YukiKoikeさんの映画レビュー・感想・評価

YukiKoike

YukiKoike

Yahoo!レビューが酷すぎるのでお引っ越し

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

悪役が「麻薬よりアルコールやタバコのほうが健康被害がある」って問題提起してるのに、アルコール賛美で終わるし麻薬使用も不問のまま。そこに反省や教訓はない。わざとやってるのか無邪気なのか知らんけど罪深い。>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

5.0

映画史を振り返ってみたときにバーフバリとタイマンして勝てるキャラクターが思い浮かばない。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

特攻をかけるのに何故生身の人間が乗っている必要があるのか。オートパイロットでいいじゃないか。反乱軍兵士の無駄死にっぷりがひどくて、あれで援軍求めるとか、子供らを未来の兵士としてアテにするとか、やめとけ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

アダムドライバーがバスドライバーなのはドライバーだから?だれかジャームッシュに確認した?

永瀬正敏に話しかけられたバスドライバーが「ユー トーキン トゥ ミー?」とか言い出したらどうしようかと思った
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.1

エモーショナルだけど破綻した歪な原作を、破綻と歪みと爆発するエモーションが魅力の監督に預けたのだから、これはもうこれ以上はないのでは。大林宣彦の後継者は山戸結希だと思う。

セッション(2014年製作の映画)

2.8

ララランドもそうだけど恵まれてるくせにグジグジ悩むとこが苦手。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

監督が、これはコメディのつもりで演出した、みたいなこと言ってて、すごく納得した。ミシェル・ウィリアムズとマシュー・プロデリックはずるい。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.2

大ヒットして欲してパリ時代やメキシコシティ時代を描いた続編つくってほしい。

プライド(2008年製作の映画)

3.8

「女優の魅力を引き出す監督」って慣用句あるじゃないですか。そんで金子修介はその一人と言われるじゃないですか。

この映画には、正にその「監督が女優を引き出した」瞬間が刻まれている。

あの1カットです
>>続きを読む

リンキング・ラブ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューを読んでる人に、どうやったらこの映画を観てもらえるか考えたけど、まあ無理だよね。


こんなに面白いのに!!!!

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.1


「夏なんて、ほ…ほざくな!」けだし名言。

ホラーパートはどっかで見たようなこけ脅し。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.9


すっごい楽しかった。

どいつもこいつもよく喋るw

前情報なしで観たんだけど音楽がマーク・マザーズボーで得した気分。ホクホク。‬

‪こんだけコメディ寄りで131分飽きさせないのは凄いけど、ダメ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

記憶は雨のように消えるが愛は雪のように積もる。

おっさんにポエムを詠ませるのに充分な説得力をもった正統続編。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2


いいところ

・ノーランなのに画面が明るい!
・空と海がきれい
・空間が広いリッチな画
・布地がきれい
・トムハーディが笑かしてくれる
・トムハーディが泣かせる



悪いところ

・ハンスジマーく
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

2.8

なんでビデオ撮りしたMVがシネスコサイズなんだよ!これだからジョン・カーニーは信用ならねぇんだ。

タランティーノとかエドガーライトとかミシェルゴンドリーだったら絶対にそこはハズさないところなのにジョ
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.9

独特のしゃがれ声で照れ臭そうに歌うアントン・イェルチン。笑う時もふさぎ込むときも、ひたすら繊細で罪のない顔でいてくれて、愛らしい。彼なしでは成立しない映画のように思える。

そのアントン・イェルチンが
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.0

楽しめなかった。

毒ガス兵器は連合国側も使ってたのにそれを明示せず、ドイツだけが使ってたみたいに描きやがって、それを口実にワンダーウーマンという大量破壊兵器を投入する卑劣さ!アメ公は百年前も今も同じ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

はい最高でした。すばらしい編集と振り付け。座って見てるのが苦痛になるくらいテンポよくてひたすら楽しい。脚本じゃなくて楽譜で撮ったような映画。アンセルくんも惚れる。

スタンディング可&楽器持ち込み可上
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.2

祝!アヌシー映画祭グランプリ。受賞が発表された当日に池袋ヒューマックスシネマで鑑賞したんだけど、上映後に拍手が沸き起こっていた。

とにかく動く絵がすべて気持ちいい、アニメーションの根源的な魅力に溢れ
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

4.0

おもしろいよ。きたないメルギブ、きれいなメルギブ、リーサルウェポンのセルフパロディぽい演技で遊ぶメルギブ、いろんなメルギブが楽しめる。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

1.0

この主人公ほんとクソ野郎。ヒロインの意思はどうなるんだよ。おまえと結ばれる以外の幸せだってあるだろ?まあ百歩譲ってヒロインはいいとしても、自分の都合のわるい流れだからって子供をリセットするのは、おまえ>>続きを読む

クリミナル・アフェア 魔警(2014年製作の映画)

4.0

神は細部に宿るが魔は破綻に宿る。そういう映画だった。ニック・チョンの笑顔一発!怖かっこいい。

天井桟敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男(1945年製作の映画)

5.0

セリフがかっこいい。70年前の映画なのに、人生で一度は使ってみたいというセリフ満載。

戦争のはらわた(1977年製作の映画)

5.0

5点満点。完璧な映画。これと黒澤明「野良犬」の対位法は、すべての映画のお手本。リバイバルありがとう。

十年(2015年製作の映画)

3.2

あれだけニュースになったのにすでに日本では忘れられかけている台湾騒乱。忘れることは罪だと思い知らされる物語。

マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン(2014年製作の映画)

4.0

レフンのこともゴズりんのこともますます好きになるドキュメンタリー。さいきんレフンのしごとがどんどんヴィルヌーヴに奪われてる気がするけど…負けないでレフン!

地獄愛(2014年製作の映画)

4.0

シリアルキラー実話の何度目かの映画化。主演の女がこわい。2章目でこの映画のルールがわかったとき、戦慄しつつ笑う。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

観る前にwikiで「セブンスデー・アドベンチスト教会」を検索してから行くほうがいい。そうしないとこの映画の性質を見誤ると思う。

これは、狂気についての物語。正義とか信念は狂気と表裏一体だという、メル
>>続きを読む

オペレーション・メコン(2016年製作の映画)

4.2

日本公開するんだ!うれしい。

アクション、コメディ、ドラマ全部盛り盛り。レフンの「オンリー・ゴッド」好きなひとは発見。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

2.8

主人公に主体性が薄いのでガエルガルシアベルナルつかう意味があんまり…。ジェフリーディーンモーガンはいつもの感じ。犬〜

>|