MrYさんの映画レビュー・感想・評価

MrY

MrY

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

2.5

バーでワンナイトするから痛い目見るんだよ。ざまあみやがれ

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

田舎娘が都会で夢をつかむために頑張る映画だと思ったら、時間ん経過に連れてトリップ→サスペンスと代わる代わるジャンルが変わっていく映画だった。にもかかわらず破綻せず1つの作品として成り立っており、監督の>>続きを読む

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(2021年製作の映画)

1.0

すみません
久々に頑張れませんでした

バイオハザード自体は好きなんだけどな

ミュータント・タートルズ(2014年製作の映画)

2.5

アニメではドナテロ派だったが
なんか気持ち悪いオタクになってた

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

サスペンスとSFが融合した映画
次はどうなるんんだろうというワクワク感とSFならではの広がりのある映像で実際より短く感じる映画でした
面白い

ゴーストバスターズ/アフターライフ(2021年製作の映画)

4.0

孫がおじいちゃんにすごく似てるのは気のせいか?メガネのせいか?

過去作の要素の入れ具合は完璧だと思った。

パラサイト(1998年製作の映画)

2.5

俺ならこうしてた!みたいなことを言い合える絶妙なスキがあり、完璧なパニック映画だと思う。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.5

人類の業が招いた恐竜と共生する世界になってしまった結果に対して、何も解決策を示さず↓を2時間にまとめた作品。
バイオハザード
インディージョーンズ
ミッション・インポッシブル
B級パニック映画

映画
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

1.5

ピンクのゾウやればいいてもんでもないだろうに。。魂の戦士不在の影響は大きい

ターザン(1999年製作の映画)

3.0

アニメならではの迫力あるアングルでジャングルを縦横無尽に駆け回るターザンの姿は爽快感MAX。
考えるな感じろ作品。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.5

少年以外すべてCG。
少年の取り巻きの動物があたかも生きているような錯覚になった。
ディズニーCG映画の最高峰だと思った。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

2.5

びっくりするくらい元ネタと一緒!
CGの良さとは何かを改めて考えさせられた。ただし結論は出なかった

マレフィセント(2014年製作の映画)

1.5

アナ雪といいこの頃のDは、なにかの団体に圧力かけられていると思われるシナリオ。

整形水(2020年製作の映画)

3.5

70年代のとんでもSFホラーぽくて良かった。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.0

1〜3に比べておもちゃ動き過ぎでは?
そりゃあおもちゃ無くすわ

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

「酸いも甘いも知って成長したにもかかわらず、結局元彼ですか〜(´Д`)」ってなった。
肌に合わない

武器人間(2013年製作の映画)

2.0

シュトロハイムもびっくりなドイツの科学力。

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

5.0

映画業界が下火の中、映画館の大画面で、映画館の大音量で体験するべき映画を作り上げた制作陣に脱帽です。
CGで素晴らしい映像が乱立する昨今にアクションで絵作りをするトム・クルーズ!彼が作り出す血の通った
>>続きを読む

死なない頭脳/美しき生首の禍(1962年製作の映画)

4.0

面白いものは有名になるから、隠れた名作とかないと思ってたけどありました。すみません。

名作でも時間によって忘れ去られてしまうのですね。

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


軍にはむかって、骨折までしたにもかかわらず手も繋ぐことすら許されない。

オタク映画なのにオタクに現実付きつける鬼畜映画

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.0

人の金でローマで遊ん出たら、そりゃあ楽しいでしょうね

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

4.0

現場で命を賭して戦った人間のみがわかる尊厳が勝元にはあった。大村はつまりそうゆうこと

この撮影のために馬怪我してしまわないかヒヤヒヤした

ドラえもん のび太の日本誕生(1989年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

未来警察の人は自力で秘密基地を見つけるべき

>|