滑頭さんの映画レビュー・感想・評価

滑頭

滑頭

映画(874)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日(2013年製作の映画)

4.1

観たいなあ〜。でもまあ、今じゃないな〜。いずれ観よー。Netflixにあるからいつでも観れるし。
なんて思ってたらNetflixでの配信が今日終わるって聞いて慌てて鑑賞。

アパトーギャングの映画は正
>>続きを読む

ピノキオ(1940年製作の映画)

4.0

これは怖い。大人でもトラウマになるレベル。夜中に一人で観ててちょっとキツかったくらい。
ピノキオに生命が与えられて色々な事に巻き込まれて大冒険を繰り広げるまでが、尺の問題からか、超展開なのも相まってす
>>続きを読む

ダンボ(1941年製作の映画)

4.8

泣いた。さすがの大傑作。
この時期のディズニー映画の中では、かなり漫画チックなタッチの画風で、特に子供向けな感じ。
キャラクターたちが本当に可愛くてもう見てるだけで顔がほころぶ。泣いちゃいそうなシーン
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.8

3/17 来週もっかい観ます。

3/21 もっかい観ました。
1回目観たときはどんな話なのかもよく分からず観に行き、その迷宮に迷い込んで訳のわからないまま映画館を後にした。その後数日間もずっとやっぱ
>>続きを読む

インナー・ワーキング(2016年製作の映画)

3.8

『モアナと伝説の海』併映の短編。
人間の脳みそ、心臓、等の内臓を擬人化するというかなりクレイジーな内容。
ただ、『インサイド・ヘッド』とやってることカブってません?って気はするんですけどね。
キャラク
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.3

言いたいことがないわけではないけど、全体的には、良かった。

まず、音楽が良かった。個人的に歌はアナ雪より格段に好き。ディズニーは劇中歌においてもちゃんと進化を目指していて、ラプンツェル、アナ雪、モア
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.5

いやー楽しかったー。
いい顔したオジサンたちが良い演技をしまくる最高の映画でしたよ。
話自体はまあ、よくあるような、権力と権力の間で板挟みになってスパイ的なことをさせられる可哀想な男が主人公のノワール
>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

4.9

たまらん…。まだキタノ映画の半分も観れていないけど、本作を観て俺はキタノ映画がすっごく好きだということに気づいた。早く他の作品も観たい。『アウトレイジ 最終章』も楽しみだなぁ。

どこがどう好きってい
>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

4.8

塚本監督、天才だぁ……
クレイジーでマッドな世界観を暴力的な映像と暴力的な音で語る。刺激的。
無茶苦茶なんだけどただ無茶苦茶にやってるんじゃなくて制御された無茶苦茶さで、芸術的。
様々なテクニックを使
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.4

物語に深いテーマ性とかはなく、ひたすらエンターテイメントで楽しい。単純に楽しめるエロティックサスペンス。
去年の『マジカル・ガール』のような感じ。日本要素が入ってるのも同じだし。きっと『マジカル・ガー
>>続きを読む

ドレミファ娘の血は騒ぐ(1985年製作の映画)

3.7

訳わからん。まー訳わからん。
ストーリーめいたものはあって一応筋は通ってるように見えるのだけど、意味ありそうなところの意味が分からないし、意味なさそうなところにも意味がありそうだし、考えだしたら訳わか
>>続きを読む

福福荘の福ちゃん(2014年製作の映画)

4.3

刺激が弱い。心を大きくかき乱されるような映画ではない。悲喜こもごもあって、感動するのだけど、でもある意味、感動させすぎないバランスの演出になってるというか。いい話なんだけど、いい話っぽすぎないというか>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

2017/03/01 @品川プリンスシネマ

もんの凄えな。
カメラワークが頭おかしいし、照明とか衣装とかロケーションとかも懲りすぎだし、全編に渡って頑張り過ぎ。(誉めてる)
メイキングの方が面白いん
>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

4.0

今泉監督の映画を観るのは2作品目です。テンポ感、雰囲気、バラバラのように見えた登場人物たちの関係が徐々に分かっていくプロット、とかは前に観た『知らない、ふたり』と同じで、「あ〜そうそう。これだ。」と今>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

ジェイク・ギレンホールのファンで、ジャン=マルク・ヴァレ監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』が良かったから、観たのだけど、んー期待したほどでは。

妻を事故で亡くすも、ちっとも悲しがれず、赤の他人との交
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.5

ドラマ版のオチ、感動したんだけど、「でも何も解決してなくね!?」っていうところが引っかかってたから、映画版ではもっと気持ちの良いオチをつけて欲しかった。が、そうはいかず。そこで気づく。「モテキ」ってそ>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

岩井俊二の出世作。
僕としては人生初・岩井俊二。
各所で名作とよく名前が出されてるので、いずれ観なければと思いながら、アニメ映画化決定の報を受けて鑑賞しました。

なるほど。アニメ化はすごい納得です。
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.9

編集が面白かったなあ。
でもちと難しかったなぁ。色々解説を読もう。読んでまた観よう。

デニス・ホッパーもかっこよかったが、それ以上にジャック・ニコルソンがめちゃくちゃかっこよかった。世界一カッコいい
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

5.0

ん〜、もう、大傑作で、
長く言葉を使って語ることも馬鹿馬鹿しく感じるような傑作で。

脚本、演技、映像、音楽、どこを取っても、素晴らしい、の一言。

一つ残念なことがあるとすれば、この作品を劇場で観ら
>>続きを読む

くもりときどきミートボール(2009年製作の映画)

4.5

フィル・ロード&クリストファー・ミラー節炸裂で当然最高。面白い。
宇多丸さんが褒めてるからずっと前から観たい観たいと思ってて1年前もDVD借りたのに観れずに返しちゃったりとかして、やっと、ついに、観た
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

MCU映画の作られ方って、TVドラマ的な作られ方で、そこがどうもネックだなぁと。全部繋がった話だから、途中から観始めるのが厳しくて、新規ファンの開拓が難しいという点もあるし、前後の続いた話を含めれば面>>続きを読む

スラッカー(1991年製作の映画)

3.8

映画冒頭、監督自身が登場したかと思いきや、あれよあれよと主人公が変わっていく。登場したと思ったら、そこに通りがった人が次の主人公になり、また主人公が変わり、変わり、変わり、という風にして、カメラが流さ>>続きを読む

はなればなれに(1964年製作の映画)

4.2

ゴダール3本目。うん、そろそろちゃんとゴダールについて説明してくれてる本とか軽く読んだ方がいいわ。
演出のクセがすごくて、まあなんとなく面白いとは思うんだけどしかし、具体的に何をしてるのかどういう狙い
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.3

ムズい。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』的なムズさだ。つまり誰が良いもんで誰が悪もんかってのがハッキリしてない。常に観客に思考と苦悶を強いるような作品だ。「今コイツの言ったことは正しいのか?」>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.9

デンゼル・ワシントンがすごい志村喬。そしてロバート・マッコール。
イーサン・ホークに泣いた。
クリプラはいつも通りやな。
ヘイリー・ベネット超美しい。
イ・ビョンホンカッコいい。
ドノフリオ良い。
>>続きを読む

パッチギ!(2004年製作の映画)

4.4

井筒監督は最近、シンゴジラとか君の名は。についての発言で大批判受けたりして悪い意味で評判になってまして、僕としても井筒監督の数々のああいう発言には本当に感心できないな、と思ってるんですが、悔しいかな、>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.1

遅ればせながら、人生初・デ・パルマ。
なので、まだデパルマらしさみたいなところはイマイチ分からないのだけど、面白かったっす。

キャストがまず最高ですよねぇ。ケヴィン・コスナーの映画ってあんま観たこと
>>続きを読む

ロード・トゥ・パーディション(2002年製作の映画)

3.9

ユニークなギャング映画。
ギャング映画であると同時に、ロードムービーであり、父子関係の物語でもあり、なかなか他にこんなギャング映画は観たことない。故に期待してたものとは違うなあ、という印象だけど、これ
>>続きを読む

>|