Yoshimasaさんの映画レビュー・感想・評価

Yoshimasa

Yoshimasa

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

IMAXのドでかいスクリーンで見れて良かった。前作から長い年月を経たが、あの時に描かれた近未来感とは違い、妙にリアルな、もはやすぐそこに迫りつつある来たるべき近い将来、といったような世界観。特に個人的>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.5

監督としてはまったく迷ってないと思うんだけど、『ドライヴ』でガツンとやられた僕みたいなファンは本当に迷宮に入り込んだような感覚。

ストーリーの軸としてはなんら普通、モデルの世界の裏側。そこに突拍子も
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.7

またまた3時間弱の長い長い大冒険。

個人的にみどころは序盤のタルのウォータースライダーのシーン。敵味方入り乱れての楽しいバトル。

最後の城の中でのシーンはそんなに興奮はなかったなぁ。でもカンバーバ
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.6

見よう見ようと思って結局今の今まで見れなかったけど、ドラマが始まるってんでようやく見ることができた。

想像以上に激ユルで、でも何も起こってないようでわずかに時が進み、二人の成長も垣間見れる。

時折
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.2

復習第6弾。

公開当時、映画館で見たけどあまりのお客さんの多さにあんまり没入できなくて。その後DVDで見たときに、こんなにも面白いものかと思ったのを記憶している。

前半のかったるい設定とか展開がど
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.5

復習第5弾。

久しぶりに見ると、ほかのマーベル作品に比べるとそんなにスーパーヒーロー感はなかった。一人の男が国のために戦う英雄譚というか。さすがに赤いガイコツ出てくるとそうも言ってられないけど。。
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.4

復習第4弾。

今見ると浅野忠信の英語は全然聞けるし、結構活躍してる。
リーダーも仲間たちもみんな単純でバカばっかりだから、実は爽快なストーリー。とはいえ、やっぱりロキの印象がすごい。

それにしても
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.5

復習第3弾。

1に比べると好き嫌いが別れるとの本作。個人的にはそんなに悪くはないと思うが、評判の良くないミッキー・ロークといまいち影の薄いサム・ロックウェルのせい?

まぁ、胸に新しく埋め込むパーツ
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.9

新作に備えて復習を。

過去に見たことはあるけど、見直してみてまっっったく覚えてなくて、完全に初見と同じ感覚で鑑賞。結果、すごくおもしろかった。こりゃ新作が楽しみだ。

ハリソン・フォードってやっぱり
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.4

痛快。

映画化するにあたって脚色はされているとの事だが、これは面白い。

立場の弱い人たちが自らを鼓舞し続け、尊厳を誇りを胸に決して腐ることなく、存在を証明し続けることで勝ち取ったという歴史の重みが
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

おっさん、かっこいい…。

見てて、『アイアムアヒーロー』を思い出して、比べながらもその展開に圧倒されていた。できるだけ余計なもよを排除し、特急列車という密室の中で繰り広げられる人間の感情のぶつかり合
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.5

復習第2弾。

もうまったく、本当に、一切覚えてなくてびっくり。岩場のところで吠えるのをかろうじて記憶してたくらい。

ヴィランの躍動感のほうが勝ってて、なんか物足りない感じ。でもやっぱりハルクは好き
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.8

「一旦どこかで見直しとかないと、もう追い付くのめんどくさくなってさすがに飽きそう。でもそれはもったいないし、今が見直すチャンスなのでは?」ということで、復習の始まりです。

なんといってもラストシーン
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

今一番俺の中でキテる女優、ガル・ガドットの太ももががっつり楽しめる2時間20分。

太すぎず細すぎない。完璧なプロポーションに加えて、若干ハスキーなお声。まぁ惚れますわ。顔の前で腕をクロスするあの微妙
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

純粋に、映像を見せる技術というのは日々進歩してるんだなぁと思った。キレイだし、原作やアニメで描かれてきた電脳とかの演出も、なかなかに再現されていて見事。

でも、ストーリーがどうしても頭に入ってこない
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.6

圧巻の106分。

「逃げる」ということの本質を見た気がした。とにかく「逃げる」。どこから撃たれるかわからない。いつ空爆が始まるかわからない。とにかく味方のいるところへただひたすらに逃げる。

一人で
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.1

何が真実でどこに真実があるのか。そして真実を知っているのは誰なのか。いつになれば真実がわかるのか。なぜ真実が出てこないのか。どうすれば真実に辿り着けるのか。

映画の中の事件、そしてこの映画そのものに
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

拳銃という人を傷つけたり殺したりする道具の発砲音をBGMに合わせてリズミカルに鳴らす、っていう演出がどうも嫌いで。そのせいで一気に冷めた。『キングスマン』の首一斉爆発シーンと同じ。不謹慎というよりも、>>続きを読む

スイートプールサイド(2014年製作の映画)

4.0

こういう映画を見ると「『若いっていいなぁ』って思ってしまう年齢になってしまったんだなぁ」と思ってしまった。

毛が濃い女子と毛が生えてこない男子の物語。成長期の体の悩みってそれだけ本人にとっては命より
>>続きを読む

ダンケルク 史上最大の撤退作戦・奇跡の10日間(2004年製作の映画)

3.0

ノーラン先生の『ダンケルク』に向けて予習。

まぁカメラが近すぎて、引きの映像がほとんどないので見にくいったらないですが、世界史にとんと疎い自分にとっては「こんなことがあったのか」と勉強にもなったし、
>>続きを読む

ぼくたちの家族(2013年製作の映画)

4.2

なんて言い表せばいいかわかんないんだけど、見た後にほっとするというか、心がきれいになった気がするというか。とにかく言葉が見つからないんだけど、いいもの見たという感じ。

どこにでもいる家族に訪れた突然
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

ようやく映画館で見れた!もうDVD出たけど。

今回は主人公"スター・ロード"ことピーター・クイルのルーツにまつわるお話。設定とかはアメコミなんで野暮なツッコミは置いといて、チームの結束力が格段に上が
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

アメイジング〜でアンドリュー・ガーフィールドに変わったときも思ったけど、トム・ホランドってちょっとイケメンすぎるというかかわいすぎるというか、ピーター・パーカーっぽくないところが納得いかない。

でも
>>続きを読む

ザ・ドライバー(1978年製作の映画)

3.4

『ベイビー・ドライバー』予習その2。

強盗犯などの犯罪者たちを逃がすゲッタウェイドライバー。仕事の内容に興味はなく、寡黙で淡々と仕事をこなす。そのドライビングテクニックは超一流。私生活も必要最低限な
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.2

さすがに途中でストーリー追うのが疲れてきて一瞬寝落ちはしたものの、通算5作目の映画も楽しめました。

見る前に前作を復習してなかったので、どんな感じの流れだったのか覚えてないなかったけど、たぶんあんま
>>続きを読む

サムライ(1967年製作の映画)

3.5

今度公開される『ベイビー・ドライバー』の予習として鑑賞。

昔、ヌーヴェルヴァーグ作品をいくつか見たがどれも合わず、その時代の作品は見ないと決めていた。この作品もその時期のものだが、とてもおもしろかっ
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.7

それぞれ個別のゾードに乗って出動するときのテーマ曲が流れたときはテンション上がる。合体ロボの戦い方も肉弾戦っぽくてかっこいい。トランスフォーマーには負けてるけど、全然劣ってない。

導入部分というか前
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.7

『ロード・オブ・ザ・リング』をすべて完全版で見た者としては、見ておかないわけにはいかない。ということで、3時間弱の本編時間に耐えながら鑑賞。

サムがいなければただの暴走野郎だったフロドに代わり、今回
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.4

絶望と悲しさと感動が一度に押し寄せる。

メル・ギブソン監督作。過去に監督した作品は見ていない。主演はアンドリュー・ガーフィールド。『沈黙-
サイレンス-』と同じく敬虔なクリスチャン役。

パッと見、
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

4.2

まぁ楽しかったです。

見る劇場、時間帯、年齢層を選ぶ作品だけど、そこがピッタリとはまれば、最高の環境ででっかいスクリーンに映し出される福田ワールドをほかのお客さんと一緒に大笑いしながら見れます。
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.5

冒頭の追いかけられるシーン見て、ちょっと気分が高揚した。でも物語が進むにつれて描かれるさまざまなシーンや演出、そして冒頭のシーン。それらはどこかで見たことのある感じがした。というか、ジブリのいろんな今>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

『バーニング・オーシャン』に続き、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグのタッグで実話物の2本目。

実際の映像を織り混ぜつつ、ボストンマラソン爆弾テロ事件の顛末を映画化。事件発生時の壮絶な現場、そ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.5

何の情報も入れずに見たけど、おもしろかった、純粋に。

ドラマ「リバース」を見てたから、これを見て改めて藤原竜也の演技の幅に脱帽。伊藤英明も仲村トオルも最高。

いろいろなシーンでヒリヒリ、というか緊
>>続きを読む

ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間(1992年製作の映画)

3.5

ここ数ヶ月かけてやっと「ツイン・ピークス」全話見て、本作もようやく見れた。

ドナ役、誰っ?!ローラ、めっちゃ脱いでる!ひたすら映像や演出で遊んだあとにサラッと重要なこと言ってなかった?!

などなど
>>続きを読む

共喰い(2013年製作の映画)

3.9

新旧演技派俳優のぶつかり合い。

菅田将暉も光石研も田中裕子も素晴らしい。菅田将暉のあの目を見ればわかる。彼は今をときめく若手No.1俳優かもしれないけど、それ以上に目と気持ちで演じることのできる演技
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.4

日本もアメリカも年ごろの子どもたちってのはどこも変わんないんだなぁ、と。

でもこんなに下ネタをガンガン言うのは本当なんだろうか?あと、日本だとこういう子ってコミュ障だったりするけど、アメリカ人だから
>>続きを読む

>|