よしきさんの映画レビュー・感想・評価

よしき

よしき

映画(1018)
ドラマ(0)

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8

ビル・マーレイにダメ親父やらせたら右に出る人はいないなぁ。

エンドロールめちゃ好き。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「ハイルヒトラ、ハイルヒトラ、ハイルヒトラ…」

ブラックユーモアに富んだ作風だけど、題材が題材だけに重たいシーンもある。でもそのバランスが秀逸で、独特な雰囲気を醸し出してた。

とりあえずヨーキー(
>>続きを読む

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「巨人の力を持つのは素晴らしいが、その力を巨人のように使うのは暴虐だ」

ノートンだから察したけど、やっぱりクセが強い。いつもこういう役ばかり。笑

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

AIに操られた人らしからぬ動きを見事に表現したローガン・マーシャル=グリーンに拍手!
漫画だとよくある設定だけど、映画だと意外になかった。似たような設定だと『ヴェノム』とかにあたるかな。俳優さんはトム
>>続きを読む

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

タイトルに似合わない豪華な俳優陣とスタイリッシュな強盗劇。ミニクーパーなる車が大活躍するからミニミニ大作戦...いやいやいや。笑

ケイパーものなので殺傷は控えめ、代わりにボート・カーチェイスは増し
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ジャケットから見て心温まるヒューマンドラマかと思っていたけど。ただただ悲しい。やりきれない。

偏見がなくなることはないだろうけど、そっとしてあげればいいのに。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

Aal Izz Well

正直最初は何が面白いのかさっぱりだったけど、物語が進むにつれて引き込まれた。
主役のアーミル・カーンが撮影当時44歳と知り、はぁっ!?てなったのはいい思い出。

「ゴーカ
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ラブロマンスの傑作。

花屋で花を見ているアン王女(オードリー・ヘプバーン)。お金がなくて困ってたところに花屋が機転を利かせて一輪プレゼントするこのやり取り、好き。

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

今までの作品と比べてダークでシリアス。
アクションよりドラマの方にシフトしていて珍しいなと思ったら、監督マイケル・ベイじゃない(ちゃっかり出演しているが)
かといってつまらないかと言ったらそんなことも
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

フランス映画自体にあまり観ていないけど、この映画は超好き。

主人公ローズ(デボラ・フランソワ)の纏うファッションもフランスのレトロな街並みも、雰囲気抜群に洒落ている。対してストーリーは少年ジャンプば
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

『ボヘミアン・ラプソディ』のような伝記映画でもなく、『ロケットマン』のようなミュージカル映画でもない。有名アーティストを題材にする映画でも必ずしも上記のような手法を使う必要はないと教えてくれる面白くて>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

突然の仮面ライダーに監督のこんなんで終われるか感を身を持って味わった。

若ウィル・スミスの顔はCGと区別付かないぐらいリアルで衝撃!
明るい場所、特にラストのキャンパスシーンではさすがに「ん?」っ
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.0

現実世界のエディ(ダニー・デヴィート)が愛らしい。まん丸太っちょ豚。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作と合わせて1作と考えた方が良い本作。
むしろメインはこっちなのでは。前作の伏線がこれでもかと回収されて行って気持ちが良い。前作の悪役との共闘という熱い展開(パラレルワールドだから別人ともとれる)、
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラー系の映画で真っ先に退場するビッチ系女子が主人公という、ありそうでなかった設定が良い!物語前半の展開は予想できる範囲で進む自己採点形式で楽しめるし、後半は怒涛のどんでん返しラッシュ!しかも上映時間>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前作もそうだったけど、ワンちゃんたちの演技が本当に自然ですごい。トレーナーたちも相当努力したんだろうなー。

肝心のストーリーは主人公が犬に誘導されすぎていて好きになれなかった。

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

60年代アメリカの時代背景を事前に知っとくべき作品。正直知っていても、楽しいって類の映画ではなかったけど。

「borm to be wild」をバックにバイクを駆るワイアット(ピーター・フォンダ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

テロの恐怖を見せつけられた。
彼らは問答無用でトリガーを引く。容赦がない。相手が女子供でも機械的にただトリガーを引く。

実際にテロの現場に出くわしたとき、テロリストに相対したとき、どんな行動がとれ
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

謎の4人組が家の外で棒立ちしているシーンが本当に不気味で恐ろしかった。
でも正体が明らかになった途端は怖さはなくなって、むしろどう終結させるのって感じ。
この監督の作品は180度思わぬ方向に物語が動
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ファッションデザイナー トム・フォード監督作。開幕からインパクト大の映像をぶっこんでくる。アート全開。

赤を基調とした画面作りが凝っていて、『ジョン・ウィック』の青とは違った趣がある。

超失礼
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ映画なのに超ゆるい!
全編にわたってノリが『デッドプール』みたい。常にツッコまずにはいられない作品。
でもゴア描写は手が込んでいて、そこらのゾンビ映画よりエグかった。

ラストのあれにはやられ
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

終わらんのかい!

アリータ(ローサ・サラザール)のぎょろ目が話題になった本作。
観てれば慣れると思ったけど、「意外とアリ?いや、やっぱりナシ!」ってずっと悶々してしまった。演じてる女優さんはど
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

いい意味で気味が悪い映画だった。
島所長が研究所の窓から飛び降りるシーンは訳が分からな過ぎて何が起こったのか頭が追いつかなかったけど、振り返ってみると恐ろしすぎる。
夢と現実が完全に混同するラストは圧
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

「こんなのNASA史上初の失敗だ!」「いや、私はNASA史上初の快挙を信じている」

次々と立ちはだかる困難に天才的な頭脳をフル回転させて奮闘するスタッフたちがかっこいい。中でもジーン主席飛行管制官(
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

『キングスマン』でエルトン・ジョンを見たとき、闇抱えてそうな人だなーと思ってたら、ドンピシャだった。ここまで壮絶な人生で、孤独だとは思わなかった。奇抜な衣装に身を包むのも本当の自分の姿を隠すためだった>>続きを読む

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

発想の転換だね。
変わり映えのない毎日でも、過ごし方によって新しい発見が見つかって、退屈な日々から抜け出すことができる。
元祖タイムループ系でありながら、既に完成されてるのはすごい!

ビル・マーレイ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本日2度目の鑑賞で、やっと物語の大筋を理解した…気でいる。(とはいえ未だに細かいところで納得できない点もある)
多分、逆行を理解したしないの話とか関係なしに、キャラが回転ドアを通過するたびに一時停止し
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

原作の『眠れる森の美女』とは全く違う解釈で実写化された『マレフィセント』の続編。
今作に至っては完全オリジナルだけど、これはこれで面白かった。ディズニーにはIf的な実写化もどんどんやってほしい!

>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

暴力、狩り、裏切り、夜這い、自殺。いつ死んでもおかしくない12年間を乗り切り、運良く救われたソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)

家に無事たどり着いた頃には愛する愛娘・愛息子は大人に、そ
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久々にゲームに没頭してしまい、2020上半期はどうぶつの住人たちと交流して終わってしまった。とはいえ映画も観てるし、ドラマにも手を出しちゃったからオールオッケー。

50本以上も鑑賞記録をためこんで、
>>続きを読む

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

みんなkidsで曲者揃いで破天荒。
等身大の悩みがあって、愛情表現が不器用で、あーもう青春だなこれ!

コリー(リヴ・タイラー) の90sアイコンになれる絶妙にバランスが取れたカワイイファッションセン
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

真っ直ぐ走り続けるフォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)
迷走し続けるジェニー・カラン(ロビン・ライト)
それぞれの人生がある。どちらの人生が充実してたかなんて比較することが野暮だけど、ジェニーにも最後
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

トニ・コレット演技とはいえ、全てが恐ろしすぎる。実の母親だったら詰むわ。役者魂半端ない。

事態がどんどん悪い方向にしかいかない感じと、じわじわくる感じ。そしてラストのあれ。うん、アリ・アスター監督が
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最後の告白はアスガーにとって、救いになったのか。あるいは単なる贖罪となるのか。
ラストの電話が気になりすぎます。

>|