くりっきーさんの映画レビュー・感想・評価

くりっきー

くりっきー

『感動の押し売り』みたいな映画や、邦画(とりあえず有名人出す映画)は楽しめないタイプです。

熊本に住んでると見たい映画はほとんど福岡まで行かないと上映されてないのが辛い…

ランキングはちょくちょく変化します。

目的は洋画1000本鑑賞!(2016年アプリ利用開始)

  • List view
  • Grid view

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.5

コテコテでベタベタだけど、頭空っぽにして4DXで見ると最高な作品。

最初に、『ダッチボーイの開発は、アメリカと中国が中心となって行われた。』のナレーションの時点で、政治色が濃い作品なのか?はたまた、
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

前作が神すぎてハードルをものすごく高く設定してしまってたのかもしれない…

2年目のジンクスならぬ、2作目の壁を越えるには値しなかった作品。

今作は、最初のカーバトルはテンポ良く始まりのっけからテン
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

2.0

エンドロールのギャグと小ネタが最高。

ストーリーは、登場人物が多過ぎて、主役が誰かわからずに感情移入しにくい形になってるけど、そんなことを気にせず、ニューイヤーズイブらしさを楽しみながら見る作品。
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

1.0

映画館で見なくて良かったと思える作品。

正直言って、胸くそ悪い映画。

『一人ぼっちは辛いから』からのハッピーエンドになるとかどんだけ男本位なストーリーなんだよ…

よくこれを4DXで上映してたな…
>>続きを読む

BILLABONG ビラボン(2016年製作の映画)

1.0

キャストの顔は中々良いんだが、ビラボンが中々出てこないんですよ。

尺が長すぎてビラボンが出てくるまで待てないよ、と思いながら待ってると、出てきたモンスターはバニヤップと言う名前でしたw

そして、戦
>>続きを読む

ゲームメイカー 消えたジグソーパズルと巨大迷路の秘密(2014年製作の映画)

1.0

展開と設定に理解も共感も納得もできない部分しかなくて全く中身に没入することができない作品。

『完成したパズルのパズルピースがなくなったことによる呪い?で、街を追い出された腹いせに、憎むべき相手の孫を
>>続きを読む

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

1.5

落としどころはそこしかないって感じ。

題材は突飛だけど、中身はわりと王道なストーリーで見やすい作品かな?

ただ期待ほどではなかった…

金持ちのじいさんにも良心があったって話なんだけど、邦題の~覚
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

1.0

SWシリーズを大金かけて万人受け作品にしたパロディ映画。という評価しかできない最低最悪の駄作。

STAR WARSは一言で言えば【スカイウォーカー家の物語】だったはず。

そもそもSTAR WARS
>>続きを読む

エンカウンター 地球外侵略者(2017年製作の映画)

1.0

ロズウェルの移籍にUFOが飛来するシーンはカッコいいけど、残りはゴミクズみたいな作品。

何もかもが中途半端で、どこまでが陰謀で、どこからが宇宙人の行動なのかの説明も何もなく、最大の謎も投げやりにして
>>続きを読む

400デイズ(2015年製作の映画)

1.0

視聴者に含みを持たせる終わり方は好きなんだけど、これはなんかちがう…

こちらが想像するだけの要素がない。

だから、何もわからない。

そして、そもそも内容が薄い上に話がとびすぎてよく最後まで見たな
>>続きを読む

トレーダーズ(2015年製作の映画)

1.0

設定は少年漫画みたいで惹かれたけど、デブがむかつくだけのオチが弱いB級映画。

最終的にどうなるかを視聴者に任せるのは洋画ならではだが、ここまで、中途半端な作品はなかなか見ることはないですね…

パッ
>>続きを読む

エボリューション(2001年製作の映画)

4.0

ギャグ満載のB級なんだけど、まちがいなく面白い作品。

吹き替え版は吹き出さないように注意が必要かもしれない…

わりとありがちなストーリーなんだけど、この時代の技術にしてはとても鮮明な映像でテンポも
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.0

久々にBSでやってたので再鑑賞。

クリスマスの風物詩とも言える作品だけど、どちらかと言えば2の方が好き。

主人公と母親の驚く表情が何度見てもツボw

そしてジャイアンポジションのデヴィン・ラトレイ
>>続きを読む

グースバンプス モンスターと秘密の書(2015年製作の映画)

3.5

B級かと思いきやしっかりとした良作。

ジャック・ブラックの演技力と、しっかりしたCG。そして日常的な出来事からファンタジーの世界に入り込む世界観も素晴らしい。

敢えてあげるなら、教頭先生の設定って
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

【重くて暗いだけ】のイメージのDCがかなり頑張ってる作品。

これでコケたら終わりという気持ちもあったのかも知れないが、

初登場キャラが多い中で、それぞれの自己紹介パートが長すぎず短すぎず、ちょうど
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

もう一度鑑賞前に前作を見てから今作を見るべき。

前作で問われていた、「人間か、レプリカントか」という二項対立が、より深みを増し、そもそもの二者の境界線がますます曖昧になり、『そもそもなぜ、「人間か、
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.0

すごく考えさせられる作品。それも35年前なのに、現代に向けての問題提起にもなっている。

近未来は、雨の降る汚いアジアって感じのサイバーパンクは好きじゃないけど、そこを無視できるくらい深い作品。

>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

1.0

期待はずれ中の期待はずれ。というか、エマ・ワトソンの時点で期待値0なんだけどね。

トム・ハンクスに期待して見てみたけど、ストーリーがベタベタのベタな上に、スノーデンの映画化もあって、現実的な事案の怖
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

2.0

ギャグ要素強すぎ。

そして、しょーもない星に長居しすぎて、本編的な部分(ストーリーの根幹)は短い感じで残念。

ソーが覚醒して、地球のアベンジャーズと差がついてしまった印象。それでも手も足もでない敵
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.5

回想物ってやっぱり万人受けしないよな。


作品自体内容は納得できるんだけど、最後のどんでん返しを考えると、なぜ、最初の運転手達をヒールで殴ったのかは理解できなかった…

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

エイリアンシリーズであることを考えずに見れば十分に楽しめる映画だったと言える。

自分的には、終わりかたがすごく良かった。

アンストッパブル(2010年製作の映画)

3.0

『列車を止める映画』
ほんとうにシンプル。

無駄な要素は一切ないので、没入感がはんぱないし、時間も短く集中して一気に見れる。

1人死ぬのは残念だが、実話ベースとは言え映画だからしょうがないのかな
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

1.5

話を飛び飛びにする手法があまり上手く行ってない作品だと思う。

見た目と音響の派手さ、メッセージ性は素晴らしいと思うが、映画としての見やすさや展開は、お世辞にも良いとは言えない作品。だからこそ、緊張感
>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

2.5

評価のわりにはわりと見れると思うんだけど?

オチがよくあるパターンで、伏線見てりゃ予想できちゃうってのが、低評価の原因かな?

それとも、ホラーって分類なのにホラー感が弱かったことかな?

どっちに
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

4.0

テンポ良く、伏線も全て回収、美味しいところだけ全部詰め込んだ感じで、飽きさせない。

強いて言うなら、『どんでん返しが来るんだろうな』って、言うのが作品全体から常に感じられる。

これを良いととらえる
>>続きを読む

レッド・ドーン(2012年製作の映画)

2.5

今見るべき映画!北朝鮮がアメリカを占領w

ギャグとしか思えない設定だけど、そこそこB級としてはしっかりできてる見れる映画

47RONIN(2013年製作の映画)

1.3

キアヌ・リーブス、真田、浅野、残りは愉快な仲間たち。このメンバーで果たしてどれほど海外受けするだろうか。

キアヌ・リーブスは残念ながら、スピードと、マトリックスとジョンウイック以外ではなかなか輝けて
>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

2.5

脱獄物ってどうして脱獄犯を応援したくなるのだろうか。

看守がムカつくからなんだろうけど、アルカトラズに入れられるってことはそれなりの犯罪歴があるわけで。

映画としてみればイーストウッドが何してもい
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

4.0

原作をリアルタイムで読みはじめて、映像として終わるまで、本当に魔法の世界を体験させてもらえた作品。

賢者の石が映画公開した年にハリーポッターと同じ11歳だったので、いろんな意味でともに年を取れて、最
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

2.0

映像全般暗いシーンがどんどん増えて見にくくなってきてるんだよね。

最後までみて思うことは、一作目から変わらず、スネイプの演技力に脱帽。

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

4.1

ノンストップでラストまで駆け抜けた名作。

ラストは納得できない人もいるかもしれないけど、『映画としては』そういう選択もありかなと思う。

日本語版パッケージの煽り文句は映画とマッチしてなくて、評価を
>>続きを読む

大脱走(1963年製作の映画)

3.5

三時間なのにあっというま。
当時を知るのに勉強になる。
BGMが素晴らしい。

エンターテイメントとしては、あれだが、現実はこうなのだろう。あれだけの計画が秒で潰され、脱走しても殺される。すごい現実が
>>続きを読む

トレマーズ(1989年製作の映画)

3.0

80年代の怪物パニックB級映画の定番。90年代で言うならアナコンダみたいな感じの作品。

B級好きは絶対見てる作品。

『女ボスを倒せば全滅』という、定番ストーリーじゃないところもgood

なんとい
>>続きを読む

長く熱い週末(1980年製作の映画)

3.0

ピアース・ブロスナンの初出演物と聞いて観賞。出演は5分くらいで、言われないとわからないくらい若いけど…

マフィアの抗争が複雑で終わりなきものであるってことなんだろうけど、この映画は内容よりも演技力と
>>続きを読む

不都合な真実(2006年製作の映画)

3.3

次回作に備えて観賞。
『映画として』よりも『勉強として』とてもわかりやすく、ためになる作品。

温暖化を進めるかどうかは『政治の意志』。たしかに、いつまでも現在の利益を求めている政治家には見えない問題
>>続きを読む

マックス・スティール(2016年製作の映画)

2.0

こういう能力物のアクションはしっかりCG使ってるかどうかが大切。とても細かい所までCGが行き届いていて見ごたえはある。

敵に魅力がなかったのが残念だけど、次回作を出せるような設定になってるし、ちょっ
>>続きを読む

>|