yosumiさんの映画レビュー・感想・評価

yosumi

yosumi

泣ける、泣けないが良い映画、悪い映画の基準だって?おかしくないかそれ??

☆1代はクズ☆2.5が普通☆3以上は好評価☆4以上は思い入れも多分に含んだ殿堂入。 クリップは見たい映画とすでに見ていてレビュー待ちのものが混在。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

2.8

遠い親戚の通夜に出たかのような。鑑賞後の野郎4人の呑みが盛り上がらない盛り上がらない。
思わず痛飲
まぁ最終章ですからね

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

きっと苦手なんだろなと思っていたところどうしてなかなか良かった。思い返せば苦手なミュージカルは歴史物ばかり。
映画館で見たかったですね

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

何がリアルかは置いとおいて、グロい描写も丁寧につくれば、説得力のある反戦映画になる。
いやぁ、日本人怖い。戦争行きたくない。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.7

過去作みていなくても楽しめるとは思いますが。みているが故に感じられる儚さ哀しさもありますね…
プロフェッサーXのおじいちゃん具合が特に…

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.5

前作にはノレなかったが本作では大幅な評価アップ。
恐らくはIMAX3Dでの鑑賞が大きい。楽しいっすねぇ。

たたら侍(2017年製作の映画)

2.8

物語は冗長だけれど、多少穿った気持ちで臨んだせいか。わりかしに良い!
日本を代表する名優たちを脇に据えたところとかで格上がっているのかも。

金かかってるなぁ。というのは誰にでも分かるところだけれど。
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

映像と音楽の横綱相撲!まぁこれぞ映画のなせる技なのかもしれない。
に、してもかの国は頭足類的なデザイン好きですよねぇ。

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

2.7

原作の補足的な面も持ち合わせながら、弐瓶ワールドを拡張、娯楽化に成功してると思います。
が、有機的な雰囲気が損なわれていませんかね、もう少し湿度が感じられてもいいように思う。シドニアの時はそんなに気に
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

2.8

編集とか展開が不思議なバランス。アメコミヒーローに慣れて、そういったもの期待してると。色々と肩透かし。
モツァレラ口に詰められたり?とかイタリア感が随所に!

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

2.9

丁寧に作られた政治的作品のような。

決して看過できない、日本でも起こりうる、いや実際はもう起きてしまっていそうな。

格差はひろがっちょる

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

みんな起こしちゃえば良かったんじゃないの?

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

自ら封印したはずの機内上映で視聴
同監督の作品を実は見たことなかったのですが、そのDT感マジリスペクト。フィルモグラフィーを遡りまっスンマセン

セッション(2014年製作の映画)

3.4

lalaland見る前にに見ようかと思い視聴

jazzんなもんじゃねー的な言説はそのままにそれなりにたのしめましたわー

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.2

編集やら画質やら演出やらが20年前よりも巧みになった感。
自分が何を得て何を失ったかがわからないということを解った41歳の春でした。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.0

T2視聴のための復習で鑑賞

こんなんだんったなあという、遠くになりにけりなナインティーズ。わりとリバイバルな90年代なはずなのに逆に新鮮ということもなかった…当たり前か。
案外と古ぼけた画質がわりと
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.1

背中から"ビィー"が唐突感ありまくりなので、射出口表現欲しかったのと、最後の決戦兵器"ブスっ"とブッ刺さるカットが欲しかったです!

歌舞伎町TCXで2回目行きましたが
劇場内の民度が低く感じやした
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

2.6

実感がわかなさすぎた。
ラスボスもあっさりしすぎで。
置いてけぼり感がある。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.3

撮影技法やレオ様の過剰とも言える演技ばっかりに目がいってしまいました。クマったもんだ。

デッドプール(2016年製作の映画)

2.8

サクッ、サクッとな印象
メタメタした部分を期待していましたが驚くようなことはなにもありませんでした。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.3

兎に角よくできてます。
すごい!

予告篇に登場した"ルドルフとイッパイアッテナ".大丈夫か?同じ土俵に上がってるぞ?と

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.1

周りが"良い"々言うから、多分期待しすぎた。
"頑張ってる"印象。
だけど有村架純は演技が下手で萎えました。

女性キャストに対する"汚し"も不満

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.5

古参のファンに対する過剰なオトシマエ。
純粋に映画としてはいびつ。

しかしながら新キャスト、レイ、フィンの魅力はほどばしってる。

色々とEP8に持ち越した(せた?)

ピープルvsジョージ・ルーカス(2010年製作の映画)

2.5

究極の自主制作映画に傾倒してしまった人達のインタビュー集
すげー面倒くせえやつらだな
あいつら!

少なからずEP7の鑑賞に影響を与えてしまった

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

2.9

良作!
と言わずにはいられないゴリ押しの観賞感

大人は出自に対するノスタルジー具合で評価が変化しそう
全く過去に興味のない今の自分には
少々退屈でした

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.0

撮影技術云々がどうとかいう話もありますが.個人的には興味が湧くほど注意してみるに至らなかった.
と,いうことは成功しているのですね

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

2.8

間違えて飛行機の小さい画面で見てしまった.
劇場公開しない日本の配給会社のせいである.

寄生獣(2014年製作の映画)

2.7

結構悪くないよ!という評判を期待しすぎたせいか、結構良くなかった。

ミギーの通常時の質感テッカテカだし、諸々のSEがショボ!
でも原作発表当時に映像化は無理じゃねーのか?と心配していたアクション的な
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.1

なんちゅうかほんちゅうか
お話として突っ込みどころが特にない、CGだけどCGアチャー感が無い。
ビジュアルも旧作猿の惑星リスペクトもある
片言のエイプ英語も萌える。


楽しめたというのが素直な感想。
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

2.9

自宅でレンタル3DBlu-rayで鑑賞
3Dとしては自宅の設備は最悪であると認識。
そこは差し引いたとして、フューチャー部分のアクション、悲壮感は最高。
オールスターそろい踏みだけどもそこまでお互いが
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.0

全くこむつかしいこと無しに辿り着くラストカットに脱帽
計算しつくされた手腕が気持ち良い

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

3.3

imax3D HFR
コッテコテのCGIがもはや僕たちのリアル。
映画技術の向上と共に我ら観客の目も進化してしまった。

ロードオブザリング&ホビット エクステンディッドエディションBlu-rayセッ
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

2.9

娘の幼少期の役者が気に入らないですな、まずこれにつきますよ。
なんかこうエロいんですよ、無駄に。聞けばトワイライトシリーズに出てるとか。
つまりそういう感じです。
ここで後々の感情移入度合が劇落ち。も
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

2.8

アメコミ原体験が映画からの人限定ですが
観終わって、登場人物原作ではどーなのかwikipedia等で調べて、
なるほどーとほくそ笑むときが1番楽しい時間

よく出来てるけど、そういったものも込みの評価
>>続きを読む