jerryさんの映画レビュー・感想・評価

jerry

jerry

基本DABUN & TANBUN 。★評価無し
出来る限り映画は映画館で観たい。

映画(86)
ドラマ(1)

メイド・イン・アメリカ(1993年製作の映画)

-

人種問題をさらりとコメディーに出来るこの頃の大らかさ割と好き。ウィルスミスがまだ高校生の役でとてもかわいい

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

-

ピーターヘアのトニコレットが観たくて。
豪華キャストだが地味。キャストで真犯人分かっちゃう系アクション。
ナオミパラスは第二のトムクルーズになれるんじゃないかというくらいの無敵感が漂っている。割と迂闊
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

-

エマストーンの舌ったらず具合が際立つ一本。
ボビーリックスがひたすらクズ野郎でキングがひたすら清く正しい感じかと思ったらそういう偏りは無くて、そこは良かったなあと思った。一番不憫なのはキングの夫であっ
>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

-

スカヨハのお母ちゃんがかっこええ。レディバードのお母さん思い出す。
スカヨハにも雇われ先の両親にもイライラしっぱなしで、アリシアキーズの美しさだけが救いだった。

クロワッサンで朝食を(2012年製作の映画)

-

ジャンヌモローにめちゃくちゃ頑固なババアを期待してたのに割とすぐに心開いた。ファッションがいつも素敵。エストニアもパリも薄暗い。

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

-

こんな恐ろしい目にあったら二度と飛行機乗れないですよ…
航空業務がきっちり描かれるのは良かった。陸で支える面々かっちょええ

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

ストーリーはベタ中のベタ。王道ハリウッド格差恋愛もの(いうても庶民の方だってNYUの教授だがな)なのにアジア文化が入ってくるだけで急に親しみ深くなるという不思議。大豪邸で餃子作ってるアンバランス感。>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

ツッコミどころは多々あるが、とりあえず釘の処理どうにかしてくれ…危ないから…
母親役がエミリーブラントじゃなかったらもっと二流ホラー感凄かったと思う。ジョンよ、妻に救われたな。

音立てちゃいけない系
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

-

吉田恵輔はどえらい境地に行ってしまった。こんなに居心地の悪い映画がなんでこんなに面白いんだ!ど下品だし差別バリバリだし金で嫁買ってるし日本の暗部を抉り出すような場面のオンパレード。そこに一瞬だけ差し込>>続きを読む

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

-

ワカンダ国王とムーンライトのケヴィンが仲良くしているという俺得。大人ケヴィンがずっと出てます。大事なことだからもう一度言います。大人ケヴィンがずっと出てます!

ジャッキーの根性も凄いがドジャースGM
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

-

有名すぎて観た気がしてたけどそういえば観たことなかった。

これ大スクリーンで観たら興奮するやつだわ…というラストの気持ち良さ。正直途中でオチ分かるんだがそれでも唸った。
コバヤシの事務所のガラスに「
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

グレッグキニアがめちゃセクシーという奇跡。
前提が前提だけに飲み込むのに時間がかかるが、結局とても良かった。何が良かったのと言われると一番は兄妹の絆かな。あとジェームスが嬉しいと感じた時のムズムズした
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

-

プロットはほぼオリジナルと一緒だが…懐かしい…そして恥ずかしい…若干世代違うしこんなコギャルでも無かったけど、高校時代の調子乗り具合はこんなもんだった。
梅、裕子、心の若手3人娘がきっちり細眉で当時の
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

とにかくもー監督かわいいよ監督

いつもは多くて10人くらいしか人のいない地元の映画館が満席(+パイプ椅子追加)になっていて驚愕。最後は拍手も起きてました。
多くは語れないが確かに誰もが楽しめる映画。
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

-

いやーキツいキツい。ラスト(BGM流れ出すあたりから)の展開も私はちょっとな…
唯一の良心ウィレムデフォーがいなければ観てられない救いの無さでした。
ケイレブくんまた出てるやん!

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

-

2鑑賞ついでに見直してみたら…
あれ?こんなに色々振り切った面白映画だったっけ?時が経てば見方も変わるもんだ。バランスキねえさんのDoes your mother know好きです。
コリンはちょっと
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

-

トムおじいちゃんっ!危ないことはもうやめてっっ!!
とか何とか言いつつ、猛烈に激しいパリの街中カーチェイスシーンや無駄に長いヘリ追いかけっこシーン等大いに満喫しました。
ローグネイションではおばちゃん
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-

面白かったです。期待を遥かに超えていました。主演3人の演技が苦手で原田監督作に良いイメージ無し、とまあ要するに期待がめっちゃ低かったんだけど。
役者達、皆凄く良かった。木村さんはもっとこういうパブリッ
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

-

ジジババの御乱心。アマンダちゃんも良い具合に老けてます。貞操観念なにそれ美味しいの?ってな感じです。1より好きかも。ハイライトはコリンファースとスカルスガルドのタイタニックです。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

-

岩井俊二の独特な作風はやっぱり苦手だったけど、内容は割と好き。短いのが良い。少年たちがかわいかった。奥菜恵はもう完全に“女性”だった。恐ろしい子…

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

このキャストならとりあえず観に行きます。内容は…んーまあまあまあ。目の保養になりました。ヘレナの挙動不審ぶりと変なドレス、ハマりすぎだわ。

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

ぐわー!母娘のやり取り身に覚えがありすぎて悶絶!
シアーシャちゃんもお母さんも素晴らしい。そして旬の若手俳優揃い踏み。A24ほんとハズレ無しやわ…

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

-

うわーイマイチー。
韓国の役者たちが良かっただけに日本の役者たちが今ひとつで勿体無い。あ、宇野祥平は良かったです。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

全犬好きが嗚咽したそうだが…犬普通だし飼ったこと無い私でもすすり泣きましたぜ。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

-

ダイアンクルーガーがめっちゃカッコエエということ以外救いは無い。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

-

安定のマークウェブ。個人的にはジョンカーニーと同じくらい信頼してる。フワッとおしゃれ映画で終わらせないところが好きなのだ。
ミミという名前の女の子がRENTを彷彿とさせ、主人公と隣人作家の交流が小説家
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

-

完全にキャスティングの豪華さだけに惹かれて観たけど、家でぼーっと観るにはちょうど良い塩梅だった。マドンナ役のメアリースティーンバージェンが素敵であった。バチェラーパーティーってラスベガスでするのが定番>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

-

こんな猛暑日は心が洗われる映画を観たい。ということで久々に観賞。
阿部ちゃんが暑苦しい役で出てる。他にも是枝作品常連役者が大量に出てる。中村ゆりがまた出てる。
子ども達が皆とても大人でとても子ども。可
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

主役2人がムッチリしてるので、どうも俊敏な動きが似合わないという。
中盤からの展開はあーやっちまったなーの連続だけど、ジュラシックパークから続く“赦されざる創造の代償”みたいなものにググッと迫っていた
>>続きを読む

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

-

トニコレット成分を補充したくなって久々に観賞。
11kgも体重増やしたという割には特に太ってないじゃないか。と今回も思う。寿司屋で割り箸シャカシャカするのは定番なのか?と今回も思う。

トニの友人役の
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

-

WOWOWで再観賞。アプローチは違えど是枝作品を彷彿とさせるテーマ。

レイチェルワイズとドイツ人夫の夫婦がとてつもなく尊い。あの状況であんなこと言えますか普通。聖人君子ですか。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

-

「あれ」がひたすら多い台詞回し。
そういう意味ではちょいと実験的?

寛がせっまい風呂に入る場面は何度見ても秀逸。万引き家族に匹敵する風呂シーン。

中村ゆり、そういや是枝作品2作目だったなあ。

そして父になる(2013年製作の映画)

-

ここでのリリーはひたすら名言製造機。
ファッションの対比のリアルさよお。

瀧さんがひっそり出てることに初めて気がついて吹いたw

海街diary(2015年製作の映画)

-

雨で予定全キャンセル。WOWOWでひたすら是枝作品観賞の日となりました。

堤真一がクズい。すずちゃんと前田弟がまあ大層可愛い。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

-

うわあー気まずい気まずい…と思いながら観賞。所謂「ついてない日」の連続という感じ。象徴的なアイテムが色々出てくるので考えれば考えるほど面白味がありそうな。
スマホをすられたことがある身としては一瞬主人
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

-

観てる間ずっとmoney money moneyの曲が頭ん中をぐるぐるしていた。
色んなスキャンダルで話題になっちゃった本作だけど、内容もちゃんと面白かったです。これKスペイシーが特殊メイクでゲティを
>>続きを読む

>|