yoshipyさんの映画レビュー・感想・評価

yoshipy

yoshipy

映画(313)
ドラマ(20)

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

キングスマンで泣いてしまうなんて1ミリも思ってなかったよ!

まず、ハリー!!!!!
前作でかなりショックだったから、まぁ生き返ることはジャケからしてわかってはいたけど、とはいえ泣いちまった。
そして
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

人間が形成してきた社会の中での「普通の人」は、マジョリティであるかどうか。
正直自分も我が子にいわゆる「普通の人」として生まれてきて欲しいと祈っていたし、今後も「普通の人」に成長していって欲しいと願っ
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.9

映像が美しい。
街並みが美しい。
アン・ハサウェイが美しい。
ジム・スタージェスが美しい。
美しいは正義。
二人で行った旅先の砂浜でのアンハサウェイとか何事だよ。美しレベルがえぐい。

大学卒業の年か
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.0

トラヴォルタのダンスを見てパルプフィクション見返したくなった。
あれだけどこもかしこも誰もかれも歌って踊ってたのに、結局脳裏に焼き付くトラヴォルタ。嗚呼トラヴォルタ。

主人公の子が明るくてパワフルで
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.2

セロン姐さん、、、あっぱれ!!!!
今回は銃で撃ちまくったり殴りまくりの肉弾戦をする姐さんは1ミリも見れないけれど、ある意味過去最強クラスのビジュアルの強烈さ。

アトミックブロンドで見せたあの抜群ス
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.8

見終わって一番心に残ったことはこの映画の諸々うんぬんより、なんとも不思議なフィンランド語!(フィン語?
なんだこの音節は!!!

失恋したことをきっかけに、自室の物を一つ残らず倉庫に預け、毎日1つずつ
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.5

この題材で、重過ぎず軽過ぎず、そして過不足なく、100分以内でおさめている今作。理想的かと。

グレイスの子供達との向き合い方は、子育ての教科書だった。
いつも子供と同じ目線で物事を捉える。
対面じゃ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.3

エドガーライト、、鬼のセンス、、
ベイビーがiPodをカチカチしてBellbottomsを流して覚醒したあたりでもう大好きが止まらなくなった!!
その後のカーチェイスはもうテンションブチ上がり。
恐ら
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

まてまてこの街は私のような平凡な一般人は存在してないのかよ!
駅構内での地味な撃ち合いも電車内での刺しあいも、超絶ド級大事件なのに客の反応おかしくないかと思ってたらそういうことか。いやいや全然理解でき
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

最初の10分くらい富裕層版のパターソンを期待してしまった。
スタイリッシュで清潔な部屋で、お目覚めのコーヒーを淹れて。
と思ったらそこからは突然血の海。
撃って撃って撃ちまくる〜
ちゃんと頭を撃ち抜く
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.3

クリーデンスの血筋が、SWのレイの血筋級にぶったまげた。
リタ、めっちゃスリザリンっぽいわ。
毛むくじゃらの仙人みたいなダンブルドア先生の若かりし頃がなぜ既に毛薄のジュードロウ〜魔法ではやしたのかね〜
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.1

ワクワクしたな〜!
ハリポタの本を初めて読んだ少女時代のあの日あの時の感覚蘇りし。

エディ・レッドメインのナードな演技が大好物だった!
首を斜め45°に傾けてチラッと見る感じ。
かわいい〜〜

動物
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

自粛の日々の中、鬱々とした気持ちになってしまう瞬間が多々あって。
大袈裟に言えば
楽しみが全て奪われて何の為に生きてるのだろうか。とか
ゴールが見えない中で誰にも会えずどこにも行けず先が何も見えないし
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.7

笑ったな〜夜中に寝室でタブレットで見て随所で吹き出して家族が起きる程。

自分自身今作の大体の舞台である埼玉東部に隣接したギリギリ東京の出身ということもあり、ものすごくローカルネタがツボに入った。
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.4

冒頭何分かのパリの街博覧会みたいな映像に釘付け。あれ全て写真にしてください。

オーウェンの野暮ったさ、最高。
どこのイケメンかと思ったらトムヒ。
アドリアナ改めマリオンの美しさよ。

トンデモな話を
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.2

続けて見た。
なんか一気に話の骨格がしっかりしてただのABBA押し映画じゃなくなってて、めっちゃ良かった〜〜〜

若かりし頃のダイナモス3人のキャスティングが最高過ぎる!!
終始ワクワクさせてもらえた
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.8

ABBAの名曲達を楽しむべく作られたと言ってもいいんじゃないかって程のABBA寄りなお話でちょっと無理くり展開は多目だけどABBAが良いから結果良し。

ドナの若かりし頃のモテっぷりと、殿方達の粒揃い
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

4.0

何年ぶりの鑑賞だろうか。
でも、序盤の父親プーラン氏のアレが母親のアレに到達してアメリが生まれた的なくだりを見て、あぁコレだったと思い出した次第です...嗚呼フランス映画よ...割愛。

街並みもイン
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

絶賛子育て中につき限られた時間の中でてっぱんの良作のみを選んで鑑賞してる昨今で、ぶっちぎってきた今作!!!!!
全てが最高レベル。ジャク・ウィル役のノアジュプ君にガチ惚れ。

マイベストムービー更新し
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

高低差で耳がキーンなった。
大大大傑作。
脚本も役者の演技も空間演出も奥深い。

今回のアカデミー賞受賞は世界がやっと韓国映画に追いついた感すらある。

ただただ感服。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.8

いい!いい!物凄くいい!!!
タイカワイティティの世界観相変わらず好き過ぎるよー!!
オープニングシーンのジョジョ君お着替えシーンから、「キャプテンK!Foohh!!」やれやれ からの、
ジョジョ君と
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

スカイウォーカーそしてパルパティーンの夜明け!やっと見れたー!

血統か魂か。
新しいサーガの始まりを思うラストの黄色いライトセーバーにはココロ踊る。

謎展開が多過ぎて、観賞後に友達と3時間程考察し
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

私は今日ジョーカー誕生の要因になってしまったかもしれない。
私は明日ジョーカーになってしまうかもしれない。

こんな風に心底思ってしまう。
とてつもなく恐ろしい。

かつてのヒース、今作のホアキン。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.6

タラちゃんは優しいなぁ。
監督タランティーノ、いち映画ファンであるタランティーノ、だからこそ成し得たシャロンテートへの弔い映画。

何度もめっちゃ声出して笑いたい場面があったけど、劇場が葬式の如く静ま
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5

1時間くらい正直かなりキツかった。
ラスト漫才と最後の神谷の言葉でちょっと盛り返したかな。

決定的な欠点として、神谷が別に型破りだとは思えなかった部分。
それ故、徳永がそこまで心酔することに共感でき
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

やっぱ美女と野獣大好きだ!
自分の中でハーマイオニーでしかなかったエマワトソンが今作で完全ベルになった。ユアンもイアンも最高!
王子様、もうちょい若めの人でも良かったのでは?とも思ったけどほとんど野獣
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

物資的にまたは精神的に自立できていない二人が同棲したらどうなるのかの答えとして模範的な二人。

ツチダの勝手に頑張っておかしな方向に突っ走って傷ついた末の押し付けがましさとか、元彼との諸々とかうぜー!
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

トム・フォードのリップを買った日に気分上がって鑑賞。

気分下がりまくり。
この映画の自分なりの解釈を模索する日々。

スーザンの自作自演なのでは?
と思ってたのだけど、やはりシンプルに20年越しの復
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.8

ライオンキングドンピシャ世代の私。
何度見たか。
劇団四季とかブロードウエイとかそういうのも含め。
2019年だし、令和だし、ジョンファブローだし、新しいライオンキングを期待していたけど、THEライオ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

3回見てやっと頭が整理されてきてこの映画すげーぞ!ってなった。
現代史であり音楽史でありファッション史である。
1回目の鑑賞は混乱し過ぎてサッチェルが何かさえも見失って玉砕した。

まず、シャーリーズ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

松岡茉優、、、素晴らしすぎるよ。
うつけもんの司会をおぎやはぎと一緒にやっていた頃から間の取り方もトークスキルも段違いで、今作でこれだけ笑えたのも素で彼女はお笑いスキルが高いからなんだと思う。
日本の
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.9

SWなのになんかグダグダしてるし色んな人がしゃべりまくるし点と点が線にならないし、無駄も多い。
なのにおもしろい。さすがSW!
SWとMCUは話が多少無理くりでも許せてしまうマジック。

まぁ、3部作
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.1

今更単独SW祭も佳境。
レイちゃん強かわいい!
スタイル抜群の美人はこの世界にごまんといるだろうが、フォースも使える美人はいないよね!

これから多くの謎が解明されていくのだろうし、新時代新ジェダイが
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

-

自宅も実家も浸水させられてました。
都民としては少々複雑な気持ちにもなるけど、東京の描写がリアルですごい。
(ルッソ兄弟見習って)
高島平に住むおばさんの名言たるや。

まず君の名は。を見なさいよ俺っ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

5.0

もう本当ありがとう。
スターウォーズ色々ありがとう。
今更だけどありがとう。
30超えて、親になって、時系列で見て、やっと刺さりまくったよ。

心拍上がりまくり
泣きまくり
笑いまくり
萌えまくり
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.4

今作をタイムリーで見ていた当時の観客達は、ベイダー卿の衝撃告白に腰抜かすレベルでびっくらこいたのでしょうか。
羨ましい。
嘘つきヨーダめ!のテンションからルークがダークサイドに堕ちるのではと展開を知っ
>>続きを読む

>|