サスペンスだとは思うんだけど、サスペンス
>>続きを読む

女と男のいる舗道(1962年製作の映画)

2.0

初めは、どうなっていくんだろうと興味が湧いていたけど、だんだんとよく分からなくなってきた。
おじいちゃんが話してた哲学。
無知過ぎて全くチンプンカンプン。

旦那と別れて→お金がなくて→娼婦になって→
>>続きを読む

NOVO/ノボ(2002年製作の映画)

2.0

あの男の子の存在が良かった。
そういう事だったのね!
あとは特に残るものはなかったかなぁ〜。

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

5.0

あ〜、もう残酷な世界。
弱肉強食。
生きる為にはしょうがないけど、小さい子供がこんな事に!
頭ん中、生きる事とカッコイイ事しかないから、残酷。
小学生が銃をバンバンと・・。

この映画唯一の救いは、「
>>続きを読む

青春の殺人者(1976年製作の映画)

3.0

自由な父親と子離れできない母親。
衝動的に親を殺してしまう20歳の青年。

若い子が親を殺してしまったというニュースを思い出してしまった。
映画だから、題名に“青春”なんて付けて、何だかカッコイイ風に
>>続きを読む

悪徳の栄え(1988年製作の映画)

2.0

マルキドサドの小説を読んだ時にイメージしてたのと違って、グロ過ぎた。
こういうのは、日本人がやると全く違って、世界観が伝わってこなくて残念。

凶気の桜(2002年製作の映画)

3.0

今とはだいぶ違う渋谷の雰囲気・街並みや音楽が、懐かしー。
窪塚洋介の顏、いいな〜。

江口洋介、主人公じゃないけど凄く印象に残ってる。良い俳優なんだなぁって、勝手に納得。

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

5.0

チャップリン、存在はもちろん知ってたけど映画は初!
面白かったー♪

次どうなるのかワクワクしながら観てた。
始めの方は、どんくさい所に笑って観てたけど、だんだん「人生なんとかなるさ」みたいな励ましみ
>>続きを読む

アデルの恋の物語(1975年製作の映画)

3.0

これ実話だったんですね。
自分自身が精神病んでしまうまで、人の事好きになるなんて、昔の人は凄いなぁ。
ストーカー具合も現代とは比べ物にならないくらい上だな。

相手を殺してしまうまでには至らないで、自
>>続きを読む

ジンジャーとフレッド(1985年製作の映画)

3.0

マストロヤンニ、おじいちゃんになってもカッコいいな〜。

フェリーニ独特の何もかもが盛り沢山さ(私が勝手に思ってるイメージ)は、あいかわらずだったけど、私が観たフェリーニ映画では1番すんなりストーリー
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.0

2人のファッションが好みで好きだったかな。特にアニーの服の着方(着崩し方だったりシンプルな感じ)が。

恋愛映画らしいんだけど、なんでだろう??恋愛映画っぽくなくて私は好きでした。
2人の心の声が観客
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

2.0

これからどうなるんだろう??
と思いながら最後まで観たけど、よくわかんない映画だった。
もし「どんな映画?」って聞かれても、「よくわかんない」としか答えられない。
でも最後まで観てしまったってのは、何
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

2.0

おしゃれな映画だなーとは思った。
けどー、こんな女の人めんどくさーいと思いました。

ヌーヴェルヴァーグと言われてる映画は苦手かなと大人になって思いました。
若い頃は、オシャレ映画!と思って観てたんだ
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.0

皆んなで力あわせて頑張ったのに・・。
テロが憎たらしい。
まさか巻き込まれるなんて思わず(そんな事頭によぎらなかったと思うけど)、普通に飛行機に乗って、いつもの日常を送ってただけなのに。
あ〜、恐ろし
>>続きを読む

クイルズ(2000年製作の映画)

3.0

マルキドサドの晩年を描いた映画っていうのは知ってて観たけど、ちょっと勘違いしてた。
肉体的な快楽みたいな想像してたけど、そういうのじゃない真面目?な映画だった。

結構、胸に響いたかも。
「物語を書き
>>続きを読む

エスケイプ・フロム・トゥモロー(2013年製作の映画)

3.0

夢の国ディズニーランドのキラキラした夢とは真逆の不気味〜な悪夢の映画。
見た目もモノクロでキラキラ感ナシ!
ディズニーランド好きじゃないし、イッツ ア スモールワールドは歌と人形が何故か怖くて苦手だっ
>>続きを読む

ブリキの太鼓(1979年製作の映画)

5.0

3歳の子が自分の意思で、階段から落ちて成長を止めてしまうなんて! そんな事考える3歳、不気味。
そして、主人公の子がまた!顔とかあの目とか。子供なのに大人みたいな。観てるとだんだん本物の小人に見えて
>>続きを読む

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.0

なんとなくわかる。旦那さんを拒絶してしまう気持ちが。
旦那さんは、修復しようと頑張ってるんだけど・・。
あそこまできちゃうと、また仲良くなるのは難しい。

ブルーバレンタインの方がリアルだったかな?

SWEET SIXTEEN(2002年製作の映画)

3.0

雰囲気とかストーリーは好み。
でも、話の進め方が全て中途半端に思えたから残念。
リアムの家族愛みたいなのは、すごーく伝わったんだけど。

それにしても、嫌な母親。女の部分が多い母親は嫌い。
そして、男
>>続きを読む

ヒトラーの贋札(2007年製作の映画)

4.0

偽札や偽造パスポート作って逮捕されて、ユダヤ人強制収容所に入れられた主人公サリー。
悪い事した人なのに、収容所では偽札造りの才能の他に、リーダーとしての人をまとめる才能もあって良い人に思えてきた。
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.0

お父さん何故そこまでして、子供達を外に出したくないのか。
謎!!
でも、子供達面白い!!
いやお父さんも同じ位に!
お兄ちゃんの飛行機が門から少し外に出ちゃっただけなのに、お父さんわざわざ車に乗って、
>>続きを読む

エデン(2012年製作の映画)

2.0

最後どうなったんだろう・・。

こういう闇の世界、日本にはない事願います。

テナント/恐怖を借りた男(1976年製作の映画)

3.0

なんか意味不明な映画。
そして薄気味悪い感じ。
主人公の被害妄想なのか、まわりの住民がおとし入れてたのか・・。

この監督のは〝反撥″も観たけど、両方共だんだんと主人公が狂っていくけど、今思えばストー
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

4.0

絵を売る夫の営業力(口の上手さ)がなかったら、妻の描いた絵が有名にならなかったかも知れないけど、嘘はダメだよね〜。
夫婦だからって、だいぶ行き過ぎてしまったのね・・。

経営者はお金儲けを考えるからア
>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.0

ずーと行方不明の子の実物が映画の中に出てこなくて、実際にいるのかいないのか・・。
妹が狂ってるの?兄が狂ってるの?それとも両方??

あんまり書いてしまうとバレてしまうから辞めときます。
あっ、そうか
>>続きを読む