Harumiさんの映画レビュー・感想・評価

Harumi

Harumi

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

原作読了後すぐに鑑賞。
文面で想像できていたつもりでも、やはり拷問の場面は残酷です。映像の力を感じました。キチジローの滑稽さもしかり。何度懺悔すれば済むの!と司祭同様イラつきましたが、キチジローの気持
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

配役が見事にハマっていて、展開もテンポ良く、2時間あっという間でした。

身内ゆえに境を越えた言動を取ってしまう。これがもっと激しくなると事件に発展するんだろうなぁと思いながら観てました。そんなシリア
>>続きを読む

ガチバン ULTRAMAX(2014年製作の映画)

3.0

中盤セカチューぽくなって驚いた。
でも、後半はヤクザ映画のようなやり取りが。窪田正孝、山田裕貴のタイマンシーンは見応えありました!

ガチバン クロニクル(2014年製作の映画)

2.8

窪田正孝のダンスが見れるという事で楽しみに観ました(笑)
ヤンキー映画というより青春映画です。

ガチバン スプレマシー(2013年製作の映画)

2.8

苦悩するヤンキー、勇人・・・。
今回はあまりヤンキー映画っぽくなかったな。
紋児と二人で勉強する姿はけなげ!

ガチバン WORST MAX(2012年製作の映画)

3.0

シリーズの中では見応えあるほうでした。ウシジマくん要素感じる内容だったな・・・。

ガチバン MAXIMUM(2011年製作の映画)

2.9

今回は少しだけ働く勇人が見れました。
ホストにハマる潤の言動がやるせなかったです。やっぱり女の子とのやりとりがある方が好き。

ガチバン アルティメイタム2(2011年製作の映画)

2.8

今回も何とか収まった(笑)
銀次はどうなるのか気になるけど。

ガチバン アルティメイタム(2011年製作の映画)

2.8

今回はヒロインなし、男臭いです。
ラストの展開、演出は苦笑ものだけど、続きがあるなら観るよ・・・。

ガチバン アルティメット(2010年製作の映画)

2.5

コメディタッチなのはいまいちだなぁ。
でも見続ける私・・・(笑)

ガチバン SUPERMAX(2012年製作の映画)

2.8

今回は一番ヤンキーがしっくり来る舞台設定。やっと働く事の意義に気がついた!?勇人の葛藤が窺えます。
渋谷、歌舞伎町編に比べたらちょっと中だるみ。
窪田くんがお腹空かせてたら、そりゃ恵みたくなるって!(
>>続きを読む

ガチバン MAX 2(2010年製作の映画)

3.0

ケンカは強いけど女には弱いのわかりやすい例(笑)パターン決まってるけど、だからこそあまり考えず見れる。

"女を食いもんにはできねぇ!"

それなら、働けっ!(笑)

あと斎藤工がホスト役でちょっと出
>>続きを読む

ガチバン MAX(2010年製作の映画)

3.0

窪田正孝が観たくてこのシリーズに手をつけました(笑)ストーリーは期待してなかったけど、思ったより良かった。

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

4.0

ウシジマくんはドラマの方が面白いけど、映画ならこのシリーズが一番良かった。窪田正孝のホスト役にドキドキした~!!
門脇麦、高橋メアリージュン、菅田将暉とキャストが最高!

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

多分原作を読んでいたからこそのこの評価。西川監督の描きたいことをしかと受け止めた気分。内容を知っている分、物語の流れを懸命に追う必要がなく、演出や演技を楽しむ余裕がありました。
声だけの出演でも存在感
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.3

キャロルの秘密が徐々に明らかになっていく展開に、ドキドキしながら観ました。
当時の時代背景なら、親権に絡む最後の決断も致し方ないのかなと・・・、切なかった。
『自分を偽る生き方では私の存在意義がない』
>>続きを読む

疑惑のチャンピオン(2015年製作の映画)

3.0

展開が早く、思っていたよりも軽い仕上がり。
それでもやはり、ドーピングのシーンは見ていて気分が悪い。
一方、癌患者の為に尽力する場面もあり、きっとどちらも本当の姿なんだと思う。
癌患者の為という大義名
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

3.3

辞書を作る話で2時間どう見せるのだろうと思いながら鑑賞。
辞書作りを通して成長していく主人公、馬締(まじめ)、それを支える香具矢(かぐや)、仕事仲間、それぞれのキャラクターを楽しむ映画でした。
配役が
>>続きを読む

ノン子36歳 (家事手伝い)(2008年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

レビューはあまり高くないようですが、最後まで飽きずに観れました。
ノブ子が自分よりさらにダメな男達を反面教師にして、自立していければいいですね。
マサルは自己中で視野が狭く、思考が短絡的。
ノブ子が祭
>>続きを読む

鴨川ホルモー(2009年製作の映画)

3.0

BaseBallBearが主題歌を担当しているということで観てみました。「神々LOOKS YOU」なるほど!
映画にとても合ってて爽やかなラストを演出していました。

京大に入った主人公が、式神を操る
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.0

主人公に魅力を感じることができなかった。家族への愛というよりエゴに思えてしまい、いまいち感情移入できず。
例えば安澄がいじめられた時の対処。
「いじめに屈するな」という意味で「明日も学校行こうね」と言
>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.5

前作に漂っていたエンタメ感はなく、シリアスなストーリー展開でした。
自分の力の無さから悪の道へ踏み外していった滝の生き方が悲しい。
横浜の景色と関の画がカッコ良かった。

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まず俳優陣のスーツ姿がカッコいいです!こんなスカウトマン、足を止めるでしょ!!
乱闘後、怪我の回復力のすごさ、秀吉と白鳥が殴り合って和解する場面に少し覚めてしまいました。
あと、秀吉が白鳥を憎むきっか
>>続きを読む

はじまりはヒップホップ(2014年製作の映画)

3.0

メンバー全員60歳以上!中には90歳を越えているおばあさんも。
年齢を重ねていくと、既存の生活を送る事すら大変になってくるのに、様々な事情を抱えながらもヒップホップの大会を目指すメンバー達、カッコいい
>>続きを読む

魔女の宅急便(2014年製作の映画)

3.0

正直あまり期待していませんでしたが、割と楽しく観ることができました。
キキ役の女の子の演技が新鮮で好感が持てました。尾野さんのオソノさんがハマってる!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 前編(2017年製作の映画)

3.5

彼の現地に溶け込もうとする前向きな姿勢はさすが。そして各国の音楽の根付き方がやはり日本とは違うなと思いました。

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

腹違いの妹を引き取り、共に暮らす。
現実はこの映画のようにキレイには纏まらないと思うけど、良かったです。
もっと事件が起きたりするのかな?と思ったけどそんなこともなく。
女優陣の美しさを素直に堪能。
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.0

監督の実体験を元に作られた、ホラー映画並みに緊張感半端ない作品。
血の滲む努力とはまさにこの事・・・。
世界に名を残したスタープレイヤー達もこんな努力をしてきたのだろうか。
後半の展開と演奏の迫力に圧
>>続きを読む

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

3.8

原作に忠実な部分が多く、丁寧に描かれていたと思います。
永山絢斗、田畑智子共に、役に合っていて良かったです。個人的には窪田正孝が素晴らしかった。
郊外特有の閉塞感が感じられ、小説では味わえない空気感が
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.5

アクションシーン、迫力があってなかなかの見応え!
個性豊かなペット達の姿、楽しい気持ちで観れました。

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

3.8

最初から最後までハプニングだらけ、「ありえない!」と思う隙を与えないくらい、テンポ良くスピーディーな展開。
楽しく観させて頂きました。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

音楽とダンスが見ていて元気になれる♪
やっぱり音楽や歌は、コンプレックスや葛藤を抱えている方が表現の糧になるのかなぁ。
メンバーそれぞれ事情があって、それを歌で昇華させている。
その描き方に心打たれま
>>続きを読む

手紙(2006年製作の映画)

5.0

号泣、嗚咽しました。
登場人物全員の心情に共感した。
日本は加害者とその家族が同一視される事が多いという。確かに加害者と加害者家族は別である。
けれど現実は、綺麗事では済まない。
主人公の職場に現れた
>>続きを読む

ケンとカズ(2015年製作の映画)

3.5

俳優陣の演技が素晴らしい。
後半の緊迫感に圧倒されました。
メジャーなキャストではありませんが、だからこそ出せるリアリティ。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

アレハンドロ監督の自叙伝的映画。
どのくらい理解できるのか覚悟して観に行きましたが、もう、これは何も考えず身を委ねていい作品です。
夢、幻想のなかに入り込んでしまったかのような映像。
ぜひ劇場で観るこ
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.0

ハマらなかったけど、これは好みの問題だと思います。若い子なら共感できるかな?あとはファンタジー要素に耐性あるかどうか。
主演の二人が美しく、京都の街並みにも合っています。
小松菜奈ちゃん妖精みたいだわ
>>続きを読む

>|