yochinoirさんの映画レビュー・感想・評価

yochinoir

yochinoir

主にWOWOW。ときどき映画館。

映画(202)
ドラマ(5)

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.3

主人公のイザベルユペールが実際は60代なのに49歳の役をしてること、そしてレイプされたりいろんな男性に求められたりすごい。

出てくる人出てくる人なんかおかしい。
いろんなレビューに変態だらけと書かれ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

面白かった。
野村萬斎さんや香川照之さんの過剰な演技が、日本企業の旧態依然とした組織の空気感や人間関係を凄くよく表現していて見応えあった。
会社の上の人から下の人まで全員に見て欲しい。
そして、あなた
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.7

特段山場があるわけでもなく面白さには少しかけるけど、ラストシーンのトムのたどたどしい英語とハグに泣いてしまった。

ひとりで生きてきて、なんとなく誰かの役に立ちたくて、英語とジョンとトムに出会い、恋を
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.0

つらい。
全員つらくて光が見えない。
どこにも希望がない映画。

「君とあわなくなってから、幸も不幸もない。ただ生きているだけだ。」
このノブユキの気持ちもむくわれなかった。

すごくよかったって思え
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

いい映画。
誰のためでもなくココのために作った歌。リメンバーミー。泣いちゃった。

ミゲルが主人公だけども最後はママココに心奪われた。

幼い時に父親が家を出て、なぜ帰ってこなかったのか。
夢のために
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

後篇もすごかった。

ラストシーンは新次と建二それぞれ、愛されたくても満たされず、孤独を感じながら成長してきたことへの憎しみや哀しさや欲望やいろんなことを殴り合いでぶつけ合い、ちゃんと繋がろうとしてい
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.9

早く後篇をみたい!
前篇のエンドロール後の後篇予告が一番泣けた。

2021年の話。
粗暴で血気盛んな新次と吃音のために自信なさげでおとなしい建二。
ふたりがボクシングを通して心をかわしていく。

>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

アムステルダム発パリ行きの列車の中で実際に起きたテロ事件(タリス銃乱射事件)のお話。

だけど、その事件のハラハラ感が主軸の話じゃなかった。

落ちこぼれのレッテルを貼られて校長室に何度も呼ばれる幼な
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

大人の恋愛ファンタジー。
声がだせないイライザ、友人のゼルダとジャイルズは黒人とゲイ。
マイノリティとして生きてきた3人の愛情があたたかい。
白人で権力をもち高級車と絵に描いたような少し上流の家庭をも
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

私個人の問題だけど、どうしても戦闘シーンで眠くなり2回見直しました。

ツッコミどころ満載。
川の上から落ちてきた仮面を拾って滝登りしちゃったり、
女の子が川のほとりで昼寝しちゃったら、川の中を泳いで
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.9

こういう映画苦手なんだけど、ソウのシリーズの一番初めだけは面白いよと以前から聞いてたのでみてみた。

残酷さや惨さはやっぱり苦手なんだけど、ストーリーがすごい。
最後の最後まで見応えある。
恐怖心哀し
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

素晴らしかった。

クィーンの楽曲は有名すぎてそこそこ聴いているけど、故にその背景を知ろうという気持ちにはほとんどならないで今までいた。
ゴシップ的情報は人並みに知っていたけどそれはただの興味本位の範
>>続きを読む

シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年製作の映画)

3.2

oasisの挿入曲がいい。

18歳の恋愛が中心のストーリーだけど、70歳グランマの切ない昔の恋が伏線としてあり柳楽優也と沢尻エリカの初々しさと切なさを引き立たせてる。

グランマ役の夏木マリが、ダイ
>>続きを読む

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

2.9

ブルーハーツの挿入歌はすごくいいけど、ショートストーリーひとつひとつが
「ブルーハーツが聴こえる」ではなくてもよかったんじゃないかなって印象。

トイレに吸い込まれる斎藤工と要潤。
手がハサミの女子高
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

20年前の公開時にも観たので2回目。
ようやく映画の主題を理解したような気がする。

仕事に忙殺されつつも、生活を守れる収入があり、IKEAの家具を揃え、そこそこのブランドの洋服や靴、バッグを揃えて満
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.9

2回目の視聴。

淡々と進みそして、静かに人間の狂気を感じる。

湊かなえの原作がしっかりしてて、さらに中島監督の表現力、俳優さんたちの演技力で凄みのある映画。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

映画全体がおしゃれな作りになっている。
登場人物が多い推理ものってよくわからなくなるんだけど、ひとりひとりのキャラクターがたっていて、混乱することなく引き込まれていく。

オリエント急行の中で殺人事件
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

恐怖を抱くものは恐怖に支配される。
明日はきっと最高な一日。

このふたつがこの映画の主題かな。

派手に遊んでいたサミュエルがある日突然あかちゃんを預けられ、じたばたする様。
きっとこのときのサミュ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.2

10年間の脳内片思いとリアルな恋愛。

きっとよしか(松岡茉優)は脳内片思いの10年間、平静を演じ続けイチだけを想い続けるために現実すらも見ないようにしてきたのかもしれない。

二に告白されイチと再会
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

キリスト教についての見識があってみると面白みがわかりそう。

私には解釈が難しかったので、自分用にネタバレサイトを貼っておきます。

https://www.club-typhoon.com/arch
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.0

桜や木の幹や月や小豆を愛で、言葉をかけ、話を聞く徳江さん。
自分が今まで病気のために隔離され、子どもを産む機会さえ奪われて、どんな想いをしてきたのか。
自分がどんな悲しく悔しい気持ちを味わってきても、
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.3

重かった。
とても悲しくて、この話の中で救われた人はいるのかなと考え込んでしまう。

みさこと夫(松山ケンイチ)の数奇な運命。
あんなところで過去に出会い、こんな形で出会ってしまうなんて。

ユリゴコ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

ボブがとにかく可愛い。
ジェームズが薬物依存から立ち直っていくというお話だけど、私からはボブの(猫の)存在の素晴らしさを改めて感じる映画。
うちの子もそうだけど、ねこは人間の求めることにあわせてくれる
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

タイトルに期待感がなかったのに、すごく見応えがありました。

端的に言えば、ゾンビ、パンデミック、極限での人間愛。

ハラハラしっぱなしというだけじゃなく人の心の変化がとてもひびく。

日常に追われ時
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

3.9

残酷さと美しさ。
キムタクだけではなく、海老蔵も市原隼人も福士蒼汰も田中泯も戸田恵梨香も満島慎之介も北村一輝も強くて美しく私の大好物でした。

血しぶきや溢れてびしゃびしゃ音を立てる流血。んー三池監督
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

感想を言うとネタバレしちゃいそうで言えないけど、すごく気持ちのいい映画でした。
はじめの37分間のワンテイクでの映像。
そしてそのあとの展開。37分ワンテイクの最初の映像での違和感が、中盤から後半で少
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.1

自閉症のネイサン役のバターフィールドくんが素晴らしかった。

自分の子供が自閉症で、笑顔をみせてくれることもなく、自分と手を繋ぐことを拒み、変化を拒み、自分の世界だけで生きているのを側で見ながら守り続
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.3

映像と言葉のチョイスが美しい映画。
たださきと中森が恋に落ちるまでのプロセスに、さきに惹かれる要素が少ない気がしてもう少しさきを魅力的にできないのかなーと思った。(顔はきれい)

1番大切なものを捨て
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

マーベル好きの息子の勧めで。

ブラックパンサーだけじゃなく、女性戦士も他の部族たちも強くて美しい。

悪役だったキルモンガーの言い分の中にはキルモンガーなりの正義があって、もちろんティチャラの国王と
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.0

ナタリーポートマンがとても良かった。
ジャクリーンケネディのおかれた運命はとても普通では乗り越えられないものだと思う。

毅然とし、夫がただの歴史上の人物となるのではなく、少しでも国民の心の中に印象深
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.4

ダイアナとダイアナの島アマゾンでの映像がとても綺麗だった。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.7

このお話が実話だなんて。

オーストラリアの育ての親の気持ち、こどもがある日突然いなくなった生みの親の気持ち。
そして、迷子になってから25年間、幸せに暮らしていたサルーが、自分のルーツを探らずにはい
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

是枝監督の描くこどもや家族は、胸が締め付けられるほどの切なさと哀しさと陰を感じる。

家族という幸せな言葉の裏側にあるのに、なかなかみようとしないこと、みなかったことにしたくなる物語を全部広げてテーブ
>>続きを読む

ぼくと魔法の言葉たち(2016年製作の映画)

3.3

ふつうにおしゃべりをしていた可愛い息子がある日突然言葉を発しなくなったらどんな気持ちなんだろう。
計り知れない絶望感。
遠い未来の想像ができなくなってしまうような閉塞感。
ご両親はそんな中、お医者さん
>>続きを読む

>|