kyさんの映画レビュー・感想・評価

ky

ky

備忘録程度に。Instagramも同ユーザー名でやってます。2015/10/29〜

映画(294)
ドラマ(0)

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.2

ひたすら永野芽郁に癒される映画。

先生があんなことしたら捕まるでしょ、って意見はあるけれど、そこは映画だからご愛嬌。

山本舞香の役、あんな友達居たら良いなぁーと思ってしまった。

細かいことは抜き
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

これぞ“是枝マジック”。

個人的には監督の過去作含めて一番良かったかも。

脚本、キャスト、雰囲気すべて良かった。

毎度おなじみの子役。
あの歳から顔で演技してるのが凄い。

今回、是枝組初登場だ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.6

もはや永井聡監督はヒットメーカー。

生徒会長を政治に見立てるストーリーが斬新。

展開もスピーディーで見ていて飽きなかった。

「井の中の蛙、大海を知らず。
されど空の深さを知る。」

所々に良いセ
>>続きを読む

解夏(2003年製作の映画)

3.6

長崎は坂が多い町。
だから地元の人からしたら坂は当たり前の存在であって、そこに不満は存在しない。

当たり前に見えていた景色が、ある日見えなくなる恐怖。

先生が言った、「解夏の日にあなたは恐怖から救
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.7

「グラン・トリノ」的な偏屈ジジイが、実は良い奴?みたいな話。

ホッコリしたい人向け。
2時間ないから手軽に見れる。

聖人の発表会は泣けた。
また、ヴィンセント自身恥ずかしいのか言葉少なめなのがグッ
>>続きを読む

ローリング(2015年製作の映画)

3.2

邦画でしか表現できない、田舎の湿度感がすごい。

どうしようもない先生に巻き込まれた若者たち。

随所に見せるブラックユーモアが果たして笑っていいものかと一瞬戸惑った。

プライムビデオじゃなかったら
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

皆さんのレビューをネタバレしない程度にチラチラ見て、どんでん返し系の前提で鑑賞。

自分が想像してたよりも斜め上をいく結末。

最後のシーン、よくカフェとか行って、ふと周り見渡すと話し相手がいないのは
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.7

素直に面白い!

前作よりもミンディの色気が増してるし、各々のキャラが際立っていて見ていて飽きない。

コメディ要素の中に垣間見るグロさも中毒性あり。

最後に見せるアーロン・テイラージョンソンの鍛え
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

3.9

ただのスポ根映画で終わらせるのか。
逆もまた然り、政治の話一本で終わらせるのか。

どちらの選択肢もあったはずなのに、そこをミックスして見せたイーストウッド監督の巧さが光る。

ネルソン・マンデラ、名
>>続きを読む

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

3.7

めちゃくちゃ重たい内容なのに、それを感じさせない展開とコメディチックな雰囲気。

誰しも鬱要素は抱えてて、ただキャパオーバーした人々が精神病棟にいるだけの事。

そもそも、正真正銘のまともな現代人って
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.4

ジャケ写の威力に惹かれて。

美的センスを問われる映画。

刺さんない人には、とことん刺さらないと思う。

設定が少々無理矢理感あるけれど、映像が綺麗だから許せる。

皆さまのレビューにラストシーンが
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.6

日本公開前にオリジナルを見ておこうという事で、急いでamazonでレンタル。

想像よりもだいぶコメディ寄りでテンポも良くて、尚且つ90分ほどだったので、あっという間に見終わった印象。

水族館の動物
>>続きを読む

アタック・ザ・ブロック(2011年製作の映画)

3.3

友達とガヤガヤ言いながら見ると更に面白いかも。

The B級映画!
だけど、なんだかんだ飽きさせない中毒性。

スターウォーズで有名になったジョン・ボイエガ目当てで見たけれど、他のキャラも分かりやす
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.6

ジェイク・ギレンホール出てる映画にハズレなし。
自分の中では、未だ更新中。

ミクロで考えた場合の、醜いテロによって狂わされた人達。

鑑賞後、もしも自分が彼だったら、を考えたけれど、やっぱ当事者では
>>続きを読む

苦役列車(2012年製作の映画)

3.4

森山未來の演技力に、ただただ見入った。

高良健吾も前田敦子も役柄ぴったりで自然だった。

どうしようもない奴だけど最後には…的な展開を予想していたけれど、今作は未来の展望が読めなかった。

あのまま
>>続きを読む

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.5

みんな大好きヒュー・ジャックマンの若かりし姿を堪能できた。

人は、「思い込み」と「目と耳の錯覚」によって騙される。

もっとハッカー重視のストーリーかと思っていたらそうではなく、犯罪集団のボスとの絡
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.3

永作博美のベストアクト?

中でも、石油ストーブのやり取りが面白い。

大人の余裕もありながら、奇想天外な行動をする変人っぷり。
こういう女性に男は弱い。

芸大の恋愛物と言ったら「ハチミツとクローバ
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.6

なんと言っても、松岡茉優の存在感が尋常ではなかった。

まさに「クイーン」のオーラ漂っていた。

まぁ簡単には新田を目覚めさせる回なんだけど、それ以上に団体と個人の対比が激しかった。

“どんな時も一
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

ノーラン監督の「ダンケルク」はまだ記憶に新しいが、その裏側を知れるということで興味を持った今作。

チャーチルについて無知な自分でも十分楽しめた。

光と影を巧みに使うカメラワークが渋かった。

市民
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

既視感のない映画ゆえに、レビュー書くのが難しい。

SF・ファンタジー・ラブストーリーごちゃ混ぜ、みたいなジャンルを超えた映画が最近多い気がする。「ゲット・アウト」もしかり。

終始綺麗な音楽流れてる
>>続きを読む

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

3.7

ああいう修学旅行的な雰囲気は、いつになってもワクワクするよね。

主役4人とも好きだからずっと気になっていた映画。

定点カメラ長回し。
漫才のような、だけど何故かリアルな台詞回し。
テンポが心地良か
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.7

yesのおかげで手に入った“信用”。
それによって、最後は幸せを掴み取る。

別にお金を稼ぐことを否定するわけではないが、それとは違った次元の生き方がトレンドかと。

これからは価値を得るためにどう動
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.8

スタイリッシュな銃撃戦×オペラ調のBGMで、「キングスマン」の基礎が存分に含まれていた。

クロエ・グレース・モレッツの独特の可愛さ。
彼女が主人公かと思いきや、キック・アスを軸に進むストーリーは意外
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.5

“ウディアレン臭”がすごい。

南仏の風景、エマストーンの笑顔、軽快な台詞回しに癒された。

人生を豊かにするには、“幻想”だって必要だ。

日本人は無信仰者がほとんどだけど、大事な時には“神頼み”を
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.0

後半の畳み掛けるような“悲痛”。
“使命”について考えさせられた。

さすが“名作製造人”イーストウッド。ハズレを見た事がない。

モーガンフリーマンの渋みにより、更に深みが増していた。

彼女は命を
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.6

「単なる流行映画とは違う」と、噂では聞いていてウォッチリストに追加しておきながら、中々見る機会がなかった。

個人の努力はもちろんだが、それを支える人たちあっての“受験”だと改めて思った。

大学受験
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.2

「他人は“鏡”のような存在、自分を知るための手がかり」のセリフが印象的。

ノラジョーンズがこんなに綺麗な人だったなんて初めて知った。
クルクル髪のジュードロウも新鮮。

音楽がそうさせるのか、終始ゆ
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.6

主題歌「ムーン・リバー」はあまりにも有名。
題名からは想像もしないストーリー。

やはりオードリーの可憐さは彼女だけのもの。

ラスト、雨の中のキスシーンは名シーン。
“名もない猫”が良いアクセントに
>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

3.7

50年間願い続けた“愛”を信じて、ある男性探しの旅へ。

「ジュリエットからの手紙」という活動はもちろん、それを支援するヴェローナも素晴らしい都市だと思った。

“日曜日の小学生みたいな気分”とか、“
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

11人が犠牲となったアメリカ史上最悪の石油災害。

言い換えれば、金の亡者が生んだ醜い“人災”。

現代には不可欠な“石油”。
その採掘の最前線で働く者があってこその実生活だというのを覚えておきたい。
>>続きを読む

娚の一生(2015年製作の映画)

3.7

題名の“娚”に含めた意味が深い。

ほのぼのとした田舎風景、
固定カメラで“人物のみ”を動かし、長回しする映像が凄い好き。

榮倉奈々の凛とした笑顔はそれほど見られないが、それが出た時の“幸福感”が弾
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.8

ダレることを一切知らない圧倒的スピード感。

恥ずかしながら、今シリーズをちゃんと見たのは初めて。
だけど、過去作も間違いなく面白いんだなぁ、と思わせるほどの完成度。

中でもバイクアクションシーンは
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.8

覚悟が必要な映画。
普通じゃない雰囲気が終始続き、邦画、いや“アジア映画”でしか表現できないような内容。

“因果応報”というべきなのか。
それぞれの闇が深すぎた。

キャラの選別がベストだった。
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.9

ヘッドホン鑑賞を推奨。

もっと早く見ておくべきだった。
全米ではもちろん、日本でも旋風を巻き起こした本件。

個人的に、録画しては何回も見直すほど“ハモネプ”が大好きなので、駄作なわけがなかった。
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.6

感情を失っていたニキータの“再生”を助けた2人の男。

利用されていただけの愛だったのか、ラストシーンの会話が全ての答えだ。

リドリースコット監督「ブラック・レイン」でもそうだが、この時代のBGMは
>>続きを読む

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

3.6

こういうの見ると、年取っても楽しそうだなぁと思える。

いつになっても結局人を幸せにするのは“愛”ということか。

最近では、隣人の顔を知らないのが普通であって、本件のようなコミュニティは珍しい。
>>続きを読む

>|