kamさんの映画レビュー・感想・評価

kam

kam

これから見るものとこれまで見たものを記録して行く。

映画(196)
ドラマ(0)

街のあかり(2006年製作の映画)

3.8

カウリスマキ敗者三部作の最後。

警備員コイスティネンは職場でもプライベートでも友人のいない孤独な男。唯一ソーセージグリルのお店の女性とは言葉を交わす。そんな男が色仕掛けにはまり…

コイスティネンの
>>続きを読む

過去のない男(2002年製作の映画)

4.0

暴漢に襲われ、記憶を失ったしまった男が見つける幸せのお話。大げさに演出がなく、自然に幸せとか悲しさとかが伝わる素晴らしい映画。
シュールでクスッと笑えるシーンが良き。
ハンニバルと言う名のかわいい犬、
>>続きを読む

浮き雲(1996年製作の映画)

4.0

希望の物語。実際にこういう不況真っ只中で、職も失ってしまったら、心穏やかに見れないかもしれないけど。

さすがのカウリスマキ。
オシャレでシュール。

愛しのタチアナ(1994年製作の映画)

3.9

この空気感。好き。
阿吽の呼吸がある。

コーヒー中とアル中の男達の寡黙な友情と愛と別れのお話。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.6

少し前に見たが、相変わらずよかった。でも前作ほどではなかっあかなぁ。

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.1

マフィア映画の傑作。
タクシードライバーと同じ匂いがする。

誰も信じられず、孤独に富と成功を求め、度胸と信用だけを武器に裏社会を渡っていく…

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.9

あーもうかわいい。個人的にはベイリーとバディですが。あーもう全部かわいい。

最初この映画のあらすじを聞いた時はなんだそれ…って思ったけど癒しが欲しくみてしまった。

多分この映画で殺処分とか暗いペッ
>>続きを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.7

どのシーンを切り取っても絵がカッコいい。額縁に入れて家に飾りたい。

あの間と会話。ほんと何気ないんだろうけど好きだ。

ウィリーの立ち振る舞い、缶ビールの開け方…ジョンルーリーこの人のダルそうな動き
>>続きを読む

ストーカー(1979年製作の映画)

3.5

近未来ディストピアSF映画。予想通り難解。哲学的で宗教的。また年取ったらみたい。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.2

ネタ満載。面白いコント風深夜ドラマを映画まで仕立てた感じ。

中だるみあり。
最後のシーンはまじいらないです。

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

4.1

ジム・ジャームッシュ作品で一番好き。ポエティックな余白のある映画。クスッとニヤッと笑える面白さ。

一匹オオカミなDJザック、チンピラのジャック、謎のイタリア人ボブ。3人が同じ牢屋に入れられてからのや
>>続きを読む

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

3.2

さすがコーエン兄弟。いろんなメタファーとかオマージュとか裏設定があるんだろうけど、全然分かんない!
CIAが神だとか、素晴らしきかな人生とかオズの魔法使いをもとにしてるとか、ユダヤ教の教えが入ってると
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.6

ガッキーかわいい。内容別に大したことないけど、ガッキーかわいい。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

男の子くんちゃんとパパとママ3人家族に新たに、みらいちゃんという妹がやってくる。くんちゃんはお兄ちゃんであることを受け入れられず、パパとママの愛情を横取りされたと嫉妬でわがまま放題。子供がえり。そんな>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.6

思春期真っ只中のマイクはもう見てて痛いくらいにまっすぐで変態的。スーザンも地に足ついてない感じが青くて、愛しい、そして美しい。

ラストシーンが美しくて、残酷。このラストがあっての映画だと思う。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.9

現代社会の価値観、資本主義に流され続ける人々に疑問を投げかけ、家族とはなんぞやを考えさせられる作品。それでいて重すぎず、笑えるところもあるいい映画。

山の中で自給自足で生きる父子家族、母の死を知り街
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.6

イーサン最強。イルサ綺麗。

前作の続きのようなストーリー。アクションは毎回更新するように凄い。見ていてワラける。

サイモン・ペッグってこういう役やらせたら最強だよなぁ。

ハリーとトント(1974年製作の映画)

3.8

冒頭のニューヨークの街角にいるおじいちゃん、おばあちゃんを映してるシーンを見て、この映画多分好きだと確信したが、やはり好きだった。

ニューヨークに住む老人ハリーは長年住み慣れたマンションの建て替えに
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.9

今、2018年に東京という大都会に暮らすこと、抱えている問題。工事現場で働く慎二、看護師で夜はガールズバーで働く美香の出会いを通じて描く。

ちょこっとアニメや文字での脚色が入り、直接的に問題提起して
>>続きを読む

縄文にハマる人々(2018年製作の映画)

3.7

縄文土器を愛する登場人物が語る語る語る…それだけ語れる人の話を聞いてたら、そりゃ興味湧きます。

縄文人のことは全然分かってない。だからこそ人によって解釈が全く違う。そこがおもしろい。

最終的には深
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.4

おもしろい!笑えるホラー!

最初のうちは素人がやりたいことを全部やった映像って感じで、見るのやめようかと思いましたが。一転後半はおもしろい。絵が独特で、やりたい放題。オカルト映画ですね。
若き日の池
>>続きを読む

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

3.6

アルモドバル監督流石の世界観。

帰郷、オールアバウトマイマザーを見て、独特で静かな作品だが、ちょっと変わった人間の葛藤を描いている点に面白みを感じて今作。また心のひん曲がった主人公たちの心を描いてい
>>続きを読む

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008年製作の映画)

3.4

思ってた以上に面白かった!

アナキンとオビワン、そしてアナキンについたパダワン、アソーカが誘拐されたジャバザハットの息子を助けるお話。

戦闘シーンはやっぱり実写かなー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

IMAXで鑑賞したので、映像の迫力で面白かったですが、内容としては…ハンソロのチューバッカとの出会い、ハンソロの名前の謎、ランドとの出会いなど、色々とエピソードはありますが、時間的には長いのにドラマの>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

ミズーリ州の片田舎に3つのビルボードに広告が出された…ミルドレッドは娘がレイプされた上に殺され、7ヶ月経っても全く犯人の捕まる兆しがない。業を煮やした彼女は、人通りの少ない道に立つ3つのビルボードに広>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

ヨシカ、あ、自分だってなった。自意識過剰具合といい、妄想多めなところといい…イタイイタイ…

名前なんだっけ?からの妄想からの脱却、本当に自分が大事にすべきものに気づく全てがよい。

最初の二の痛さと
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

演者の演技にのめりこめざるおえないくらいうまい。ありえなそうで、ありえそうな家族のシチュエーション。

結構な役者がちょい役で出てておもしろい。

ピアニスト(2001年製作の映画)

3.9

パンチのあるラブストーリーだと思ってはいたが、ここまでとは…変態的な映画でした。

堅物でウィーン音楽大学の講師をしているエリカは、今でも母と2人暮らし。中年に差し掛かった女性だが、男性と肉体関係にな
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

ウェスアンダーソンの日本に対する見方があらゆる場面で出ていて面白かった!外人の見た日本を舞台にした映画って、どっか変だけど、凄く面白みのあるものになると思うけど、こちらも違わぬ面白さ。

監督らしく全
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

母親の才能を受け継いだメアリーはギフテッド、7歳にして数学の天才。メアリーにとっての幸せって何なのか?生後半年から叔父のフランクに、普通の子供として育てられてきたメアリーが、メアリーの祖母イブリンが教>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.6

主演のライアン・ゴズリングカッコイイ!レイチェルかわいい!

早々から予想できた展開でしたが、最後の終わり方は良かったと思います。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.7

500日のサマーに続き、冴えない男子の成長を面白く見せてくれる。雰囲気好きだし、お話としてもおもしろい。マークウェブのいいねぇ。

>|