カズナリマンさんの映画レビュー・感想・評価

カズナリマン

カズナリマン

映画(151)
ドラマ(0)

カット/オフ(2018年製作の映画)

1.5

ドイツ製スリラーよ何処へいく…


なんかめっちゃ評判がいいので見てみました!期待値高めで!

結果は・・・怪しいキャラと不可思議動機がまかり通る、やかまし島のぽんぽこスリラー!でした!

-----
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

4.4

なるほどーー!
いろんな評判を聞いてきて「ん?どゆこと?」と思っていた本作、ついに見ました!
オモローーー!
色彩や、アングルや、編集やら、スタイリッシュなのが「幸福」というテーマへのドライなアプロー
>>続きを読む

ホワイト・ボイス(2018年製作の映画)

3.0

日本人には複雑すぎるってーー

去年アメリカで劇場公開され、けっこう評判よかった本作。
とはいえ、スリーパーヒットとかそういうレベルでもなく、「シンクロナイズドモンスター」的枠で評価されたって感じ…で
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.9

久々に見直したけど…
痛快!オスカー印のモリコーネリズムが刻む、相変わらずのタランティーノ節!

モリコーネの不吉きわまりないオリジナルオープニング曲(最高!)で始まるタランティーノ初のマーダーミステ
>>続きを読む

ランダム 存在の確率(2013年製作の映画)

4.4

彗星が接近した夜に集まった若者たちに起こる奇妙な現象を巧みな脚本で描き、シッチェス映画祭で脚本賞と審査員賞を受賞したSFスリラー。
「プリデスティネーション」と並び、2015年を「B級ハードSFの年」
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.9

オモロ!でも予告はネタバレしてるので無視で!

Netflixで大評判のハイスクール手紙代筆もの!
なんでしょ、秘密のラブレターものってイマイチなモノが少ない気がします。
それは後半必ず訪れる「差出人
>>続きを読む

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

4.3

2010年代の、ブレイク前スターてんこもりムービー!

いつの時代にも、次世代スターが脇役で紛れ込む映画がありますが、ここ10年で自分の記憶に一番残っている「ブレイク前スターてんこもりムービー」(以下
>>続きを読む

ANIARA アニアーラ(2018年製作の映画)

3.6

たまに観たくなるユーロ系非エンタメSFの佳作!

ブラピの「アドアストラ」が描くべきだった、「正しい宇宙の絶望」がキチンと描けてるところがマル!
ユーロSFらしいアンニュイ描写に無駄ヌード、圧倒的に説
>>続きを読む

パペット 大騒査線 追憶の紫影(2018年製作の映画)

4.2

下品で笑えてサイコーでした!!
パペットと人間が共存する世界で起こる、連続パペット殺人形事件!!その卑劣な犯罪に立ち向かうのは人間の刑事(メリッサマッカーシー)と青いフサフサパペットの私立探偵!
去年
>>続きを読む

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!(2019年製作の映画)

4.1

笑って泣けて、唸っちゃう!

イギリスのクレイアニメ会社アードマン・アニメーションによる人気番組「ひつじのショーン」の映画版第二弾!

なんていうと、なんかプリキュアみたいですが、ぜんっぜん!
>>続きを読む

まったく同じ3人の他人/同じ遺伝子の3人の他人(2018年製作の映画)

4.1

検索厳禁!!必見のミステリーxドキュメンタリー!
2年前にアメリカで公開されたこのドキュメンタリー。サンダンス映画祭を始め、アメリカ国内外の映画賞をとりまくっていたこともあり、「日本公開してーー!」と
>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

4.7

大人ってサイテーだなっ!

ひっさびさに見ました、イランの巨匠アッバスキアロスタミ監督の出世作!

こんな話だったな…というのは覚えていたものの、ディテールを忘れていたので見直したら…

いやー、ほん
>>続きを読む

足跡はかき消して(2018年製作の映画)

3.8

ジョジョラビットのあの子の鮮烈デビュー作!

親子の大自然サバイバル映画ですが、静かな語り口で、大して悲劇的な大事件は起こらないのに、忍び寄る2人の関係の終わりの足音がなんとも切ない…

●一応ストー
>>続きを読む

エニイ・ギブン・サンデー(1999年製作の映画)

4.4

やっぱり大好きこの映画!

オリバーストーンのアメフト映画ですが…いたずらに複雑に見えちゃうこの映画タイトルとポスターですが、一度見た人ならわかる本作の魅力は…

●アメフトなんか知らずとも楽しめるス
>>続きを読む

サイン(2002年製作の映画)

3.2

つまらない!けど、嫌いになれない!
公開当時、めっちゃめちゃ期待して観に入って「なんじゃこりゃあ!クソつまらん!」と怒りの吐瀉物を撒き散らしながら映画館を出てきた映画。
でも、なぜか大嫌いになれないの
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

よくもこんなドラマチックでないことを…面白く見せるなあー!

さすがスティーブンスピルバーグ師匠!

最初の30分くらいを越え物語の方向性が決まったところからがヒジョーに面白い!ただそれまでなんか眠い
>>続きを読む

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

4.1

貧乏夫婦の自給自足ムービーにあらず!
手練れ夫婦の、小さな地球作り映画です!
小さな丘を開拓し、自然が潤滑する「小さな地球的環境」をつくりだそうとする話ですが、大変苦労したであろう夫婦の物語よりも、自
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.1

うーーん、嫌いじゃないのですが…
「まんま!」
って感じでしょうか…
あの予告編をみて、あの名作映画を思い浮かべたひとは多いと思うんです。
○○ッ○○マ○(リメイクの方じゃないやつ!)
なので、やっぱ
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

2.9

ハーレイちゃん、孤軍奮闘の巻!

うーん、アメリカでの批評はまあまあだったので、期待してたんですけどねぇーー。

予告まんまの「ハーレイちゃん孤軍奮闘」振り!でした!

マーゴットロビーはほんと、ジョ
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

4.0

血の通ったエンジェルたち最高ー!

実は、2000年代のMacG監督のエンジェルシリーズがイマイチで…
すでにスターだった3人の女優が、はしゃぎまくってるだけのオフザケ映画に見えてしまって…
なんでし
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

2.4

極論発射!ワンカットの意味なし!

うーん、浅い映画に思えちゃいました!

「ワンカット」という宣伝文句を有効にするため方々工夫はしておりましたが、本当のワンカット撮影ではないため(CGやうまいカット
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

2.0

典型的な「どんでん返しやり過ぎ」ムービーー!
面白い設定を生かす前に、あの手この手で仕掛け過ぎちゃって、お話があっちへいったりこっちへ行ったり!
過去行ったり外行ったり、ミステリーの技を詰め込み過ぎー
>>続きを読む

冬時間のパリ(2018年製作の映画)

4.2

ウッディアレン風インテリラブコメin Paris

意識高い系インテリ夫婦たちのキッタハッタを絶妙なユーモアで綴った、ウッディアレン風ラブコメ。
なんだか小難しい議論に講じる登場人物に戸惑うのは最初だ
>>続きを読む

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

3.9

近年「ラッキー」やら、「さらば愛しきアウトロー」やら、俳優のキャリア終焉を意識した映画を数多くみかけますが、こちらはバートレイノルズのキャリアを振り返る、結果的遺作となった感動ドラマ。
映画のストーリ
>>続きを読む

レポマン(1984年製作の映画)

4.7

80年代のカルトコメディをアレックスコックス映画祭で鑑賞!
当時パンクのアーティストに気に入られていたアレックスコックス監督がノリでつくった(としか思えん)作品ですが、まーー面白い!
色褪せない、パン
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

日本ではコメディ以外いじれない政府にちゃんとつっこんだ勇気ある映画!
主人公は彼女である必要があったのか?
後半のトンデモ展開は?
など、いろいろ想いもありますが、最近の邦画でここまで気骨ある作品をみ
>>続きを読む

誰もがそれを知っている(2018年製作の映画)

3.7

安定のやるせなミステリーの旗手ことアスガーファーハルディ監督の新作!
ほんと、このひとは時代や場所など関係なく、他人や家族のもろい関係をグイグイつきつけてきますねーー!
とはいえ、今作はマジな誘拐事件
>>続きを読む

サタンタンゴ(1994年製作の映画)

1.0

動物イジメたら0ッ星でしょ

ハンガリーの巨匠タルベーラによる超長編です。7時間半です。
たしかに、彼のワンカットにはアートがあるのかもしれません。
でもねぇ、動物イジメちゃ0点でしょ!
本作の半分く
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.2

映画はメッセージより、まずはオモシロくアレ!

うーん、微妙でした!前作「ゲットアウト」がサイコー過ぎたため、過剰な期待があったことも確かなのですが…
しょーじきあのトンデモ展開についていけなかったの
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

4.0

登りまくるアジア版ダイハードはテロリストいらず!

超オモロ!今すぐリメイク権買って日本リメイクすべし!
日本でチョ・ジョンソクほどの身体能力持ったスターをキャスティングできるかは置いといて、とにかく
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

4.3

今年一番泣けたイギリス映画!

弱いんですよーー女子スポ根もの!
「プリティリーグ」に「ローラーガールズダイリー」に「チアーズ」に「ベッカムに恋して」にetc
いーじゃないすか、女子が友達や家族と励ま
>>続きを読む

象は静かに座っている(2018年製作の映画)

1.0

いやいや、映画でそれやっちゃ絶対ダメでしょ!

―――――――――

○一応あらすじ
かつては炭鉱業で隆盛しながらも、今では廃れてしまった中国の小さな田舎町。友達をかばった少年ブーは、町で幅を利かせて
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

2.7

こーゆー映画むずかしんでしょうねーー。
だってメインのキャラが人間でないし、言葉喋れないし!

・ゴジラがでてきて
・キングギドラとモスラがでてきて
・その他怪獣がたくさんでてきて
・人間がさも大変!
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

2.1

海外出張先の、アメリカの映画館でみました!
ハイ、アメリカの観客の方々はウケてました!が、それでも、足りない気がしました。まだまだ笑いが!

個人的にはそこまで期待してなくて、「また連中に会えたらいい
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

1.7

チャンルドプレイのリブートなんざ、こんなもんだろ…
と思いつつ、1作目のあの「電池ポロリ」ショック!が忘れられないので、シビアに評価させてもらいます!
オーブリープラザがママ役!ってことで期待したんで
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

1.2

うーん、これはヒドイ続編!
前作の「ターミネーター新起動/ジェニシス」も、ターミネーター襲来にむけて一生鍛えてきたはずのサラコナーがプヨプヨボディで「オイオイ」だったけど、本作はおなじみのキャラたちを
>>続きを読む