新木さんの映画レビュー・感想・評価

新木

新木

基本3.3が真ん中で乱文多めです

映画(746)
ドラマ(17)

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

だいぶよかったです。佐藤泰志函館映像化作品のなかでは群を抜いていちばん好き。

長尺ではないのだが、ワンカットワンカットが気持ち長めでとても印象的であった。それは、アルバイトをして生計を立てる彼ら彼女
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

ほぼ泣いた。
彼女たちとなんの思い出も被らない僕でそうなのだから、女性は当時の友だちと是非観に行ってほしい。というかそれができることをとてもうらやましく思います。
しかし、大根監督、ちょっと多忙すぎで
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

岸井ゆきのをゴリゴリに推した本作。
家族もので誰かが死ぬ設定など基本的には感動させられてしまうに決まっている。そう、「させられてしまう」感がなんかすごく強いのだ。物語の構成もキャラクターの描き方もとて
>>続きを読む

バース・オブ・ネイション(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

食べ物を拒否する者は杭で歯を折られじょうごで流し込まれる。これがふつうに行われていたのだろうか。
白人の子どもがスキップして遊ぶ後ろに同じくらいの黒人の子ども。しかし後者の首には前者が手に持った縄がつ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

噂に違わずとてもいい映画でした!なかなかここまでわかりやすくも気持ちいい映画はないなと思いつつ、カメラ目線で撮影の続行を促すセリフを持ってくるあたりは鳥肌と感動。ワンカットものなら『アイスと雨音』のほ>>続きを読む

選挙(2006年製作の映画)

-

小泉さんには多少似てるけど、こんな人には票を投じたくないと思いました。改革をなめるな。大きな声で挨拶しかできなく、自民党と小泉さん石原さんにおんぶにだっこの選挙活動。彼が駅前で演説しても立ち止まるのは>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.8

中盤までめちゃくちゃ良かった!もはやバトルシーンいらなかった。染谷くん最高なのと、東出くんはもうこの路線で突き進んでいってほしい。北川景子が真顔で軽く踊るとかいいじゃん

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

毎回60点を期待して観に行くのが僕のなかでのウディアレン監督の鑑賞方法なんですが、今年はなんと67点!良かった!
始まりのティンバーレイク語りから人物紹介、ワンダーホイールの観覧車出てくる流れはとても
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

さすがの安藤サクラに近藤龍人撮影。それと松岡茉優史上いちばんの可愛さ。子役のふたりも良かった。パルムドールおめでとうございます!あとで書く

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.2

楽に観れました。いちばんの驚きは、サミュエル・ジャクソンだと思ってた人がまったくの別人で「サミュエル・デイビス」てクレジットあったから兄弟かこいつはと思ったらそいつもまったくの知らないやつだったという>>続きを読む

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

3.7

宇宙がこんなにもポップで、ある種のフレンドリーさを持っている場所だとしたらなんと素晴らしいことであろうか。
いくら日々の仕事が忙しくても、地球が銀河系のバイパス建設のために爆破されることがない限り「慌
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

すごいセンスでした。冒頭寝てしまったのが悔やまれるけど金曜日の夜だから大目に見てください

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

「ファントムスレッド」の意味がわからなかった。
単語の意味的にだ。なんとなく「見えない恐怖」とかそういう意味なのかと思ったら、「幻の糸」だった。DUOもう一度やろうかなと思った。
正直、鑑賞後はPTA
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

沖田監督のユーモラスととても相性の良かった熊谷守一さん。この監督のほっこりからくる微笑ましい温かな笑いというものはいつでも観ていて気持ちの良いものである。出てくる人に嫌なやつというものがいないのに描き>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ジェフミルズが映画音楽としてまあ下品で邪魔。でもジェフミルズのそれなければただの既視感に溢れたよくあるタイプの邦画。しをんさんだからって、似たような原作持ってくるなて。瑛太すごく良かったし、新さんも評>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.4

飽きることなく観れたけどふつうだった。編集甘いと自殺のが後編にどう効いてくるのか気になる。でもやぱ長いかな

マザー!(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

なんでこの映画は上映禁止になったんでしたっけ?面白さだけでいえば、相当面白いのに。赤ちゃんのあれ?

監督の構成、演出が凄まじかった。来客の厚かましさがエスカレートしていく様子は観ているこちらもとても
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

音楽と編集がとても良く、パティはとてもうまかった。プアホワイトの話なのに、パティはヒップホップでの成功を夢見る。元ロックシンガー?の母親も「白人らしくしたら」と言わせるのはどストレートのジョーク。一方>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

劇場版しか観たことがないがそれにしても面白くない。なぜ評価高いのかまったくわからない。キャラクターの魅力の無さ(すべての人物がそう)、セリフの稚拙さ、妙な間、敵役の動機の甘さと黒幕出てきてから急に弱く>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

構成が非常にシンプルなのに、飽きずに最後まで引き込まれたのはホラー、サスペンスというテーマがそうさせるのか。はたまた(はたまたとはこういうときにドヤ顔で使う言葉である)、監督の感じ得ない催眠術に掛かっ>>続きを読む

>|