yoshiminさんの映画レビュー・感想・評価

yoshimin

yoshimin

キロク用

映画(353)
ドラマ(1)

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.9

冒頭からカメラアングルが斬新!
動物たちがとにかく面白い!
アヒルたちや、鏡越しに跳びたまごを産むニワトリ、ミルクを飲むヘビ、もこもこの羊たち
動物映画並みに、たくさんの生き物たちが活き活きと登場して
>>続きを読む

ニューヨーク、愛を探して(2016年製作の映画)

3.2

様々な状況や関係に置かれてる母と娘の話

色んな形があってもいいと思える
お互い信頼関係があればこそ

色んな母娘がハグするシーンがすてき

ショートウェーブ(2016年製作の映画)

2.7

SFじゃなく、ただのホラー
旦那の仕事仲間が酷いね。

ポルト(2016年製作の映画)

3.6

街並み、薄暗い映像、ピアノ音、静かだけど情熱的な想い、オシャレな作品

ただ、一晩共にして、あの行動は恐い。。

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.7

クラスの浮いた男子ふたりが
意気投合して
オンボロ車で逃避行する話

中学生男子的な妄想シーンとか笑える
母親がハチャメチャだったり、
恋もあり、ハラハラどきどきもあり、
最後まで面白かった!!
何も
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.1

この監督の独特な世界観、よかったな〜。
難民問題や差別といった重いテーマだけど、終始静かに話は進む。

たまにユーモアが交じり、クスッと笑えたり、無表情で一見冷たそうな人たちだけど実は優しく助けてくれ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

差別主義者の警官が理不尽極まりない。
だけど、認められてることを知り、愛を知り、赦すこと赦されることを知り、がらりと変わる。
表情や話し方も別人みたいになってすごかった。
最後のふたりのドライブシーン
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

メアリーがかわいすぎる!
大人っぽく生意気だけど、善悪はっきり言える素敵な子

フランクは、メアリーを特別視せずシンプルに愛し、フツーの暮らしをさせてたのに、祖母の登場で辛い展開に。
大人の一方的な考
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.8

おばあちゃんは同性愛者なのに、レイの事は認めてないし、
母親も迷いがあって認めたくない気持ちが強い。
家族がちゃんと認めてあげなくてどうする!!って思う。

邦題が偏りすぎてて、、3世代それぞれに複雑
>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

3.6

気性と妄想と思い込みが激しすぎて、もう笑っちゃう。。

夫ジョゼが、妻を思いやる心がすばらしすぎて最後に泣けた。
終盤かなり衝撃な展開でした!

スイスやフランス、最後のシーンの場所、ラベンダー畑、出
>>続きを読む

タイム・トラップ(2017年製作の映画)

3.7

B級感満載!
始めは、ひたすら洞窟探索みたいになってたけど、、後半の展開はかなり面白く、予想外の結末でよかった!!

亜人(2017年製作の映画)

3.5

アクションが見応えあって面白かった!!
ただ、自分で首を切るシーンを見るのがきつい。

佐藤健は、助けにきた亜人側になぜつかなかったのか?とか、たまにハテナはあるけど、、フツーに楽しめた。

奇跡の絆(2017年製作の映画)

3.5

地域によっては黒人差別が近年まで根強く残ってるとこもあったんだなぁ。

奴隷として働いてきて、読み書きすらままならないデンバーだけど、発する言葉の重みがすばらしい。
辛い経験にあったからこそ悟れたのか
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.9

海や波を海の中から見た景色、街並み、映像がとても綺麗だった。
音楽も美しく、脳死や臓器移植の重たいテーマをそう重たく感じさせないし、
医師たちも結構あっさり脳死を宣告したり、臓器移植を提案してくる。
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

終始展開が面白く、難しい話だけど引き込まれた!
最後までうまい!!さすが!!

ミス・スローン強いし、信念をしっかり持っててかっこいい。
たまに弱さも見え、人間味もあるんだなぁと思ったり、それも策略な
>>続きを読む

サリュート7(2017年製作の映画)

3.5

宇宙の映像がとにかくきれいだった〜

ストーリーも実話で、面白かったけど、、
アメリカとの競い合いの為に飛行士の命を犠牲にしても構わないところは、あぁソ連だなぁと。。

スタンリーのお弁当箱(2011年製作の映画)

4.2

久しぶりの鑑賞
またまた、子どもたちの優しさに涙がとまらない。

たまに机での小競り合いはあったりするけど、、
スタンリーのお弁当の事で、裕福な家庭の子もそうでない子もみんな一緒になってどうにかしよう
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.9

ストーリーも映像もさすがマーベル!面白かった!!
他のヒーローとかがちょいちょい出るのもイイ。

結構笑えるシーン多くて、兄弟漫才かのようなお決まりなやつとか、ハルクもいい味出してるし、最後まで笑えた
>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.6

カメラアングルとか映像がドキュメンタリーっぽく撮られてる。
内容も、実際そんな感じなんだろうなって。

お菓子屋さんを営みつつ、こっそり麻薬を売る夫婦。
こんなとこで!?ってのが、まず驚き。

そして
>>続きを読む

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)

3.1

魔法のミシンの使い方を、しょうもない事に使う、どうしよもない主人公
もっと他に良い使い道があるでしょ!ってつっこみたくなるくらい、ちっちゃい事する。

後半は、お母さんに対してはすてきな事してあげてジ
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

うまくいく〜、呪文のように唱えると本当に上手くいく気がしてくる。

いい事だけじゃなく、たまに悪さもするけど、何かの為、誰かの為だったりで、善意の為で悪意を感じない。

がまんせずに、やりたい事をやる
>>続きを読む

やさしい本泥棒(2013年製作の映画)

4.1

ナチスドイツ時代の話

養子にきたリーゼル
優しく穏やかでユーモアのあるパパと
言葉がきつく冷たそうなママ

だけど、ママも実は優しさを心に秘めてて、それを上手く出せなかっただけで、後半は本当に優しさ
>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.5

好奇心で、友達を半ば強引に誘ってジャングルに入ったヨッシー

過酷な環境になるにつれて、それぞれの人間性が浮き彫りになってくる恐さ
ひとりきりになってからも、広いジャングルでの自然との恐怖に耐え、それ
>>続きを読む

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

3.7

母親こわっ。怒り方が狂ってる。

内容知らずに観たから、何度も、え!えぇ〜!!と、最後まで面白く観れた。

父親がなんとも可哀想。
マリアンは、恐ろしい母親に何を言われても怖気づかず、遊びにきたり、救
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

2.7

しょうもなくて笑える

リリー・フランキーとか安藤サクラとか脇のキャラが最高!!
妻夫木聡も、最近重たい役が多かったから、久しぶりの薄っぺらい役がよかった!
水原希子は、いやらしさが全くなくって可愛か
>>続きを読む

裁き(2014年製作の映画)

3.9

インドの裁判が実際こんななのか!?って思うくらい、雑&テキトー。
検察官や警察は本当にちゃんとしっかり調べたの?って思わざるを得ない態度
裁判官も書記もどこか真剣じゃない雰囲気だし、 休暇の為に次の裁
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

映像、音楽、世界観、どれもよかった!

最初の農場は現代っぽかったり、たまに出てくる闇市的な所とか、ひと気のない不思議な場所とか、未来的な無機質な空間もあったり、色んな場面を見るだけでも面白い。

>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.1

久しぶりに観直した。
細部まで最後まで上手い!面白い!
だれとだれ、どこからどこまでが仕込みなのかわからないくらい騙される〜

ラストが可哀想すぎるけど、単一だった日々から抜け出して、愛や人生の歓びを
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

一人っ子政策のなか、隠れ育った7つ子姉妹が力を合わせ、知恵を出し合いながら悪を暴くのか!!
と思ったら、あっけなくどんどん減っていくなんて。。
一方で、敵の人たちはまだ死なないのか?ってくらい、やられ
>>続きを読む

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.7

助産師というハードな仕事をしながら、ひとりで息子を育ててきた真面目な主人公クレール

自由奔放な父の元恋人ベアトリスとの再会で、彼女に刺激を受け、表情が柔らかくなり、心を開き、笑い、歌ったり、人生は美
>>続きを読む

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(2016年製作の映画)

3.9

宗教色はかなり強いけど、とてもわかりやすく描かれていて良かった
全て神の子だから、どんな悪人でも罰しない、の例え方が、あぁなるほど。と共感できないけど少し理解できた気がする。

愛し、赦し、親切にして
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.8

独特すぎる世界観
映像や音楽だけでなく、、
パンク、宇宙、カルト、ダンス、色んなモノがちりばめられすぎる内容も不思議すぎて。
だけど引き込まれる!
題名からのイメージとはまったく違う作品

終わり方も
>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

3.3

前半、臨死体験したら眠っていた才能が開花したり、勘が鋭くなったり、そっち系の話か!と面白く観てたら、、
後半はホラー。

それぞれの罪と向き合うって、そっちに向かうのか!?って展開もあり。。
結局こん
>>続きを読む

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.8

クラシカルなバレエから、色んな困難に遭遇して、コンテンポラリーに出会い開花したポリーナ

貧しい家庭、幼い頃からバレエだけの人生で男性免疫がなく、気持ちが振り回されるし、
自分を見失ってなぜかベルギー
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

映像や音楽がお洒落
主人公の靴コレクションなとこも、規則正しい日常さえも

半魚人のフォルムはほぼ人間で、だけど人間じゃなくて、
耳は聞こえるけど話せないイライザが、彼に対して親しみを感じるのはそこな
>>続きを読む

>|