yoshizouさんの映画レビュー・感想・評価

yoshizou

yoshizou

映画(118)
ドラマ(0)

散り椿(2018年製作の映画)

3.5

上野で昼観たせいか、いつもの映画と客層がちがう。
自分最年少?
お年寄りで賑わっていました。
四季の風景が美しく、岡田准一の殺陣もよく、年配の女性たちも胸がキュンとしたに違いない。
帰りに、一緒に出て
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

アベンジャーズが人類のために戦っていた間にアントマンは何してたかというと、ピム博士の奥さん救出、つまり家族のため、彼女のために戦っていた!敵の目的も世界征服とかではなく、自らの救済だったり、金儲けだっ>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.1

007シリーズだと毎回ボンドガールが替わり、ジェームスボンド以外総入れ替え感があるが、こちらはお馴染みのメンバーの安心感、安定感。それぞれのキャラクターにすぐ感情移入できて楽しい。
その分心拍数も上が
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

オーウェンもブルーも頑張ってたが、一番偉かったのは隣の檻にいた頭の硬いあの恐竜!

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

公開後TVでよくCMやってるので、これはダメなパターンかと思いながら観賞。でも、楽しく観ることができました。よい意味で期待通り。こんな感じでチューバッカと会うだろうとか、ランドと絡むだろうとか予習して>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

昔の少年ジャンプみたいだな。敵がどんどん強くなっていって、いやもう勝てないっしょというレベルまで。
今回、まさに!
どうするのこれ?サノスは帰ってくるって、そらそやろ。
あと、個人的にはスティーブは髭
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

ジェニファー好きというだけで観た。
ロシアが舞台だけど言葉は英語というちょっと不思議な感覚だったが、英語吹替え版を観ているんだと思えば大丈夫。
ジェニファー▪ローレンスの透明感がロシアの美女にピッタリ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

年下の友人に薦められていた本作をようやく鑑賞。
デル▪トロ監督のオタク度メーター全開の渾身の映画だった。
画面の美しさ、エロさ、バイオレンス、全てに目を奪われているうちに終わった。
いつもは登場人物に
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

年下の友人に薦められた作品を観ようとしたが、人生に導かれてこっちを観賞。何の予習もなく観たので、実話ベース、と言うより実話そのものということも全く知らなかった。クライマックスの格闘シーンも、イーストウ>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

楽しい。そしてショーを観たくなる。ヒュー▪ジャックマンが全力疾走するとウルヴァリンに見えてしまうが、そこも含めてお薦め。
観て3時間たちましたが、頭の中でずっと曲かかってます♪

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

アメリカのぬいぐるみのクマはお下品極まりないが、こちらのクマは真面目で礼儀正しく、さすが紳士の国イギリスです。この二人(二頭)の合作、、、いや無理だわ(笑)。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.8

原作をすでに読んでいたので、TVドラマを含む過去の新参者シリーズを観た時のような衝撃はなかったが、その分加賀や綿部に感情移入して楽しむことができた。ミステリーでも、原作読んでからの観賞もありだなと初め>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.6

エマ▪ストーンが増量しテニスの猛特訓をして撮影に臨んだというだけに見ごたえ充分。敵役のスティーヴ▪カレルも魅力たっぷりで、実はミニヨンズのグルーの声の役者だったのですね。この方がコメディ要素を強調して>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

キングスマンなら地雷を無力化する機械ぐらい作れるだろーとか、前作の準主役を簡単に殺しすぎー(続編で生き返るような気がするけど)など、突っ込みどころには事欠きませんがアメリカ大統領の無茶苦茶な思考は現職>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

スター▪ウォーズをお腹いっぱい楽しめました。人間臭いBB-8が前作以上の大活躍。R2もいい味出してた。C3-POはあまり活躍していない気が。余計なことを言う邪魔なロボットとなっている。キャラが時代遅れ>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.5

前2作に比べて下ネタや暴力シーンが減ったと思ったら監督が替わったのですね。個人的にはこっちのが好きかも。本物の市長や栗山監督出しといておげれつって訳にはいかんだろうしなー。峰子こと安藤玉恵の露出も押さ>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーは普通だが、漫画原作だけあって、脇役のキャラが立ちまくっている。スピンオフが10作ぐらいできそうな、、、
個人的には安藤サクラの死神でぜひ。
あとは、橋爪功と吉行和子がここでも夫婦役で出てた
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

面白かった。が、ワンダーウーマンでもってる感が。
同盟作らずとも、スーパーマンとワンダーウーマンの二人最強タッグでもじゅうぶん強いぞ。
バットマンが明るいキャラになってるのもダイアナのおかげ?
個人的
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

主人公メイの気持ちの変化についていけなかったな。アニーの見た目が疲弊していくさまは漫画のよう。あと、両親もカメラ外せるんなら最初に外しとけよ、、、

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

ジンジの問答無用の愛に衝撃!
阿部サダヲ、蒼井優とも名演技だったが、竹野内豊、松坂桃李の最低男ぶりもなかなか。終演後後ろの席の女子がこんな桃李くん観たくなかったとつぶやいてました(笑)。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

マット▪デイモンが出てたり、監督自身が結構重要な役で出演してたり、予備知識があるともっと楽しめそう。アベンジャーズのソーは堅物で最強のキャラだった気がしたが、コミカルになるとともに弱くなってない?

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

音楽がナイスでした。デヴィッド▪ボウイに始まりデヴィッド▪ボウイに終わる。そして、ベルリンが舞台だから当然ニーナも!
80s好きにはたまらない。最近こういう映画多いです。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.9

映画を観てから原作を読みました。どちらも鼻の奥がツンとする感じを味わいたい方おすすめ。どっちが先でもそれぞれに良いのが東野作品だと思います。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

観終えたあと誰もが元気になる映画。そしてトイレが館内にあってよかったと思う映画です。

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.5

B級感満載だなあと思って観ていたらラストのCGバトルはなかなかの迫力。Gメン75のテーマもGood 。おまけ映像がとってもよかったので、最後まで席を立たないように、って今日で上映終了でした(涙)。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.9

3人が雪に寝転ぶ予告編にもあったシーンがよかった。重盛が三隅を理解しようとしたのだろう。でも最後まで理解はできなかった。そしてラストで気づく。印象的な最後のセリフ。、、、、、でも正直いうと福山雅治、ガ>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

106分間のほとんどが戦場シーン。緊張しっぱなし。ドイツ兵が出てこない分ホントに怖い。当時のイギリス兵たちも同じ恐怖を味わったに違いない。そんな中で、双眼鏡を覗く大佐(?)が「何が見えますか」と聞かれ>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.2

合戦シーンの迫力と各々の軍勢の母衣の鮮やかさがよかった。家康が劇中で説明しているが、そこにも注目してという監督のメッセージかな。あの腹はCG?と思ってしまうぐらいの役所広司の役づくりの凄さ。さすがです>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.4

これはずるいと思う。
ダイアナの美しさ、初めて人間の世界に出たときのキュートなぼけっぷり。男性客はみな惚れるだろうこれは。監督がそういう撮り方してるよ。ダイアナに見とれてるうちに映画終わりました。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.7

最初のカーチェイスシーンから始まり、ラストまで音楽が主役。
寡黙な主人公ゆえ、BGM とともに映画の中にすっと引き込まれる。
カーアクションももちろんよいし、仕事のあとコーヒーを買いに行くところも好き
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

これまでのスパイダーマンシリーズにあった暗さがなく、これはこれでよいと思う。
だから、次作で太っちょの友達が敵に回るとか、彼女がおかしくなるとかいうストーリーはやめてほしいな。
あと、メイおばさん同様
>>続きを読む

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.5

原作は知らないけど、原作者は「チャーリーとチョコレート工場」と同じ作家。
ジブリがアニメにしてもいいんじゃないって感じのファンタジーでした。

アメリ(2001年製作の映画)

3.8

フランス映画だからいいんだろうな。
これ、同じ脚本で日本人でやっても全くダメなんだろう。
キモっ!となるだけでしょう。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.8

このシリーズ観ると、しばらく頭の中であの音楽が鳴り響く。
退屈する暇なくあっという間にエンディング。
一番印象に残ったのは、ポール▪マッカートニー?
次が、あるとしたらウィル▪ターナー主役のスピンオフ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

4.5

ジブリっぽいけど、ジブリにあらず。
監督もそれはよくわかっていて、過去のジブリ作品の匂いを感じさせつつ、明らかに違う作品を作った。
のびのびとと言ったらいいのか、観てて楽しかった。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.5

予告から観ると約3時間、トイレ我慢できるやろか、という不安を抱えながら観賞。そして途中で飽きて寝ないだろうか。
結果は No problem !映画館で爆笑したのは久しぶり。
お父さんも最高だが、吹っ
>>続きを読む

>|