YOPさんの映画レビュー・感想・評価

YOP

YOP

三度の飯と同じくらい映画が好き🎬
過去鑑賞した作品は洗いきれてませんが、記録がてらぼちぼち

映画(518)
ドラマ(0)

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

本当によく出来た作品。
2人の友情に毎度ウルっとするんだよね。
ラストのバイバイにグッときた。

マイル22(2018年製作の映画)

2.8

95分で見やすかったけど、もっとなにかなかったのかなーという印象。

マーク・ウォールバーグはかっこよかった。

来る(2018年製作の映画)

3.0

中島監督×松たか子コンビが好きなので、そういう意味ではとてもよかった。

岡田くんが監督は変態だと思うと言ってたけど、本当にそうだと思う笑


あそこにあれ挟むのとか意味わからん。
でも役者は皆よかっ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

前作の魔法動物たちとやっぴ〜的な展開を期待してたら、やたらシリアスでダークだったのでびっくり。

次回作までに復習しないと色々忘れてそう。

暁に祈れ(2017年製作の映画)

2.5

息づかいや足音などの音が効果的に入っていて印象深かった。
ボクシングやムエタイの試合のシーンは臨場感あふれてて、カット割り含めてリアル。

セリフが英語とタイ語なんだけど、ほぼほぼタイ語には字幕が付
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

4回目のリメイクだけど、見たのは初めて、しかしこれが正解。何の先入観もなく見れてよかった。

まず、主演の2人をブラッドリークーパーとガガが演じてるんだけど、これがぴったり。
楽しくて幸せなシーンも、
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.2

緊迫した展開で1秒たりとも目が離せない。集中してたら2時間あっという前だった。

アメリカ・メキシコ間のボーダーラインで起こる麻薬ビジネスや密入国者問題をシリアスに描きつつ、綺麗事ではない現実を今作で
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.0

愛されることが当たり前ではないこと。
辛い境遇がずっと続くわけではないこと。
みんな幸せになる資格があるってこと。
見てる途中、自分の母親を想って涙が出た。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.2

天才も当たり前にひとりの人間で、孤独だった。
Queen世代じゃないのに、こんなに曲を知ってるアーティストって他にいるだろうか?

音楽の持つ力を改めて知らしめられた。
生き様が最高にロック。

ドラ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

トム・ハーディとヴェノムのやり取りが途中から癖になるやつ。
トム・ハーディだからこその抜け感とおとぼけ感が絶妙でした。

バイク&カーアクションシーンはサンフランシスコの地形をふんだんに活かしてて、迫
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

2.5

ガー君見たさに鑑賞。
途中までなんやこれ…って感じでしたが、何度か吹き出すくらい笑ったw

ヒッチコック&シュール=コレみたいな。

ガー君の走り方面白すぎ。

これもA24作品だった。
11月4本も
>>続きを読む

バグダッド・スキャンダル(2018年製作の映画)

3.2

最近キテるA24製作の作品。
原作有りや続編じゃないとなかなか予算が付かないハリウッド系大作とは逆に、オリジナル作品を低予算で上手いこと撮るのが上手いらしい。

国連の食糧・石油プログラムを悪用した政
>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.0

あまり期待せず見たのですが、1964年の東出&夏帆がすごく良くて惚れ惚れしてしまった。

本に纏わるエピソードを紐解いていくのは面白かったし、黒木さんの声が朗読にとってもあってるので適役だなぁと。
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.8

運良く監督&プロデューサーのティーチング試写に。

中田監督が一番気にかけたのは、田中圭さんと北川景子さん演じるカップルを丁寧にに描くことだったそう。確かに2人の恋愛模様が気になるポイントだったので、
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

2.8

日本語吹替完成披露試写にて。

主人公レネー役の吹替を担当した直美ちゃんが登壇。吹替の苦労やエイミーの凄さを語ってくれました。

本編は、うーんまぁ予定調和ではあるけど、観たら元気になれるのは間違いな
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.3

原作を読んでいたので、どんな映画になったのか楽しみにしていましたが、想像で補完していた部分が映像化されることにより視覚にダイレクトに伝わって、素直に泣けました。

脳死と心臓死、どちらが人の死なのか…
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.0

RED-リターンズ-ぶりのブルースだったけど、歳を感じさせずアクションしてて感心。ストーリーは単純明快で最後まで読めたけど、これはこれでいいんじゃないでしょうか!アクションってこういうもんだしね。>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.5

カンニングの映画なのにスパイ映画のようなスリリングな展開に最初から最後までハラハラドキドキした。

最初は何とも思っていなかったのに、最後にはリンがとても凛としていてカッコいいなとさえ感じるから不思議
>>続きを読む

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2016年製作の映画)

3.0

政治家は目を惹くタレント性だけではなく良い意味で人たらしの要素も必要なんだなぁと。リンドン・ジョンソンは人間味溢れた下ネタ好きのおっさんだった。

最後の演説、胸にグッと来た。

累 かさね(2018年製作の映画)

2.5

横山裕目当てで行ったので、当て馬具合にしょぼんとなった。ベッドシーンくらいやってくれてもいいのに。

芳根京子が苦手なのは置いておいても土屋太鳳が映画3本分くらい頑張っていたのはお伝えしておきます。

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

全編PC画面でどうやって展開するんだろうと思ったけど、見事に全編PC画面でした。
ハラハラドキドキしてる間に終わってた。

しかしインターネットで何でも出来る時代なんだなぁ。感心すると同時に自分の生活
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.2

1未鑑賞だけど問題なく楽しめた。

優しくて強くて時に残酷なマック、、カッコよかった〜。デンゼルは眼の演技が素晴らしいよね。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.0

中国人親子の親子愛と娘のなんですか初恋ですか?!みたいな白々しい演技に興ざめ。

ストーリーも予定調和で、ラストカットポカーン。中国資本食い込みすぎでしょう…。
サメはリアルで怖かったけど、ジェイソン
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

思ったより面白くて最後まで集中して見てしまった。
演者もいいけど原作がしっかりしてるからなのかな〜。こんなん見たら日本の司法を疑いの目で見てしまうな。なんでもありじゃん。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.2

機内で見れてラッキー🤞

そもそもの設定はあまり深掘りせず、”一家族が生き延びること”に焦点を当ててるのは正解。出産シーンはハラハラドキドキした。尺も90分でちょうど良くて正しくパニックムービーでした
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.2

いろんな人に助けられながら、何かをやり遂げたという経験がウェンディの人生をより豊かなものにするんだろうなぁ。

途中の警察官のおじさんとのやり取りはほっこりした。意地悪な人もいるけれど、多くの人はい
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3

147分と割と長丁場なのに、長さを感じさせないスリリングな展開はお見事。

イーサン・ハントを演じるトムクルが最高に大好きなので、やっと観れて感激〜!
毎回これ以上のものを作れるのかな…?と思うのに予
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.3

前評判高すぎかとは思うけど、ようできた自主製作映画だなって感じ。

あらすじだけ読むと完全騙される。
そんでもって所々ツボって笑いが止まらなくなる場面があった。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.0

ドラマをずっと見てた一視聴者としては、感動もしたし涙も流したけど、壮大なSPドラマを見せられてる感は拭えず。映画化する必要あったのか…?

藍沢先生の神格化がすごい。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

期待値上げすぎたかな…。

サンドラも良かったけど、個人的にはケイト・ブランシェット姐さんがかっこよ過ぎて痺れました。

女性ならではのファッションの着こなしや煌びやかさ、華やかさはよかったけど、テン
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

登場人物それぞれに感情移入できて、ところどころポロポロ涙が止まらなかった。

オギーの顔は変えられないから、自分たちが変わるしかない

お尻校長先生の言葉、すごく心に響いた。
そして、普通ってなんだろ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.7

ワールドもパークのように同じ轍を踏むのか…そうかそうか、という感じ。

まあ結局ああいう風にストーリー展開するしかもって行きどころがないのも事実…。
人間の愚かさや利己主義は語り尽くされたテーマすぎて
>>続きを読む

>|