よしたろうさんの映画レビュー・感想・評価

よしたろう

よしたろう

映画最高!

映画(363)
ドラマ(7)

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.9

2時間ずっとパソコンの画面だけの映画ですごかった!展開も面白かった!けど待てよ?これは映画館で見る必要あるのか?面白かったけど。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

5.0

主人公の男に関しては、お金持ち最高。ヒロインに関しては、頭良くて最高。脇役に関しては、面白くて最高。映像、音楽に関してはおしゃれで最高。てか、死ぬほど面白かった。捻りや仕掛けは何もなくて、ただただ大げ>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

途中まで、響が欅坂46の平手ちゃんということを忘れるほど没頭した。監督、演出家がいる中で、ああしろ!こうしろ!言うな!レーベル及び事務所の野郎!!!と言いたくなる場面も多々あった。天才は最後。あと、ご>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

1人の社会人として、会社員として、クソ社畜として、すごくソワソワしながら観てしまって、観終わった後、ソワソワしてんじゃえよ!殺すぞ!!!って自分に言いたくなった後に、ピグレットの顔を思い出して泣いた。>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

コギャルの文化もっともっと深掘りして、これが日本版だぞ!!!!!!!!くらいの気合が欲しかった。とても良い原作を、とてもわかりやすくリメイク。爆泣きしました。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

裁判とか数学とか教育とか全部ぶんなげて愛最高っていうパンチ映画

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.0

いい映画だなあ、お父ちゃんの長ゼリフもありきたりだけど、とても良い〜お父ちゃんとお母ちゃんの物語だねえ。たくさん笑って、たくさん泣いたお店〜!

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

2.5

エンドロールは大事 斎藤工もうこういうの出なきゃいいのに

二重生活(2016年製作の映画)

3.3

哲学科の院生があんな可愛くてエロいなんて映画は映画だな。そして菅田将暉。

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

4.0

考え抜かれた脚本とか、心を震わす台詞とか、息を飲む演技とか、1個もない(は、言い過ぎだけど)、めちゃめちゃ最高な空気感と、読後感というか、良い映画だったなぁ、、

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

5.0

全中学生に義務教育の一環として鑑賞させて、最高に素晴らしい、悔いのない高校生活を送ってほしい。

とんでもなく素晴らしい作品すぎて気が狂いそうだ…

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

大人でも楽しめるのがピクサーじゃねえのかよ!!!!!
と言いたいけど、墓参りしたくなったよね。憎いねえ、ウルウルだねえ。

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

ハラハラした…!いつもは映画をボーッと観てるんだなって思わされた。それくらいハラハラした2時間でした。

嫉妬の塊の姉、外見だけのバカ妹の2人姉妹。暴力的でヤクザ者な兄、地味で普通な弟の兄弟。前者3人
>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

2.5

閉鎖的な地方都市、若さ有り余るティーン、てきとうに描いた宗教、ちょっとしたエロ、勢い系の若手を積極的にキャスティングした、よくある邦画要素を詰め込んだ感じ。

テッド 2(2015年製作の映画)

4.0

こんな疲れた日には、ずっと観たかったTed2を見ようと意気込んで観たよ。

途中で気づいた!!俺これ映画館で観たわ!!!!うわあああああああ!!寝よう!!!!4点!!!

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.8

仕事が終わって、クタクタの状態でネクタイだけ外して、コンビニ弁当食べながら、だらだらと前半を見て、お菓子を食べながら中盤をみて、毛布を抱きしめながら後半泣いた。素敵な人生だったな!!!おじさん!!!

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

5.0

ダサすぎる。まぶしすぎる。最高すぎる。なんなんだこれ…泣

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.5

めちゃめちゃ良かった…リリイ・シュシュのすべてが一番好きな映画だってことを思い出したぁあああああ!!!あーーー!!
良かった良かったーーー!!!

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.2

ノンフィクションだし、演技も素晴らしいし、セリフも少ないけどグッとくるし、音楽も儚げで素晴らしいんだけど、なんか100点の映画を見せつけられてるみたいで、途中からお腹いっぱいになった。

タイトル・予
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

2.8

情けないよね?こんな形でしか自分の気持ちを確かめられないなんて…的なセリフえもかった。

なんでそうなったのか的な、過去の事や経緯の事は全部省いてて、あくまで今、これからどう生きて行く?的なのに終始統
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.9

自分の幸せの尺度で話すな!!!と怒る本木雅弘、胸ぐらを掴んで何か言いたいのに言葉が出ない竹原ピストル。あとは、長男の強さ。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

現実と過去を行ったり来たりに癖があるというか、わかりずらいというか。。

元嫁の立ち話のとこ、思ったことを全部言葉にする元嫁と、なんでも噛み殺して主人公にジーンときた。

甥っ子に対する終始まっすぐな
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

家族最高なんよねえ。映画館で号泣した気がする。そもそもレイチェルマクアダムスごりごりに最高。

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

2.8

トンネルに閉じ込められた男と、それを助ける人、待つ家族っていう、まー想像つく範囲の物語を、ひねってくるとかと思いきや、そのまんま直球で、逆にびっくりした。清々しいシーンが後半に1箇所あった。

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

JKギャング団という意味不明な設定すら何とも思わないくらい、演技が好きなキャストが集まった良い作品だと思いました。

>|