よしさんの映画レビュー・感想・評価

よし

よし

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

俺たち…一緒に年を重ねてきたなあ

って聞こえました。
幸せな気持ちになる映画でした。
ドラマでもそうですが、劇中の料理が作りたくなる。

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

SF好きには物足りないかもしれないけれど、日本映画の何でもメロドラマにしてしまうこういうところ私は結構好きです。

原作で納得がいかなかった部分も見事に解消していて脚本も好み。
原作は運命論的で個人の
>>続きを読む

Arc アーク(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

死なない女性の話であるのに、この物語には沢山の死が描写される。

小説は読んでいないので的外れなことを書いているかもしれませんが、
人間という種を永続させるために、人は子供を生み育て、子供が大人になれ
>>続きを読む

はるヲうるひと(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シリアスな映画として撮っているのかもしれませんが、私には可笑しみが感じられる映画でした。

ストーリーの根本にある事件も見方によってはコントにも見える。
山田孝之の迫真の演技も、自分との温度差が激しく
>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.5

こういう捕らえどころのない話は脚本がすごく難しいと思う。シーンの一つ一つが点であって、その点が最後に結び付けば素晴らしい映画になる。

ストーリーの本筋と終わり方は好きなんですが、ちょっと無駄なシーン
>>続きを読む

ドラッグ・チェイサー(2019年製作の映画)

3.6

ニコラス・ケイジの結婚を祝して何か観ようかな〜と思って新作から適当に選びましたが、私は割と好印象な映画でした。

ドラッグがどう運ばれて、どうやって値段がつり上がっていくのかを客観的に見られる映画。
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

大人な映画でした。

タイトルはものすごい皮肉だなあ、と思いました。 
エンディングで『すばらしき世界』というタイトルが現れる頃には三上はもう死んでいるんですから。

ただ、彼自身が満足して死んでいっ
>>続きを読む

現金に体を張れ(1956年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画構成は緻密で、それでいて思い切りが良くて好きな映画でした😊

チャーリー・プースの『My gospel』という曲に『銀行から大金を盗んで君ん家の前で燃やしてみせる』という歌詞があって、君に愛を伝え
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

序幕で罪悪感を覚える。
罪悪感を感じたならスーザンのことが理解できると思う。

分かってしまえば、どうということはない地味な復讐劇。でも登場人物たちの感情を会話で語らせようとするのではなく、言葉以外の
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オープニングがめちゃくちゃかっこいい!
しびれます😎

組長「お前、行くとこあんのか?」
賢治「…(号泣)」

この時の『落ちたな』感がすごかった。

それからあのオープニングなので、かなりワクワクし
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

3.6

マフィアの映画って苦手なイメージだったのですが、これは結構良かったな。
桜の散っていく様が美しいと思う感覚に似ているかも。

インクハート/魔法の声(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ブレンダン・フレイザーってほんとに演技うまいなあ、と思います。『ハムナプトラ』の勇猛果敢な主人公から『タイムトラベラー』のアダム役まで演技の幅が広いですよね。

劇中で『アラビアンナイト』を朗読するシ
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

描かれないその背景が気になる映画でした。
コーヘイゲンは嘘はついてはいなくて、クエイドがコーヘイゲンの部下だった自分を捨て、火星レジスタンスの味方になることを選んだのかもしれない。コーヘイゲンは本当に
>>続きを読む

赤死病の仮面(1964年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作小説と話は違うけど、これはこれで面白い。

原作の、死から逃れるかのように宴に没頭する人々の描写、この文学性の高さは流石エドガー・アラン・ポーだと思う。

対して映画は『死』に理由付けをしている点
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

あらすじだけ聞いて男女の恋愛映画だと勘違いしていたら、マリアンヌが登場して『あれ、女性??』ってなりました。(マリアンヌって女みたいな名前だな、と思っていましたが、当たり前でした)
こういうところにも
>>続きを読む

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

1.8

脚本に整合性がない、疾走感もない。
そりゃあ、そうですよね。
原作にこんなシーンないんですから。

映画と原作の内容が違っていたって良いんですよ。面白ければ。

音楽も嫌い。

ひとくず(2019年製作の映画)

3.8

最初から話がハードで、観に来なきゃよかったな、と後悔したのですが、最後泣いて帰りました。(またか)
シリアスなシーンの中に笑えるシーンもあり、このバランスが良い。
焼き肉のお父さん…😙

初めは『万引
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後で評価が変わった映画でした。
良い意味で予告には騙されました。

どうせ平和主義や夫婦の愛を訴える映画なんでしょ、と斜に構えて観ていて、本当に最後まで役者の無駄遣いだとさえ思っていました。
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

すごい映画だった。
丁寧な作りで、本当に美しい。
雑な部分がない。

すごくて逆に涙が出なくて、これは完璧に近い、人間が作り得る最も精細な映画だと思う。

多分もう一度観る。

※2回目※
2回目観て
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

堤真一の演技がやっぱり好きで安心して観られる。けど、すっごいもやもやする。
最後に家族が晴れがましいのにも違和感がある。

納得できなかったので原作を読みましたが、映画は原作と伝えたいことが違います。
>>続きを読む

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

2.3

ドラマを見た人からは不評みたいだなと思いつつ、私は涙腺が相当緩いので普通に感動しちゃうんだろうなーと考えていたのですが、観るのがかなりだるかったです。

藤井隆だけは見ていて楽しかった。
『ふん!』の
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.8

宗教の話は難しい。

無言シーンが多い映画ですが、芦田愛菜の佇まいが良いのでそれを観る映画でした。
岡田将生は改めてうまい役者だと思いました。

自分の中で芦田愛菜に聡明なイメージが付きすぎているので
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

凪沙が一果ちゃんの皿に盛り付けたハニージンジャーソテーの方が肉が大きかったので、そこで泣いてしまいました。

女じゃなかったら母にはなれないのでしょうか。
あと、バレエが得意な娘からバレエを取ったら何
>>続きを読む

ムーラン(2020年製作の映画)

2.5

ミュージカル映画じゃないんですね。
アニメーション版ムーランは名曲が多いので使われない曲があって残念です。

実写版はつまらなくはないけど、アニメーション版のムーランとは別物。
ムーランと敵のボスが建
>>続きを読む

シリアにて(2017年製作の映画)

4.0

シリアの現状を訴える戦争映画として観るより、一つの芸術作品として鑑賞したほうが良い。

1日の間に様々な出来事があり、それに対する人々の感情が細やかに描かれていて自分は好きな部類の映画。私はこの映画の
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.7

『ペンギン・ハイウェイ』でも思ったけど、石田監督は観客にフラストレーションを溜めさせて開放する、この間合いが絶妙だと思う。
天才肌なんですね。

人物の描き方もうまくて、登場人物の性格や生い立ちを『他
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

二人の出会い方が現実的じゃない。でもそこが良い。

誰だったか忘れてしまいましたが、小説を書いていると登場人物が勝手に動き出す、と言っていた作家がいましたが、そういう風に登場人物の性格が確立されている
>>続きを読む

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

夜に一人で観てはいけない映画。
もし、自分が孤独に死んだら…こんなことを考えてしまって眠れなくなるので。

映画の展開は丁寧で、細かなエピソードも盛り込んでいるのでスローテンポなんですが、その結果、よ
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.0

ビジュアルは割とすぐ慣れたんですけど、耳やしっぽが動くのが気になって集中できなかったです。

『メモリー』もこんな曲だったっけと思ってYouTubeで舞台の方を探してみて、聞いている内にだんだん思い出
>>続きを読む

噂の二人(1961年製作の映画)

3.8

カレンはオードリー・ヘプバーンにすごく合ってる。
去っていく彼女の哀傷がすべてを拒絶しているようで誰も声をかけられない。
このシーンすごく良いです。

この時代、マーサが敬虔なクリスチャンであったなら
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

4.0

良い映画は選曲も良い。

マイケル・ジャクソンの『BAD』は文字通り『悪い』という意味ではなくて、『型を破ること』そして『周りがどう思っても自分の意思を貫くこと』であって、まさにこの映画のメガマインド
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.8

人の性格は他人の評価もあって成り立っているところがあると思う。

ある人が、自分でどれだけ打たれ弱い人間だと思っていても、まわりからは強い人だと思われているのなら、その人は弱い人なのだろうか、強い人な
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場 エクステンデッド・カット(2008年製作の映画)

3.7

『ランボー』初めて丸々観ました。
煽りじゃなくて、ミャンマーの内戦を引き起こす火種を作ったイギリスという国があって、イギリス人の血を受け継いでいるアメリカ人がこの映画を作っていることの衝撃。

映画と
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ギャグ寄り。もう少し冒険譚っぽくても良かった。
動物がごちゃごちゃしてみえる。
ここ要らんやろっていうシーンが3割くらいある。

ただ、とにかくオナラのくだりで全てがどうでもよくなって笑ってしまいまし
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

…主人公のテルコがものすごく不快でした。
テルコみたいな何かに依存しないと生きていけない女性って私は嫌いです。
ただ、ラストは良いんじゃないでしょうか。
ちゃんと起承転結があって、登場人物の心の動きを
>>続きを読む