jerryさんの映画レビュー・感想・評価

jerry

jerry

基本DABUN & TANBUN
1年毎に更新

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

題材が題材だけにジョンウォーターズ作品みたいな悪趣味なのが観たかったけど、普通にライトな仕上がり。徹底的にエンタメに転化させてた。そりゃそーか。
女性陣の人選がなんだか渋くて良い。特にZendayaが
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

ヒューグラントサイコーwwww

非常に楽しかったです。1より断然良かったような。絵本みたいなロンドンの街並みたまらん…

羊の木(2018年製作の映画)

-

原作とはかなり違っていて、だいぶ観やすい内容になってた。原作はもっとエグい。色々と。犯罪内容えげつないし美しい人は一切出てこない。
松田龍平の気味の悪さ(褒めてます)がうまく活かされていた。市川実日子
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

皆予想外の行動するやん…

サムロックウェルめっちゃ良かった
GET OUTのお兄ちゃん出てた

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

get outは良いタイトル。
風刺の効いた現代的不可解ホラー…と見せかけて割とクラシックな正統派スリラーだった。SEと顔芸で終始ビビらされる。親友とわんこのシーンが心のオアシス。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

天才の人生を託される難しさ。クリスエヴァンス演じる叔父の揺れる気持ちがひしひしと伝わり一緒に悩んで考えた。
子役がとにかく巧い。役者としてまさにgifted。物凄く子どもなのに時折圧倒的な才能を覗かせ
>>続きを読む

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

-

ユペール様でなければ成立しない熟年アイドル映画。elleであんなことになっていた彼女がこちらでは若い男にうつつを抜かしていて可愛かった。
一緒に観ていた母の、「まあ大人だから色々あるでしょ」の一言が感
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

-

長澤まさみがいまいち。内容も特筆すべき点無し。一生の雰囲気だよりな感じが否めない。あと一番残念なのが劇伴が恐ろしく安っぽいところ

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

-

わー!ここまでジャパネスクだと吹替で観た方がよりグッとくるかもしれん。色とりどりに舞う折り紙の美しさよ。
おサルとクワガタとの掛け合い好きすぎる。泣ける

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

-

なんだこれは!どうしたら良いんだ私は!と終始思いながら見てました。ポスターのイメージからずっと漂流してる話かと思ったらポスターのシーン一瞬でした。そして結構かなりミュージカルでした。あとはラドクリフの>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

2018年初映画。初映画館。

言いたいことも色々あるが、スーツ姿の男たちを拝めただけでもう眼福。ごちそうさまです。ヨロヨロするコリンファースかわいすぎか