よねさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

よね

よね

映画(102)
ドラマ(0)
  • 102Marks
  • 9Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

・家族とは血の繋がりなのか


・日本社会の残酷な部分を現す
社会福祉
労働
虐待
風俗

自己責任?善悪二分?
責任を個人に求めることはできないだろう

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.0

山田孝之ムロツヨシ佐藤二郎は本当に見てていつも楽しい気持ちにさせてくれる

こんな人間になれたらなぁと思った

さわやかで楽しい

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

ミュージカル映画は初めてだった
映画冒頭の演出が面白かった

FAKE(2016年製作の映画)

4.1

偏見を嫌う森達也の偏見が垣間見えた
自分を信用させ、敢えて佐村河内を挑発する森達也がおもしろい


豆乳美味しい

あと猫かわいい

「A」(1998年製作の映画)

4.5

"異質とされる世界からみる一般的とされる世界"という新しい視点がよかった

メディアについて考えることができる

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

2.5

伏線の回収が楽しくてパズルを解く感覚が楽しかった

製作者側からの視点を描いた作品で、こんな感じで映画って作っているのかなと考えたらおもしろかった

そして父になる(2013年製作の映画)

3.5

家族とはなにか
血縁か過ごした時間か

もうひとつの大きなテーマとしては
裕福な家庭と貧乏な家庭

単に貧乏で人間臭さを美化し、裕福で合理主義を悪とするならば泣けるしすっきりする映画

しかし実際はこ
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

こういう恋愛をしてみたいなと思う

描写や設定が可愛らしくて綺麗

あと味が良くスッキリした

風立ちぬ(2013年製作の映画)

4.5

正義(ここでは利他心)とエゴは自分のなかに共存して矛盾する
もし正義とエゴが同じ方向を向けば幸せだと思う
でもそれは両方を実現することはできない残酷なもの


矛盾を抱えた自分を許し、日々を懸命に生き
>>続きを読む

|<