qudanさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

qudan

qudan

映画(582)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.5

現実にありそうで存在しないライムシティの世界観と、そこに当たり前にいるポケモンの馴染ませ方がとても上手い。

そして表情豊かなピカチュウ。
この表情と動きの演技によってピカチュウのキャラクターが存分に
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

テロを文字通り「恐怖」として描いている。
前半から中盤にかけテロリスト側の目的を明かさず、ひたすらに理不尽な恐怖に満ちている。
ゴアシーンこそないが、人は一瞬で死ぬという恐怖とテロリストから懸命に隠れ
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.0

記憶喪失の総理大臣、という設定の上質なコント。
様々なシチュエーションで細かい笑いを逐一用意しているのは流石。

ラストのオチによって作品テーマが明らかになり、物語として綺麗に収まっている。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

過剰と言えるほど鬱屈としたエピソードを盛り込んでいるが、映像と音とホアキン・フェニックスの背中のマジ感がすごいので、エピソードが浮かずにリアルに見ることができる。

アーサーの突然笑いだしてしまう病気
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

タランティーノは本人が観たい映像を撮る監督という印象が強く、本作もワシはこれが好きなんじゃ〜という監督の偏愛が溢れている。

なので、このシーンもっと短くてもいいんじゃない? という部分が結構あってか
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.0

国同士のいがみ合いを、個人間にも持ち込んでしまうのは人間のバグなんだけど(過度の単純化)、国や宗教を超えて他者をいかに理解するかというのが今作のテーマ。

そんな物語を終盤で右肩上がりに仕上げているの
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.5

えらく文学的な香りがするなと思ったら、原作は村上春樹なのか。

映画の文法ではなく小説の文法で作られている作品。
劇的なターニングポイントを用意せず、劣情や嫉妬や居心地の悪さなど主人公の心のゆらぎを丁
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.5

鹿野のキャラクターが良かった。
最初はムカつくが、裏表のない人間味によって周りの人間を巻き込んでいくパワーがある。
もちろん身体が不自由だからこそ許されるところもあるが、誰かに介助してもらわないと生き
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.0

恐怖と笑いで表面をコーティングしつつ、中心には社会的なテーマを据えるジョーダン・ピール監督らしい二作目。

ここが笑いのポイントですよってのが親切すぎてちょっと鼻につくときもあるけど、恐怖と笑いのバラ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.5

白黒の映像によって、陰影と質感が映える。
構図とカメラワークも美しい。

物語の描写は丁寧。だがその分退屈でもある。

自分なら丁寧さに耐えられず、中盤にもう少し不穏さというかサスペンス要素をいれちゃ
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

映画かくあるべし、というお手本のような作品。
ハラハラして笑えて少しエロくて、最後に泣ける。

派手さがないからこそ、クリント・イーストウッドの映画作りの上手さが垣間見える。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

会話劇としてテンポよく秀逸。
リアリズムではない、まるで劇画!なテンションも良い。

序盤に様々な情報を提示するので理解が難しいかと思ったが、最初に示したテーマに沿っているので観やすい設計。

キャラ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.5

映像・ストーリー・キャラクター全て良かった。

中東の日差しや砂っぽさ、カラフルさやゴチャついた感じなど風景描写が良く、世界観の説得力を増している。

登場人物の演技が生っぽくドキュメンタリーのようだ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.5

メジャー感のある「君の名は。」の後に、より新海監督みの強い本作を持ってこれる強さよ。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.5

構図・色彩・音楽・テンポ・編集といった作品の持つトーンが非常に好み。
何よりオーデュボンの絵が良い。
心地良くて前半眠くなってしまった。

そして目の覚めるような後半の展開も良い。
前半と後半のコント
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.5

かなりエンタメとして観やすくチューニングされているトリアー作品。

とにかく映画館が冷凍庫のように冷えていて、劇中の死体の気分を味わっていた。

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.0

ガールミーツボーイな作品。
この絵が動くのかという感動がある。

主人公の女の子とミステリアスな二人の少年というのは良いが、物語に絡んでくる大人も思わせぶりな台詞を吐いてくるため、かなりポエムな印象の
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.5

とにかく動きの気持ちよさを優先した色と形の画作りが印象的。
説明部分(オープニングやラスボスの必殺技名など)が流れを邪魔しないように組み込んであって上手い。

物語の展開は王道的で、おそらく動きの気持
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

ワンアイデアの設定がおもしろい。
ほとんど喋らないからこそ、沈黙と衝撃音の落差が効果的。

人間を襲う「何か」の正体を後半まで引っ張ると思いきや、序盤で正体を明かす。
それによってミステリーではなくホ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

出だしから突飛な展開が続き、おいおい大丈夫かこの映画?と心配になる。だが、段々とその突飛な展開がクセになっていきワクワクしている自分。

次に何が起こるんだと思わせる手法は、まさにホラー映画のそれだな
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.5

一昔前のホラー映画のようなトーン。特にサウンド。

各ターニングポイントにあるショックシーンは良い。
第一幕と第二幕の展開は単調。
第三幕は怒涛の追い上げを見せる。

祖母の存在感とミニチュアの意味を
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.5

パレスチナ問題をざっと予習しておくとより作品の理解が深まる。

主要人物のキャラクターがとにかく良い。
「その人を知りたければ、その人が何に対して怒りを感じるかを知れ」とはHUNTER HUNTER
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

原作の序盤を映画化。

この序盤は漂と嬴政の物語で、この二役を演じていた吉沢亮さんが非常に良かった。漂のときは奴隷ながらも快活な少年を演じ、嬴政のときは王としてのカリスマ溢れる存在感を放っていた。
>>続きを読む